ジャムおばさんの部屋 TOP >  講座・教室など >  コーチング講座①

コーチング講座①


すてきママ・インストラクター講座


第1講

・子供のやる気を引き出すコーチングの仕組み
・自己基礎力の大切さ


昨日は子供の通う幼稚園で、コーチング講座がありました。
全5回受けて完結です。1講座2時間で合計10時間です。
終了後は認定証がもらえます。らさに続けるとコーチの資格習得できるそうです。
今回の講座を受けることで、色んな所で自分で講座をすることが出来る、ということだけど、私の場合は何度も受けないと染み込まないかもしれない・・・。


本当に楽しい2時間でした。
そして勉強になりました。全く同じ講座をもう1回なそれば、頭にもっと染み込むように思います。


はぴまよ (11).JPG



受け入れなくていいから受け止めて。
先月のお茶会でも同じ先生が進行してくれましたが、その言葉とっても大事。

相手が言ったことに対して、
「OOはそう思ってるんだ」
っと一旦受け止めてから、「私はOOなんだ~」って自分の発言を言う。

この言い方ってなかなか出来てない人多いと感じました。
自分が何かを話した時も、相手「私絶対ヤダ」とか「それ嫌い」とか否定するような言い方を即効してしまったり、自分もそうです。


言葉はとっても大切。それに付け加えて、自己基礎力・MCCマインド・信頼関係・スキルも一緒に備えることではじめて発揮します。

自己基礎力。
自分を知る、認める、愛す、大切にする。模範を示す。

MCCマインド。
相手を尊重し、信じる、応援団長になる。

信頼関係。
安心して話せる。

スキル。
認める、質問する、フィードバック、リクエスト。


はぴまよ (12).JPG


もし子供が失敗した時、「何で失敗したの?」と聞くことはいけない。
この「何」は=尋問になります。
何の意味のない質問です、また返って来る言葉は言い訳しかありません。
この質問は、親が自分の納得する答えを子供が言うまで続きます。
ではどうしたら良いかというと。

「どうしたらOOだった?」っと一旦考えさせる。
考えるこの時間がとっても大事で、子供が分らなければ一緒に考えます。
この言葉は0歳児でも1歳ででも語りかけることがいいそうです。
そして次のステップへいけるのです。


「幼稚園楽しかった?」っと聞くと答えはNOかYESでしか返ってこない。
「今日は何が楽しかった?」と聞くと子供は脳を使って、楽しかった出来事を考えます、どんどん考えます、脳の中では楽しい事しか考えないのです。「楽しかった?」と聞くと悪い事ばかり考えてしまうので、この質問は私も子供には絶対にしません。

もっともうちの息子ちんはまだこちらが話をしてもイマイチ言葉そのものが分っていなくて全く違う答えが返ってきます。聞いてみたら「トイレ」っと返ってきました。子供にはトイレで立って出来てきっと褒められたんでしょうね。きっと子供は嬉しかった事を考えて答えてくれたんでしょうね。他にも「給食」と。給食なんてほとんど食べれてないんだろうと知っています、でもみんなで食べる給食の時間が楽しかったのかもしれません。

子供は楽しいイメージの事をいっぱい浮かべて、頭の中は楽しさで広がったんですねきっと。この質問に変えてから、子供はむかえにいった時「悲しかったの」とは言わなくなりました。4月は私「今日何したの?」としか聞かなかった。子供「悲しかったの、うえ~んしたの」っという会話、しかもずっと。GW明けに質問変えたら子供が戸惑ってた、何言ってるのかさえ分かっていない感じだった。2,3分考えて「トイレ~」っと。でも考えてますねやっぱり。

質問を変えただけで考えるようになるって、あ~言葉は魔法って思いました。
自分は、この自分の人生では、突き刺さるような会話しかなかったもんで。
でもこの言い方も何回かは練習して繰り返し使っていかないと染み込んでいかないと思う。




そしていかに100%子供を信じるか。いつもママは子供の応援団でいること。
自分を応援してくれる人がいると嬉しいものですね。隣りで寄り添って子供と歩んでいるかどうか?そして子供は大人が思うよりも強いということでした。

先生の経験話からも、子育てについての迷いが少しづつではあるけど、まとまってきたような気がします。以前入園前、ちょうど1年前にもコーチングの講座を受けました。その時はすぐに忘れてしまったけど、その後自分でコーチングの本を買いあさり読んで、そして今回の講座に挑んだので、今回はだいぶ染み込みました。何度も同じ講座を分るまで受ければ完全に染み込むように思います。


シャンパングラスの法則も出た。△に詰れたシャンパングラス。
結果、まず自分が余裕をもつこと、さすれば下に流れていくシャンパンはどんどん下へ下へ、家族から友達やスタッフ、またそこからお客様へ・・・と流れていきます。一番上は自分です。確かに、自分が余裕をもって優しく家族に接すれば、家族は同僚や友達にまた優しくすることができ、その人達もまたお客さんにやさしく出来るのです。ずっと下まで続いていくのです。
自分が家族に優しくすれば、沢山の人をハッピーな気持ちにすることができる。


自分が悪いと思ったらすぐに謝ることも大事で、遺伝とか性格とか関係なく素直に謝ることが大事だそうです。

優しい言葉をかけられると人はとってもいい気分に。毛細血管が広がり、体温が上がると42度で乳がんが消える、1度上がるとで心の免疫が上がるということです。

来月も幼稚園で、体温の法則・・・といものがあったけど、そういう事かな?
体温ってそういったことでも上がるんだね。まわりの人に優しい言葉をかけるだけで、もう神様みたいな存在。だってそれだけで、病気からも救い、人の心も穏やかにできる。確かにたま~に、(めっちゃやさしい人)って思う人がいるけど、だいたいが言葉遣いが優しい。


言葉使いの上手な人は器用な人に入る自分の中では。
OO使い、というものはみんな器用、魔法使いとか・・・。
人を言葉であやつるんじゃなくて、言葉そのものを操れば、言葉使い、になれるかな。魔法使いも言葉使いも同じだな~って今思ったわ。

っというか産後から呂律が回らないんですけど・・・。

はぴまよ (3).JPG


講座後は、一緒に受けた友達とランチ。
甘口なのに、ピリピリと・・・。
インドカレーでした。


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年5月14日 21:57

講座・教室など の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1267

コメントを投稿





コーチング講座①
FX会社通貨数