ジャムおばさんの部屋 TOP >  お出かけ >  トレーラーハウスでのキャンプ

トレーラーハウスでのキャンプ



初のトレーラーハウスだった・・・

竜洋海洋公園オートキャンプ場へ。
旦那さんの会社の方々と、うちの子供以外は全員が大人でした。

行く途中も比較的ご機嫌だった。
向こうでも皆に可愛がられてご機嫌、&また成長した。
刺激されたのかいっぱいお喋りするようになった。

やっと「バイバ~イ」が口に出して言えるようになった。



大きな集落?10人以上いたので、それはそれは賑やかでした。
うちは子供がいるのでトレーラーハウスを借りました。


静岡キャンプ (5) - コピー.JPG

会社のみなさん仲良しでいいですね。っと思いました。
部長さんとか課長さんとか上の方々で一緒に部署で行くなんて凄いです。と思いました。なかなかないですね、聞かないし。


スモークチーズが激うま

えらい方が持ってきた燻製チキン。チーズ、鳥肉、卵の燻製を作って下さいました。
それがめっちゃ美味しかったんです☆感激

静岡キャンプ (2).JPG




ねんね。

またもや寝たのは3時とか。これマジでカチン。
12時頃から眠いはずなのに、素直にならない、で結局夕方でたたき起こす。

静岡キャンプ (4).JPG


夜はお肉系を焼いて、お鍋、おでん・・と色々。
夜はかなり寒かった~。母は子供のお世話係り。夜は寒い中抱こちゃん。
ずっと抱っこしても寝ないからトレーラーへ移動して、そこのソフャで眠ってくれました。


静岡キャンプ (27).JPG




これは翌日の朝食です。
ホットドックを作って食べて。海老と豚バラも。
ハリーポッター(ホグワーツ)の朝食みたいになってる。ずらっと並んで面白い☆


静岡キャンプ (35).JPG



これがトレーラーハウスです。
4~5人くらい寝られます。

静岡キャンプ (53).JPG

テーブルとキッチン。奥には洗面所とトイレ&お風呂があります。
奥の左は2段ベットです。キッチンの扉や引き出しの中には食器類、お鍋、フライパン、スプーン&フォーク、お箸・・・と揃っています。

静岡キャンプ (41).JPG

静岡キャンプ (21).JPG

2段ベット。


静岡キャンプ (16).JPG

奥の方側から向こうを見ると・・・。
真ん中はソファです。その奥には大きなベットがあります。(2人用)

静岡キャンプ (44).JPG
静岡キャンプ (14).JPG


ここがトイレ&お風呂、と洗面所。
けっこうキレイ。ウッディな感じ。

静岡キャンプ (20).JPG



広い。トレーラー以外のもロッジもある。

静岡キャンプ (56).JPG


帰りにみんなで海まで歩きました。

静岡キャンプ (70).JPG

子供はもっといたかったようです。海好きなんだ、発見。
これから海もっと行くようにしようっと!!


静岡キャンプ (75).JPG



解散した後に、近くの大きな公園へ。
長いのはローラーすべり台。もの凄く長いし、急だしね。お尻が熱くなりました。


静岡キャンプ (89).JPG


ここからの景色はパノラマ。遠くに灯台が見えた。
プリンスエドワーロ島を思い出した。

だってカナダみたいな雰囲気だもんここ。
「アヴォンリーへの道」の世界そのもの。



子供が心配でしたが、楽しそうにしてたし、車の中でも思ったよりは大人しかった。
途中で美味しいハンバーグ屋さんへ行った。
帰りはぐっすり寝てくれたから助かった。冒険したから子供もいっぱい成長できたんですね。人間は、始めて何かをやるとドーパミンが働くらしい。(初めてじゃないとダメ)。行動力がつくみたいですが、息子くんはいっぱいみんなと触れ合って伸びました、どこかが伸びました。



今、子供はお昼寝中ですが・・・

最近のお昼寝はもうずっと2時とか3時です。


これがめっちゃストレス。普段はお昼寝、夜の寝かしつけ、共に合わせると5,6時間かかってる。ハッキリ言ってもったいない。

1日に5,6時間も寝かしつけで潰れることが、私は時間がなくても全くいいけど、子供が知育をしたりする時間が削られることが腹立たしい。5時間もあったらなんでも出来る。

英語のDVDは一応かけ流すけど、絵本やカードを使った英語あそびなど・・色々と本当はやりたい。これからは本気で改善しなくちゃ。毎日そればかり考えて息が詰る。

小学校や幼稚園でもインターナショナルスクールがこの街にもあると知って、知った以上は気になるから調べてしまう。自分が教養されなくて苦労したから、そこだけは執念?の様になってしなうかもしれないけど、ちゃんとしたい、って思いがある。

日本語も頑張らないと。本当に子供にきちんと教育だの、子供のやりたいことを伸ばしたりと・・している親はきっとみんな休んでる暇はない。
だって20歳になるまで、時間が制限されるから。遊びも、協調性も、友達作りとか、自然あそびとか、知育とか英語とか・・もう色々考えすぎて・・。
子供のタイプを知ろうとするだけで2年でも足りない。この子は何が合うのかな?っと日々考えてるわよ。

ただただ無事に長生きさせるのがいい子育てとは思ってないので(自分の経験から)、えらいとか、面倒くさいとかもあるけど、そこは自分にも厳しくして・・。
子供がなによりストレスにならないように心がけ・・あ~最近テンパってるわ~私。
「一番は楽しむこと」これは基本においてる。そしてバランス。



例えば10時~公園に行って、お昼も公園で食べて、1、2時くらいに帰宅しても、
そこから2時間とか寝かしつけにかかる。私がそばにいないと絶対寝ないので、隣で寄り添う。英語のDVDみながら・・。

自然に寝るのを待つと、夕方の5時とか寝だす。
それはまずい。夜が寝れなくなる。深夜2時とかになっちゃう。

例え3時~寝たとしても、2時間で起こす。
起こさないとそのまま4時間とかぐっすり寝るタイプ。一度寝たら起こすのも大変。
2歳になって、さらに大変になった。1歳児の時は時間になれば自然に寝起きしてくれた。2歳児はトントンだけじゃもう寝ない。公園3時間行っても疲れない。
一体何すりゃいいのさ・・プンプン、カチン

今でも10時は寝かしつけ12時に寝てる。トホホ・・・
夜寝かしつけないと深夜1時とか2時になる。

子育ては、本当に子供が欲しくて産む人はなんとか、のり越えられるんだと思います。
でもそうじゃない人は、本当に大変。めちゃめちゃ望んでなかった人は、イヤでもやらなきゃいけないから苦痛でしかないんだと思う。
そういう意味で、色んな事情で子供を産まなきゃならない方は大変だと思います。
跡継ぎとか、男の子を産まなきゃいけないとか、出来ちゃったとか。

かといって子供が欲しいのに授かれない辛さもね。
あるんでしょうけど。

でもネットでよく見ますよ。7年間とか不妊治療してやっと授かったのに、
子育てが大変すぎて、参っちゃう方。あんなに欲しかったのに今じゃ子供の顔を見るのも辛いとかね・・・。


わたくしは、どちらとも言えないけど、夫婦だけの時間が長くて、子供欲しい~っとずっと言われ続けて、でも自分は欲しくない。けど旦那さんいは色々感謝してるんですよ。だから旦那さんの夢も叶えてあげないと可愛そうかな?っとで決意。


産まなかった理由で大きかったのは子育ては1人じゃできない、と聞いていたから。
私の場合、自分の方は全く家族がいない。親も親戚も、兄弟も・・。いても長年あってなかったりでほとんどみんな他人みたいなもんで。
旦那さんの方も介護や仕事や色々みんな自分の事でいっぱいで、とても頼めそうな人なんて0。

だからムリだろうと。でも夫婦だけで協力してやってきて、今2歳。
なんとかやりきった。そう思う。
私の場合は、産んでから、後で産んで良かった、と思えたタイプ。
妊娠発覚も実は嬉しい気持ちはなかった。生まれるまでずっと1人で育てられるか、の方が多くて、毎日育児本読んで勉強してた。

それが生まれてみれば可愛いのなんのって。
なんでこの親からこんな可愛い子が生まれるのか?って不思議だった。今でも不思議。こんな可愛い子を産んでくれて・・・って姑さんにも言われたっけ?

今思えば、初めての事に戸惑いまくりで、あまりの大変さに性格変わったし、トラウマになった部分もあるし、前よりも行動派になったし・・・。
お母さんになってきたんだな?って実感。

自分がかなり成長した。子供がいなかった30年間は、何やってたんだか、ってくらい。子供が成長させてくれてる。だからここにも感謝。
すくなくとも、しょっちゅう親に預けたり、何ヶ月も里帰りしたり、家族にグチを聞いてもらったりアドバイスもらったり・・・そういう方々よりは成長した気がします。もちろん立派な人間じゃありませんけど・・・。

私と同じ境遇の年上の友達が、やっぱり親や家族がいないんです。
友達も親戚の方に引き取られて育ってる。その子が言うんです。
「私でも2人育てたんだから、なんとかやっていけるよ」って。
力強い言葉でした。誰に言われても聞く耳持たずの私がビビッとね来たわけですから。たった5分でさえ預かってくれる人はいなかった、と言います。

でもそんな人たくさんいるんですよ世の中には。
せめて1人で3人の子供を育てた自分の母親には負けないようにしたい。
くじけそうな時は苦労した母を思い出し、自分はその子供なんだから「きっと出来る」っと。昔から母とは気が合わなくて、大キライでした。今でもキライ。
私の事も何にも知らない、だぶん興味ないから。そんなのがイヤでイヤで学生時代は。愛の反対派は無関心。その通りでした、家を出る最後の方は。口もきかないお互いに。

家を出てせいせいしたけど、時々母の愛情が恋しくなることもあった。
母は小さい頃いいお母さんだったけど、だんだん人が変わっていった。

子供になにも教育しない母親とか、料理を作らないとか、裁縫ができないとか、雑巾も縫わない、とにかく子供のご飯とかそういった事だけ最低限度にやって、教育面はほったらかし。そんな親&子供をみてると、つくづく自分の母親があの人でよかった、と思えたわけよ。


子供を産んで母の苦労がわかったから感謝できた。
キライだけど感謝と尊敬だけはしてる。
だってどれだけ頑張っても母には到達できないから。
そういう意味で凄いと思う。
着る服なんかは、ほとんど作ってたし、学校でもみんなに羨ましがられた。
ご飯も時々なら美味しいものを作ってくれた。
貧乏ではあったけど、おけいことかご飯にはお金をケチらなかった。

そのかわわり、誕生日もクリスマスも、お年玉もなかったけど。
プレゼントなんて貰った事もない。不満に思ったこともない。
暖房器具とかもない。冬は1日じゅう布団にくるまり、夏は暑くてスーパーで過ごし、今思うと、よくやってたな~って。でも不思議と不幸でもなく不満もなかった。
むしろ自分は幸せものだと思っていたくらい。まともな教養もなかったけど・・。
だから大人になって挨拶が出来てないとか、礼儀がないとか姑さんいめちゃめちゃ責められて何年も・・イジメ?って感じたくらい。
でも教養されなかったんだから、しかたなかった。今は自分で勉強してまともな大人になれた。当たり前の様に教養された姑さんにはそれがわからなかっただけだ。だからイジメでもなく意地悪でもなくて、文化の違いのずれ。ただそれだけのこと。

それに、やはりどんな時でも他人は冷たい。ことも学んだ。
血縁者は何があっても、何年会ってなくても、ある日会ったとしても、やさしい。
憎みあったとしても、その中に優しさがある。赤ちゃんの時から自分を知っててくれるからというのもあるだろうけど・・・。
キライな母親でさえも可愛く思えて、そんな出来事があってから母を少しキライじゃなくなったのかも。他人の母親みて、自分はこの母でよかった~って思うのは失礼なことなんだろうけど、やっぱりこの母親でよかった。もともとは優しい人だったから。もっと早くお母さんの苦労を理解して、子供達が感謝したり労わったり、家のお手伝いしたりしてれば、母も鬼にはならなかった、そう思う。だから私も反省ばっか。


今思うと、きちんと母親業をこなした母に、感謝状をあげたいくらです。
自分の着てる服はいつもボロボロで、化粧品すらもってなくて。自分のものは何も買ってなかった気づけば。


会ってませんけどね、もう何年も。
家を出るときは「もう絶対帰ってくるな」「連絡よこすな」「お前の帰る場所はないよ」「何があっても私に迷惑かけるな、お金は1円もかさない」・・と言われた。
母は私にうんざりしたんだろうな?っと思ってる。
私には母を思いやる心がかけてた。


子供には思いやりのある子にしたいから、ダメな時はダメって叱ります。

それをしない親が本当に多い、まわりにいるママさんはみんなそう。そっち派のが多いくらい。きっと親の愛情がまだ理解できてないグループ側なんでしょうね。
だって子育てもほとんど親に手伝ってもらって、保育園入れて、オムツ立ちだのスプーンの持ち方でさえも園まかせで、そんなんだから、つまり苦労が少ないから親の苦労にも気づかない。「気づかない」って哀れだと思う。そう思ったら、苦労しても大変でも文句言わずにやらなくちゃ。若いときは苦労は買ってでもしろって言うけど、そうですとも。苦労は自分の経験になるから、他人の経験じゃなくて自分のね。それにあの世に持って行けるのは。経験と感動だけですね。感動って苦しい中にしかないですねきっと。お産がそうですよ~。

コメント(0) | トラックバック(0) |2013年11月 4日 14:21

お出かけ の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/757

コメントを投稿





トレーラーハウスでのキャンプ
FX会社通貨数