ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  療育 クッキング

療育 クッキング

みんなでホットケキ作り


絵養育教室では毎回カリキュラムが決まっており、夏はプール、七夕だったり、遠足、新聞紙遊び、親子分離、製作、バザー、おまつり・・・と色々やります。



今日はクッキングでした。みんんでホットケーキ作りました。

簡単なクッキングですね、以前もクッキングはあったけどおにぎり作りだった。

家では、クッキーやカップケーキ、スイートポテトなどを作っていますから、ホットケーキを混ぜる作業はお手の物。超~早くかき混ぜてた。だって息子くんは生クリーム泡立てて食べるのが大好きだからね。慣れてる手つきよ~~~。お料理も大好き。みじん切り大好き、こねるのも、野菜洗うのも、焼くのも、煮るもの・・・何でもやりたいBoy です。


療育ホットケーキ (11).JPG


いつも通り手遊びなんかで終わっていった。

今日の先生との相談内容は、子供の声掛けを減らして、自分で行動できるようになるまでママは見守る・・という事でした。何度も繰り返して言い続けるのも、どうかな?って思っていたけど、だんだんと子供の方が指示待ち状態になってきていたので、やっぱりもう少し声掛けは減らしてもいいのかもしれない。空気も自分で読めるようになってほしいし。

以前から言われていましたが、また今日言われたので、先生から見てこれはとても重要なことなのかもしれませんね。自分で考えて行動するって所まで到達しなければならないので、やはり重要なのかも。ついつい口が出てしまいますが・・。

口が出ちゃうのは、他の親子に迷惑かけたくないからが理由です。
自分の都合ですね。でもここでは頭を下げておけばたいていのママは許してくれますので、先生の言うとおりにしてもいいのかもしれない。公園や外では通じませんがここでならいいかもしれません。家ではあえて声掛けは少なめにしています。

本当にここでは私ものびのびいられます。唯一、自分がのびのびいられる場所かもしれません。ママがみんないい方なので、何らかの分野で苦労している人は、ものすご~く理解があって優しいですね。本当に辛い思いをしてきた人は、他人を批判したり軽蔑したり意地悪言ったりしないものですね。言う人は経験の少ない低級レベルな人間なんですから、それにすらも気づかず、どうどうと自分の事だけを考えて生きてるから怖い。自分軸が基準だと思ってる、あ~恐いわ。

ここのママさん達は、懐かしい感じがします。前世でみんな同級生だったのかしら?
ってくらい親しみやすさを感じます。おかしい人に囲まれて長い間生きてくると、自分までおかしくなったりしますから。こういった普通の常識の範囲内の方と関わる事は重要です私の中では。社会とも言うし、世間とも言う。社会のルールを知らなかったり、世間知らずだったり知識不足だったり、たまたまなんでしょうが、そういった人ほどおかしい発言しますから。

町内のお仕事では、近所の方でもあるのですが、「あなたの旦那さんちょっとおかしかった」とか「町内の仕事は女がするのが常識だから男性とは口聞きたくない」とか、自分から週末に尋ねておいて「お酒臭くて気持ち悪かった」・・・などなど・・・、とにかく「あんたがキモイわ!!」って言いたい。
何万もする大金の受け渡しすらも、口聞きたくないのかポストに入ってた。
あ~怖い。大金、何かあったらどうすんのよ!!!!って。

何か勘違いしている人、自分が普通の基準だと思ってる人、全てに思い通りいかないとキレるとか・・・あ~生きてる人間は怖いですよ。町内の仕事はあと1年で終わるのでいずれ縁を切れる相手なのでいいのですが、ママ友達の旦那さんの仕事相手はみんなそういった感じの人で、常識や普通の事が全く通らなかったりと、おかしい人に囲まれるとどんどん精神的に参ってしまうそうです。そんな人間に囲まれれば、しかもこれから先何年も・・・そうなるとメンタルが危ない。誰だって戦場の様な場所におかれたらそうなりますし。




昨日が大雨だったのでそれを考えて長靴で来て正解◎

水たまりで大いに遊んだ。ズボンは結局濡れて、泥もついた。
でも健全な子供ですから、別にビックリしない。こんなの毎日の事だから。
家に着いたらシャワーして着替えれば済むこと。服なんて何着もそろえておけばいいし、汚していけない服なんてうちにはないわね。


子供にはこういうことだって知育になってるはず。
私が子供の頃は探検でも何でもやってましたので、自分の子供にもストップかけません。イタズラして、親は頭下げて、そうやって子供は成長してくんでしょうね。それ削ってしまったら、後で爆弾ボンッってなる可能性はあるかも。手のかからない子どもの方が大人になってからはボンボン爆発しまくりかも。子供時代に子供のやるべき事をせず、何故健全な大人になれるのでしょうか??私は今のママってみんな砂場しないとかちょっと意味がわかりません。

2歳児3歳児で大人のような内容が求められてるのでね、でも幼児期に大人になってしまったら、いざ大人になったらどうなるのか考えると怖い。子供時代にやってきた事が宝物となって辛い環境とかでも乗り越えられる強い心を作るのにね。今の子ってどうしてこんなに大人しいのか?いう事聞くし、うちの子供とは同じ生き物なのか考えてしまうような子がいっぱいいる。何故なのだろう?
時代は関係ない。だて今のこの時代にだってちゃんと遊ぶときはしっかり遊ぶ、っていう事をしているママは大勢いますし。

知り合いの方で、一切公園では遊ばせず、雪合戦は禁止。家でワークブックばかりやっていて、言葉や勉強はレベルが高いけど、友達関係で何かあるとすぐに泣いてしまうそうです。ママ友達の同級生の親子の話。それきいて心は弱い子だな~て思った。勉強できても社会に出たらそれだけじゃないって、って気づいてほしい。だって一番の犠牲者は子供なのですから。親のこち固まった素人の想像で子供達をダメな方向へ連れていかないで~って。勉強はいいことだし、才能発掘もいいことだと思う。お稽古もいいと思う。お受験だっていいと思う。ただ隙間に遊び、という分野も入れて欲しいなって思うだけ。砂場に子供を連れていったことのないママは4割だそうですよ。

療育ホットケーキ (13) - コピー.JPG





帰宅後、三輪車で遊んだ。

1時間くらいただ近所を散歩してただけ。

今日は、幼稚園→小児科→療育→三輪車・・・とハードなスケジュールだった。
夜は子供と2人なので外食します~☆うふ


療育ホットケーキ (14).JPG


三輪車乗って、ETごっこをしました。
三輪車を倒して、足を宙に浮かせて、こぎこぎしました。ETの曲も歌いながら。
「ET~」っと喜んで、家に帰るとETを見て眠りにつきました。
映画は全て英語で見せる。ETは聞き取りやすい英語なので一石二鳥だわ。

子供がいる人はみんな「ムーミン」を見たらいんだと思いますよ。
ムーミンを全巻見て、ここから学んだ事は多かったです私は。
なんだかほっこりしていて、でもちゃんと色んなメッセージが書き込まれてますね。ムーミンの中で名言がいっぱい出てきて、面白くて、救われて、セリフ日常で使ってみたりね。フィンランドよりも日本の方がムーミン好きが多いのも面白い。それだけ日本は働く社会ってコトなんだね。

公園は遊ぶ場所。遊ぶ為にあるのですよ~。
じゃ遊ばなきゃ。って思えると思いますよ。そんな一場面もあったかな。何巻か忘れたけど・・・・


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年1月16日 15:37

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1145

コメントを投稿





療育 クッキング
FX会社通貨数