ジャムおばさんの部屋 TOP >  英語 >  キャンプから帰宅

キャンプから帰宅



去年の3月のスキーキャンプも子供は旦那さんと2人でいった。私は去年、妊娠中だったので留守番した。滑ると怖いし。

今年も3月にスキーキャンプへ行くはずだった。けれど卒園式だったので行けず、スプリングキャンプへ行く事になった。それも2人で。今年から少数人数になり、内容をぎゅっと濃くしたようです。みっちりですね。


帰宅するといきなり、見たいテレビがある、食べたいお菓子がある。と、きたもんだ。私はベビーと留守番してた間、ゆっくりできた。ベビーって可愛い、まだまだ手がかからない時期だから私も少しはのんびりした。ネットで色々調べものしてたらあっという間に時間が流れちゃった。スキーの時は同じ泊数でも、寂しかった、時間も長く感じた。

1522688370919.jpg

動画や話を聞かせてもらって、それも楽しみのひとつ。子供は成長したようです。英語も少しづつだけど進んではいる。お友達と楽しく過ごして、英語のできる友達からいい刺激をもらって、自分ももう少し頑張ってやりたいようだ。

1522688391568.jpg


はじめてのDWEのイベントでは0歳11か月でした。
泣いてたな~。このスタートからずいぶん月日が流れたな~。
リフレインするとき、英語が親子で嫌になった時・・などにここに戻るんです。そうすると何を焦ってるのやら・・って思えるんです。止めるよりは続けよう、こんな形でも。そうやってこのはじめのページを見ては続けてきた。マイBOOKもパンパンです。もう1冊いるのかも。

1522688470509.jpg

少しづつ、書くという作業もしている。
これは黒板の文字をただ写すという作業だったそうですが、それなりに書けています。
先生はこう言ったようです、日本語を少し我慢して英語で言う。それを続けていけばいんだそう。確かにね・・・・。これから小学校高学年とかになったら、ごまかしも効かないでしょうから、もう電子辞書使っても構わないから自分で調べてもらって、なんとか間違えてもいいから、まずはどんどん英語を発してほしいと思う。日本語を我慢して英語で話す環境を親としてどうやって作っていくのか、とかもとても自分にとっては難しい問題です。1人っ子なら出来そうですが、やっぱり子供が2人だと+αの事がなかなか出来ない。日本語だって大変なんだから

小学校の勉強も、友達関係も深く、より理解したり考えたりする必要もあるし。ただいつも強ければいいというわけでもない。負けたり、やられたりしながら、優しい心も芽生えて行ってくれたらな~っと思う。辛いことがない人生だったら強くはいられるけど優しい思いやりなんかは欠けるだろうな。人としてとても大事な事だし、意見を言えるのも必要な事だし、言い方もあるし。学ぶことが多いなホント。

コメント(0) | トラックバック(0) |2018年4月 3日 02:04

英語 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/2028

コメントを投稿





キャンプから帰宅
FX会社通貨数