ジャムおばさんの部屋 TOP >  英語 >  英語の本

英語の本


小学1年では、まだ英語ははじまってないし、基本的に英語の教科書なるものはないわけ。
だから本屋とかでいくつもある英語の本や辞書ワークブックを自分で見つけるしかないのです。


子供向けで、大人も分かるレベルの物で、簡単で単純なものでいいから、出来ればオールカラーで見やすいもの。
出来ればCDが付いているものがいいな、繰り返し聞く事も出来るしワークが終わってしまってもCDで何度も何度も発音を聞いたりできるから。appleでもアップルじゃないしね、分かっているようで違ってるんだよね。だからりんごでも車でも分かってるような単語でも、きちんと聞く事は大事かなって。

本屋で見つける→帰宅後ネットで注文。
出来ればマーケットプレイスで探して、あるなら中古で安く買う。ネットオークションも見てみる。なければ楽天で買うポイントが付くから。

最近は、こんなシール付きの本と、ワークブックを購入。
CDを聞いてシールを探して、決められた場所に貼っていくっという単純なもの。こういう類のものは幼稚園時代にもどっさりやってきた。発音を聞いて絵やイラストとアルファベットを見ながらシールを探して貼る。余裕があれば紙にアルファベットを書いてみたり・・・。シールが完成したら辞書として使えばいい。多くの単語ではないけど、じゅうぶんかな。繰り返しやればいいのさ。


それからワークはアルファベットをまず書く、でさらには単語も書いたりなぞったり、途中でゲームもある。オールカラーです。毎回毎回アルファベットばかり書いて来たけど、ひらがなだってそうして覚えてきたから、とりあえずは日本語を習得してきたように英語もやっていこうみたいな、たらたら~だけどね。といかく書く。そろそろマザーグースの歌の暗唱も再開しよう。1つでいから歌えるように。

DWEのCAP応募の歌も暗唱しなきゃならなかったわ
子育ても勉強で関わるのも、遊びに連れていくのもキリがないな~。やってもやっても到達するわけじゃないから。だらだらになる時期があっても進んでいこう。休んでもまた進んでいこう。

1529598999493.jpg

まだ今はなぞるレベル。
どちらもCD付。


1529599007974.jpg


1529599017549.jpg


コメント(0) | トラックバック(0) |2018年6月22日 09:34

英語 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2081

コメントを投稿





英語の本
FX会社通貨数