ジャムおばさんの部屋 TOP >  工作 >  お父さんスイッチだった

お父さんスイッチだった




お父さんスイッチだった



追加文3/7

※ひらがな工作が何なのか調べていたら、「お父さんスイッチ」だったということが判明した。
子供はお父さんロボットと言っていった。ピタゴラスイッチだった。
そして「お母さんスイッチもあるよ~」っと。

子供が指定した文字からはじまる動作をお父さんがやる。
っと言う楽しい遊びだった。ネットでは動画がいっぱいありまくりだった。
判明してすっきり。もっとかわいい進化形のお父さんスイッチを作ってみようっと!!



たぶんレテビで見たんだと思うけど、手作りのタイプライター的な物の映像を見たようで、それを作りたいっと私に言ってきた。何だろう?っと考えていって、私にはさっぱりだからね。
「次にレテビで見たらその時教えてね、そしたら一緒に作ろうね」っと言った翌日に、子供が待てずに自分で勝手に作り始めていたのだった。

ティッシュの空き箱と、ストローを使うのは聞いていた。
箱を見つけて、ストローをテープで貼っていた。それを見て私は丸いシールを用意してあげた。丸いシールにひらがなを書いた。完成したようだった。(あ~終わった、この問題は解決した。やれやれ・・)っと思ったら。どうやらこの工作玩具にはルールや遊び方があるようで。それも子供が勝手に考えたマイルール的な。


子供が文字を1つ選んで、「さ、さかな。」「の、のり」「お、おにぎり」・・・・・
っと言っていく。そして私がそれを聞き取ってその絵を描かないといけないみたいだった。おにぎり、のり、魚・・・っと描いたけど。一体もともとレテビで出ていた本来の工作玩具はどのような物だったのかが気になる。ピタゴラスイッチのようだったみたいだけど、それもあいまいだし・・・。子供は謎が多いですね~特に男の子は。

145724938227534636.jpg
145724940427534736.jpg


昨日はアイロンビーズを一緒に作った。
たまに作ってる、楽しいな~これ。手先も器用になるし。

145725143627535336.jpg

145725212227535536.jpg


自分で物を作ったり、なんだか成長したな~っと思います。
1カ月で2cmも身長が伸びてた。



コメント(0) | トラックバック(0) |2016年3月 6日 16:29

工作 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1533

コメントを投稿





お父さんスイッチだった
FX会社通貨数