ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  療育 鬼退治

療育 鬼退治



今日はみんなで鬼をやっつけた日


息子心の中の語り
(今日は怖い鬼がきたんだ)
(でね、みんなでお面かぶってお豆さん投げてエイッってさ)
(鬼は外~って)
(作ったお面つけてかっこよく)
(鬼が来たとき少し泣いたけどママの後ろに隠れてお豆さん投げてやっつけたんだ)
(強かったね~って先生も言ってくれたよ)
っという感じの内容でした。
どんな感じ~~~~!??


今日は8組ほどで、子供もこの人数が丁度良いみたい。
みんなでお面作って、鬼を撃退して、その後で、お豆さん食べた、せんべいも。
教室が終わると前回休んだ方は手形と足形をとってました。

息子くんはジッと見て、やりたかったのか自分の靴下脱いでやる気まんまん。
先生がインクをしまうと、しょんぼりしてた。
「家に帰ったら絵の具でぺたぺたやろうか」っと囁くとニコリろして「うん」っと。
大きなB紙買ってこようかな。どうせなら子供の等身大を紙に記録しておきたいな。
そうだ、そうしようっと!!

五平餅★ (6).JPG



今日は雨だったので庭で遊べず、「ウインナー食べたい」と言うのでモスへ。
モスをバリバリ指指して「ウインナー」って。
で、こうなるわけよ。

五平餅★ (8).JPG


ハンバーガーとフランクフルトを食べた。
そしてゆっくり食べていたものだから、絵本を読んであげた。
モスに置いてある絵本だったけどじ~っと見てたのでやっぱり絵本そのものを好きになってくれたのね。母感激☆
こんな本を読んだ。

五平餅★ (9).JPG



昨日の夕飯は、ネギマと五平餅でした。
五平餅の味噌は秘伝のみそだれ。
これを作って、つぶしたご飯にのせて焼く。
ちょっと焦がし気味が美味しい。

パリッとしてほうほく。
みそ美味しい~。みそだれ大量に出来た。


五平餅★ (4).JPG

今まで食べたどこの五平餅よりも美味しかった。
お店開けるわね。手作りは安いし、美味しいし。これからは買わずに作りますとも。
お客さんが来たら出すメニューにしよう。

お客さんのおもてなしメニュー我が家編では、
①タッカンマリ(韓国料理)
②いか団子
③五平餅
④アップルパイ
⑤手作りピッツア
パイ生地作りが得意だからパイ料理ならなんでも。
キッシュとかも大得意です~!!


秘伝のみそだれ。

五平餅★ (1).JPG



本屋へ寄り、スーパーへ寄り、帰宅後はアナ雪を見ながら眠りについた。
アナが大好き。曲がかかるとすぐにアナ~とか、ひつじのショーン、とか曲を言い当てるのが得意。

本屋でこんな歌の絵本をかって、家で曲を聴いていたら「アナ~」って。
私、アナの曲だよ~って言ってないのに。凄いわね。

例えば、スティッチの音楽を流すと、流して3秒で「スティッチ~」ってなる。
はじめの出だしで分かるものなのか?


五平餅★ (10).JPG

1200円のこの音楽絵本は、私が惹かれて購入。
ディズニーの曲を誰かが歌っていて、イラストもディズニーじゃないけど、この絵本はとってもいい。8曲の歌のチョイスがとてもセンスいいし、どの曲も大好きだったし、これまた歌が長い。こういう系の絵本はだいたいが短いフレーズを収録してますが、長いので聞いていてとても楽しい。

五平餅★ (13).JPG


なんちゃって系だけど、とてもよかった。
シンデレラとか改めて聞くとうっとり。クリアな音ではないけど、流れる歌に合わせて自分も歌う。

子供もそれ見て一緒に歌いだす。
子供もニコニコして「アナ見る~」でアナ雪見て寝たってわけです。


五平餅★ (16).JPG

療育では今日も子供への声がけは1回にした方がいいと言われた。
毎回同じ事を繰り返し言われますが、自分でもかなり意識はしていますが、特に公園や外出先で子供が悪い事をして親が黙っていると相手の方は納得しない。

説教までしてくる人がいる。
小学生とかにも言われたり。今の小学生って大人に平気な口聞くような時代になったもんですっと思う。私の子供時代は大人に意見さえ言えばパシッと叩かれたのにね。
子供にゆとりやらムリさせないとか、色々大事だけど、なんかおかしいな?って感じる事がある。時代はおいておいても、物の言い方を学んでない特に男の子が多い。

小学生の子をみると、素直に、あ~この子達は残酷だな~って思う。
裸足のゲンとか戦争とか、ショックなものを禁止しまくった結果でしょうね。
キレイなものだけみて育っても、思いやりは全く生まれないとおもう。

過酷だけど、思いやりとかっそういうものって、地獄を見ないと生まれないと思う。
キレイなものだけでは材料としては少なすぎる。いじめとか離婚とか、家庭環境とかシーンは沢山あるだろうけど。なおかつ、地獄があると知っても、この世のきれいな部分をさがそうってめざし、なおかつ、そういったものをのり越えて、反面教師として悪い部分を自分に吸収できれば、の話ですけどね。

嫌な事を他人に仕返したら経験がもったいないでしょ。
反面教師として学べるならむしろラッキーな経験になるでしょ。
子供がどちらに行くかって、ここはとっても家族の問題。親子との関わりあいだと私は思ってる。

なぜこんなにも分かれる人がいるのかな~?って考えると子供は小さな挫折でも必ず帰れる所がいる、という手間のかかる生き物で。子供は外へ出ると失敗して。そして親の所へ来て「失敗しちゃった」「こんな事があったの」っと。そこで充電してあげることが大事と考えてる私は。しっかりたっぷり傷を回復して、また旅にです。そしてまた帰ってくる自信を失って。でもまた充電して復活~みたいな。子供から大人になっていくまでに、これを何回も何回も繰り返して、心の土台を太くしていくんだと思います。

残念ですが私の母はまったく私を見ていませんでした。
ただ育てただけ。おけいこも習わしてくれたけど、全部母の希望で、全く私の希望は聞き入れなかった。意見すらもいう事が許されなかった。
そう思い出してみて、考えていると、親子との関わり、家族との関わりってとっても人格を作るうえでは重要だと思った。これもなかなか気の合わない子供を持つと難しい。価値観が全く逆だったりすると難しい。私と母も全く逆でした。性格も価値観も目指すものも・・全てが。

子供とたまたま価値観が合う相性と合わない相性ではまた違うだろうし。
少なくとも息子くんは人間大好き、どんどん入って積極的な性格。そこは逆だわ。
頑固、こだわりの強さ、ヒステリックは私と同じだわ。

・・・・・・っと色々と考えて生きてる。
もし自分がダメ人間でも考えることだけは止めたくない。
何も考えずに生きるのは自然霊と同じだから。

魚は泳ぐだけだし、鳥は空を飛ぶだけ。
私だって子供を生み出し、育ててるだけ。
生き物としてやる事をやりたいだけ。
何も考えないのは生きてないのと同じ。
私の中では。


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年1月30日 17:05

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1164

コメントを投稿





療育 鬼退治
FX会社通貨数