ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  秋マロン~ロマン~

秋マロン~ロマン~



食欲が沸いてるわ~



9月後半から、なんだかいつもよりおなかが空いてしかたない。
幼稚園で剥いた栗を分けてもらったので、マロングラッセにしてみた。4日間ほどかかるけど、ブランデーがほろほろといい感じで食べるとふっわ~っと、ほろ酔いになるわけ。美味しかった。幼稚園では栗ケーキになったようで、1本購入しました。来週来るわ~。子供と食べよう!!



まろんぐらっせ (1).JPG




ハーゲンダッツのマロングラッセが最高
これは今日買いました。テレビでも放送してましたが、これがめっちゃくちゃ美味しいです。
アイスの部分がもろマロングラッセ味で、上品で、ホワイトチョコでコーティングされていて、最後はパリッと最中でくるまれた、このアイスはハーゲンダッツの中でもベスト1でした。限定だし、近所のスーパーでお買い得だったので、明日行って、いっぱい買おう。なんだか話題のアイスだったので、この味ならいくつでも買うわ。


まろんぐらっせ (2).JPG


自分の生活スタイルを大事にしよう。

今日は、コーチングの講座が5回目で今日は終了しました。
「すてきママインストラクター講座」全10時間で1クールが終了しました。
来月は、コーチングの茶話会があります。
来年はらさにワンランク上の講座があります。

1クールやると認定書がもらえて、自分でも講座をやることができます。
もっと勉強して、自分なりにももっと身に着けたいですね。

講座の後で、ママ友とランチへ。
今日はとっても疲れて、また体調が悪くなってきた。
喉も痛い、風邪かな??
わたくし風邪が喉から来るタイプ。
ロキソニン飲みました。


コーチングやスピリチュアルを学んで、人と比べるというのは、「焦る」というだけでも、比べていることに入るんだな~っと知って、本当に人と比べないっていう事は、まず意識の訓練。誰もが頑張っているし、幸せの時もあり、不幸の時もあり、自分の立ち位置とかもイチイチ確認しようとするからそうなるのかも。余計な事をイチイチ確認するのはもおう止めようって思う。母がよく言っていた「人は人、自分は自分」って傲慢でも頑固でもなくて、そうだな~ってただ思う。

今日は保健所から電話があり、児童相談の担当が変わったので、変わりました~的な電話だった。
子供の発達障害の内容を話していた。小学校に入ったら、市内の中央療育センターへ相談場所が変わることが知れて情報がまた1つ集まった。
発達障害の子供を少しでもいい方向へもっていくには、自分で情報のかけらを、こうやって1つ1つ集めるしかないのだ。その地道な作業がっ繰り返されて、情報がまとまってくる。そして役立つ・・っという流れ。子供の発達遅れに関しても、長く長い道のりで、情報を収集し続けて、今に繋がってる。幼稚園後もつながる場所があると思うとホッとした。

そこまではよかった。
子供の症状として乱暴です、力のコントロールが今だに出来ない、作業療法をして、若干なくなったけど。
まぁそういう話をしていたら、「もしかしてパパがカーッとなるタイプ?・・・」っと言い出したから、私の受け取り方としては、旦那さんが攻撃的だから子供が見て学んだ・・的な発想だったように感じだ。それを聞いて呆れ返った。でも冷静に考えると、きっと乱暴な子にはそういう環境の子が多いのも事実なので、たぶんその話にふれたんだと思うが、どちらにせよ気分は良くなかったですね。きちんと言っておきました。保健所側は、どうにかして、乱暴な部分の原因が家庭にあることにしたい感じな言い方だったので、私は、遺伝子だと思いますって言っておきました。自分の育て方かもしれないけど、1歳を過ぎた頃から始まって2歳、3歳は酷かったので、異常な酷さだった。

通りすがりの他人の子供をすれ違いざまに叩く、階段の上に立ち尽くす1歳児とかも突き飛ばしたり、すべり台でもそうだった。
とにかくそういった事が多かった。で、子供がやったことを、そのまま私が子供にして経験してもらいました。叩く、押す、砂を投げる・・などを子供にやり返して私が、どんな気持ちになるか感じてほしかったけど、ただ泣きわめくだけで、もちろん言葉だけでは理解もなく、3歳の地点でまだ2語だったし、言葉の理解もなくて、子供も「わからない」っと言って泣き続けるだけで本当に可哀想だった。親としても躾をしないわけにいかないし、謝ってばかりで、対等のママ友達なんて出来ないし・・・とにかく気の狂う日々で。いろんな事がわからなくなってしまって、判能力とかもなくなってくし・・・。

最近はしかたない、っと自分に言って諦めます。
自分の中では諦めること、我慢することでもあるかも。
諦めるという選択を我慢して選ぶ。
あ~なんて息が詰まるんだ。
とにかくもうやめましょう。
嫌われる、偏見される勇気を持とう!!

子供も公園行きたいってあんまり言わなくなった。家でママとゴロゴロしたい。って言います。
怒られないものね。スキンシップも優しい言葉もいっぱい、お話もいっぱい聞いてあげるし。
子供ももう注意されたりうんざりなのかも。
発達遅れというものは、ただのわがままとは別物です。同じに見えるけど別。
じっとできないのも、親の躾ではないですよ。

怒鳴って、たたいて、暴言、それでもわからないのは、障害があるからで。
親が躾けてないっと散々責められましたが、違いますから。
保険所の方にも言いました今日。これ以上、躾けようとするのならば、ここから先の領域としては虐待しかないですよ方法が。
それって良いの?っと。これが精いっぱいなんです。ギリギリ。子供も注意のされすぎで、チックになりかけたくらいですし。
正直、口で言ってわかるレベルだったら、こんなにも子供に辛い思いをさせなくてもすんだのだから自分も辛い。
信頼があれば口で言って分かる・・・っと言うママってたぶん、楽な子供なんだと思う。言い聞かせの面では。
楽な子育てはないけれど、そういうママ見てるとイラッと来る。いっぺん育ててみんしゃい!!
きっとノイローゼになるから、それと誰の手もかりずに親も旦那さんからもなしで、1人でやってみなさいってね。
心の不安が全く違いますからね。親がいない人が子供を育てるのって、天涯孤独の子育てってなんだか不安だらけだった。
うちは旦那の事情で、2歳~4歳まではまったくをもって1人で全部やりましたから。
人の子育てにあれこれ言う人に限って、自分は親まかせだったり、そんなに育児してないし・・ちなみに私の母は1人で3人の子供を育てたけど。
すご技すぎるわ。母も家庭内別居で、経済的にも、何的においても一切旦那には何もしてもらってないので、でもやりこないていたわ。母は姉にしょっちゅう相談してた。それなんだよね。それがあるかないかで、大きく分かれる。父は子供に触れることも、会話さえなくて、だから私には父はいないようなもんだった。欲しいとも思わなかった。母1人で十分だったし、母は父親の役目まではたしていた。


愛情で満ちた人と、そうでない人とでは、全く世界が別だと思うわ。
1人で全部やってるから、いっぱいいっぱいで。よく2人目は作らないの?ってセリフにもほどほどムッと来るわ。
私だってね、親の援助や相談にのってくれる自分の家族があったら、もうとっくにね3人でも4人でもねって言いたいのをこらえるわ。
いる人には言っても分からない事だから黙ってるだけ。だったの5分でさえ親に預けてもらう感覚を知らないのですから、里帰りとかもねないですねもちろん。
一度でいいから味わってみたいわね。自分の親に子育てを相談したり、ね。子供がお年玉もらったり、会話したり、可愛がってもらったりね。なんだか子供に申し訳なくって。そういうの当たり前にある子供もいるから、自分の子供はないから・・・っと考えればずっと続いてしまうので、そこがもう比べちゃってるんだろうね。
でも毎日さらされるから、そういった光景に。だから自給自足の生活が理想ですけど。

来世の希望としては家族が仲が良くて、大人になっても仲がいい家族。
まぁないだろうけど、ダガーファミリーとかね。


女の子がお店を歩き回ってもそんなに注意されないけど、男の子だと叱られる。
悪ガキってイメージなんでしょうね。
かと思えば、スーパーとかで、めっちゃ可愛がってくれる他人もいるし。
この違いはなんなんだろう?

コメント(0) | トラックバック(0) |2015年10月14日 23:16

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1416

コメントを投稿





秋マロン~ロマン~
FX会社通貨数