ジャムおばさんの部屋 TOP >  英語 >  spring camp

spring camp



ワールドファミリキャンプ 


2泊3日で英語のキャンプへ子供と旦那がいっている。
いつもは遠い所まで行くけど、今回は近い場所を選んだ。いくつか場所も選べるようになってる。


この場所ではキャンプファイヤーとBBQがないのだ。
でもその分英語のカリキュラムが増えるだろうからナイトアクティビティとかでしっかり最後まで英語三昧なのだ。まさにそう。私も行きたかった、3歳以上なのでベビーと留守番そてる。


今回は英語のレベルが高いファミリーが参加してるらしい。
想像はつくけどまぁ、だいたい息子と同じ年齢で6歳とかで、ハイレベルな子はほぼペラペラです。うちは違いますけど。こういうキャンプも、いつか、に繋がるかな~っと思い行かせてる。アウトプットの場にもなりますし。普段やってる教材の内容がそのまま使える感じ。キャンプはひとつの遊び、そして刺激をいっぱい貰います。


そこです。
同じ年齢の英語が出来る子供にかこまれて、さっそく英語もっと頑張りたいモードになってるようです。親が限界以上は出来ないのであとは本人のやる気をこうして作るしかないのです。それがキャンプです。ディズニー英語は会員もけっこういますよ。でもキャンプに参加するのはその中の少しですね。親もだいたいペラペラですからそうじゃないとダメかな~って雰囲気なんでしょうね。うちはかまわず行きますけど。でも行くたびにいつも凹むのよ。自分のレベルにね。ホント大人は厳しい、大人になる前にやらせることは、何よりも子供にとって良い事でしょう。本人も大人になって感謝することでしょう。

テレフォンイングリッシュやカーニバル(劇)やイベントに来る先生と同じですから、好きな先生だとテンション上がる。人気の先生はやっぱり人気。日本語はほとんどしゃべれなかたりしますよ。そのほうが都合がいいのよ、使わない方がいんだから。日本人スタッフはいるけど英語ですね、外国に住んでいてこのイベントの為に日本に帰ってくるみたいな方もいるんですから。

最後ではきっとグループでの発表でしょうね、これもお決まり。英語が出来る事、いろんなレベルの子供がごちゃ混ぜなのでそれも楽しい部分ですが。springcampはハイキングとかあるのかも?季節に応じて色々。カヌーやスキー、田植え、収穫、ハイキング・・・・。

ホテルからの眺めだそう。

1522498790694.jpg

1522498812536.jpg


英語はみんながやっている。
普通にやっている、だから普通にやっていこう。ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字、英語・・・みたいに。そう普通に意識してもらいたい。いつか遠くても日本もそうなっていくんだろうな。今の英語キッズが大人になって、もっと英語やろうみたいな。そうやって何世代にも渡って時間はかかるだろうけど100年あればきっとそうなっていくだろう。自分の子供が思いのほか英語出来ない大人になっても、いつかはそういう所に繋がっていく、そう思って英語をやってる。長い、長すぎる目でね。きっと孫の代にも教材使ってるかもしれない。きっとそのころには私も教材をやっと使いこなせてるのかも。

全部の教材の使い方を学ぶだけでも大変。な教材なんです。
うちも全部は使いこなせてない。忙しいのもあるけど、眠ってる教材もあるの。どんどん使わないとな。
場所によって内容も変わったり、雰囲気も、集まるメンバーも色々。先生も違ってくる。

campにもレベルがあるんです。
もうひとつ上のレベルは高学年向けでもっと英語を入れる内容になってる。

1522498827412.jpg

明日は何するんだろう?2日目はかなりぎっしりですから。

コメント(0) | トラックバック(0) |2018年3月31日 23:04

英語 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2026

コメントを投稿





spring camp
FX会社通貨数