ジャムおばさんの部屋 TOP >  英語 >  テレフォンイングリッシュ

テレフォンイングリッシュ


今日は2回目のTE



子供がしばらくずっと腹痛がたらたらと続いて嘔吐があり熱も出たので、病院へ行っていた。それから蕁麻疹も出て夜間の病院へ行ったり、今週は月曜日はもともと代休で火曜日幼稚園休んだから、しばらく子供との生活をしていた。


子供と孤立すると時間や曜日の感覚がなくなる。
お稽古も休んで、DWE(ディズニーワールドイングリッシュ)のイベントもキャンセル。
2人で家にこもると、未就園時代を思い出すわ。こうしてずっと2人で過ごしていたような、旦那さんもあの頃は仕事がハードで週末にしか会えなかった生活だった。今年から状況は変わりましたけど。子供と2人だった生活が楽しくて、大変で思いだすわ。それが遠い昔の様で懐かしいわ・・



TE(テレフォンイングリッシュ)は、DWEの会員のひとつでして、週1回、外国人の先生と電話でレッスンをするっというもの。ずっと子供と旦那さんが最近何回やっていたのだ。で先週から私も頑張って挑戦してみた。定型文を覚えて、なんとかやれました。


だってこれ、オール英語ですから、TEの練習用CDセットとか購入して親だって練習しないとムリムリ。こういう時ペラペラなママならスムーズなんだろうな~っと。片言の単語や短い文だって毎日発音したり意識したりしれてばどんどん英語力が上がるわ。でもちょっとやらないと0に戻る。忘れちゃうんだよねやらないと、こんなに少しの量だってやらなければ忘れる。子供と英語クラブへ通って親子で行っていた頃はけっこう頑張ってやってたな~。


5歳だけどまぁいいさ。まだ Listen Onlyなのだ。
でも一緒に歌える所は歌ったりしてる。DWEは課題があってクリアしていくと上の段階へいける。合格すると貰えるCAPの色で段階が決まっている。今はライトブルー。で次のブルーを目指して練習したり応募したりしているのだ。で次の応募がちょっと難しい歌なのだ。でDVDやCDで練習して、TEでも同じ歌を選べるから今その歌を選んでいるのだ。あれだけやっても聞いても全く歌えなかったけれど、TEだと先生と一緒に歌ったりするので、歌えるようになってきました。一生懸命聞くから、単語を拾えてるんでしょうか?分かりませんが、TEをしてから思う事は。ハッキリ言って。英語っというのは、英語を話す人と直接リアルタイムで話さないと伸びないな~っと感じた事です。目の前にいる人と話す時いっぱい色んな脳を使うんだろうな。使わないとダメなのかな。使いながら覚えていこう、みたいなのがDWEなのかな。


DWEの先生はいっぱいいるけど、日本語はほんの少ししか話せない人もいますし。色んな国の人がいますね。毎回違う人になる。そこも面白いんだけど、みんなユニークだから面白い人は本当に面白い。短い時間でも子供はものすごい集中してる。

DEWは結局は、はじめはDVD、CD、玩具で触れて、0歳の時からスタートしても、どんどん続けないともう止めようかなとか思ってしまう。だから4,5歳になって英語分かんなくなって親も子供もこんがらがって中古に出すのかしら。だってね、教材使いこなすのだってめっちゃ大変なの。1日中説明書読んで、何日もかけてどう取り組むのがいいのか・・とか考えたり、子供のペースもあるでしょ。嫌になってもいけないし。だからTEはとっても効果的だわ。つなぐのに。本気で子供が嫌になったら売ってもいいな~っとも思うけど。あとはイベントが毎月あったり、で年何回かキャンプがあったり。アメリカへ親子で1週間とか留学するイベントが毎年ある。アメリカの学校で一緒に授業をしたり出来る、まぁ高いですけど。目指したいですね。このくらいは。卒業というのもあるわけ、卒業課題もあるわけ。スピーチですよ。まぁ先は見ないようにしてる。

DWEは教材も多いし、でも本当に楽しんでるのはイベント。
キャンプなんてそりゃもう。
家で教材やTEをやって、イベントで活用して、キャンプではもっと活用して・・・。やっぱりキャンプへ行くと親だってそこそこ勉強しないと恥ずかしいわけですよ。だから行くのです。行けば子供も自分も頑張るわけだから。年1回の劇も楽しみに行ってる。イベントも、教材もキャンプもすべて連動してる。教材の範囲でやってるってこと。真面目にやればいい教材だろうけど、だって親も英語やらないといけないしね。教材を徹底的に使いこなせば、儲けものだろう。でもそれがやれない親なら売るしかないのだ。本当にいっぱいあって困るのだ、賢くないとやれないわ。


最近はDWEもフェイスブックやってるし誰でも動画を見られるわね。それにインスタグラムもはじまって、HPを見る度これだけの人が真面目に取り組んでるんだ~って思うと拍車がかかるしね。TEはきっと電話だから耳に集中するんでしょうね。やってて良かったと思うわ。本当にゆっくりなペースでやってるけど、止めないよりはいい!っと割り切ってたらたらだろうが続ける事の方が大事だな~って感じたわ。完全拒否になるのが一番怖い事です。

なんで英語やってるんだろう?っと真面目に考えていたけれど答えがあいまいで・・・
そもそも英語を子供にやらせようと思ったのは、初めて自分が海外旅行へ行った時、日本を遠くから見る事が出来て、それが開放的だったのだ。日本ってなんて窮屈なんだろう、また日本ってなんて素敵なんだろう、特に食においては。日本だけしか知らないってなんだかもったいないような。もっと世界を見て、物事を世界的視野で見る必要もあるわけで、血液型占いとか、妊婦の腹巻とか、日本だけらしいわよ。日本の常識世界の非常識だったりね。面白いですよ。バリ島へ行った時、インドネシアの言葉で話すととっても好感度UPだったし、現地の人もいっぱいお話してくれて、会話力もあるだろうけど、まずは話せないとな~って。子供にも広い世界を知って、差別なくどんどん世界中に友達を作ってほしいし、物事を肯定観念だけでしか見ないようになってはほしくないんです。OOしなくちゃ、とかOOしないとダメとか、OOすることが常識とか・・・なんでも決めつけて生きてる人って窮屈ですよ。ずっとそういう家庭で育ってもんだから私は窮屈な子供時代でした。ただ放任ではあったから自由だったけれど。母はやはりネガティブだったのだ。何でも決めつけちゃう人ってやぱっり窮屈そうだもの。子供には現実を見て知ってほしいし、世の中の事実や状況をちゃんと把握してもらいたい。理想がいつのまにか事実になってたら怖いもの。理想は理想だし現実は現実ですしね。

コメント(0) | トラックバック(0) |2016年11月24日 20:34

英語 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1708

コメントを投稿





テレフォンイングリッシュ
FX会社通貨数