ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  この頃・・・

この頃・・・


今年は私にとって特に不調が多い年です。

コロナによるマルシェの出店が出来なかったり、
大好きな森林浴や旅行も行けなかったし、これはコロナの影響ですが・・

プチ不運もいっぱい。
重なっちゃうんだよね~こういうの。集中しちゃって・・・。

子供の事で言うと、
子供の膝の病気発覚だったり、
プール教室で講師からのちょっとした暴力的な事もあった、
学校の友達トラブルもあったし、

けどもともと運は良い子で長男はくじ運が良かったり、抽選のキャンプも当選したし、1週間1人で行くキャンプですが、倍率がすごかった。1日分は一般の田舎の民家に泊まります、とてもいい経験になるでしょう!!

夏休みはきっとあっという間に終わる事でしょう。


自分にとってとても不運が多い年ですが、良いことと悪いことがハッキリ出る年でもあります。大事な決断をしたり、これも選択によって真逆なので真剣に考えて決断しました。他には自分の長年の問題が少し進み始めたり、思ってもみない方向へ展開したり色々です。


相変わらず不安だらけでありますが、無理しないようにやってます。
深キョンのこともあって、自分もずっと思春期からずっと悩んだり、自分をコントロールで来てなかったり、親を恨んだり、いっぱい頑張って無理してきたな~って。

思えばもうすでに適応障害な状態だったし、PTSDの症状だったり今思えば、当てはまる項目のある病はいくつか思い当たる。高校の頃も激しい動機や、パニックや、不安だったり、あの頃の自分はもう記憶にないくらいに、どうかしていた状態だった。


今は病名やその内容がハッキリしていて、誰でも受診しやすい時代だし、あの頃は鬱という言葉がやっと登場したくらいだったし、パワハラって言葉もなかった。


だからどんなに辛くても自力で乗り越えたし、我慢してきたな~パワハラにも。今なら信じられない内容だって普通に毎日乗り越えてた。誰にも頼れず。

今は職場の虐めや、親からの過干渉による虐待など、そういった言葉ですぐに表現できるし、訴えられるし、受診できるし・・いい時代だなって思います。


自分もこの年になってやっと、まともに発言というものが出来るようになったな~。言いたいことも自分の気持ちも昔よりは言えるようになった。論理的に説明したり、相手を説得したり、賢くなったな~。

若い時も、結婚後も、けっこう我慢してきて、30で出産した時を境目として、私は大きく変わったな。変わる必要があった環境にいたからだけど。たぶん変わらないとやっていけなかった、30で母になったし。


自分が母になって親の立場が分かって、自分は良くない娘だったな~って。自分はかなり母に完璧を求めたり甘えたりしていたんだな~っと、ずいぶん母に向かって酷い態度だったなと反省もいっぱいあった。


今自分が、昔憎んでいた母に感謝できるのは、やっぱり色んな事を経験できていたっという事と、あとは友達に恵まれた環境と、単純に楽しかったんです。

辛いことは山ほどあったけど、それも親や兄弟も憎んだけど、でも年をとるともっと凄いどろどろも見るわけで、それに比べたら、子供時代に精一憎んだ内容なんてまだぬるいなって。

それと自分よりももっと不運な環境の人も沢山いるのも事実だし、親に奪われたものもあります実際、子供の頃は恨んでばっかりで、泣いてばっかりで・・。でも今は自然に母親にしてもらった良い事の数を数えられるようになったんです。



身近にこんな人がいる。
姑に虐められて、旦那は自分にも子供にも無関心で。
理解者が兄弟しかいない狭いフィールドで生きて来て、その方はだいたい話す内容ときたら、ほぼ9割が親族の話ばかりでした。とても狭い世界にいる人でした、


しかも親族の話も、理解できない不満ごとや愚痴、こうであるべき、とかこうでなきゃいけない・・とか他人の事なのにずいぶん親族に理想論を押し付けていました。


結局は旦那が無関心なのでそういった孤独や姑からの虐めや辛い事が1人でかかえきれず、宗教にのめりこんだり、子供に依存したり過干渉になったり、自分の穴は子供で埋めようって無意識ですがそうなってしまい、自分でも気づいていなくて、

気づいた時はその子供も大人になり親になり、その子供だって立派に意見が言えるくらいに成長しました。昔親の言葉や態度、ルールで不満だったんだよって、やっと伝えられるようになったようです。

今までは依存してきた母親に意見は言えなかった、怖くて、許されなかったし、不機嫌になるとやつあたられたし、だまって従うのが利口だと。でも大人になって親になれば、そこから脱皮して前に進み始めた、だから言いたいことをやっと親にぶつけてみたようで。


遅い反抗期がきたんです。子供の頃反抗さえ許されなかったから、でも反抗期を通るから、コントロールできるようになるわけだし、あらゆる物事のさじ加減も学ぶだろうし。でもそれが許されなかった環境だったから、その子供はものすごく我慢したり、不満があったり、自分は愛されてないってずっと思って大人になったんです。物事の良し悪しも判断できなくって・・・


で社会人になっても到底、依存した毒母の影響で鬱になったり、ちゃんと自分の気持ちを言えなかったり、今でも怖くてあの頃のままで、止まってるらしい。

可哀そうって思ったし、子供に依存しないでって思ったし、勝手な母だなって思ったし。子供に思い通りのレールのままに従わせたり、マイルールを破ると叱られたり、理不尽な事が多くて、大人になってもその影響で今も苦しんでいます。


悪気があってそうなるわけではないし親も、ただ子供よりも自分を愛していた母親だったんだなって思う。私の母親に比べたらですけど。

私の母はその方の母よりもずっと不幸だったし、孤独だったし、シングルマザー状態だったし、全然もっと不幸な環境でしたよ。でも私の母はやることはちゃんとやってくれたと思います。


まぁ母も酷い部分いっぱいありましたけど、それでもその方の話を聞いてるだけで息がつまってきます。きっとその方の母もいっぱい苦しんできたんだろうな、でも私に言わせれば結局可愛い自分を取って、子供に依存して、その子供が彼女を連れて家に来たら受け入れられず、気づけば結婚したお嫁さんを意地悪したりその子供にまで嫌な事言ったり・・・。


もう本人も止められないし、変われないし、こういうループから抜け出すのって1人では無理ですね絶対に。でいてそういう自分に納得してしまってるから、もう変われない。

私はこの一連の騒動で思ったのは、命をかけられるくらいに誰かを大事にしたり愛したりそういう事を選択する自分でいたいなって、思いました。

だって気づいたら子供も孫も絶縁なんて悲しいですよ。自分には兄弟がいるし、また他のお嫁もいるってたかをくくっていたら、もうあっという間にそういう人は必ず最後は1人になりますよ


誰からも本当には愛されない、うわっつらだけだし。受け止めてももらえない。どこに愛される要素があるんだろうか、人の生き方に文句ばかりいったり、こうであるべきって自分の物差しで動かそうとしたり、この方自身がカウンセリングしたほうがいいのかなって思います。

言いたいことを言わずにはいられない気質、誰かが傷ついてもお構いなしで言わせてよっという人ですから、私には理解できませんでした、信仰してるその神様もいったいどんな神様なのかな?って。


でも今回の騒動で感じたのは、自分も本当に勉強が足りないなって思いました。いけない事をしたり言ってしまったりしたなら、ちゃんと謝るべきだし(相手が求めた倍も含めて)、また誰かが謝ったら許す心をもつべきだし、そういう努力が戦争を結果的にはなくしていくんだろうなって。


こういう身近な方の親の様な人は、本当の愛なんてたどり着くには遠いと思いました、まやかしの愛情に、自分なりのこじつけでなっとくして、可哀そうな人だなって。

もっと素直になるべきだし、謝罪も言葉だけでなくてちゃんと意味を成して行動すべきだし、謝ったら負けとか価値とか、そういった間違ったプライドは捨てた方が幸せの道は近いのになって思います。


感情的になって意地を張って勝負しても何も生まれないしね。
こういうふうな考えで生きてる人が戦争っておこすんだと思っています。
我が子にも理想を求めて、その嫁や孫にも理想を求めて、まず自分を見た方がいいですよ。

戦争をおこすような生き方をしている人や、こういう生き方しかしない方には、私はかかわりません。ロクな事ないし、メリットもないし、一生ダメだしされて自分が傷つき続けるだけですから。単純に怖いです、人としての心がすでにないですから、何をしでかすか分からないですし。あとはこういう方から可愛がってもらいたくないからです。そういった浅いぐろい愛ならいらないからです。気に入られたくもないし、何言われてもいいです。出会った日から相手を知る努力もせずに一方的に決めつけて、面白くないっという理由で相手を虐める人は、人じゃないです。

そういう攻撃的な自分から戦争をふっかける人は純粋に怖いと感じていますから。
人が人を裁いたり、罰したり裁判官などでない限り、やっちゃいけないと思っているからです。


自分も思春期には母親にずいぶん酷い言い方をしてきたから、今思春期に入った息子に同じことされても、それを受け止める心の大きさを持たないといけないな~

自分の母はとにかくいつも笑っていて、明るくていつも楽しんでいる人でした。そういう母に育てられたもんだから、それ以
下の人を母親だなんて認めらないのかな私が。今でも母がどんな人だったかを思い出しても、やっぱり笑ってる、ゲラゲラとそういう母親でした。

間違っても姪っ子や親族の悪口なんて言わなかったし、バッシングもしなかったし、だからそういう事をされたら、私はその方を家族として認められないのかも、たぶん母が絶大すぎたのかも。あいさつがどうどか、こうとか世間体を大事にしるぎる母ではなかったですから、世間体を1番に気にする人とは家族になれないのかもしれない。所詮は母と認められる人は、自分を育てた母だけですからね私には。それを超えているか?、もしくは同等レベルでない限りは、お母さんなんて呼びたくないです。

形とか、こうであるべきとか、形式的にとか、本来なら・・とかそういう言葉は私には通じないのです。自分を大事にしてくれたらどんな人だって私も素直に話を聞くし、受けれるしそれを返しますし、でもそれって普通です。




趣味を持つことを忘れないようにしてる。
植物が好き、お花も好き、365日絶やさず飾る。


20210704_234515.jpg


母が、最近私の幼少期の絵や写真を送ってくれた。
ずっとブスな自分が嫌いでした、でも今ハッキリ、自分の写真を見て可愛いって思います。なんて可愛かったんだろうって思える、もったいない子供時代をすごしてきたのかも。

20210706_112137.jpg


息子が立体カードを作ってくれた。学校でやったみたい。
ピンクでケーキが飛び出していて可愛いな。
人に意地悪をしない私に育てられただけあって、素直すぎす息子。弱い部分が多くて人付き合いは不器用だけど、本当に良い子に育ちました。
人を悪く言う母からは、同じような子供しか育ちませんね。
そう育てなくてよかった。

母親の考えを押し付けられて育つと結果幸せな大人にはなれない結末なんですよね事実。ずっと呪縛から抜け出せずに苦しむことになる。どんな意見や考えを持ってもいいけど、それを誰かに共感してもらいたかったり、押し付けたりしなでほしいと思うわ。相手は苦しいだけですから。自分で貫く強さと責任を持ってくださいって思うわ。共感とかだって結局は、1人じゃ貫けないって事でしょ、依存よ。誰かと一緒じゃなければ戦えないのはおかしいなって。誰かと一緒なら、強く相手を批判したりしますよ~こういう人は。


20210714_170228.jpg


ゲームだって大好き、
本日発売日だったけど、時間なくてやれない。

ガスが漏れて修理したり、洗濯機が壊れて買いなおしたり、排水溝のゴムのつなぎが壊れてかえたり・・・そういう事で1日が終わる・・・


これは私にとっては深い意味のあるゲームです。


20210715_193723.jpg

人生が変わった事のひとつとしては、サラリーマンの人と結婚したことです。
親が自営だったし、母の親も自営だし、結局自分も自営気質だし。

自営業って常識が社会からはちょっと外れていたりするから、社会の真ん中にいる人と結婚出来た事で、私も社会の仕組みやルールを沢山知ることができました。
そういう情報も身近で流れるし、自然に社会を意識して生きられるんです。

自営ってどうしても上から目線だし、人の下にいられないし、自由だし、命令嫌いだし・・・・。だから自営の子供ってけっこう放置で自由で、常識知らずなんですよね。

あいさつや、マナーは実際に社会でバイトを重ねるうちに、知りました。みんなが親切に教えてくれましたから。親からはほとんど教育されてませんから。

コメント(0) | トラックバック(0) |2021年7月16日 00:03

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2528

コメントを投稿





この頃・・・
FX会社通貨数