ジャムおばさんの部屋 TOP >  英語 >  親子えおごくらぶ Hen

親子えおごくらぶ Hen


残り1ヶ月となりました


2年間通った、おやこえいごも残り1ヶ月となった。
3月は週1と単発を4回入れました。
ラストスパートですね。


今日はお決まりの雨、そして木曜日。
このセット、もう慣れた。
本当に雨の多い木曜日でした。

今日もなるべくずっと抱っこ。少しでも被害が出ないように。
先週から子供に家を出る前、公園へ行く前、こと細かく、それも毎秒事に言い聞かせをしておく。その効果が少しはあったよう。今日は誰かを叩いたり突き飛ばすこともなく流れて、教室内は走ったけど、まあ今日はこれだけ出来たんだから良しよしました。

そして子供に「今日は約束守ってくれてありがとう、今日は誰も叩いたりしず凄いじゃん」って。子供は「バーンって、キーックって、押すのダメよ~」っと返ってきたので少しは理解したんだと思う。先週は私は何時間も泣きながら乱暴はいけない事を伝えたし、子供も毎日それが夜泣きとして出てくるくらいに影響があったので、少しは理解してくれた。本当に嬉しい☆


今日のクラフトはHen。つまりめんどりです。
体が逆さだし、パーツもおかしいけど「good boy」って褒めてあげたわ。


イオン英語 (5).JPG


今日はいつもの友達ママの親子は時間帯が違ったので、英語が終わったあとはバイバイしました。いつもならアピタにスーパーで遊んだりしますが、ここ最近アピタで子供が乱暴なことをするたびに色んな親から注意や、色々言われたりしましたし、謝っても許さないって態度の人も多くて、なのでしばらくは子連れでアピタへ行きたくないな~って思って。高級食材を売る高価なアピタはお客さんもお高い方が多いですので、以前ここで6年働きましたが、本当に凄いクレームも多かったですし。

今日は少し遠いけどイオンへ行きました。
ここで4時間遊んで。

本屋にある木製レールで1時間ほど遊び、お昼ご飯を食べて、買物をして、キッズルームで遊んで帰宅。珍しく3:30には寝てた、車の中でスヤスヤ・・・・


イオンでの出来事
今日イオンのキッズルームで遊んでいたら、今日はたまたま小さい子が多かった。
息子くんは3歳半で身長98cm体重16kgがっちり系。
まわりは主に2歳児、1歳児が多くて、0歳児の赤ちゃんまでいた。

子供には入る前に十分言い聞かせをして入った。
その後もコト細かく注意を促す。誰かを押そうとしたので「押さないで」っと言うとピタッと止まったし、「今日は小さい子多いから走らないで」「ぶつかるからジャンプしないで」・・・と色々。今まで以上に細かくいう事で、子供も今すべきルールが分かったようです。
療育で声がけは1回にして下さい、って言われたけど実行したらよけいに酷くなってしまって、頭を下げる回数も多くなり自分のノイローゼになってしまいました。もちろん家では1回でいいのですが、他所の子供に迷惑かける場所では逆に細かく、まるで雨粒のように降らせる。

でも今日気づいたけど、家では1回と少なくして、外では真逆に雨の様に。
これがうちの子には合っている言い聞かせ方法なんだな~って思った。
今日ははじめてキッズルームで他所の子を押さなかった。
いつもは通りすがりに押したりしますが、1,2歳児の多い中で、自分をセーブするコントロールを本人も実行しているようでした。

そこで、遊んでいたら、途中で同じ3才の女の子2人と意気投合。
3人で手を繋いで輪になって遊びました。はじめは女の子3人が手を繋ぎ、3人は他人同士です。そこに子供が「入れて~」っといったので女の子の1人が「入れてあげよう」って言って、一緒に遊んだ。最後、女の子に少し抱きついたけど、それ以外は乱暴な一面はなくスムーズにいった。

そしてこの後で、心に残るシーンが。
どうみても3歳か4歳くらいのいかにもヤンチャって感じの男の子がやってきました。
髪型も半分丸刈りで、半分は長くって、いかにも凄そうっと思ったら・・・・。
男の子はキッズルームの中を思いっきり走り回って、そこにいた1,2歳児の子ほぼ全員をすれ違いざまに押し倒しました。そして親達の顔つきがピリピリしはじめた時、1人の1歳くらいの男の子が突き倒された、平気な感じではあったがその母親がオヤンチャな男の子に「わざと押しちゃダメだよ~」ってかなりキツク注意したて。保護者はお婆ちゃんで、まったく余所見をしていて、すぐにどこかから母親が来て、「叩いたらダメだよ~」ってこれまたキツク注意、その後すぐに親子は退散。逃げるよに去っていった。毎度のことなのかもしれない。

うちの子供と同じだ。って思った。
つまり、関わりかたが分からなくてのコトだ。
意地悪でやってるのか、障害などを持っていて無意識にやってしまっているのか、その違いが私にはすぐに判別できます。普通の子供を持つ親はまず判別できないと思います。発達障害っていうのは、まず自分で調べたりして知らない限り分からないのです。自分の子供がそうでない限り調べたりしませんどの親も、それが自然なことですが。私は保育園や幼稚園の先生には勉強して知っておいてほしいと思いました。保育士の資格の中に入れればいんですよ。

この男の子は全く悪意はない感じで、押し方にも特徴があり、これは細かい特徴なんかもあるんだけど、まず通りすがりにやる、そして考えずにすぐ手が出る、誰かを選ぶわけではなくてそこにいる全ての人にやった、プレイルームに入った時に、楽しそうに、その顔には悪意はなくむしろうちの息子と同じで、ただ遊びたいという純粋な気持ち、素直な笑顔でした。

普通の親は、自分の子供がやられたら、感情的になって怒って、注意。
だろうけど、じゃあそういう親はその子のそういった内面まで見ているのでしょうか?いえ見てはいませんね。当たり前ですが。ここは普通の子供を持つ親と発達障害の子供を持つ親との大きな違いだと思います。乱暴された、相手に注意で終わる、以降はその親子の批判で終わるのでしょうか。注意はいいことです。でもその後で、ちょっと考えてもいんじゃないか。

もちろんあきらかに、くそ意地悪い顔して、計画的に、虐めることを楽しんでやってる子供も多いです。私が思うのは、注意するなら、怒るなら、ちゃんともっと深く考えてから行動してほしいと思う。浅はかで、知識もない小さな世界に住んでいて、子供を持つ親なら、ただ自分の子供を守りたい、ってそれだけが働いてるように思う。注意は間違いではありません、むしろいいこと、でも男の子をもの凄い目でみるような、軽蔑とうのでしょうか、少しそんなやりとりを見ていて寂しくなりました。

またその男の子を不憫に思いました。
きっとうちの息子と同じで、脳の配線回路になんらかの原因があって、機能の働きの部分で偏りがあるのだと思います。療育とか訓練とか色々手立てはあるけど、まず親がそう思わなければ、訓練なんて結びつかないのですけど、まぁ本当にあの男の子を救ってあげたいって本気で思いました。

お友達が大好きで、遊び盛りで、でも関わり方が分からず、力のコントロールも出来ない。母親に怒られても、理解していない様子でただシュンとして帰っていきました。

親も躾けのことで戦ってるんですよ。毎日、毎日、毎秒に。
だから子供と親は切り離して見てもらいたいな~って思うことがあります。

息子くんの乱暴さで私もずいぶん責められて、身内からも理解されない、理解してくれたのは同じような子供をもつ母親だけでした。けっきょく身内のつきあいも本当に必要な時にしか行かなくなりました。以前は遊びに、とうい感覚で行っていたのがもう本当に用事がある時のみですね。しかたないです。平行線なのですから。説明をして理解をえたりという行動もあるのですが例としては、相性もあるけど私にはもうそういった説明する気力がないのも正直なところで。相性もあるのだけれども。

実際に旦那さんも100%は理解していないのです、しょうがないのだろうけど、毎日見ている母親などにしか気づけない細かい部分があるのです。


今、私はもう一度子供の行動をよ~く注意して見ています。観察しています。
何か見落としがないかと。
こういった子供を持つ親は外でも1秒さえも目を離せません。
今日いたキッズルームのほとんどの親は子供を遊ばせて自分はずっとすわって休憩してました、それも注意もしなくても子供はいい子ちゃんだったし。1秒さえも目の離せない子供を育てたら分かることでしょうが・・・。今日は子供について歩き、注意をうながしたので、子供が少し何かしても他所の親は私を誰ひとりと責めませんでした。頭だけは低く、低くして。


重度の障害者と親が歩いている光景をよく目にしますが、その親だって注意して見ていれば、子どもに付き添って、常に目を離さないですよ。ごくごく軽度の発達遅れの子供の親もそこは同じですね。目がはなせない。


今日いた乱暴な男の子だって分かりさえすれば、ルールは守るし、友達とだって仲良く遊びたいはずなのにって。しんみり帰って行った様子をずっと見送っていて寂しかったです。怒った親は自分の子供に逃げるすべを教えてはいなかった。「わざと叩いちゃだめだよ」って頭ごなしに。わざとじゃないよ、それないりの理由があるんだよ、って心の中で言ったわ。最近思うのですが、正論だけでは子供は守れないし、それだけでは何も事は変わっていかないて思う。虐める方が悪いと言っても実際は弱肉強食な世の中だし、うまく立ち回って要領よくやるしかない時もありますし。


もし身近に息子くんと同じ悩みをもつママがいて、悩んでいたら私は乱暴なんじゃなくて脳の配線回路のトラブルだよって言ってあげたい、そして手を出さなくする手立ては必ずある、方法はまならずある、ということを教えてあげたい。そしてやり続ければかならず良くなると伝えたい。多くの親がうちの子はこういう性格でって思うけど、何かしら手立てがあれば違った方向へいく可能性もあるのだから。

子供の発達に問題があるために、こういう子供を持つ親は人一倍自分の子供を叱らなくてはいけないので辛いです。

心の中で何度も、うちの子だって知育が早い子なら、発達に問題がなくて1度で分かってくれたなら、こんなにもガミガミ言わなくてもいいし、叱らなくてもいいのにな・・って思うよ。時々子供が可哀想になってきてしまって、自分も参ったり、自分を責めたり、なおさら親が不器用なら子供の症状も大きく出ちゃいますし。とにかくネットワークが少なすぎるんです。まだまだ理解のない分野ってだけです。昔は虐待を虐待と言わない時代だっただけで、虐待は沢山あったし、犯罪も昔よりは減っているんですよ。多くなったと感じるのは、報道してなかっただけのことで。発達障害という言葉が流行れば、あっという間に世間の意識は高まるのだろうけど。

例えば、ドラマとかね。大物女優とかね。
あとはそういった子供達が何か大きな問題を起こしたりして話題になるとか。
・・そうでもならないとね。だって日本ってこういう国でしょ。

とにかく最近は、人間って詰ってるキャパシティ少ない生き物だな~って思った。
人が冷たくなるのも、内容量薄いからなんでしょうね。だっていっぱいいっぱい色んな虐めとかね、虐待とかね、沢山経験してる人って優しくて、許す心もあって、心が広くてね。色んな人がいる、ただそれだけ。自分の常識からずれてれば軽蔑や迫害ってね。小さいです全く。色んなお立場になった方なら当たり前のことが、小さい世界にいる人には分からないのです。経験が少ないために分からないのです。


幼稚園でやった、やられた。そんな子供同時の喧嘩について調べてみたら。
例えば自分の子供が園で誰かを噛んだとします。
園では絶対にやった子の名前はいわない方針。そいうった園が多くあることを知りました。やった子の親は当然知らないわけだからあやまることも出来ない。保護者が園側と話し合うのだけれども、保護者同士のトラブルを避けるため、疲れておむかいに来た、親においうちをかけれない。などが理由でした。私はやはり相手の親に謝りたい派なので教えて欲しい側です。

子供が年長になればOO君にやられた、と言いますから、やった方の親は事実を知らないが為に人間関係が悪くなります、そっちの方が穏便じゃないですよ。


子供にも躾けのひとつとして注意したり話し合ったりしたいし、相手の子も大丈夫か気になるし。ママ友達の行っている幼稚園がだいたいそういう園で、よほど酷い事があれば相手の親から電話が1回だけあったそうですが、以降はないということです。友達の子供は集団で虐めにあってるようですが、幼稚園は「楽しそうに過ごしてましたよ」で終わりだそうです。担任の先生はいつも良いことしか伝えなくて、悪いことは一切伝えないそうです。子供は週2回は幼稚園に行けなくて休んでいます。追いかけられて叩かれる、入れてと言うと、ヤダよ1人で遊んで、っと言ってきて1人で過ごしているようです。


毎日園に電話で言うのですが、なにもやってはくれなくて。
手立てがなくて友達は泣きながら幼稚園に引きずって連れていくそうですが。
私はアドバイスとして「追いかけられたら、思いっきり大きな声を出して助けをもとめて、先生がいるところまで走るよう子供に言ってみたら」っと。4歳児です、4月から年中。「もしくはやり返すように言うのもいいかも、やる側の子も、やられる側の立場を学ぶことも必要だし、もしそれで相手の親に何か言われたらお母さんどれだけでも謝るからやてといで、っていうのもありかも、そのかわり、物は使わないなどルールーも決めておくこと」っと。

だって手立てないもの。
私はやられたら、やり返すなっと学んだおかげで、お人よしみたいにやられっぱなしの人生でしたし、染み付いちゃったんです。やり返すのはいけない事だけど、特殊な場合もあるから。


あとはランチ会などで、いろんなママとコミニケーションとっておくといいかも、っと。例えばバス停が一緒のママからも子供がワンパクな為に、睨まれたり、言われたりするそうで。ママ同士が子連れでランチ行ったりすれば子供だってそこで輪ができてしまうから。せめて少しのお話だけでもしておけば、態度も変わるかも。
お互い様、というのはお知り合い同士の仲でのことで、よく知らない相手にはやはり冷たい態度をとるのが日本の文化なので・・・って。

自分の子供も、
本当に年中からのが良かったかな?とか、退園になるかも・・・っていつも思う。
今日は子供にとっては、はじめてだったかもしれない。たぶん産まれて始めて今日、人に乱暴しなかった。先週、泣きながら言ったのと、細かい注意を促したので、子供にも分かりやすかったのかもしれない。


頭に、浸み込ませたので今回は効果があった。
怒って、叱って、怒鳴ってばっかりで、注意ばかりだけど、お母さん誰よりも大好きだからね~って伝えてる。私も不器用な人間です。最近よく褒めるようになったら子供が照れ照れしてて、それもよかったのかな~。


先週行った、育てにくい子供の講演会で、褒めるという事を学んだ。
正直うちの子は褒めるところがないからしかたないって思ってたし、何よりも自分が褒められたことがないので、褒めるという事がわからなかった。
講演会では、1分座ってられただけでも褒めてあげてっと。だから褒める部分を意識的に探しては褒めてます。えいごくらぶの後も、誰も叩いたり、蹴ったり、押したりしなかったので褒めたら、自分でもパンチダメよ~っとジェスチャーで教えてくれた。

効果があった事のまとめ
乱暴してしまう子供の対応、これは私の場合の方法

①子供に復唱させる。「叩いたらダメ」など
②時は泣きじゃくって伝える。ことの重大性が分かる場合もある
③外では細かく指示を出してもいいと思う。そのかわり家では1回の声がけで。
④褒める部分をさがす。いっぱい褒める。朝、昼、晩、と分けて褒める。
⑤怒鳴っても全て逆効果だった。時間をかけて、普通の言い方で注意した方がうちは効果あった。ただ気が長くないとやってられないことだけど。

⑥色んな言い方で表現する。お母さん嫌だな~、痛いな~、ごめんねしてくれたら痛くなくなるな~・・・っと。きっとどこかで1つくらいピント合いますから。
⑦注意の前に一度ギュっと抱きしめる。癇癪が起こった時や、どうにもならない時に注意する場合、自分がカチンと感情的になってる時は、おいでギュウしよう、抱っこしよう、と言って耳元で内緒話で声がけ、が時々効果あった。毎回ではなかったけど。
⑧常に笑顔で。私の場合は自分もいっぱいいっぱいだったので、いつも笑う事がすくなかった。子供と目が合ったときはニコっとしてました。子供もニコっと返してくれました。ささいなことが子供には大きな影響になったり。
⑨ガミガミ注意していた時よりも、自分が落ち着いてゆっくりハッキリ、言ったら効果があった。時に大きな声でいったり、わざと小さなこえでいったり。「夜だから小さな声でお願いしま~す」って声も小さくして言う。そ~っと、も小さく。
時には歌いながら、リズミカルに。
⑩粘土やベランダプールなど人の迷惑にならない範囲で、誰もいない公園なんかもそう。そういった場所では思う存分遊ばせる。公園とかでもうちは2,3時間いたりします。発散できますから。夏の夕方の公園は寒くないし、誰もいないのでチャンス。早朝も。

⑪言葉が遅い男の子は特に、言葉が発達している女の子といると言葉がすぐにうつって、しかもきれいな言葉ですから効果はあった。他には性別、年齢関係なく遊べる場所で遊ぶ。私はプレイパークを利用してました。
⑫保育所に入れた事で、集団生活になれた。先生の注意とかも含めて友達との関わり方を学んできますから、うちは入れてよかったと思う、はじめの1年間は泣きながら行ってたけど今は行きたい~って進んでいくようになった。離れるのも早い。そういった動機での保育所はありだと思った。一見可哀想って思ってたけど、子供は行きたいらしい。お盆などで休みになると発狂するくたいストレスがたまるよう。
⑬物でつるのは良くないと育児本には書いてあるけど、時々のご褒美としてならいいと思った。夕飯早く食べないとおやつないよ~って早くだべるように促したり、ドラキッズ(幼稚教室)も頑張って行ったらご褒美にジュース買ってあげる。ディズニーランドへ一度行ったら、大好きになって、もうミッキーちゃん行かないからね、って言ってみたり、週末に動物園行くから、頑張ってやろうね~ってつってみたり。大人だってご褒美があるから仕事や育児を頑張るわけで。0歳、1歳の時は、もたせる為におもちゃを沢山買い与えました。おかげでウトウト寝たりも出来たし。

2歳の時は週1でゲーセンに行って、月に1万ちかく使って、一度飽きるくらいに思う存分やらせてみようって事で、きりが無いほどにやらせたら、案の定飽きた。飽きるほどにちょっと強制的にやらせるくらいに、ハイ乗って~って乗り物のせたら、いつしか飽きて、今では今日は1回ねっっと言うと1回で満足してくれるようになった。子供は強制されるの嫌いな生き物なので、その特性を利用して、嫌だ~ってくらいに強制してやらせたらゲーセンも少しは嫌になりますね。
⑭療育へ通った。他ドラキッズや支援センターや色々なところで相談したり、ママ友達に話したからこそ、療育へもたどり着くことが出来たし。

自分がやった方法っていうのは自分の子供にしか通じなかったりもしますが、私はほとんど子育てにおいてはネットを利用させて頂きました。特にウィンメンズパークには助けられた。色んな悩みが終結しているので、月齢ごとに悩みが出てくるとそこを覗いては見てた。みんな同じ事思ってるんだって安心したし、方法や手立てもここで沢山学んだ。ネットの世界にはいっぱい先輩ママの意見がありますし、むしろ子供が1歳半までは家にこもっていたので、助かったわ。

今日のランチは豪華だった


イオン英語 (3).JPG

イオン英語 (4).JPG
                  



最後のこどもチャレンジが届いたけれども、4月からはレベルがあがる。
文字なんてうちにはまだまだ。数字もよやく1と2を覚えたレベルですし、それもかなり教え込んでこのレベル・・・

イオン英語 (2).JPG

もう暖房なくても日中は過ごせる。
春は自分の誕生日でもある。


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年2月26日 16:18

英語 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1197

コメントを投稿





親子えおごくらぶ Hen
FX会社通貨数