ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  療育 〆

療育 〆



今日思ったこと。

被害者のみには、被害者の気持ちしか分らず、
加害者のみには加害者の気持ちしかわからず。


自分は幼少期から今日を含めて、両方とも、同じ量の経験者にあたります。
どちらかしか経験していないというのはあるいみ怖いと感じた。あくまでも自分の意見です。


戦争がなくならない理由が、いつものやってる子育ての環境から見えてきました。
常識の意味はみんな違う。許せる心の範囲、躾けの範囲、常識の範囲、礼儀の範囲。
だいたい育った環境で変るものかもしれない。自分もかなり変った環境で育ったので、はやり社会では何を考えてるのか分らない人、とみられてきたと思います。扱いにくい難しい人とも。


子供時代は良く人をいじめていたし、意地悪もずいぶんされました。
十字架と言うものは、背負ってると気づいた時から、本当の罪の意識の重さを理解して。それでいて人は誰でも十字架背負っているもので。


みつごの魂100まで、とか3歳までの神話、とか。
いろんな表現の仕方があるだろう。

自分の経験談として、親は私を躾けるためにかなりの暴力はありました。
そして私も暴力的な部分のある大人になりました。過去の影響の関係性は全く分りません。色々本で書かれたり、分析されたりしますが、本当に3歳までに性格って決まるものなのか?


何度行っても、暴力をふるう、時には叩いて言い聞かせたり、言い方も色々と。
子供が乱暴なのは私の性格がイライラ系で子供がそうなったのか、まわりの方が言うように親が親だから子供もそうなった、とこれは身内の方に言われた言葉ですが、もちろん他人は冷たくて当たり前、家族と言っても血族者とそうでない方もいますし、そうでないかたは特にまるで赤の他人という感じ方、あくまで自分個人の感じかたですが、はやり冷たい。真の冷たさ。

長い間、冷たい深海に浸かって生きてると、それが普通になってしまい、今では冷たい環境を好みます。冷たいものが自分にしっくりくるな~って感覚になってしまった。人に親切にされると心底、邪魔だと感じてしまう。温かみも、感じくなってしまう。麻痺ともいいますけど。自分の責任、自分の学びの足りなさ、自分の甘え・・色々ありますが、けっして世間とか他人が悪いわけではないけれど。中身が違う人、他人、本当に難しい。人付き合いの中で、一番安心、納得できる考えの人は、色んな方向から物事を考えてる方のような。

被害者だったならば、加害者ってどんな気持ちなんだろう?とか。
一瞬でも考えるのは、思いやりの心かもしれません。
正論って、結局は正論でしかない。正論で守れるものってあるのかしら?

普通は考えないですね、怒りや、恐怖や、感情。
でも一番必要なのは理性。忘れてはいけないもの。
ですが、人間って本当小我な生き物なんだと・・。思います。
これは自分の事です。私は小我な人間です。

修行中なのです。
大人になって、例えばどちらが間違ってるとか、どちらが常識とか、それは置いておいても、私は自分が被害者であっても加害者の立場になってみてみようって、相手側ってどう思ってるんだろう?って。よく25歳くらいを過ぎたころから思うようになりました。

虐待される方って被害者で、ずっと被害者って感覚で。
ある日、あっちはじゃあ、どんな苦しみを感じているのか?って思うわけです。
私は家族からの虐待を経験しています。恥ずかしい事ではない、ありのままの事実ですから。隠すつもりも、同情としての材料にするつもりもない。
ただ分析したいのです。自分の生い立ちの中で起きたことを。


長い、長い間。
それはもう地獄図そのもので。
心の中は常に闇でしかない。
だから同じ経験をしている方のお気持ちわかる。

時に、自分が死ぬか、相手を殺すか?と追い込まれた時期もあった。
ずっと許せないでいた、ずっとずっと家を出てからも、結婚後も。
それが今、子供を育てて、それも発達に遅れのある、発作的に手が出てしまう子供を。とっても可愛い。けど、躾けの面では本当に悩み、理解されない苦しみもある。

そんな日常で思うのは、結局人間って小我なんだと。
本当に思いやりのある人間に出会ったのは1年で1人か2人程度。
でもそれくらいにどの人も、皆さん傲慢。自分もそうですが。
発達障害の言葉、意味さえもしらない方多い。
当然。自分も問題だけでども親もいっぱいですもの。


自分を毎日殴った、家族の方を私は許せないでいた。
でも子供を育てていく中で。人に分かってもらえない気持ちって本当に辛いなって思ったのです。今までずっと暴力をした家族の方を憎んで、憎んで、おびえて来た。
けれでも、じゃあ、今一度考えてみようって。毎日私を殴った方の気持ちはどうだったかって。良いとか悪いとかは議論しても意味無し。全くない。


言い悪いの問題ではない。誰にも罰することは出来ないのですから。
罰することができるのはその方のマルマだけですもの。

今一度、考えてみた。
攻撃する方の気持ちも。
どんな気持ちだったのかな?って。
考えるとあふれてくるのは涙だけなんですよ。

怒りはない、同情も、ただ切なくて。切ない涙。
不器用な人は器用な人よりも苦労はあるけど、いっぱい学んでるです。
感情にコントロールされてる人って多いと思う。怒りも憎みも。
じゃあ理性をもって憎めますか?ってこと。

色んな立場に立ったご時世だった。
虐めもやったりやられたり。両方経験してはじめて、見えてくるものがある。
残念だけど片方では、絶対に見えないんです。

月の表しか見たことのない人には、永遠に夜空は見れないし。
月の裏側しか見たことのない人は、眩しくキラキラした光もあびる事はないし。
両方は贅沢。そう贅沢。


想像力ってどこまであるんだろうか?
私は五感が優れていたりして、時に他人の思ってる事が分ったり、当ったり。
またよく感があたったりもします。色々見てくると自然に発達してくるのです。
そういった事が自分には邪魔。鈍感になりたいと思ってきた。

虐待、暴力、その他もろもろ、そういった類のもの全て。
悪い。もちろん。どちらが悪いとか議論していたらそれこそ小我で、その前にやること。私の場合ですから、これも私の世界での事ですが、まずお立場。色んなお立場になってみるのです。家族の場合。母親の主演を務める。次に父親を務める。次に兄弟、姉妹なんかを勤める。そしてペットも勤めてみる。


つまり自分の人生と言う舞台で、自分以外も勤めてみる。
同じ泥水を飲まなくても、少しは泥の味も分るようになってくるといもの。
自分が感じているこの味は、他人はどうんな味として感じているんだろう?
色も、風邪も、味も、音も、どんな感じ方なんだろうって。
私はそうやって、自分だけが主役じゃない。時には違う人物になってみる。


小我で、ダメダメ人間でも、迫害ってくらいに軽蔑されても、許す心はもちたいなって。誰も恨んでいる人間はいない、人にそう思われても今更もうマヒしてるから、大丈夫。つくづく私は、人間って魅力的だとは思わないんです。素晴らしいとは思うけど、きれいなものじゃない。だからキレイに磨いていくんでしょうけど・・・。


やられる方も、やる方も、やり返して学ぶ側も、やられ続ける方も、それも含めて人生なのかなっと思う。間違いや地獄図のような経験も含めて、小我な自分も含めて、そこから、それなりの学びを感じるとるしかないのかな??


言い合いっこ、っていい事ない。
両者が怒るか傷づくか。議論はいいけど。

虐待って一生の傷ですよ。
実際、大人になると後遺症っていうんですけど、誰にも理解されない苦しみって存在しますから。同じ事子供に、例えば言葉でね酷い事言ったり・・・気づけばあるんです自分にも。しっかりアンテナはっていてもある。注意くらいでなね、難しいもんだいで。親から教わらなかった事は子供にも教えにくいですね。逆は意識していなくても無意識の中で行われたり、いい事も悪い事も。悪い事には特に注意して。だって虐待って連鎖だったりね、時間かかるんです、連鎖止めるにはね。何世代にもわたるかもしれないけど、どこかで変えていきたい。

幸せな人は意地悪しない。
一番被害者で、苦しいときにこそ、考えてみたくなるんです。
あっち側の気持ちも知っておきたいって。
虐待した家族の方を、今は可哀想な人と思っています。
むしろ私よりも苦しんだのではないでしょうか。
そういう思いやりももてるようになった。
一切、今は恨みなし。

発達障害の子供って本当に大変で、特に色んな出方がありますが、うちの場合は乱暴物。発作的とはいえ、何とかしたくて色々勉強中。例えば、謝っても許してもらえない場面は8割ですから。まるで迫害?というのかしら。

日本ってしあわせな国だなんておもわないですよ私。
そんなゆうちょに、のほほんとは生きられない環境ですし。
戦争がないたって、もっと怖い事やってるね日本人。怖いですと。いろんな場面で。
特に子供の教育面では。

私を殴るとき、その人の心は泣いていたのかな?
どんな気持ちだったのかな。
そんな問題抱えていたのかな?
・・・・っと私が盾になって少しは食い止められたかしら。
虐待されるって、ある意味ボランティアだったのかもしれないって。
家族の苦しみを、形で受け止める役を受けただけだわ。
自分の家族だからね。

やられた方はこの通りで、ただトラウマとの格闘。人間不信とかもありますけど、こうして生きてます。病院へも行っていたし。お金払っても、こういう経験はできないのである意味貴重とも言えるけど、辛かった。そして死ぬまで続く辛さ。そして自分もどこかで加害者になってる場面多いのかもしれない。

自分こそが発達障害者です。
でもそんことはどうでもいい。常に学ぶしかないんですね。
もともとこの世は学校みたいなもので、ハッピーなことは少なくて当然。
私は人が嫌いだし、興味もない。どう関わっていいのかも、何を話していいのかも、分りません。関わり方も分りません。扱い方もしりません。幼少期からずっと続いてますが、誰にも微妙な発達障害って理解されないので、自分は浮いていた方がよほど楽でした。孤独でも寂しさは全くなかった。親友がいたし、若い頃は親友が全てだった。


学校でも、友達関係でも、職場でもまったくぬるいもので、頭を下げずに生きられた。むしろいつもみんなが下げる方だった。今やっと毎日頭をさげる学びをしている。毎日、子供のやることで、頭さげて、絶対許さないって態度の人もいますが。謝ってばかりの毎日で、謝った相手とは対等になれないので、友達にもなれないって思っています。ただ申し訳なくて謝ることしかできず、人を人そしてとかではなくて、もう世の中の人全てが、謝るだけの人になってる。だから今は、人ってなんなんだろう?って疑問ばかりです。


虐待から学んだことは、本当の過酷な苦しみってあるんだな、っと。
それは絶対に経験者にしか分からない事。被害者側も加害者側にも過酷。
人に優しくされると私はどうしていいのか分りません。ずっ過酷でしたから、やさしさってなかったんです。親切とか、やさしさとか、分らないんです今だに。少ないものでそっちの経験は。逆にやさしくされないほうが安定しますね心は。だって私にはそれがちょうどいい温度だったから。過酷な日常で救われたのは、一部のほんの数人しかあったことないけど、ものすごくやさしい人達を知って、まさにそういう人が希望そのものって言うか、一生忘れないんですね。この恩は生まれ変わっても忘れません。いつまでもいつまでも恩返ししたいんです。

これは遺書ではありませんよ。
でもいつでも覚悟して生きてきたもの。
むしろこっちの世界の方が地獄だって思ってきたもの。
いつでもあっちに行ける心の準備はしているのが普通。
だって明日災害なんかでね。
そうなっても後悔したくない気持ちだけでも。
何か出来るわけじゃないけど、一生の中で、許せない人達を許してから。せめて行きたいですから。戦争がなくならないワケが、毎日の子育ての中に見えますもの。絶対になくならないわ。日本だって目に見えない戦争ありますわよ。少なくとも私はいっぱい見たわよ。この目でね。この体で感じた。あるんですよ。

乱暴な子供はけっし躾けをしてないわけじゃない。
ほとんどの親が困っていると思う。
何千回と誤る事って一日に、どんだけ大変で、また毎秒ごとに乱暴する子供を、毎秒ごとに躾けるのもどれだけ大変かやってみればいい。それだけのこと。経験してみれば分るから。誰の手も借りずに、家族の協力も得られず、40度熱があっても育児やって、相談するひとも1人もいなくて、おまけに虐待のトラウマとの格闘。やってみればいんです。


もしとても理不尽なことがあって、納得できなくて怒りがこみ上げる事があったら、じゃあ相手の役もやってみることです。そしたら見えてくるものあると思うんです。

人との関わり方が分らなくて、子供が一生懸命「ニコニコ~」って言いながら、精一杯の笑顔を相手の子の見せてるんです。切なくなってくる。もっと色んな要素を子供に教えてあげたいのに、自分が分からなくて教えられなくて不憫で。そんな時ついつい器用な方をうらやましいな~って思うっています、羨ましい、恨めしい、つまり、羨ましいというのも、恨みの一種きっと。だから自分は小我な人間です。

本当は、友達大好きで、関わりたいのに、関わり方がわからず、いつも私に怒鳴られて叱られている息子くんは本当に可愛そうと思い、でも躾けの為にやっぱり怒るんですけど。本当に不憫で。不器用な私が産んだために・・・て申し訳ないくらいで。息子に毎日謝って、頑張っても限界はある。しかたないけど・・。

そういう意味で器用なママは子供も器用で羨ましいなって、自分はどうでもいいけど、子供が不器用なのは可哀想に思えてくる。それも含めて子供の人生なんだけれども、何も私と同じレールじゃなくても・・・て。子供にしてみれば、友達と関わっただけなのに、お母さんに叱られた・・くらいにしか思ってない。きっと私が伝えてる内容も、叱りも分ってないんでしょう。ただ泣きさけぶ子供を見て、辛い。発達が遅いだけでこんなにも子供はいっぱい我慢してる。これからはもう公園も、スーパーも利用できないかもしれない。誰もいない草原で思いっきり子供と走りまわりたい。

コメント(0) | トラックバック(0) |2015年2月20日 22:15

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1191

コメントを投稿





療育 〆
FX会社通貨数