ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  運動会が終わった

運動会が終わった

体が・・・


運動会が土曜日に無事終わった。
役員をやると、こんなにもあっというまで、そして感動する部分もあり、あ~自分頑張ったなって思う。同じ週に、予行練習が2回あり、予行の翌日が本番だったから、もうクタクタで・・・・。実は今日、喉がとっても痛い、体に疲労を感じる。そして体がとても熱い・・・。


金曜日は、2回目の予行練習が午前中にあり、午後は反省会と雑用などの仕事。結局、朝子供と一緒に幼稚園へ行き、帰りまで園にいる状態で。メンタル的には楽しい部分もいっぱいあり、ただ体がとってもキツイ。予行の日は帰宅すると、そっこうドラキッズへ行った。子供がお稽古中に私は買い物して、一緒に帰宅して2人で夕飯。お風呂やら、掃除やら本当に色々大変だった。翌日の運動会ではじじ&ばばが来ることになって、夜遅く夫婦で掃除。でもちろん寝るのは深夜だった。それだけでかなり体はえらかったけれど、土曜の運動会では、役員さんは常に走りまわって道具を運び最後の言葉も言わないといけないので、最後まで緊張しっぱなしだった。保護者がいっぱいいる中での終わりの言葉を言うのはとても緊張した。それがなければきっと疲れも半減だっただろうと思うけど、とてもいい経験になりました。

役員をしてるとあ~私ダメダメ人間だ~って思うけど、なんとかやっていられて奇跡。会長じゃないからだよな~。会長っていうのは色々バランスがとれた人じゃないとね。


運動会から帰宅して、頭痛と激しい疲労がおそったわ。翌日がとてもキツカッタ。
すぐにでも寝たい感じだった。
今日は朝からとても体調が崩れていて、でも朝からツタヤへ行ってスーパーナチュラルのシーズン12を借りて観ていたわ。あ~素晴らしいディーン、サミ~大好き。大好きな海外ドラマが観られて今日も生きてて良かった~と思うわ。疲れも忘れられた。

去年は、運動会早く終わらないかな~とか思ってた。
子供も年少だったし、イマイチだったし。
年中になれば、かけっこも凄いな~。バルーンは集中してなかったけど、園児みんながとっても頑張っていて、その姿に(がんばれ~)って応援したわ。こっちもパワーもらえた。予行ではみんなふにゃんふにゃんしてたけど、本番ではきちんとやれているんだもん。笑っちゃうわ。役員して気づいた事や知った事、学んだ事がいっぱいあったな~。

本番では園児の家族がみんな我が孫を、我が子を、応援してたっけ。私が思うに家族の応援があればあるほど、子供も発揮しますね~。じじ、ばば、家族で「OO~」って子供の名前を大きな声で読んで応援している家族を見て、あ~とってもいい家族だな~って思った。来年は私もそうやって応援してあげようかな。ママはいつだって子供も応援団。いつも沢山の家族に囲まれて応援してもらってる子供って心が強いな~って思うわ。私は家族が少ないけど、負けないくらいに応援してあげよう。


園児を応援していて、応援する事ってとても大事なんだな~って思った。褒めることもそうなんだなって気が付いた。いつも先生方はそう言い続けているけれど、応援されて子供は頑張れるし、褒められて、どんどん色んな力がついていくんだろうな。いっつも私は躾の事ばかりに悩まれれて来たけれど、いっつも躾ける事が頭にいっぱいで、言う事を全く聞かないタイプだとよりそうで、まぁでも応援したり、褒めたり、そういう事も沢山取り入れたら、また子供も態度など変わって来るのかなって思うえるようになって、子育てそのものがちょっと楽になったような気持ちになれた。

コーチング講座を年少さんからやっていて、もうずっと続けていますが、今週は予行の為なくなりました。来月に2回やることになった。あと2回で終わる。1年ごとにコーチング講座があり、1年ごとにレベルアップしていきます。講師になることも出来ます。すてきママ・インストラクター講座 から今年はマスター講座へ上がった。コーチングでもママは応援団長をしましょう、褒めましょう、他にも質問をする事など、子供の可能性を広げるスキルがいっぱい、子供以外でもあらゆる場面で使えます。コーチングを取り入れるようになって確かに子供の癇癪は減った様な。コーチング活用しても結果が出ない場面もあるけど。


愛情も正しい愛情でなければ意味ないだろうし、伝わっていなければ意味ないだろうし、甘すぎても、厳しすぎても。ただ誰が何と言おうとも、私は世の中のルールというものだけは徹底してやろうっと決めました。スパルタです家は。挨拶は大事、でも人を傷つけない事、どうしたら人にいじめられたりせず仲良く出きるか?とか。実際5歳君は公園や幼稚園や色んな所で叩かれたり、します。息子は遊びたくて輪にむりやり入ろうとしたり、距離感が分からない、空気が読めない、お兄ちゃんに話かけまくってつきまとって、最後には小学生に本気で殴られたりして泣かされる。小学生の親も一切注意しなかったり、こういう時って、結局空気を読んだりできない子の方が問題って結論づけられるから、親も自分の子供に注意もしないし、原因があれば虐めても仕方ないって、可愛い我が子だからでしょうねきっと。まぁ私はどんな状況でもまず叱るけどね。

以前子供がシーソーに乗っている時にいきなりお友達が貸してよって言って、言いながら子供を突き落として自分が乗ろうとしていて、でもうちの子もシーソーにのったばかりだし、親の私がいても、そのお友達は自分が乗りたい気持ちが強かったのか、でも子供もシーソーにしがみついて、止めて~っとしがみついていたら、突き落とそうとして叩いたりしてきたから、うちの子も負けずと脚で蹴り返した。女の子だったので、もちろん泣いていた。特に女の子に乱暴しない事を強く注意したけれど、あれはどうみてもお友達がいけなかったと私は感じたわ。そんな感じでうちの子もあちこちでそのお友達と同じような事をして泣かされている。

説明しても言葉の理解が遅いのか、いまだ理解出来てない。いつもどう説明したらピントが合うのかな~って考えながら。もうこれは普通のママよりもよほど私考えてますよ。こういう乱暴な子供だけど、母としてどうしたらいいのかを24時間考えない日はないです、結果は著しくはでていないけど・・・。ここまで説明しなくても理解出来る賢い子はいいな~って思う時がある。1回で分かってくれるとか。生まれた時からまるで世の中のルールを知っているみたいな子供って時々いるけど、優秀だな~って。出来が違うのかな。そういうこのママは結果的には子供が良い子だから、どこでも嫌な思いをする事はなく、24時間私のように躾だけで考えて終わるなんてこともないだろうし。
だってうちは1歩外へ出れば、他所のママに怒られて、嫌味言われて、謝って、もうそれの繰り返し。1日に何回もそれも毎日。だからノイローゼ状態になり、結果を出す為にどんどん、どんどんもっとさらに厳しく子供を叱りつけるはめに。だってそれ以外方法はないでしょ。放置していいわけがないしね。放置したら、放任主義ですし。


だいたいはお稽古の悩みや、食事の悩みや、お片付けが出来ないとか・・・。
普通のママの悩みは可愛くって良いな~って。悩みのレベルも違う。
まぁ自分を嫌っていて、批判したり、まぁすべての人はそうなんでしょうけどね。
ただ私は自分をたたくような人には、私もそれなりの態度しかとりませんからね!!!!!
例えば、講師や先生と言う立場で、わんぱくな男の子をとても差別する先生って多いですよ。お稽古事では多いデス。感じますね。大人しい子ばかり絶賛されますし。
当然です、こちらも人間ですから。こんな状況でも可愛い~ってとっても子供を可愛がってくれる人もいて、少なくてもそういう人に恩を返す為にエネルギーを使いたいです。


同じ幼稚園で2歳の時にドラキッズを一緒にやっていた子がいたけれど、翌年には先生がキツクて子供が嫌がって辞めたって聞いた。今年の先生で1人、とても優秀な方ですが教育に置いての知識は凄い。でもわんぱくな男児をとっても差別する。なぜだろう。発達障害だと言ったとたん、何か問題があるとうちの子のせいにされることが良くありますね。実際今年同じクラスにわんぱくな男の子がいましたが、一緒に遊んだりしたこともありましたが、ドラキッズはスーパーの中にありますから、でもキッズルームで遊んでいたら翌週クレームがあったということで、わんぱく男児のママが色々注意をうけました。もうキッズルームでは遊べなくなってしまった。ひときわ暴れたりする男児くんはその事があってからすぐ止めていきました。場所がスーパーの中だしね。そもそもそれが問題だわ。ちゃんと場所を確保してやってほしい。

先生も性格によりけいで、人気のある先生もいます。沢山いてもそういう先生が1人だけいるということですね。たぶんその先生の影響で止めている方が多いと思います。来年曜日を変えたいと言ったら、え~その曜日はわんぱくな男の子ばかりだから、このままの曜日で来年も続けた方がいいですよ~って。何言ってるのかしら?って思ったわ。先生によって全く違う。その先生になってからとても不愉快でしかたない。そうやって生徒を差別してるって人間性だろうけど、本人はそんな自分をよく好きでいられるな~って。私は無理だから。以前ネットで自分の子供の悪口などを講師にかかれてとても悩んでいるママがいたけれど、本当に酷い話。どんなに優秀でもね、子供がそれで伸びるのかしら。だって全く躾してなくて放任なわけではないしね。子供も行きたくないってなってしまうそうです。うちなんて通報されるくらい警察がくるくらいに、子供が泣いたりして、そこまでギリギリに躾けてもこの状態。とっても気の毒だった。本気悩むママの姿見て、色々学んだわ。能力と人間性は別なんだね。でも多いですね。先生なんかで、生徒の好き嫌いがあったり。私もね、子供の時、大人にとっても差別された。優秀の子じゃなかったから。いつも目の敵にされた、1人の意地悪な先生に。とっても怖かった。でもありますね、生徒のお気に入りとかって。

本当になぜだろ?女の子は、わんぱくでもまだいい。他人に注意されたり叱られたりしないのだから、実際わんぱく女の子とそのママとランチしてもまわりは、可愛いね~って評価だもん。同じ事息子がやったらめっちゃ怒られる。そもそも小さい時に差別されるから、大人になってもこういう日本の悪い部分て、悪循環。

差別とは何も知識を学ばないことです。
そう思うわ。例えば、障害者やメンタル的に病気のある人を怖いと思うのもそうでしょう。どんな病気かを知って、そうなんだ~、とかそういう特徴なんだ~とかね。看護師さんなんか毎回怖いとか思わないですよ。空手の先生が言ってた、最近の子はおとなしいって。力もないらしい。


もし理想通りに男児がみんな良い子ちゃんだったら、世の中酷いことになるだろう。男児はね、元気がないと日本を作れないですよ。躾されていないのと、わんぱくは意味が違うわけ。躾ける際にも暴れてもい場所といけない場所をちゃんと作って、暴れてもいい場所ではいっぱい発散させる、その代わりダメな所では絶対ダメを守ってもらう。ちゃんとそこを見抜いて注意したり、批判したりしてほしい。っと言うか、自分の名前と住所名乗ってから文句言ってくれ、何度でもこちらも言いに行きますから!!謝るべき場面は謝りますよ。私、差別って一番嫌いだから。平等じゃなくてもいいけど、差別は嫌よ。そういうことをする人達を私は人間とは思わない。だから人としてこちらも接することが出来ないわね。何を言われても、どう批判されても引き下がらないわね私も。何も考えない事は無意識に人を気づつけることだと思うわ。自分の子供にも考える事を沢山してほしい。


コメント(0) | トラックバック(0) |2016年10月 2日 21:04

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1685

コメントを投稿





運動会が終わった
FX会社通貨数