ジャムおばさんの部屋 TOP >  ひとり言 >  月・火・水

月・火・水

私の活動


夏休みは、子育て活動中!!
立派な活動だわね。

子供「ね~ママ見て~アベンジャーズ!!」
私(どこがアベンジャーズ??そんなシーンあったっけ?)


月曜日はドラキッズだった。
指人形、数量版、おはじき、数字カード、を持参しました。
毎週必要な、教材を持って行きます。今週から、自分の下の名前を書くようになった。文字・数字にはとっても力を入れてる。えんぴつもワークで毎回あります。


100かいだての (2).JPG




火曜日は、友達とのランチデーだった。
子供を連れていったけど、大人しかった。
モクモク農場レストランだ。とっても美味しかった。いっぱい話も出来た。
街まで、地下鉄で行きました、ランチ後は帰宅して、友達と一緒にどうぶつの森をやったり、また話をしたり・・・。あっという間の時間だった。

100かいだての (3).JPG


そして今日は、子供と2人でまた町へ出ました。
用事があったのです。うふ
1時間で用事が済んだので、その後ハーブスでランチ。
とっても楽しい時間だった。パスタ、それにケーキも。

それから高島屋で「いわいとしおの絵本の世界展」がやっていて「行きたい~」と言うので行ったわ。ここで遊んで、みんなが持ってるうちわが欲しい~っと言うので、スタンプラリーをしてもらいました。1階と5階と10階をまわってもらった。
若干カチン。


その後、東急ハンズ名古屋で、押し花のコースターを作った。
1づつ作った。ハンズでは夏休み中は工作教室が毎日開催されている。
結局、11時~4時半頃までず~っと街にいた。(名古屋駅)
今日は昼寝もなく、夜は11時とちょっと遅め。


しかも今朝、おねしょした。
「ベタベタになりました」
「ええっ!」
敷布団と掛け布団の中身を干して。敷布団カバー、掛け布団カバ、冷感マット、パジャマを洗濯した。洗濯2回。で、干しまくって、7,8mあるベランダが全部それらの物でうまったわ。(うひょ~)


100かいだての (5).JPG

100かいだての (14).JPG

この方は、子供の頃から工作が好きだったようです。
さすが、この絵本の世界展は、とっても楽しかった。
みんなで絵を描いて、100階建て、いやそれ以上の家を書きました。
さすがだな~って、この方の感性とっても好きです。
もちろん絵本も持っています

サイン会もあったようです。
スタンプラリーのうちわと本も2冊買った。ぬりえと、バッチも。
この2冊の本の中身はずばり工作知識がいっぱい。
工作や物作りが大好きな私にはとっても必要な本でした。
私も工作を究めたいと思っているので、勉強します。


100かいだての (20).JPG


100かいだての (22).JPG

ポップで可愛い。押し花、実は好きです。
押し花教室へ行こうか考え中。

100かいだての (17).JPG

今日の「いわいとしおの絵本の世界展」はすごくいい物が吸収できた。
3才の時に落書きした引き出しや、幼児期から今までの工作の作品が展示されていて、子供にはいっぱい工作やらせたいので、とっても勉強になった。中高生の作品が凄い上手くて、もともとのものもあるんだな~って。

私は物づくりが大好きなので、その知識は全てにおいて、あちこちで、幼少期から自分で無意識に集めてきた。ドールハウスも本格的に習いたい。
とにかく、物づくりをしていれば、他には何もいらない。


特に商売にしたいわけでもなく、かといって展示会を開くほどのレベルでもなくて・・・。「どこ?」の絵本を書いてる方、山形明美さん、あの方の大好き。

ドールハウスの久美及川さんや、工藤和代さんや・・・。
といかくそういった方が自分の先生、もしくは神ですね。
センスとか感性、想像力、表現力、空間能力、算数、デッサン、などが持ち合わせていないとダメで、手先の器用さよりも、根気が必要です。幼児期どれだけ遊んだかも重要な材料なのです。っていうかそれが一番の材料だけどね。
ティムバートンの世界も好き。ナイトメアも何度見たことか。大好き。
アダムスファミリーも好き。


けっこう自分不器用なんです。でも根気はあるから、時間を掛けて物を作れる。
「どこ?」シリーズを見て、とっても面白い、どこから発想がくるのか?っていつも思う。もう次の新作はないのでしょうか?待ってるんですけど。
「どこ?」山形明美さんのこの絵本、是~非見てみてくださ。



いわいとしお、さんの100かいだてのいえ、を立体化したいです。
あらゆる材料で作ってみたいな~。

そしていつか、色々な絵本の世界を立体化させたいな~っと思う。
絵本の世界をよりリアルに、そんでもって、絵本の世界へ迷い込めるような世界を作ってみたいな。

何か面白いことやってみたいな~。
ネットで工作教室してる方のサイトを探しては覗きまくっては、子供に作ったりしている。ただ作ればいいって物じゃなくて、必ずストーリーがあるって事を忘れてならない。作り手の頭の中では、作品以上に広がる世界があるのですからね。
作り手の頭の中を覗いてみてこそ、本当の面白い展示っというか、その世界に行けるのでしょう。

今日の絵本の世界展で、いわいさんをよく知ることができたので、100かいだての絵本もより深く世界に入り込むことが出来そうです。絵本の世界は入り込む場所ではないのです、入って、必ず戻ってくる、ここまでが絵本の効果、力なのですから。行って帰ってくる、この繰り返しが大事ですよ~。うちの子供は、絵本を毎日読んであげてますが、最近はお絵本のおかげで、色々なことを学んでいて、絵本と自分の周りの出来事をどんどん繋げていますね。絵本で見た感情を、アレンジして表現しているし、ヒラメキの数も増えた。

想像のような、でも想像じゃない。
現実でないような、でも現実逃避でもなく・・・。
きっと、はざまなのかも。

現実主義な方からすればとっても異様な世界なのかな~?
絵本などでそれを表現できるって素晴らしいね。
表現力ですね。

展示されていた、鉛筆でのスケッチの数々。
それそのまんま、全部、1冊の本にしてくれたら買うんだけど。勉強にもなるし。
私、デッサンまともに習ってないので、絵は上手ではないんです。
物作りの世界には、上には上がいっぱいいますから、競走ではないんですけど・・。ヤフオクなんかで、ドールハウスの凄いの沢山見ますけど、もうその方に習いたい勢いですね。ミニチュアフーズですよ。でも売っても、満足感はないかな?

作る過程が一番楽しいし、癒されるね~って見た方から評価してもらえることが喜び。凄ね~は褒め言葉じゃない。癒される、っと言われると満足。
もともと、癒し目的で作るので、どれだけ楽しい気分になるかが重要です。
それ以上でも、以下でもない。だから商売にはしたくないんです。
とりあえず、子供に絵本を作ってあげようって思います。

子供と2人で過ごす夏休みは、なんだか楽しくて、切ない。
3歳がもう終わる。そしてここにはもう戻れない。
そう思うと、とても休んではいられないのです。
活動、活動。

あとは、動物園と、旅行と、英語にイベントもいくつか、夏季教室に、お稽古・・・・・。今年の夏休みはいっぱい色々やってる。ちょっとマナーも飛んでくのですが・・・。スポーツセンターなんて月謝払って、8月は1日も行けない感じ。しかたないか・・・

コメント(0) | トラックバック(0) |2015年8月 5日 23:18

ひとり言 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1364

コメントを投稿





月・火・水
FX会社通貨数