ジャムおばさんの部屋 TOP >  お出かけ >  なばなの里 2015

なばなの里 2015



なばなの里 2015 「ハイジ」


今年のイルミネーションは「アルプスの少女ハイジ」でした。
産後は一切訪れていなかった。毎年テーマが変わりますが、今年はなんだか行きたいな~って、だってハイジでしたから。
今の時期は、まだそこまで9寒くないし、空いていました。

まぁ~アルプスのお山が美しかったです。
すべてが電球です、マッピングじゃなくてね。
ハイジがペータと走ったりという可愛い場面もありました。
電飾は少しづつ色が変わり、春~冬まで変わっていきます。とっても幻想的だった。



アイランド富士に乗りました。上で1周回転して365度の景色が見れた。
夜景も、なばなのイルミネーションも綺麗だった。すぐ横は海です。潮の香りがするんです、風が吹くと・・・。

1446305502238836nabana5.jpg


1446305465238835nabana4.jpg

ハイジの場所。ここが一番混雑します。


1446305166238832nabana.jpg


1446305261238833nabana.jpg

この場面が好きだな~。
山に明かりが灯ってる。ず~っと見ていたいんだけど、寒かったので。
春までやってるので、温かくなってからがいいのかも。

1446305338238834nabana3.jpg




ここの景色も見なくちゃね。
綺麗ね~。ずっと見ていたいんだけどね。子供いるとゆっくりも出来ない。
3歳児くらいの子供はみんな泣き騒いでいたな~。

3歳までは悲惨だったな~。3日間とか、毎日泣き叫んでばかりで、夜中も何十回夜泣きが毎日だったしね。
4才過ぎてからはビックリするくらいに変わった。だから2学期からは自分がいっきにボケた。
ボケボケ。あんまり神経使いすぎてたから、手が離れていっきに疲れや。ギャップが来て、ボケてる。
子供の授業参観忘れるくらいだから。朝おくっていって帰宅後は覚えていた。でも10分後には頭の中は11時~のランチ会の事で頭がいっぱいだった。なにもイベントの時に重ねなくても。自分、人と会うのも話すのも好きじゃないから、本当に大打撃。でもランチ会は2回目だったけど、席は固定の個室部屋だったから楽しかった。前回は座敷で自由に動き回って、仲良し同士がくっついてポツンだったしね。何のためのランチ会?って思ったので今回も迷った。付き合いだしね。

それが楽しかったけっこう。
みんなの話を聞いて、自分って真面目だな~って思ったわ。
情報もいっぱい仕入れてるな~って。他の幼稚園の情報まで集めたりして。毎日ネットで調べているから立ち位置も分かっているし。どのママものほほんって感じで、もっと自分ものんびりやろう。といかくランチ会の事だけで、もう他には何も考えられなかった。パニックになっていたのだ。ランチ会へ行くということに。だから授業参観もランチ会のお店に行ってママたちの顔見るまで気が付かなかった。やばいよね。他もママにもありえないよね~・・・・っと言われたけど、私は産後、たぶん血の道だと思うけど、2つの事を同時に出来ないようになってしまった。授業参観とランチ会の2つをこなすのが無理だったのだ。たぶん授業参観へ行ってたら、ランチ会は忘れていたと思う。

難産の上、退院後もすべて1人でこなしたし、赤ちゃんの世話に家事。
旦那さんが料理に厳しい人だったし、退院後も毎日、赤ちゃん置き去りにして買い物行って、料理してた。
「今日のご飯は何?」って聞かれると作らざるえなかった。
今は限界を超えたので、言いたいことははっきり言って、できない事はやりません。でないと過労死しちゃうわ。
発達障害だったし、赤ちゃん期から泣き方も異常だったし・・・っとまぁ良い子ちゃんも子供なしの結婚生活では演じきれるのだけど、子供が、それも人一倍大変な、気難しい子供だともうやってられない・・・。0歳の時から、枕の角度が1°変わるだけでも泣き叫び、抱っこの位置や・・すべてにおいてその子のマニュアルに合わせないとダメで、4歳になってから聞き分けが良くなって分かった。やっぱり育てにくい子だったんだって、今は堂々と言える。だって今楽だもの。どこ行っても3分と泣かない時間はなかった。敏感だったのかも。

それがいっきに楽になったもんだから、自分もついていけないのか、一気にガタがきてる体にも。
とかがなく毎日子供が心の底から可愛いと思える。こんな感覚は4才をこえてから。言う事聞いて、言葉も早いから会話も出来て、癇癪も何日も続くとかなくて・・そういう子ならもっと毎日可愛いっという感覚を早い段階から感じていたのかも。そしてなにより子供も必要以上に怒られなくてすんだのかも。今までいっぱい叱ってきた分これからはいっぱい甘える部分もいっぱい作ろうと思う。だって注意、叱る、怒鳴る、叩くの連続だったからね・・・。可哀想だった、躾の為とは言えね。きっと誰にも理解されないのだろう。普通の子を持つ親にはね。異常な大変さだった。それも2才から4歳までは全部一人でやるという状況だったからね。状況的にしかたがないけどやっぱりどんどんネガティブになっていってた。幸せな人は意地悪しないって言葉は、本当だな。人を虐められないから自分を虐める・・・。まぁそうなっていくわね流れとしては。1人で3人、大変な気質の子供を育て上げた母を尊敬します。旦那の手も一切なかったし、1人で母子家庭のような状況で。凄いな~って思いますね。誰かの手助けがあるなら3人でも4人でもやり切れて当たり前って自分は思う。それくらい1人でっていうのは過酷。旦那さんの仕事なども色々来年は変化するので、来年はみんなに余裕が出来るといいな~っと思う。
今やっと、あ~時間よ止まってっと思う。言葉も1年くらいは遅れているかな~やっぱり。叱る、注意する量が少ないっという事は、可愛いって思える時間もいっぱいあるってことだな。

子供に何か問題が出てくると、すぐに愛情不足・・・っとかになる考え方が大嫌い。っと宣言できる。
愛情不足じゃなくて、時間不足なだけよ。愛情は足りてる。+αの事が出来ないから、子供も癇癪などが出る。だって親に預けたり、相談したりできる環境の人って時間の余裕はあるわけ、少なくとも1人の人よりも。それなら+αのことだってできるわよ誰だって、って思う。実際、体験してそう感じたわ。でもママ友達や色んな人と子供のお話したり、ランチ会もそうだけど、子供の悩みは子を持つ母としか共感できないから、そういった友達が増えると、確かに心配事は減るかな。ママが集団で喋ってるのがどうのこうのって、男性には言われたくないですね。出産も子育てもしない人に言われたくない。っとねじくれた事思うわけ。そうやってどんどん自分もいっぱいねじれたな。気づけばこんな性格じゃなかったのにって。環境は性格も変えちゃうんだね。ママが集団で毎日のように公園で喋ってるのだって、そこでしか共感してもらえないからでしょ。心配事だって、悩みだって男性サイドは知らん顔じゃないかってね。悩みや心配事を自分たちで解決してるだけですよ。だって家の中じゃ理解者いないものね。多くのママがそうだと思うよ。だって話してるとそう言うし。日曜日に公園行くと子供とパパって組み合わせ見るけど、9割のパパが椅子にただ座って待ってるだけ、子供は1人で遊んでる、それにコミュニケーションも全く駄目だし。言葉遣いも綺麗じゃない。それってパパ業も夫業も何もこなしてないじゃん。子育てしない男性を私はパパだなんて思わないし、きっと子供もどこかのおじさんって思うでしょう。子供と週末2人だと目立つ。週末の公園は不愉快に感じる正直な気持ちとして。ウソは書きたくないですから。それにね女の子ってねあ~ややこしい。年少さんでねまだ3才とかで人間関係で悩むんですよね。女の子はすぐに輪が出来ちゃうから。老人会でだって虐めはあると聞くし。女の子のややこしい世界って男性にはとうてい理解出来ないとおもうから、とやかく言われたくないな。うちの旦那さんは静かでいいや。会話がないのは寂しいけど、まぁ友達で埋めようそこは。友達って不思議。どういうのが友達なんだろう?いつも色んな人としゃべって社交性があるのに「私、友達いないから」っていう人がいる。不思議でしょうがない。ある程度の対等がないと無理かな自分は、それに戦友なんて言葉もあるしね。ママ友とか色々種類もあるね。いつも多くの人に囲まれていても友達がいないって思ってる人もいるんだな~って。どういう事なのか分かんないな。前職場でいっつも特定の人と仲良くしている人がいて、私が「気の合う友達がいていいな」って言ったら、「仕事だから割り切って付き合ってるだけだよ」って怖い返事が帰ってきた。だって毎日メールしてたし、職場でもベッタリだったし。わからないものだな。人の気持ちはわからない本人にしか。だからあんまり勝手に想定しちゃいけないし、決めつけちゃいけないし、確認しなくちゃいけないし・・・そういう細かい事がイチイチ面倒くさいな女性の世界は。絶対女子高には行きたくなくて、行きたい専攻がある高校があったけど、女子高ってだけでやめました。無理です。私。男に囲まれて生きてきたし、空気読めないし、割り切れないし、馬鹿だし。計算出来ないタイプは損ね。でも損して得してるのかな。鈍感ってめでたいわね。めでたい自分バンザイ。

1446305611238838nabana8.jpg



芋堀りした、さつま芋をてんぷらにした。
4歳君はね、キッチンに立ちたくってしょうがない。私と一緒にお料理したくてしょうがない。
お料理大好き。女とか男とかあんまり関係ないのかな?まぁ料理は出来た事に越したことはない。軽量カップの数字を教えながら、いろいろ教えてあげながらのお料理。なるべくいっぱい色々教えてあげたいな。やっと数も11~16くらいまでは数えられるようになった。
小学生になったら、お菓子はすべて自分のお財布で買ってもらおうって考えてます。
最近の子供は算数が弱くなってるらしい。駄菓子屋の前で小銭数えてる子供もいないわよね時代だし。
いやいや数えなさい。そうさせよう。いっぱい頭使ってね~。今はまだちょっと難しかったよう。でもスーパーでは小銭は子供に教えながら、出してもうらってる。ひらがなはダメね。興味ない事は伸びないわ。習字にしたらやるかな?やってみよう。楽しいもんね習字。

1446305034238831imo.jpg


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年11月 1日 00:35

お出かけ の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1429

コメントを投稿





なばなの里 2015
FX会社通貨数