初のフリマ


初フリマ

チタ・フェスティバル in どんでん広場、がありました。
フリマに出店しました。

東海市太田川駅で開催。
運動会があったので日曜日しか選択できませんでしたが、隣に出店のおじさんは土曜はすごい人だったらしいと言っていた。天候、曜日・・などなど読めないんですねこういうのは。

でも初出店にしてはけっこうそれなりに売れました。
特にミニランタン作りのワークショップは開店して速攻完売。
作った物と、ワークショップの売り上げは半々でした。

こんなに人気ならもっと材料を買っとけばよかったな~とも思うけど残る事も考えたのでした。やはりフリマでは買うより作るが人気です。そして反省点、宿題みたいな。次はもっとがんばろかな!!

1527429751969.jpg


ランタン人気。
作りたかった方々、ごめんなさい。次は違う物作りになるけど、材料はたんと用意しようと思う。


1527429779903.jpg


もうすぐ夏だからこういうのも人気だった~。今度はこういうの作れるようにしますね~

1527087043511.jpg

旦那さんにも協力してもらい、6歳のお兄ちゃんと10か月のベビーも一緒に頑張りました。
朝から夕方までよく頑張った。お兄ちゃんはあれ欲しいとか、作りたいとか文句ひとつ言わずに、商品持ってお客さんの呼び込み。頼んだわけじゃないけど勝手にやり出す。ずっと呼び込みし続けた。凄いな~。おりこうさん。

こういう一面もあったのかと驚く。
とても助かった、本当に良い子だと心底思った。


帰宅後売り上げのお金を、はかりに乗せて重さを量ってた。
「これでおばけのゲーム出来るね」っと言っていた。ルイージマンションをゲーセンでやるために頑張っていたみたい。来月やりに行こう。それに色んなお客さんとしゃべって楽しそうだった。営業トークだわ。

本当に子供が面白くて意外な一面が見られて嬉しい限り。
ご褒美に、他のショップで欲しかったくらげさんを買ってあげた。ベビーも可愛いスタイを、自分にも恐竜の編みぐるみキーホルダーと、ヘアゴムを。

1527429681004.jpg

子供が何より、リアルな職業体験が出来たこともよかった。
お客さんの求める物も見えてくる事でしょう。自分の想像とは違います。今回の反省を生かして次に行こうっと。

特に人気だったのは、ハーバリウムペンダント。
小学生の子供たちが買っていきました。そして貝殻レジンのネックレス。レジンのヘアピン。プラバンは不人気だった。けど恐竜のプラバンは売れた。次に出す時には絞れそうです。

ちなみに隣のおじさんは今日は不調と言っていました。昨日と今日ではこんなに違うものなんだな~。っと。色々勉強になるな~。とても疲れた、けどお兄ちゃんも文句言わずに愚図らず、多少遅めの就寝となったけどよく頑張った。子供もまた成長したことでしょう。

宣伝の仕方次第でもあるけど、写真の効果ってすごいんですね。びっくりするくらいワークショップ目的の方が多かったこと、用意が少なくて申し訳ないですが、次にはまた何か考えることにしよう。子供が対象ですね、ビラが小学校へまわっていたので。あとは作るスペースが狭かったことも反省。ただターフに机、椅子と・・・、色々荷物も多いこと。色々方法考えないとね~。

次回は9月の秋に豊田ですよ~。
ハロウィーンいっちゃおうかな~。
どうかな~?レジンで頑張ろうかな~。
自宅でやるわけではないので、短時間で出来るものにしないと。時間があれば凝ったものも出来るかとは思うんですが・・・・。
より簡単で、値段も高すぎず、でいて単純すぎないものになるように。季節に応じたアイテムも入れて、可愛く。あ~難しいね。頭使う。これず~っとやってたらボケないわ。

レジンって簡単すぎると子供が希望しても親がNG出したらそれまでだし。作った物を売る場合は逆に子供がこれ欲しい~って言わないと親もお金出さないし・・・・。なんだか奥が深いな、でもこればかりは経験しかないのかもしれない。出店→反省→出店また反省・・・って繰り返して賢くなるしかないのかな。ベテランの方はとても要領が良く、人柄もいいです。余裕もある。

嫌味をいったり、競い合ったりする方はいなかったな。好きな事やってる人にそういう人はいないんだな~って思う。

例えば、嫌味を言ったり、その嫌味や批判がたとえ正しい正論だったとしても、言うってことはその人に余裕がない。それはその人が幸せじゃないから、が理由だと思うな。まとめると、問題だらけの人がいても、その人よりもその人をあーだこーだいう人の方がよほど問題だと思うのよね。幸せならそうはならないから。幸せじゃない人は意地悪をしないっていうけどその通りで。でも本人が気づかないからしかたないんだろうけど。自分は正しい、だから言う。そういう自分を好きになっちゃうからね。ダメな自分を好きでいるから、そういう人は変わらない。

本気で自分の事大っ嫌いにならないと人は変われないと思うわ。
そういう人に限って、またその内容をあちこちに言いふらしたり。そういうことってよくね、親族間であるんです。残念ですが赤の他人よりも身近な人から攻撃されることが多いんです。どういうことかというと、言う人はきっと身近な人に執着しすぎているのでは?と思う。あとは他人への依存。礼儀や子供の躾・・・は大事、でもねそれが一番大事な事じゃないんだよ、って言って教えてあげたいな~。

だってね他人は鏡ですから。
一番は気持ち。つまり大我の愛です。小我は愛じゃないよ。人助けや、一見良いことしてるような行動をとっているけれど、なんだかんだ言って結局は自分の利益の為なんですよ。自分が良く思われたいから、とか。あとはそういうのが夢だったとかね、勝手に夢に付き合わされてるみたいなね、一見良いことしてるようでね、相手はけっこう迷惑に感じていたりするもんですよ。

例えば、ボランティアかな。なんだかんだいって本当は自分が一番救われたい、そういうことですよ。すべてではないけど、素晴らしい方もいるのでね。でもけっこういますよ~。人を助けながら自分を救ってる人って。私はそういうのには突き合わされたくはないんです。

例えばいらないのに、くれる人っているでしょ。
要らないもの貰ったらお礼言わなくちゃならないでしょ。いらないのに、くれなくていのにって思って負担になってくんです。

もう関わることすら止めたい、そう思う相手ならなおの事。とにかく人が離れていくのは、それが結果なわけ。原因と結果はお友達なわけ。それにただ本人が気づいていない。それが問題なんです。気づいてない事が問題。間違いを認められない、そういう人ってそんな状況に追い込まれると卑屈になる、泣いて被害者になる。他人じゃなくて可愛い自分をとるんです。だからみんな離れていっちゃう。そういう事ではないでしょうか。何をどう訴えても、誰も本当に耳を貸していない。慰められるだけ。だって相手はそういう人が頑固だってしてるから。だからまともに聞いてない、受け流されてる。

問題のある他人と直面したら、さあ思いなさい。その問題は自分の問題ですって。あ~偉そうなこと言ってるわ。でもそういうことでしょうが!!人をつつくなら、相手も必ず、つついてきます。だから鏡です。おかしいのは片方じゃない両方なんだよねきっと、お互い様という便利な言葉があるわけ。そのお互いに入りたくないなら、じゃあ一生そういう人生をおくって良いことない晩年で終わってください、っというかそうなります。ないを言おうが何をしようが、その結果はついて回ってくる。


人の間違いをあちこちに言いふらして多数決をとってる、無意識だろうけど。多数派になるように聞く人は味方になってくれそうな人に言う。多数派になったらみんなで攻撃。そういうのってどこでもよくある事なんだけど、結局平和を望むような人柄ではないんだろうな。とても攻撃性を感じるし、異質さえも感じます、だから怖いですね。ひきょうな手を堂々と使うわけだから怖いんです。だから結局誰からも愛されないんです。だから悪循環の繰り返し。


今日スリマの出店の方々と話してとても平和で、みんな執着なんてない、淡々と自分のブースで頑張るだけ。厳しいのはそういうことよりもお客さの評価です。あ~厳しい。次はもっと求められるものを作りたいです。共通の課題はお客さんなのですから。そしていい大人と関わっていい人生をおくりたいな、理想だけど。


コメント(0) | トラックバック(0) |2018年5月27日 23:53

ジャムおばさんのアトリエ(フリマ用) の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2064

コメントを投稿





初のフリマ
FX会社通貨数