ジャムおばさんの部屋 TOP >  お出かけ >  okinawa R

okinawa R


                もっともっと沖縄~  もっともっと沖縄~


ルネッサンスリゾート沖縄、というホテル。
Rがポイント。ここでは青の洞窟、釣りなどの参加などもある。
野外プール、室内プールの他にも子供が探検できる、小動物や魚の水槽があるゾーンも充実。男の子は特に楽しい。

4頭くらいのイルカや沢山のエイ、ホテルのあちこちで「ギ~・・」と鳥が鳴いている。そして温泉付き、レストラン、ラウンジで食べるケーキやいちごシェイクのアルコール入りはとても美味しかった。

沖縄はあちこちにブルーシールアイスが出現、ホテルでもこのアイスが食後のデザートのおいしい事。バーベキューレストランではあぐ~豚が、地元の肉や、魚が新鮮でおいしい。またホテルから車で10分の「道の駅」では安くて美味しい食べ物が・・。テイクアウトでホテルのテラスで食べた。カニ汁の味は最高☆

さとうきび、黒蜜、むさき芋、塩、かき氷、ゴーヤ、薬草茶・・・と健康に良さそうな食べ物がいっぱい。とうきびアイスはいくつ食べたかしれない・・・

今日は、やんばる憩いの森、むら咲きむらをメインに。


青の洞窟。海底から撮ってもらった写真。
神秘の世界、真っ青な青さがとっても素敵。たまたま運が良くて海中もクリアに見えた日だった。このホテルからは青の洞窟がめっっちゃ近い、ボートで15分くらいでしょうか。

okinawa a.jpg

okinawa b.jpg


やんばるの森は山です。子連れではちょっと・・・ということでやんばる憩いの森にした。ここはジャングルそのもの。誰もいなくシーン。亜熱帯~。ムシムシの温室ハウスのような島なんだな沖縄って。かと思えば、風が吹いたり、突然の雨。沖縄では1日中雨が降り続けることはまずないそうです。降ったり止んだり・・・


okinawa c.jpg

okinawa d.jpg




逃げない、そしてしゃべる。
鳥さんと子供がお話してた。ロビーを通る度に子供達は鳥や、船の舵輪を回して遊んだりとロビーが楽しいホテル。海とつながってるレストラン。食後は海へ行き散歩しながら部屋にもどった。


okinawa f.jpg


okinawa g.jpg



もし色々沖縄の文化を体験したいならここ。むら咲むら。
マリン系、料理、工芸、物づくり・・・いっぱい色々できる、そして石垣や古い沖縄の家のお店がいっぱいで、沖縄の雰囲気たっぷりのむら。

okinawa i.jpg


okinawa h.jpg


okinawa j.jpg

ここで作った、琉球グラス。
ボコボコ感がたまらない。気泡も入れて、とってもキレイ。
いくつも作りたいわ。


okinawa e.jpg


年配の方は皆さんとっても感じがいい、親切、そしてお喋り好き。
そしてみなさん旅行者には優しい。

お店はどこも無愛想で、坦々と仕事をこなす感じ。
バリ島に似ているような。
のんびり、時間とかはあんまり気にならない感じで、ホテルの高級料理よりも、街の中の安い料理の方が美味しい、そして三味線や地元の人柄にふれられて、とても楽しい。

細かい事は気にしなく、子供が喚いても、嫌な顔ひとつされない。
なにしろこのホテルは9割が子連れ。3歳以下の子供の多いこと。
こんなにも子供付きで、のんびりできたのは沖縄だけ。
沖縄は子供にやさしい街だった。ただ子供の食べるものは少なかった。
沖縄そばは場所によって味や、歯ごたえが違う。美味しいそばは本当に美味しいですから。

ここのホテルだけで十分楽しめるので、子連れにはとってもいい。
例えば、1ヶ月くらいいても全部やりきれないくらいのプログラムの数の多いこと。
小さな売店だけど、雑貨がとっても可愛いくて、パンやおにぎりなどは売っていない、カップラーメンは数個とお酒やジュース、つまみ、お菓子などはある。お土産コーナーが9割。コンビニ的なものはない。
瓶詰めの離乳食はあった、偏食のある幼児さんは、カップうどんや日持ちするパンなど持参すれば安心。コンビにも近くにはある。うちは小さなおうどんのカップめんを2個持参したけど、持参してよかった。和食のレストラン以外では、うどんはメニューとしてなく、沖縄そばはたまにあるけど、こしが強くて子供はいやがった。


とにかく、大きな船の中にいるような感覚になるデザインで、ホテルから海までが近い、おまけにプールも近い。イルカやエイ、海がめを見たりして、うろうろしているだけで子供は楽しい。

4/26~。このあたりのお天気は雨もあったし、曇り、天気、と色々な空模様だったけど、基本パラパラの雨でも、曇りでも海には入れた。事前に調べたら、海に入るには冷たいかも・・とあったけど、入るときは少し冷たい、でも浮き輪や、ライフジャケットなどでプカプカ浮いてシュノーケリングは長い時間楽しめた。曇りでも、雨でも基本暑さは変らない、波はまったく無い日もあれば、ザザーっと激しめにある日もある。曇りだから寒いということはない、夜は長袖でちょうど言い、Tシャツの人もいた。


海の中で楽しむマリン系プログラムは運で、天気は関係なく海の中は荒れたり、とてもクリアな日もある。波がない日は、浅い海では真っ白なサンゴがいっぱい転がってるのが見える。貝殻はあんまりなく、石ころが多かった。

海は高い所から見たほうがキレイで、ホテルの高い位置から見ておくことがポイント。8階だったけど、とってもきれいだった。浅いところは水色で、だんだん緑色にグラデーションに、そして藻や珊瑚があるあたりは深い青色で・・・。
ハワイの海に似ていた。ハワイも透明感あふれてブルーで、でも翌日には真っ黒のドロ水色になることもある。

雨を心配するなら、レインコートがあれば大丈夫。
ここのホテルではあちこちに傘がおいていあるので、野外の移動には使える。
また階ごとに、4,5台の洗濯機が24時間使えるようになってる。
洗いと、乾燥両方で1時間くらいかかった。

ライフジャケット、シュノーケル、砂場セット、マット、パラソル、イス、タオルはクラビサビーの人は無料で貸してくれるので、荷物はあらかじめ少なくしておいた方が楽かも。

プール上のシャワー室にはシャンプーなどがあり、温泉の中にもバスタオルと小さいタオルがあるので手ぶらでいける。といかく、水着さえあれば、他には何も要らない。ベランダに洗濯物などが干せるようになっているし、ビーチサンダエルが人数分用意されていて、ホテル内はこれでOKだし、部屋も、海も、レストランもこのサンダルで行ける。わざわざサンダル持参の必要もなし。

とにかくベランダからの眺めがよかった。


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年5月 2日 13:39

お出かけ の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1256

コメントを投稿





okinawa R
FX会社通貨数