ジャムおばさんの部屋 TOP >  英語 >  じゃんぷ English 7月

じゃんぷ English 7月

こどもちゃれんじじゃんぷ English 7月

CDとトークパッドで遊べるパンラマ図鑑&トークパッドブック。
シールを貼って完成させる図鑑、裏側はクイズになっている。クイズが好きですね子供は。動物も好きだし。でもこれはほんの遊び。英語に触れるっというレベル。あくまで遊び道具のひとつ。


1499733606527.jpg


1499733613732.jpg

ワークブック、絵本。
今月はK~Nまでのアルファベットを覚える。覚えれてないですけど。
まぁ触れておこう的な感じです。スパルタでガッツリやるわけではない。遊びながら・・・。

絵本は七匹のヤギの話。
DVDを見て発音の練習をしてから、子供に読んであげようよ思う。けっこうつまるんです。単語が・・・。日本語でも英語でも両方で読めるようになってる絵本。子供は日本語でも読んで~っと言ってくる、そういう時はもちろん日本語で読んであげます。

1499733622405.jpg

1499733628391.jpg


もうすぐ私は出産なのだ。
英語教室も1か月お休みして、2,3か月はきっと英語も、DVDやCDに頼らざるを得ない状況になるでしょう。
入院中も上の子は預ける所がないので、一緒に入院&立ち合い。
たぶん大丈夫、何とかなるだろう・・そう思うようにしてる。きっと何とかなるっと・・・。


ちょうど8月は誕生日なので、とりあえずゲームのできる玩具を購入するつもり。
本当はアニアのマウンテンアイランドを希望してるけど、それはクリスマスに回そうかな。入院や、産後の生活の中できっと今以上には子供と関わる時間も減るだろうし寂しいとも感じる事でしょう。大なり小なり感じるのが普通でしょうね。なので好きなゲームなら、本当に時間もたつことでしょうし、本人も喜ぶことでしょう。

実際生まれてみなければどういう状況になるのかは分からない事でしょうし、でも2人目の子育てはまず夏休み中での出産だし、上の子も幼稚園の朝のバタバタもないので1か月は家で遊ぶことものんびりすることもできる。DVDを見るのも好きだし、ごろごろするのも好きだし。それに1人目は徒歩生活だったけど2人目は車もある事だし。ずいぶん違うだろうと予想して。


あとは産後の日取りを良くするために、安産を心掛けることだけ。
1人目+2kg。2人目は+5kgに抑えて。

買い物はネットに頼ったりしよう。それから1人目は旦那の要望が強くて産後もきちんと食事をやらないといけない環境だった。真面目にやらざるを得なかったので、いやいやもう無理はしないようにしようと思う。産後直後から帰宅するたび、今日の夕飯は何?っというこの言葉に(あ~さぼっちダメってことが言いたいんだな~)って解釈した。こんな時にでもきちんっと夕飯作らないといけないモノなんだって。

自分の体のことはむろん旦那には理解できないだろうし、自分が大変だから、2人目は同じようにならないように気を付けよう。男の人ってどうして大変な状況でも自分を一番に可愛がってほしいっと思うのでしょうか?自立できてないのか、自分が一番でいたいのか、父親になる気や自覚がないのか、自分が一番えらいと思っているのか・・・とにかく1人目は産後にもかかわらず旦那の世話やごはん相作りが大変で肝心な子育てが厳かになってたな。本末転倒なのだ。未だに自分をもっと見て、評価してみたいな態度にもう呆れまくってる。他人の評価がなきゃ何もしないのか?って呆れる・・・。
2人目は出産も子育てもマイナス点を生かして、少しでもスムーズにいけるといいな~っと考えてる。


まず人を頼ることをなくせばいいのだな。
他人を頼って助かったことってまずないし、余計にストレスがたまったりやることが逆に増えたりするので、自分のやりたいように自分が要領よくこなせば、もちろんそれが一番いいことだ。産後、旦那の世話や相手、家のことで体は偉かったがメンタル的な方がダメージが多かったもので。おっぱいも止まったし。無理もないと思う、今思うと。子育てに専念できなかった事が一番のストレスだった。産後に姑さんとの同居状態だったし、もちろん望んでなかったけど、旦那の希望で母の好きなようにやらせてあげてっと言われたのでしかたなく。今思えば自分の気持ちやいやだという思いをあの時ちゃんと伝えておけば良かったんだと今思う、コミュニケーションが不足してたのがお互いに理解し合えない結果となったのだ。話合いとかも全くなく一方的に決められたので、言いたいことも発言さえさせてもらえなかった。本当は自分の気持ちや意見を聞いてほしかったな。良かれとして計画してくれたことだけど、相手が望んでないなら意味ないし。

話し合いって重要だなって。
今思うとなぜ自分が、一方的に姑さんに合わせなきゃならなかったのか。おかしいでしょ。出産する主役は自分なのに。実際に赤ちゃんの世話よりもお姑さんの質問に答えたり、生活の説明をするのに自分が参ってしまって子育てよりも姑さんの気遣いだけで1日が終わってく。そういう状況に私は爆発したのだ。無理もなかっただろうな。初子育てなのに子育てに集中できないわけど、もうそれだけで私は産後鬱&ノイローゼ状態だったもの。同居と出産が同時って、はじめから私はぶつかると思ってた。そして実際に想像通りになった。あの時にちゃんと思ったことを言って伝えればよかった、いくら旦那さんの願いであってもきっちり言うべきだった。そしたらみんなが嫌な思いをせずに済んだのだ。そもそも旦那に頼ったり他人に頼ろうとした甘えた考え方が間違ってたんだ。人に頼ることよりも、どのようにしたら子育てをやり切れるかを考えるべきだった。


また奥さんをないがしろにした旦那さんも間違っていたと思う。間に入るなら平等に取り持つべきで、それができないのなら間には入ってはいけないと思うわ。私は3年間コーチング講座をして変わったのだ。まず自分の気持ちは伝えようって思う。勝手にお人よしになって、勝手に怒っても何も状況は良くならないし・・・・。黙っていたら意見もないのと同じだろう。実際今思うと、出産も子育てもできる限り自分でやれば、優先順位も赤ちゃんよりも旦那&家のことを優先してたので、まずそこがおかしいなって思うべきだった。


間違ってる事は間違ってると流されずにしかっり判断できるようになったのかも今の自分は。主張もするようになったし。譲れない部分も譲る必要はないのだ。頑固にもなりたくないけど。そういうのって言い方や気遣いひとつだったりするんでしょうね。そういうスキル身に着けたいわ。もっとコーチングを深く勉強してレベルアップしたい。


幼稚園に入園して、いいママに沢山出会えた。
それから私も随分とポジティブに考えるようになった。入園前はネガティブで救いようもなかったな。コーチング講座も入園と同時に始めたし、それが先週終了したのだ。講座は3年間かけてゆっくりしみ込んだ。アメリカは90%コーチングが浸透してるらしいですけど、そういう気もします。日本はメンタル的な部分が低くてなんだか遅れてる国だな~っと思うな。思いやりがある人も少ないし。ママがコーチングを続けていると、子供には自然に浸透するので環境にも良いっということで自分なりにコーチングは続けていきたい。まずは質問力を上げたいと思ってる。考えない人間は自然霊と同じ、花や自然と同じ感じだな~って。人間だからこそ考えて成長したい。美輪明宏が言ってた。世の中はやったもん勝ち、つまり努力した人が勝つ。その努力も自分にとって都合の良い内容に設定してたり知識を間違えていたりしたら意味ないわよね。毎日常に正しいっと思ってる考えが本当にそうなのか見直し続ける事が大事かなって。正しいことを信じてやるってなんだか浅はかだな~って思うから。だってそんなに簡単で楽なわけないしね。まぁ言い訳しているうちは変われないって事だと思うわ。見直す時間も自分の中で確保してないって事になるから。言い訳してる間は反省もなければ、気づきもないのでそういう方は成長できないだろうな。またすぐに泣く人も悲劇ぶる人も、すぐにこうむった被害の面積を数える人もすなんだろうな。一生抜け出せないだろうなささきっと。残念な人生になってしまうわね。

昔の自分はとにもかくにもネガティブで、今思っても何に不安を感じていたのか。
けっきょくは自分の立場に不安をもっていたのかも。余裕があたんだね。泣くのも悩むのも余裕があったからなわけで。自分が可愛いか、子供が可愛いかって言葉があるけど。どうもパパという立場の方は自分なんだよね。子供に対してムキになちゃって。何度か本気で子供の命やメンタルが危ないと感じたことがありました。子供が死んじゃうって思った日もあった。昨日も2人で風呂に入ってもらったら、子供のもの凄い鳴き声が・・。頼んだ自分がばかだった。もう子供とは関わらないでくださいっと言った。子供を守りたいからだ。2人きりになんてできない。毎回そうだ。私が注意すると、だって子供が悪い、僕は何もしてない・・・っと言い訳のオンパレード。まるで子供。それも向きになってヒステリックになって。その言葉には1的も何かを改善しようという考えはなかったので、本気でこれからエスカレートすることが怖い。子供嫌いな親に育てられたから同じように子供嫌いになったのか。でも私もそうだったけど、旦那さんとは違う。とにかくゾッとする毎日。

同じ土俵に立っていたり、精神年齢がまるで小学生のようで、ほんとに呆れる部分ばかりで。言い訳もそうだし、そもそも子供好きじゃないパパってすぐに見てわかる。子供好きのパパから生まれた子供はラッキーだな~って思うわ。子供が好きじゃないから、尽くさない、対等でもいられない、そして張り合う。なんて馬鹿げたことでしょう。他人の子供に物凄く悪口を言ってる姿なんていくら旦那といえども本気でゾットしますから。それでよく赤ちゃん産もうと思ったわね、親になろうと思ったわねって思います。世間体のために子供を産んだのでしょうか?質問しても無言なので全く何を考えてるのかわからないけど、いつだって私は子供を守るためには手段を択ばない準備はできてますから。息子の同級生の悪口をいう時なんて本当に醜い姿ですよ。子供がそれを聞いて心を痛めるとは思わないのか?怖いのはそういうパパと関わって子供が同じような人間になってしまうこと。DV傾向があるパパでも、どうしたら子供が悪い影響を受けずに育つかを今考え中です。子供の人権を守れるのは自分しかいないし、自由な心を持ってもらいたいから。

息子にはまずマザコンになってほしくない。奥さんが本当に可哀そうだし、奥さんができる女ならすぐに離婚して逃げられるわけで、良いことないしね。捨てられるのはそういう男ですから。息子がいつかパパになった時にこういうパパでいてほしいなっていう物があるんです。私はそこまで先まで考えて子育てをしているわけ。いい奥さんはいい子育てをして、世の中にとって良いことをしてくれる人間を世に送り出してくれる、そういう子育てを奥さんがしてくれる。平和につながるでしょ。でもそれって裏側では旦那の協力やなによりも理解が大きいでしょうね。だから虐待には賛成できません同情はするけど。


奥さんにとっていい旦那であるためには、女という全く未知な生き物でも相手の立場になって思いやれる心を持ってほしい。それって結局は育てた母が現実を教えるしかないんだと思う。女の子ってねこういう生き物なんだよっとね。女性を理解できてない男性は損をしてますね。もし娘がいたら逆に男という生き物を教えます。永遠に男女は分かり合えない部分ってあると思うので。特に男しかいない家計はやばいと思うわ。女しかいない家庭もそうだけど、偏ってるな~って思うもの実際。母は女でしょだからちゃんとお勉強させなきゃだめね。

良い子育てをした人のパターンをたくさん知って、参考にしてます。
自己肯定感って一番大事ですね、それでフォローも。ただ子供の要求にこたえて満たせばいいってもんでもないいですね。コーチングで知りました。子供の前で、子供なんかほしくなかったなんて絶対に思っても言うべき言葉ではないですね。聞けば旦那さんはずっとそういわれ続けて生きてきたそうで。だから自己肯定感がなさすぎるんですね。いらなかったといわれ続けるようなものですからね。自信までなくしちゃいますね。だから大人になっても強い心が持てず鬱にもなったんだと思う。そういう幼いころの影響が大人になって出ることはあると思う。可哀そうだな~って思うんです。また自分もそういう環境で育ちました。でも自己肯定感は大人になっても身に着けられるんです、実際ここ2,3年で私は身に着けました。自分で自分を認めてあげることです。誰かに評価されたいという思いを捨てなければ実行できなかったな。他人の評価はしょせんは他人の評価で。自分で自分のことを認めていればそれでいいわけです。


同じような最悪な環境で育っても私は鬱にはなってないし、旦那さんと違う部分を上げれば、私はそういう母や家族から抜け出したっという部分かしら。精神的な部分で本当に離れた、切り離せた。大人になってこの期に及んでも、まだ親に愛されたかった認めてもらいたかったっという思いがあって、望みを持ってるからでしょうね。でも諦めるべきですね。そして自分の子供にはそうならないようにしっかり今度は自分が親になる自覚を持つべきだと思うわ。いつまでたってもね満たされないんですよ。自分が一番かわいくって仕方ない親っていますよ大勢。諦めたほうが勝ちです。反面教師にすればいい。求めることを辞めたら自分の場合、楽になったし、今度は自分で自分を認められるようになったのです。結局は自己肯定間は自分で持つべきもので、親がいなくても持てるものだと思うわ。親は子供がそう持てるようにフォローするだけであって、今の自分が弱いとか。そういうのも親のせいには出来ないっということだと思う。問題はほとんどは自分の中にあるってことよね。


たぶん甘えた心があるかどうかの違いだと思う。
欲しい、欲しかった、もらえなかった、そう思い続けると病的な考え方になってくように思うわ。実際に超ネガティブなママ友がいたけどそうだった。すべてが他人のせいで、一緒にランチしていても9割が自分の子供の悩みばかりで本当に楽しくなかった。家庭環境にも恵まれてはいなかったけど、1%も親に感謝する部分を探そうともせずもう被害者って感じで。被害妄想もすごかった。どうしてそこまで悲劇のヒロインになりたいのか。でもこのママの心理はただひとつだけ。認めてほしかったのだろう、きっと誰からも認めてもらえなかったのだろう。友達も0だと言ってたから。でも私も同じ状況だったけど、抜け出せた。親からもらえなかったものは手にはもう入らない。すがっても落ち込んでも変化なし、だから自分で自分にご褒美をあげたりして、親にしてほしかったことを自分自身にやってあげた。だからリカちゃんハウスも大人になってから自分で買った。あとは子供にしてあげて取り返した気分にひたったり。そういう作業で変われた。ママ友に関してはいろいろあったけど、離れた理由の9割は相手がネガティブすぎて自分までその空気に飲まれそうだったからが理由。重かったのだ。何かあるごとに自分は不器用だって型にはめてた。不器用っていうことは、器用になる努力を怠ってきましたっと言ってるようなものだと思うわ。


辛かった子供時代を送った人の方が、むしろ子育てを上手にできると思うんだこういう意味で。未就園児時代は自分は良くないママだった。怖くて怒ってばかりで、世の中のルールに縛られて。でも本当は自由にやってよかったんだって今思うわ。不器用なのもあったな。ずいぶん器用になった。器用になった理由は昔よりも人と関わるようになったから。幼稚園の良いママに恵まれたのも、役員をしたのもそうだな。いっぱい色んなママにやさしくしてもらった。それは大きかったのかな。人にやさしくする心がけをもっていたら、自分にもそういう人たちが寄ってくるようになる。スピリチュアルでは波長の法則というけど、それを実感したな。しっかり自分を持てばぶれることもない。コーチングを勉強して思ったけど、すべてがコーチングだけでは学べない部分もあって、自分はスピリチュアルというものも取り込んでいる。昔のいい文化も残したいし。思いやりのある子供に育ってほしいな~っと思う。優しいのとはまた違う気がするんだよね思いやりは。もうお互いに愛情がなくなってしまった夫婦でも思いやりがあれば続くと思う。愛だの恋だの、好きだのってそういうのってあんまり意味ないとおもっちゃう。思いやる心を持つ方がよっぽど大変で、苦労するわ。だって大っ嫌いな人に優しくすることって難しいですよね。自分を嫌っている,または自分に意地悪し続ける人にどうやって心から愛情をもって接しれるか?難しいですよ?ビジネスなら割り切れるけどね。心からって難しんですよ。でもできないことはないんです。相手を思いやる気持ちを持てば・・・。だって幸せな人は意地悪なんてしないわけですから。

罪を憎んで人を憎まず、ってこれは人間的に成長するために理解しないとな~って。
これ実行してなかったら、自分にひどいことをし続けた兄や、父親を私はいまだに許せなかったでしょう。もし誰かを憎んで生きていたら、良い母親にはなれなかった。時に誰かに憎しみを持ちそうになったら、私は(私は人の親になったんだ)っと言い聞かせて子供のためにいいお母さんでいるために、そういう心は持たないようにしてる。子供のおかげで自分は自分を律することができてます。すべては愛する子供のためなんです。子供を愛するってそういうことだと思うわ。子供のためならできないことは何もないんです、本気で愛しちゃってるからできちゃうんです。もし出来ないでいたのなら、それは自分の方が可愛いって事でしょうね。子供が嫌いな人は子供を産まない方がいいかもって思う。可哀そうなだけだから。親も苦しむだけ。子供と関わるのが嫌いで子供を放置してるママも前いたけど私は信じられないのです。だから離れました。友達になんてなれませんから。なら産まないでっとお願いしたいくらい。

弱い旦那を世話するのも時間も無駄だし、またそういう子供を増やさないでっと言いたい。私は弱い男の世話をするためにいるわじゃない。子育てに時間をかけたい。未来ある子供を大事に育てることに時間をかけたいのだ。それが世界平和につながっていくから。アホらしい事に時間なんてかけてられないのだ子供が生まれた今ではね。だから悪いけど自分のメンタルはご自分でお願いしますと言いました。だって自己管理でしょ。そういった余裕は私にもないのだ。発達遅れの子供を育てることは本当に大変でしたから。人の命を奪う想像をさせない子育てをしていくこと。色々な事が出来なさすぎる母であるけど子育てするっということを続けたい。自分の親の失敗を子供に遺伝させたくはない。いいお母さんじゃなくても一生懸命さはきっと伝わる、あとは子供を信じるだけ。

コメント(0) | トラックバック(0) |2017年7月11日 10:48

英語 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1818

コメントを投稿





じゃんぷ English 7月
FX会社通貨数