ジャムおばさんの部屋 TOP >  講座・教室など >  有料ワークショップ

有料ワークショップ



昔はワークショップという言葉がなかったな~・・・。
こういうのは手早く可愛いものが作れるので、クラフトフェアなんかがあるとだいたい満員&早めに終了っという状態になるのです。小さな子供だって作れるんです、女の子向けが多いですね。

ただワークショップというのも作る物に限らず、場所、時間帯、雰囲気、お客の状況次第・・などで人気度は変わる。混む時間はとても混んでいて、誰もいない時は誰もいない。人が集まり始めると一度に列ができたり・・。不思議だな~っと思うんです、だからワークショップという販売は難しいのと当たりはずれが単純にあるんです。読めない部分もあるんです。



珍しく息子でも出来そうな入浴剤作りっというのがあった。

恐竜の型で作りました。私はドラえもんの型で作りました。昔、入浴剤作りやせっけん作りコスメ作りにはまっていた時期があった。なんだかまたやってみたくなりました。ワークショップというのはみんな、事前に考えて工夫して、準備したり・・この部分が非常に大変なんだな~っと思う、考える時間が一番かかるんじゃないかな。自分も今どんなアークショップが自分にはいいのかな~っと考えている所、あれも良いこれも良い・・っと色々あるけれど・・・。

ワークショップ (2).jpg

これは自分用に作ってみた。
春のイメージで、花畑風のカチューシャにしました。
それとヘアゴムも。このヘアゴムは以前からこういうのを作ってみたくて、どう作るのか知りたいのでやってみました。勉強になりました。こやって色んな体験なんかをしていくうちにクラフトスキルも上がっていくという事なんです。

ワークショップ (1).jpg


ワークショップ (3).jpg


今も前もレジンアクセにはまっています。
まだUVレジンが流行ってない事から、レジンアクセに夢中になってた。
もともとミニチュアフーズを作るのに、うどんの汁とかをクリスタルレジンで作っていた。池なんかも。2つの液を混ぜて固まるのに1日かかった。UVレジンが登場してから固まる時間がとっても短縮されて、とても作りやすくなった。UVレジンだってもともと前からあるもので、ジェルネイルとかもそうだし。レジンアクセを作る人も増えたし、また100均さんも沢山のレジンパーツを売るようになった。これも嬉しい事。昔はパーツ1つにしても500円とかかかってたし。100均のUVレジン液はまた使ってないけど、恐るべしです。

なのでみんながやってるレジン。
だからこそ1歩でも2歩でも、魅力あるレジンを作る事が目標で。
ハンドメイド専用にネット販売creemaでは、作家さんなんでしょうね、物凄いレベルのものがいっぱい売ってるんです、格安で。いつもそのサイトを見ては作り方を研究しています。24時間アンテナはってるんです。人に作ってプレゼントするととても喜んでもらえるけど、実際売ってみると厳しんです。上には上がいるんですから。だから今はレジンのスキルをあげていきたいと思ってるわけ。

で普通のスタジアムでレジンのワークショップをしていた方がいて、クラフトフェアとかでね。朝方は空いてるんです。でも昼から混みだして昼が終わる時間にはどの店も完売で終了となるんです。クラフト好きが集まるので、みなさん作りたいんでしょう。見るからに誰でも出来る簡単なレベルのものでも完売。あのレベルなら自分にもできそうだな~っと思った。ただ、大人数は無理かな。ワークショップは2人づつのお客で対応して、紙に名前を書いて順番待ちだった。だいたい子供が多いです。大人はよほど高度なものじゃないと作る事はないんだろうな。高度なものが作れるようになりたい。

コメント(0) | トラックバック(0) |2018年3月 5日 10:35

講座・教室など の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2001

コメントを投稿





有料ワークショップ
FX会社通貨数