ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  深夜の独り言

深夜の独り言



例えば、旦那さんが長男君と2人で、キャンピングカーで泊りでお出かけしたとする。私は次男とお留守番。

旦那さんは、「長男君がキャンピングカーで行きたいと言ってるし」と、自分も息子との楽しいミニ旅がしたいっと言う。

こういう時、私は次男がいるので今までは2人の留守番もそれなりに楽しんだりしていた。しかし次男が行きたい~っと言えば、もう少し大きくなったら連れ出されるだろう・・・と思う。


こういう時、(あ~女の子がいたらな~)って正直思う。
男の子は面白いし楽しい、可愛い、ですがそれなりに成長すれば、いずれは「お父さん、お父さん・・・・」となっていくのが自然で、そうだよねっと分かっているけど、なんだか自分は幅にされた気分になるんです。

姉妹で子供を授かった友達を見てると、ほほえましいお話や、花(女の子)があって優しいなって感じると、あ~なぜ自分は男児2人なんだろうなっと思います。ないものねだりなんだろうなって思いますが、結局男児はある程度育ったら早い段階で私からさっさと離れていくでしょうね。

次男は年少ですからまだ、何するのもお母さんって言いますが、そのうちお父さんお父さん・・・ってなることでしょう。

あと何回くらいは私は孤独に感じる日がくるのでしょう?たぶん毎日でしょうね。男の子の母親は特に、趣味や共通話が出来る友達を沢山作るとか仕事とか、何か充実できる人生を考えないと、本当の孤独になっちゃうんだろうなって思います。


こんなに一番苦労したのに、青年になったら旦那に取られ、成人したら彼女に取られ、母親って全く見返りがないボランティアなんですよね。多くの人がそうですよね。気が合うお嫁さんが来たくれたらラッキーですがね・・・。娘の扱いも分からないからきっと些細な事で誤解したり衝突したりするんだろうな??

今から腹をくくっておかないといけないな~って。納得できませんが、納得するしかないな~。とく男性は息子が欲しいと言うのをよく聞きます。

そりゃあそうですよね、ずっと自分が死ぬまで父であり友人も務められるものだから、いいに決まってる。妻が寂しいとかなんて思いもせず、自分の希望を強く主張します。


いつも何か、あ~誰か私の気持ちに気づいて、とか思う事が子供のころからよくあった。旦那も息子も家族だし大事な存在ではあるけど、誰もそういう私の立場になって考える男は1人もいないだろうな~って。

そもそもそれが男ですから。
ハッキリ言わないと、こちらの気持ちが伝わらない生き物だし。


以前、嫌味で言ったんです、ハッキリ。
そしたら旦那さんは、イライラしてる私に嫌そうで、それでも、そうだねみんなで行こうね_っと言ってくれたんです。でも数日たつと何故だかそれを忘れてしまって振り出しにもどるんです。

子供が楽しかった~っと言うなら、子供が幸せで良かったっと思うようにしてますが。内心私はイライラしたり不満もあったりします、が表面には見せないです。みんなが嫌な雰囲気になるから。

姉妹のいる友達や、女の子を持つママのお話を聞いていると、花があるな~って。2人目を作る時。絶対女の子だからって、次はって、でも男児。


ただ女の子みたいに優しくて、おままごとも好きで、公園で遊ぶ時や私や旦那への言い方が女の子みたいなんです。リカちゃんほしいと言うし、ぬいぐるみ大好きだから。自分の事私っていうから園の懇談会で先生に言われたし。


いまってLGBTっていう言葉をよくネットやテレビで聞くようになりました。昔は男の子は男らしく、女の子は女たしく、とかに物凄くこだわって、学校でも幼稚園でも男女をいちいち分けたりして教育しました。

メリハリがあっていいと思います。
でも今の時代でグローバルにまわりを見ていたら、時代遅れだな~って、タイの学校がテレビで放送されていて、トイレは男の子女の子、それ以外とか、普通にクラスに数人は男の子なのに女性であることを認められた子供がいて、誰も差別したりなんてしてなくて、初めてビックリした。

それが普通に生活の中に溶け込んでいたら、誰もそれを異常だとかおかしいって発想にならないんですよね。

はじめっから、人はみんな違う、それが自然っていう流れの世界で生きてきたら確かにそうなるんだなっと。

人はこうであるべきとか、女(男)はこうであるべきと、私が生まれた時からずっとそういう風習がありますね。決まり事、理由がイマイチ分からないルールや風習とか。


人種差別とか、そういったことも要は、私達は生まれた時からこれが普通だよ~~とか刷り込まれているもんだから、自分と違う人を見た時には否定したり差別したり、そこから論争が生まれたりするのかな?っと私は自分なりに思っていますが。

もしかしたら、どこのお子さんだってLGBTかもしれまんよ。だから私は次男君のリカちゃん遊びも、ぬいぐるみ遊びもおままごと遊びも、イヤリングつけたいと言っても、特に否定しないようにしています。

自然に成り立った息子の状況を何かの力で違う方向へ向かわせるような事をしても、結局その子の求めるものに勝手にいくだろうし・・・

そもそも他人の思いを勝手に自分が変えたり、何かの力によって変えようとしたりなんてできませんよね。

何かに納得できなくてイラついても不満があっても、例えばそれを誰かにやつ当たったとしても、自分の気持ちや立場が分かってもらえるわけではないだろうし・・。それをつい感情に負けてしまって実行する人もいますが、だいたい人に嫌われます。

どこかの優しい誰かが、その人のその気持ちをくみ取ってくれるわけではないし、同情してくれるわけでもないし、ただの悪者になっちゃう。

私はそういう気持ちって、っもう自分で消化するか何か対策をするかしかないと思いますね。どんな理由でもですがね、誰でもありますよね。


いっつも穏やかな人が、一瞬だけ余裕がなくなって凄い本性を出したりして、その一瞬でもう人間関係変わってしまうよね。

だから自分に起きてる不満やそういう事って自分で処理するしかないよね。友達が多い人や趣味のある人とかは処理が上手だなって見ていて思う、器用な人もね。

孤独で不器用な人はそうもいっかなよね。
そういう人をサポートしてくれるものってないかな~とか思っちゃう。
そういう人が、危ないなって。

ネガティブになったり、なにかこうお犯罪に走ったり・・・。


私はとてもいっぱい結婚後は特に不満が多いですが、今までは子供も小さかったのでうまく処理しきれたいたな~って思います。

人間だから限界って誰にでもあるわけで。
限界を超えたら壊れてしまうし、判断とかもおかしくなったり・・・。


虐待も犯罪も、宗教もテロも・・・なにかこうこれって結局は孤独で救われない人たちが最後に向かう唯一の、逃げ場なんだよね。
だから私は、犯罪とかも、そういうことをする人を100%悪人って思えないんです。救われなかった側の人たちが、決して努力不足だったわけではなかっただろうし、救われた人たちが1人だけの力でのし上がったわけではないし。

たまたま環境や自分のもともと持っていた能力に恵まれたとか、親や周りからの支援や応援なと、何かしら自分だけの努力だけってことはないと思うんです。
落ちこぼれた人が、みんな自分に甘えて自分に負けてしまったわけではないし、もちろんそういう人もいるだるけど。



私もどんどん年を重ねるごとに考えが変わったり、目標や夢が変わったり変化が大きいです自分は。憑依体質で、常に憑依されている時間の方が多いように思うくらい、幼少期から情緒不安定なんです。すぐにパニックにもなります。


私は以前一夫多妻制の家族をテレビで見た時に、素直にこれいいなって思たんです。いくつか色々な日に何度か見ましたが、色んな国のそういう家族の物語?ドキュメンタリー番組?がやっていて・・・

ケースバイケースですが、何がそう思わせたのかって、まずアジアで孤児の女性を救うつもりでもう1人以上ですかね?女性と結婚した男性がいて、子供もそれはそれは凄い数で・・。

妻はみんなで協力して家事や子育てをします。
喧嘩とか競い合いとかもないんですよ。料理担当、子供の世話担当、色んな役割を楽しくやるんです。凄く楽しそうで、いっつも孤独を感じなくて、困った時は助け合って・・

他の家族もそうでした。
妻が3人いて、でもやっぱり子育てなんかはすごく協力していて、預け合ったり家事や子育ての役割分担や、旦那さんも週末ごとに奥さんとのデートなど公平にまわって・・・・

競う合うとか、もめ合うとかなくって、みんな協力しあってるんです。
なんか家族って感じだな~って。子供の頃、双子っていいな~、姉妹っていいな~って思っていました。私は不器用で友達も少ない方だたし、関係は濃かったですが。

男性は経済能力が高くなりますよね、妻、子供を養うわけだし。ハレンチのようで、でも私はいいな~っと思った。


普通に1対1の夫婦制度で、孤独な閉鎖的な中での子育ては辛くて、不安で、子供が病気の時はパニくるし、分からない事も多くて調べてる間に時間がすごく経っていくし・・・・。

だからそっちの方が、なんか楽しそうだなって。みんな笑顔で仲良く、協力的で、そこはなんだかとっても楽しそうでした。実際はどうか分からないけど、そうなってみないと。けどそれもいいな~


いっつも私思います。
そういう番組見て、世界のありええん場所で・・とか、ある日突然、私もどこかの島へ行ってくらそうかな?とか。とっても不便ででも大自然の中でとか・・・。例えば誰もいない森で自給自足してみたいなとか。そういうことすぐに想像しちゃうな~

で、自分がかかえる問題が多いとパンクしちゃう。減らすにはなんらかの処理が必要で。誰かを傷つけたりとか、知らない間に、もしくは、そういうつもりじゃなかったんだけどそうなった、とか、

仕方ないと思う、人間だから。
ただ謝ることは大事だなって。

私は浮気したりとかそういうのって女性の場合は相手が話を聞いてくれたから・・ってよくいいますよねそういうことする女性は。私は気持ちは分かるんです。だからその女性だけを責められないんだな~って。

男性の場合はただの遊びだったりが多そうだけど、結局ずっと1人の人をずっと好きでいるなんて出来る事じゃないな~って

映画「花束みたいな恋をした」を見て色々考えましたが、この映画はただのカップルの現実的な話で、私は好きじゃないな。いちいち映画みなくても、DVDになくても、そんなカップル山ほどいます。っというか人ってこういうもんです男女の関係って。


ずっと結婚後好きって相手を思える人って、はじめからそうとう好きな人との両思いが叶った人だと思うんです。だって1番好きな人とダメだったら、もう結婚となるとそれなりに嫌いじゃなくてまっとうな人であれば、ある程度の所で折らないと一生結婚なんてできないよね

昔友達に、一生一緒にいてもいいって相手と出会えて結婚出来てうらやましいって言われて、私は心の中では腑に落ちないなにかがあった。だってそうじゃないから。実家を逃げるように、ただ居場所の為にしたようなもんで・・。

結婚さえすればすべてが解決するって思いこんでいて、今思うと結婚って1度してみないと分からないんですよ。ずいぶん想像とは違います。夢物語ではないし、苦痛の日々の方が数えると圧倒的に多いですから。
なんなんだろう?ってこれが現実って、現実をつきつけられるのが結婚でした。

だから結婚に夢を描きすぎないようにした方がいいですね。漫画の読みすぎには注意ですね。私は夫婦のだちらかが、浮気とかをした場合は、したほうだけが悪者とは思いません。例えば妊娠や出産で女としてみれなくなった、とか自分が相手にされなくて寂しいとかで男性が浮気するのも、しかたないなって。

赤ちゃんの世話と旦那の相手を器用に出来る人ばかりではないし。旦那がいつも自分に関心がないから浮気や宗教やその他の何かにすがっても、私はその人を責めません。しかたないというか、そこまで放置した家族なり夫なりもいけないわけだし。妻も気がおかしくなりそうなくらいに孤独を味わって耐えられないからすがるんです、何かに、浮気もその1つなだけで・・・。


愛の反対は無関心なので、無関心だったということは、愛してませんでした、ってことになるから。浮気やそれ以外のなにかに走って、それなりに栄養もらわないと正気でいることが出来ないんですよ。人は愛の充電で動く生き物だからです。夫婦間でそれを得られなかったら、別のどこかで調達するしかないし。本能的にだと思いますけど、人ってものがそういう生き物なんだな~って。

傷つけあう前に、さようならするのが一番いんですが、子供がいると難しい問題ですね。私は故ダイアナ妃さんの立場とかすごくわかる。


全ての支えだった子供を手放してまでもう自分を愛さない夫とはいられなかったわけで。でもチャールズの立場も凄く分かるんですけど。

産まれて来て王子、王子ってプレッシャーと、世継ぎ世継ぎって言われて、愛する人との結婚が叶わず、世継ぎの為にダイアナと結婚したんでしょ。王子じゃないなら結婚しなくてもよかったし。それだって辛かっただろうなって、かなり批判されたけどあの方は。ダイアナみたいになりたいって思ってきたけど、あそこまで強くはなれないかな・・・


で今やっと本命の女性と一緒になれた。
はじめからこの2人の結婚が認められれば、ダイアナは死なずに済んだように思います。でも妃になったから、あの地雷撤去とかもあったわけだしね・・・・


相手に関心をもたれずに、自分だけが相手につくし続けるなんて無理な事だと思います。ダイアナも他の女性もです。離婚できればいいかもしれませんが、できない場合は、何かで埋めるしかないでしょうね。


自分の人生は認めてもらったり愛される事よりも否定されることの方が多かったので、人から何を言われても、おかしいことはおかしいって私は言い続けると思います、こういう性分なので。おかしいことを、おかしいって思えてるうちは、自分はまともでいられてるんだと思います。おかしいことに気づかなくなったらモンスターですよね、そうならないように気を付けないと。
人って簡単に壊れるし、愛で動く生き物だからこそ、不足すると、正しい判断ができなくなっちゃう。

右ならえばかりの社会の中でも、せめて心の中だけでも抗えば、きっと大丈夫なんだと思います。流されたらお終いですね。なんでもグループグループって言う日本は好きじゃないな私は。他人と合わせるなんて私に出来ないから。すぐに出るクギになっちゃう。人も簡単には信用しないですね、すごい人間をいっぱい見て来たから。


鬼滅見て、約ネバみて、モチベーション上げます。
残酷なシーンが多いですが、とても感動するセリフが沢山あります。

もともとこの世や人は残酷なわけだから、目を背けずに見て欲しいです。小さなお子様以外ですが、きっとそのお子様も大人になったら見たらいいと思う。

大人にしか理解できない内容ですが、人生生きるヒントになるような考えさせられる部分がいっぱいあります。


コメント(0) | トラックバック(0) |2021年10月 3日 01:30

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2551

コメントを投稿





深夜の独り言
FX会社通貨数