ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  温暖さがね~

温暖さがね~


寒いのか、暑いのかハッキリせい!


最近は体がだるい。非常に疲れている。
くしゃみや、鼻水やら・・・・。
朝は寒いな~っと思っていたら、お昼からカーっと暑いし。
何じゃ~~~~~~~~~い!



最近は「赤ちゃんと僕」を読んでいる。
実くんは2歳。うちの子は4歳だけど、やっと実くんに追いついた~。
だって2歳の時なんて全く言葉が出なかったし、会話も出来なかった。
このマンガにどれほど救われたか。子育てって手助けしてくれる親がいたりするのと、いないのでは全く180度世界が違います。手助けが無くても1年に1度自分の親や兄弟と逢ったり、コミニケーションがあるだけでも違う。だからこのマンガが母の様な存在なのです。あと2冊で読み終わります。泣けます。

正直、親などの自分の家族が全く0という状態での子育てがここまで大変とは思いもしなかった。発達が遅いと、発達検査だの、療育だの・・それだって凄く長い道のりだった。あちこち探して、それだけで終わってた。大量の本も毎日読みあさったし、発達の事を本で調べたり、それだけで、自分の時間が埋まってた。

「思いやりは4歳からめばえる」っと書いてあったけど、乱暴な一面も2学期はじまってからはだいぶなくなった。もし4歳でなくならなかったら、それこそ躾けの問題だと思います。散々、私達親子を責めて来た人に言いたいくらい、発達が追いついたから子供が理解しただけで、自分はただ言い続けることと療育するだけで今までと何も変ってない。ただ子供が変わってきただけ。ただ一般的なレベルの子と比べられた、という事だったのでしょうね。世間では4歳というと、このレベルだろう?って勝手に想像されてしまうので、聞きわけが悪かったり、マナーが守れなかったりすれば、親の躾けが問題だろう?っとすぐにはなから言われてしまう、この世の中が大嫌いでした。


自分の躾けではなくて、子供の発達に問題があったんだって今知れて、本当によかった。だってもう自分を責めなくていいのだから。やっと子供が可愛いとか愛おしいとか思える余裕が出来たんです。


聞きわけが良い子供のママって、いかにも、自分がやり切れてる、って思いがち。
自分は誰よりも頑張ったから結果を出してるって思うのでしょう。
違うって、子供がたまたまそういう子だっただけ!!
よく、信頼関係があったら口だけで2,3歳ならちゃんと言い聞かせられる。。。なんて言う人がいるけど、そういう範囲の子供しか育てていないので、そう思うんだなっと感じました。


育てにくい子、育てやすい子ってあるんです。
4歳になって、子供が天使か、神様にでも変身したの?って思うほど、私の声崖や約束をだいぶ守れるようになった。子供の言葉の理解が成長したから、きっと私の言ってる事がやっと理解できるようになったのかと思う。
育てやすい子、という子供も育ててみたいです。
確かに死に物狂いで育てる子育てにはもの凄い感動があるわけだけど。
だって信頼があったら言い聞かせられる。って言葉嫌いですけどね、じゃあ重度の障害者はどうなんでしょうね。重度の自閉症の子供がずいぶん大きいのに、親の言ってる事が守れなかったら、それ見て信頼がないって言えるのでしょうかね?

発達障害って見た目では分らない。意識してなければその親でさえも気づかない。
軽度、やグレーゾーンって問題ではないのだろうけど、子供本人が生きずらくなっていきますし、非行や色んな問題が後から出てくるのだと自分は思う。
私の場合、言い続ける、療育や訓練という専門的なやり方、で乗り越えました。
目に見えないこのあたりの子供って、世間からは全く理解されないので親は大変です。車椅子に乗った障害のある子供が、静かにしなければいけない場所で声が出ちゃってたら、それを注意しますか?って事よね。見た目で障害の部分が見えれば、誰も責めないでしょうけど、目に見えない発達障害は必ず公共の場では親が責められる、その他ありとあらゆる場所で、うんざりですね。でも慣れていくんです、そんな環境に。療育教室行ってたママが言ってた。発達障害のこういった子供を持つ親の立場は絶対に分らないよねって、はいそれ答えです。分らない、普通です。迫害でも差別でもなく、経験ない事は分らなくて当然なのですから。しかたないことなのです。全部しかたない、で済ましてきた。

特に1人目の子供なのに、誰にも相談できず、特に母親に聞いてみたかったりすることも聞けなかったし、血族者はいないようなものなので、ある意味孤児の状態みたいな天涯孤独という状況が、寂しかった。周りは里帰りや親に預けたり、親に子供の服作ってもらったり、親に自分の子供抱っこしてもらったり可愛がってもらったり、そうやって自分の家族に愛されて、その中で子育てするというには、贅沢だな~って。

自分はそれがないですから、当たり前にそれを持ってる人を見るとやはり苦しかった、憎いんです。自分を愛してくれる家族がいる中での結婚や子育てなら、きっといっぱい勇気もらったんでしょうけどね。貰うものがないので、全部自分で作り出すしかなかった自分の場合。一番不憫だったのは、自分の子供。家族に愛された環境にいる母親から生まれた子供が、多くの人に愛されるので、そいうった意味で、子供が不憫だった。またそういった幸せな人を見るにも、そういう人と喋るのも、挨拶すら嫌だった。見るのも嫌なんですね。普通ですよ。ゆがんでません。誰だってそうなるんです。愛情に囲まれて暮らしてきた側の人には分からないんでしょうけど、そうなるんですよ、どんな人も、人ならね。

器用なママが育てやすい子を授かるのと、不器用なママが育てにくい子を授かるのでは、幅も違うでしょ。「結局は自分の子だからね」ってこの言葉は暴言に等しいですね。だから何なの?って思いますけどね。何の解決にもならない言葉、ただ相手を追い込むか恨まれるかなので言わない方がいい言葉ですね、結局は他人事、っという意味なんです、っと思いますこの言葉。いい子を授かったのはラッキーガアールみたいな。でも学びも少ないと思いますよ、楽な子育てってね。楽な子育てはないなんて言葉も好きじゃない、障害と名のつく子供を持つ親には通じませんよ!

子供はうるさくて、イタズラ好きで、いう事聞かなくて、癇癪も。
昭和まではそうだったの、それが普通だったの。今は大人しい子供が非常に多い。
親が公園に連れていかなかったり、環境で変ったのかも。子供はいつの時代からも変っちゃいないって事を知っておいてね。ってえらそうに語る。
そしてお覚悟しなさいね、って脅し。実際そういう子が犯罪犯してますよね。
ある大学教授も言ってた事だけど、問題をかかえる生徒こそみんな大人しくて手のかからない子だったとか。子供時代に思いっきり甘えて、泣けなくて癇癪も出せなくて、そうなったのかは分りませんが、あると思います。今の子が大人しいんじゃなくて、今の子は大人しくしているだけかも、演じて、おさえて、でもいつまで続くかな?


沢山の、親の親戚や兄弟や家族から、愛情をもらえる子供はお得なのです。
自分が愛情面で恵まれない環境でも文句はないですが、自分の子供がそいうった部分で他の子と差がでるのは、悔やむというかどうにもならない部分ですね。だから当たり前にもってる、ルンルンしている人が憎らしくなってくる。どんなに1人で完璧にこなしても、沢山の人にすこしづづいっぱい色々貰ってる子供には勝てないのです。お年玉も、プレゼントの数だって違いますから。勝ち負けではないけど、子供が不憫になってくるんですね。
日本って幸せな国ですね。どんな方の悩みもアホなのかな?って思うくらい馬鹿げていて、だいたい興味なくなってきてしまった。色々なものに。

「おもてなし」とかねね、言ってる場合じゃないような気がしますが。浮かれている場合かしらね、この日本の状況にね。裸足のゲンがもう売られないの?そう知った時怒りが爆発したわ。何故?戦争を伝えてはいけないの?東日本大震災があった時は毎日テレビでその映像ばっかりで自分少しおかしくなってしまった。専門家は影響があったりするから見ない方がいいとも言っていた。でも現実だし、自分の国で起きてることだしね、目をふせていいのかしら?って思ったわ。見ないのは、ないのと同じだから、結局は。

子供が発達障害でいたずらも、乱暴も酷くて、それが自分の躾けのなさ、だと言われて、実際に療育してた教室のママも全く同じ事を言っていたので、この感じ方は自然だと思うんですけど、ただそういう子供を産んだだけで、迫害のような本当に酷い扱いをされた、同じ人間と思えなかった。そんな事が長く続いたので、私もずいぶん図太くなりました。今では小さな悪口くらい、ヘッって感じです。身内からも実の家族からも酷いことされたから、人間の本当の人間ってものを知ったのだと思うきっと。人ってものの答えは、本当に残酷で冷たい、愚か・・とかそういった事しか浮ばないかな自分には。きっと色んな物がマヒしたんだと思いますね。仕方ないですね、そう扱われてきたんだから。だから身内からの意地悪だって平気なわけです。


私はよく、犯罪者とかでも、その人を憎んだりはあんまりないかな。
一体そこまでなるには、どんな辛い事があったのかな?っとか。そこばっかり考えます。お金目当てだけは許せませんですけどね。罪を憎んで、人を憎まず、って本当にこの意味知ってる人なんて少ないんだなっと。幸せいっぱいでたまたまそういった環境で生きてきた方って、逆に一番怖い。だって一体どこで優しさを学んでるんでしょうか?残酷な目にあった人の方が優しい心をもってるもので、精神的に苦労してたり、虐待や虐めや、そういったことを経験してる人の方が確かに闇はあるけど、それを知らないで優しさなんで学べないと思ってる自分は。子育て中は自分以外の全ての人が敵だと思って生きていたので、色んな部分がマヒしたんでしょうね。人に幻滅したので、いまいち興味がなくなった。

今までも、今も。家族の愛情とか、助け合いとかね、そういうのって幻想なんですよ。だって実の親や兄弟に酷いことされたから、信じられなくなるんです人が。普通の流れですけどね。誰もがそうですね。だから日本って幸せだって言ってるの。そうやって生きてる人って少数派じゃないの実際。人は冷たくて、意地悪で当たり前。この世は地獄で当たり前だって。そうやって生きてきたもんで自分。時々、優しい人に出会うと、逆に奇跡ってあるんだって思うもの。そんな人間もこの世にいるんだって知ることこそが奇跡だし、パワーもらえる。海外ドラマのフルハウス、あれを毎日見て育ってきた。小学生の時からずっと大人になるまで。実際にはないんですそんな家族。だから空想で作るしかかんです。空想の作り話なんです。フルハウスの家族像は私の憧れですが、ないんですこの世には。作り話なのですから。幸せはない、この世はいつだって修行の場だから、苦しいのが普通。そうやって生きている自分。不幸ではない。

じじやばば、沢山の方に可愛がって触れ合って、それがとってもいい環境で育った子供なんだと思う。それを子供にあげられなくて息子ゴメン。だからいつだって、体が壊れるまでやってきた、壊してもなお無理してでもやってきた。100倍の愛情あげないと子供が可愛そうな気がしたから。それもだいぶなくなってきたから、助かった。
親と中が悪いのってまだ可愛い。だって帰省はするでしょ。私は、10代の時から、二十歳で縁を切ると言われたし、二十歳で、母が私の義務はもう終わった、さあ、後は自分でどうぞって言う母親だから。母親は小さい頃から、子供は産みたくなかった、理想じゃなかったから私の事は愛せないんんだっと何度も言われてきたけど、義務だからやったっと。きっと私も発達遅れで母は苦労したのかも。1人で3人育ててきたし。今は本当に子供を愛せない自分を一番に愛する母親もいるんだなって知った。本当に私には興味なかったんだな~って思うと寂しいのだけど、魂の上ではみんな他人なんだから、そもそも親に愛情を貰いたいなんて、それこそが甘えだったのかも。

そもそも子育ての苦しみから解放されたのってママ友達が出来始めてから。
あちこちで、ママ集団が会議しはじめるけど、許してね。だって、そこしかないですもの。じゃないと本当に病気になっちゃうわよ。

ブタは牛になれないし、牛もブタやサルにもなれない。
自分は火星人だって思えばどうってことないわ。
自分の人生には文句なく満足してる。

私ってね、そんなに喜ばない人です。だって冷めてるんですから。
ニコニコしても演技だったりね。心底喜んだ事って、まずないな。子供の成長以外で。
色んなことを知りすぎて喜べない、フロド?だっけ?みたいに。ロード・オブザ・リングですけどね、3章の最後のシーンで、フロドは、もうもとの自分には、生活にはもどれない、と言い切ります。その通りなんです。戻れません、むかしの無邪気な自分には。


夏休み明けてから、4歳君はとってもお喋り好きで、1日中でも「聞いて~」っと喋り続ける。そして「へ~そうなんだ~」って答えると、4歳君「そうなんだ~って言わないで!」っと怒られる。きちんと返さないと怒る。

「鼻と花」「目と芽」「歯と葉」「雨と飴」・・・みたいに、同じ言葉をさがしては教えてくれる。時々ジョークも言う。だじゃれも。
発達検査の先生は、4歳で、だじゃれやジョークが言えないと、理解できないとそこで自閉症だと確定率上がる、的な事を言われたので、その部分はクリアか?って思ったらホッとした。

ロボット。のつもり?

こーと (5).JPG

桜子さんも冬服になったのだ。

こーと (1).JPG

洋ナシのタルト。スタバ。
今日は、ホリデイスポーツへ行って、ベリーダンスをやったのですが、とっても楽しかった。もともと習っていたし、妊娠で止めたけど、またやりたくなってきた。
インナーマッスルすごいですよ~。9月で企画が終わるらしいですが、定番にしてくれないかな?ベリーダンス習えないこともないけど・・・。発表会目指したりハードル高いしな~。踊り覚えるのが苦労だった。やるならまた同じ先生がいいな~。


こーと (3).JPG

コメント(0) | トラックバック(0) |2015年9月15日 21:39

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1394

コメントを投稿





温暖さがね~
FX会社通貨数