ジャムおばさんの部屋 TOP >  お出かけ >  こどもの国

こどもの国


海南こどもの国って今も変わらない



今日は海南こどもの国へ行っていた。
あちこち行ってるけどまだまだ体は平気、でもさすがに明日はゆっくり過ごそうと思った。

私が子供の時からもう数えきれないくらい行っている。
大人になってから行ったら小さい場所だな~って感じたわ。
子供の頃はここへ電車とバスで行っていた。朝から暗くなるまでっと遊んでた。息子もここが大好きなのだ。世間は幼稚園があるんだろうな、今日は人が少なかった。平日なみ。しかも月曜日はゴーカートとボートが休みなんだもの。

色んなお友達といっぱい遊んで楽しそうだった。
年上のお姉ちゃんやお兄ちゃんと仲良く遊んで、かなり楽しそうだった。特に池にはずいぶん長いこといた。年齢関係なく、性別関係なく誰とでもすぐに仲良くなれるのって才能だと思う。私も子供の時はそうだったな~。今は違うけど・・・。子供にはいつまでも素直な子でいてもらいたいな~。特定の友達はそんなにいないけど、どの場所でも誰とでも仲良くなれるから問題ない感じ。広く浅く付き合いたい感じなのかな~?分からないけど、全く私に似てないことだけは分かる。どうぞ(ルールの範囲以内なら)好きなように遊んでくれ~~~。

基本、お水遊びも、泥遊びもOK派。
池ではママにダメって言われている子も多かったな~。楽しいのに。家族みんなでバシャバシャしたわ。最後はパンツ1枚になった・・・。自分も自由に育ったので遊びでは自由にさせてる。そこは母親にも感謝してる。その時間があったから、今苦難があっても乗り越えられるのかも。子供時代って大人になるための充電時間の様なものだから、いっぱい溜めてあげたいな。私も今思うのは、子供時代に母親と関わってもらった時間がとっても貴重で、関わってもらったという感謝や愛されていたんだっていう気持ちが今の自分を強くしてくれる材料になってる。親子が関わった時間は、ずいぶん先までずっと残るものだと思ったわ。子供にも同じことを返すだけ。


いわゆる毒母っていうのですか、それだったんです。色々あったな母と娘の関係が。
だって家を出てから、数回葬式やお通夜、結婚式などの親族でのお付き合いで数回集まった時に顔を見ただけで、しかも全く喋らなかった日もあったし、いまだにそれ以外での連絡はしてないし、住んでる場所も住所も教えてはもらってない。今でだって仲良くなんかない。嫌われてるからだと思うけど、ずいぶん酷い娘だったし。もう母を責めることもないし、自分を可哀想だって思う事も、もうないと思う。もっと優しくしてあげれば良かったな~っていう後悔はあるけど。

酷い時期もあって母をけっこう憎んで、結婚して家を出て離れてからもずっと10年くらい長い間苦しんだけど、ある日1%だけ感謝しようって気持ちを持ったら、地獄から天国に行ったみたいに楽になれた。冷静に分析すれば、いつも子供思いの頑張り屋さんの母だったな~って。


子供を産んでからかな?
子育ての苦労を知ったし、母親の気持ちも体験してわかったし。いつも叱ってばかりでも内心子供が大好きなんだもの。今、子供と関れてるのだって子供が好きじゃなかったら出来ない事だし。母親は私を育てた時はどうだったんだろう?とかイチイチ回想しながら子育てしてます。それが楽しいです。人を憎むほど辛い事って世の中ないですホントに。自分のことばかり考えてたから母親の悪い部分ばかりに目がいって、母がしてくれたことには感謝もせず当たり前って感じで、よろしくない娘でした。だから母もよろしくない母になっていっちゃったのかもしれない。今はもう親子じゃなく他人って感じになちゃって寂しいけど、修復も出来ないだろうけど、生きてる間に母を好きになれて、感謝できて良かった。感謝出来たら憎んだり自分が可愛そうって思う気持ちは自然消滅したな。憎むのも、感謝するのも、自然な事だから、自然に許したり感謝したりそういうのが自分が出来るようになるまで待つっていうのもありだろうって。だって自然な事だもん。まぁとにかく時間がかかるのと、自分を冷静に分析出来ないといけないのと、自分の悪い部分を素直に受け入れないと無理だし。子供がそうさせてくれたのかな。あ~子供からいっぱい色々学んでるわ~。親の方が学ぶこと多いのよ。子供って不思議だな~って思います。可愛いな~って思います。子供が嫌いだったから子供はいらないって思ってずっと作ることも先延ばしにしてた。だってこんなに可愛いって知らなかったから。すぐ泣いて弱虫で泣き虫だけど、今日、お友達と仲良く遊んでる姿見て成長したな~って思った。


1462205554320.jpg

1462205612170.jpg


子供同士の出会いで、一期一会だな~って。いっぱい遊んで、帰る時は一言あっさり「ありがとう、バイバイ、また遊ぼうね~」って。そだだけ。でまた違う友達と遊ぶみたいな。


ママ友グループで固まって、親子でいつも同じメンバーで遊んでる子供は、いつも固定した遊び友達がいて楽しそうで。一見お友達いっぱいるように見える。遊ぶ友達はいつも親同士が仲良しってパターンで、それ以外の子は受け入れなかったり。でもはじめは良いんだけど、結局中学や高校になると、そういうのもなくなるから、自分から作っていかないと人間関係が作れなくなる。っと思う。私がそういう子供でした。母はいつも同じグループと仲良くしていて、保育園時代。で私も特に友達作りの仕方のスキルなんて見につかない当然のこと。小学校入ったら、困った困った。広い視野でのお友達作りができなかった。決まったグループにいつも入っていて。

だから息子にはどんな子とでも仲良く出来るようになってほしいって願って、私も真面目にグループに入ろうとか全く思わない派。だから人数の多い幼稚園は却下した。そういう所は見学にいった地点でもうしっかりグループが出来ていた。それを見て、子供たちはこれで健全な心が育つのかな?って本気で不安になった。親が子供の人間関係まで決めちゃっていいのか?とか。親の影響力ってあると思ったし。実際、幼稚園ではプライベートで遊ぶ子が園でグループになったりしていて、子供はけっこう一人で遊んでたり、入れて~、遊ぼ~って言っても「駄目よ~」って言われるみたいです。だから色んな公園とかお稽古でもそうだけど、色んな場所になるべく連れていってる。頑張ってグループに入るとかじゃなくて、わけへだてなく人と付き合えるようになるべく考えたい。


1か所に固定せず、あちこちで色んな年齢層の人と関われるように設定している。だから地域のコミニティーのウォーキングなどに参加したり、親子キャンプなどに行くようにしてる。特に従妹や少しでも関われる親族はもっと時間を作りたい。やっぱり血は争えないのか、従妹とは一番気が合うように感じますし、子供も大好きみたいだから。よほどこだわりが強かったり、触られた事に敏感だったり、意地悪だったりしない限りは誰とでも。まぁ小学生に泣かされたりもあるけど。なんとなく相性もあるし。


コメント(0) | トラックバック(0) |2016年5月 3日 01:12

お出かけ の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1577

コメントを投稿





こどもの国
FX会社通貨数