ジャムおばさんの部屋 TOP >  講座・教室など >  親子コミュニケーション

親子コミュニケーション



幼稚園での講座


母の日の会の時に1回目の親子コミュニケーション研修がありました。
そして今日は春の講演会っということでその2回目の研修がありました。

今日はチームごとに分かれてやりました、少人数の園なので先生の話もよく聞こえたし集中して見る事が出来た。今日は「感情をコントロールする」がテーマで全園児のママが参加しました。チームの誰もが自分と同じく子育てには苦労して来たと言う事が改めて分かってちょっとホッでした。


今日やった事は忘れないように毎日貰った冊子を見て、いつも自分のあり方を見つめられるようにしようっと思う。ダメだった過去の自分の事はいつまでも考えず、先に進もうっと思えた。過去は過去でしかない。これからを変えていこう。


子供に「お母さん怒らないようにするね」っと言ったら、その後すぐに子供が冷蔵庫にもたれかかっていた子供椅子をわざとバンバンっとやって冷蔵庫を傷つけていたので、「冷蔵庫が壊れるからやめて」っと言ったら「ほらね!怒った」っと言われた。あちゃ~。「これは怒ったんじゃなくて注意してるだけだよ、冷蔵庫壊れて新しいの買ったら遊びに行くためのお金がなくなってしまうよ・・・」っと言ったのさ。なかなかこういう時、器用に言えないな~。注意しなかった方がよかったのかな~。子供なりに私を試したんだな。やるな!でも物を乱暴に扱うのは良くないし、特に電化製品は止めてほしいのも自分の気持ちだから。それにエスカレートしてあれこれ乱暴に扱われてもいけないし、他所の家へ行った時のマナーも身につかなければ最終的に本人が困るし。っというか困って自分で気づいて直してくれればいいことなのかな~。でも冷蔵庫やレテビ、パソコンなどはついつい注意しちゃう。小さなものはしかたがないけどね。


躾ってお母さんごとに違うから、私は特に子供のしつけにおいてはあまり他のママとは議論したりしたくないな。正解はないので、話しても否定しあうだけになったり、躾の仕方が問題で互いの見方も変わって、付き合いづらくなってくし・・・。実際好きなママだったけど、躾の事で否定されまくって、自分がどんどん相手を嫌いになってしまい私から離れた事があった。にもかかわらず相手は切れてさらに、批判の嵐だった。相手は自分にとっては良い事をしたつもりだったんだろうなっと思う。悪意はなかったのかもしれない。正しいっと思う事を私に伝える事で自分が救世主にでもなったつもりだったのかな。でも私から見たらそのママは逆にいつもなぜ放任主義なんだろう?っと逆に私は思ってた。口には出さないものの。思っていても心に留めて付き合うのがたしなみなんだろう。そのママは言う前からいつだって目線で私を軽蔑していたので、ある日この人は本当の友達じゃないなっと判断しました、大事にされてる感もなかたし、いつだって自分の事ばかり心配してるような方でした。で少しづつ離れようって思った。良い人でもいつでも自分を見下すように見てるっと気づいたから。打算っというか利用していたのかも相手も無意識だっただろうけど。中学生で時が止まってる様な方でした。悪い人ではないんだけど、自分大好きな人でしたから、なんだかこちらが損ばかりしてるような気持ちになってしまい・・・自慢話や誰かの愚痴ばかりで、子供の問題を何カ月にも渡って聞かされて、でもこちらの悩み話は1,2分しか聞かず、大丈夫じゃない?でお終い。ママ友達は職場の人づ気合いと似ていて、上手く付き合うしかないのだろうっと思う。プライベートな友達ならいいけれど、正直職場の人間関係の方が楽だった。空気の読めない自分なので余計に。同じ園のママは本当にみなさん気さくで良い人しかいない、それがとっても救い。嫌な人が1人もいないっていうのも凄いな~って。

とにかく女っていうのは。
1人になるくらいならまだ嫌いな人と居た方がまっしっと思うのだ、だから平気で友達の悪口を言う女性が多いのだ、嫌いなのに付き合ってるみたいな子は学生時代けっこういたものです。そのママ友も私に対してきっと他に友達がいなくて、私はちょうどよく付き合ってくれる人だったんだろうな。

自分の評価って結局は相手がするものなのかな~っと思う。
お客さんみたいな感じで。だって自分を自分で評価するってすごく傲慢な気がする。自分と付き合うのは自分じゃなくって他人という相手だし。家族だってそう。相手が自分を悪く評価したら、この人にとっての自分はそうなんだなって受け入れたらいい。だっていい評価をしてくれる人もいるわけで、すべての人から受け入れられる人間もまずいないことでしょうし。っというかそれを目指していたら病気になるか自分を見失うわね。それを怒って逆切れしたり、仕返ししたり相手を虐めるようになったり・・これは本末転倒だって思う。幼稚。とっても低い魂レベルだな~って。そもそも相性っていうのもあるんですよ。気が合うとかね。それは努力とかそういうものではないし。そもそも自分なんて低く見積もっておいたらいんですよ。スキルの部分は別ですけどね。どんなに有能でも思いやりがない人って私は評価しませんからね。能力の評価だけはしますが、人格では0点みたいな、ハッキリ自分の中でははっきりさせるかな。もちろん口には出しませんけど。

とっても有能な人が、自分なんて全然まだまだ勉強が足りない・・なんて言ってるとカッコいいな~って思うわけですよ。そうなりたいですね。


確かに、だってね、うちの子はいっつも叱られたり注意されたりで、問題児だった。ある日英語のキャンプへ行った時にアメリカ人の先生に褒められた事があった。日本でいけない事が海外だと通じる部分だったり褒めらてる部分だったり。その先生に褒められてから自信がついたし、私は日本っという常識や枠、自分が生きてる世界だけしか見えてなかったっと気づいたの。それからグローバルに子供の事を見られるようになった。宇宙人がいたらどう評価するだろうっとか、古代人からはどう評価されるのかなっとかね。そんなのバラバラなんだよねきっと。

みんなバラバラ、これが真実なだけ。
バラバラでいいのに、まとめようとするからおかしい事になるのかな~って。枠に入れない人が非行に走り、犯罪を犯し。そもそも何のためにグループ分けみたいにするんだろう?人と同じだと安心する心もどうかな?だって違っていいじゃんって思うけど。そもそも自分なんて、本当に生まれた時から人とは馴染めてなくってずっと浮いていたので、もうそれにも慣れたし。色んなママを見てると必要以上にニコニコしていい関係を頑張りすぎてどこかで疲れていたりしてる人がけっこういる。みんなよく息つまらないな~って。極端にニコニコしてるママに限ってある日突然豹変したりするママも多くって、私は正直怖いですよ。ムスッてしてる人や自然にしてるママの方が後で良い人だと分かるし。

自分単純なんで、怖すぎますこの世界が。
息子も同じく空気が読める方じゃなくって単純。なので泣くような思いも多いようですが。時々ゆとり世代のママを見習う自分がいる。ゆとりの子ってやっぱり言う事や思考パターンが違うので新鮮。あっけらかんとしてるもの。そして自分を通すし。賢いし、性格も良い。神経そのものの作りが自分の時代とは違うな~って思う。極端な話、母親や姑さん世代もそう。思考、文化、常識・・もう違いすぎる・・・。母親世代はもう子育てにおいてはまったく理解し合う事は出来ないなって思う。どちらが正しいかの問題ではなくって、時代も変わってきているって事かな。なので古い時代の方の話や注意されたりとかは聞き流すようにしてる。真面目に聞いてると頭おかしくなるもの。1人目妊娠の時に腹帯をしてなかっただけで、姑さんから非常識とか一方的な考えを押しつけられてそれを旦那さんから伝えられた事があって、また旦那もだまってればそれも優しさなのにわざわざ言ってきた事が自分にはカチンでした。一方的に相手の文化を押し付けられると正直頭おかしくなるんですよ。それも産後も、出産直後もそうだった。出産直前にも私の時はこうだったとか、どうだったとか自分の事ばっかりで、いったい今は誰が主役なのかって立場をわきまえないのはとってもみっともないなって。別に反面教師にすればいいけれど・・・。もちろんそこに悪意はないんですが、だからこそ余計に無神経な人だな~って感じました。実母もそう。母親世代は母もそうでしたがバブル世代なのでいつも自分が脚光を浴びていたいんでしょうね。

実際に私腹帯をするとお腹が痛くなるのです。
1人目も2人目も妊娠中期だけ必要なだけで、今は2人目後期なので、つけてない時が多い。
だっていたくなるもの。日本だけらしい腹帯文化って。正直な所どうなんだろう?腹帯の事を言われてから自分がおかしいのかな?って本気で悩んでネットで調べたらただの文化みたいなもので、同じような事を言われて悩んでる人が大勢いてそれが救いだった。だから根拠なく何かを言う人には注意してる。根拠がある場合はそれなりに聞きますが。言ってる方もきちんと説明出来ないんでしょうね。そういう人に限って、どうして?と聞くと帰ってくる言葉は「常識でしょ」っとね。その常識っていう枠が怖いんです。生贄だって昔は常識だったわけで。日本の常識世界の非常識って言う事もあるんですがね。まぁ海外へ行かない世代ですし物事のとらえ方が非常に狭い。初嫁、初孫ってね、一番嫌な思いしますよ。1番目での失敗は2番目以降はないですしね。まぁ致し方がない事でしょうが。まだ旦那さんが味方になってくれたらまだそれも救いですがね・・・。自分はそれもなくって、それが原因で以来時々離婚も考えるようになった。きっと我慢できなくなったんでしょうね。積もりに積もった物が爆発したのかも。まぁ自分が壊れたっというか正常ではなくなった。もちろん特典もないわけではありません。良かった部分もあるんですけどね実際は。いつだって2番目以降の孫やお嫁さんが私は羨ましかった。だって嫌なとことは1番目がすべて引き受けてるんです。その上でのびのびしてるわけでしょ。まぁどこもそうだろうけど。とにかく言われた事とかそういう言葉ってずっと残りますね。離婚したって残る。でも今日の講座で、過去は過去として流そうっとも思えた。そこに時間をかけたくないんですよ。だってバカバカしい。


今日特に思った。
2人目が生まれたら、5歳の息子とのデートももうないのかなって。
長い間2人っきりの時が多かった。旦那さんは仕事や区政の仕事が重なって一時2~3年くらいは月に2,3回しか顔を合わせないほどお互いに時間が合わず。朝起きた時にいなくて、寝る時にも仕事でいない。すれ違いばっかりで、いっつも子供と2人きりだった。朝も晩も、週末も、外食も。長い連休では旅行へ行く余裕はあったけどそれがなかったら旦那さんの居場所もなかったことだろうな。子供がいたおかげで寂しくなかったし、ママ友がいたおかげで楽しかったな。子供と2人きっりでそれが切なくって、胸がキュンってしてた。夕方の公園で、いっつもキュンって。子供の発達遅れでどんだけ悩んだことか。真面目すぎたのかな自分は。きっと年をとっても、思いだすのは子供と2人で過ごしたそんな日々なんだろうな。

今日は短縮だったので、2人でデザートを食べた。
パンケーキを食べる様子が愛おしくって・・・。
こういう時間がとっても幸福。
小さくてぷっくりした手も、不器用なナイフの使い方も、なんとも言えない。


いつも乱暴な面で怒って叱ってばっかりだったから、これが定着しちゃってよくない事です。どうにかこれからは優しくしてあげたい。そもそも自分がネガティブだから、いつも何かを心配してる自分もいるし。きっと人に頼れない環境で生きてきたから色々先の事を考えてしまう。おかしい人はおかいいと割り切って受け入れなければいいし、親子関係をそんなことで壊さないようにしよう。いちいち聞きすぎるのも良くなかった。適当にあしらうって事は誰だってやってる事だし。何を言われても笑っていたらいいのさ。何を言われてもこれからは、自分を貫こう。でも頑固にはならないように一応は人の考えも聞いて、よほどおかしい人は別だけど。そして温湯に浸かりすぎないように、のぼせすぎないように調節機能を身に着けたいな。ないな~調節機能。バランスって大事なんだよねきっと。


1496150291209.jpg


子供の頃海ではしゃぐ自分を母がじ~っと眺めるように見つめていたことがあったな。母は何を考えているのか分からず変なの~って思っていた。でも今は分かるな。大人になったらなくなってしまうものだし、今だけの限定だしね。愛しいな~って感じだったのかな。息子もそうだとは知らずはしゃぎまくる、でもいずれパパになったら思う事なんでしょうね。そういうのって素敵だな~って思うわ。その時に私の思いがやっと伝わるみたいな・・・。もし自分が明日死んでも、子供がいっぱい愛されていたんだなって証を常に残しておきたいのです。怒ってる時も叱ってる時も、いつも大好きって気持ちがあったことを知っておいてほしいです。アルバムを作るのもそうだし、日記を書くのもそうですし。特に動画って自分用として重要だわ。時々動画を見ると鮮明に思いだす。その時にタイムスリップしたみたいに。

どんどん写真や動画も減っていくな。
勉強や色々やる事が増える度に、未就園児時代の自由な時間がいっぱいあった時期を思い出す。肉体的には大変だったけど、楽しかったな~。子供の問題ってどんどん複雑になってく。良い母親じゃないな~って思うわ。自分の思考そのものを変えるしかないかな。今日の講座では思考と行動は変えられるっという事、もともと知っていたけど、誰に言われるかで電流が走るかが決まる。本とかではイマイチなんだよ。講座の講師さんは失敗を経験してるからこそ、言葉も入ってきます。こういう事って誰に言われるかも重要なのよね。

コメント(0) | トラックバック(0) |2017年5月30日 22:25

講座・教室など の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1799

コメントを投稿





親子コミュニケーション
FX会社通貨数