ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  療育 新メンバー

療育 新メンバー


クリスマス作製



今日の療育教室では、また3組の親子がやってきました。
これで15組でしょうか?

今日来た男の子はものすごい強いというか、ものすごいパワフル。その子のママは疲れ果てていた感じでした。教室の後で一緒に遊びましたがパワー全開な子供達の遊ぶ様子はすごいものがありました。


最近はだいぶ聞き分けも良くなってきて、話も通じるようになってきた。
なによりここ1,2週間の間でものすごく言葉が増えました。
先生にも「力ついてきましたね~・・」と言われました。

今日はクリスマスのオーナメントを作りました。
クレヨンもだいぶ上手になってきました。

クリスマスぴょんぴょん (1).JPG


少しづつですが知育も進んでる。本当にしづつですが・・。
普通の子の半年ほど遅れをとってる様に思います。やっと言葉も通じるようになり注意すると言ってる意味を感じ取るようになりました、やっと。
友達との貸し借りはまだ難しいようですが、それも子供のペースに合わせて、幼稚園入園と共に本格的にスタートします。それまでは優しく注意にしとこう。


というのは、私は秋に入ってから、ダラダラしてる。
パジャマのままご飯、トイレもゆっくり、着替えも遅い。でもそういった生活で子供も心にゆとりができたのか、ずいぶん聞き分けもよくなり、癇癪も減り、泣きも減りました。怒るときはメリハリをつける為に、2,3日に1回ほどド~ンと厳しく叱る。


クリスマスぴょんぴょん (2).JPG


躾けは子供によってよりけりだと思う。
3歳で言い聞かせが出来る子もいれば、2歳や、4歳で出来る子もいる。
3歳でできてないからと言って親の努力不足ではないし、ちゃんと躾をしていないワケでもない。ただペースがゆっくりなだけ。言葉の発達が遅ければ、当然言い聞かせもおそくなるわけで・・・。

他人からはやっぱり、躾けや、いまだに抱っこしてたり、注意されるけど、それでも頭下げるだけ下げてなんとかやりすごす。でも親がちゃんと子供の事を理解していて、考えて、躾けもそれなりに段階を決めて実行しているなら、これは放棄とは思いません。何もしていないわけではないのです。理解されなくても平気、自分が分かっていればそれでいい。子供も私の予想通り進んでくれてるし。


自閉症、この部分も今はあんまり出てない。発達障害というのは機嫌が悪くなるときに大きく出るだけで、普段はいい子ちゃんだったりします。機嫌の悪い時の悪さがハンパないだけで。尋常ではないですから。顔色だって伺いますよ、でも子供には伺ってることがばれないように伺います。

ママ達の悩み
あるママが入園予定の幼稚園で、延長先生に、「子供がしゃべれないのも、こうなったのもママがちゃんと子供とお話をきちんとしないからです・・」と言われたそう。その園長先生はきっと発達に障害のある子供の理解していないだけなのでしょう、勉強不足なだけ。保育園が良かったようですが、姉と別々で通うのが大変なので、姉と同じ幼稚園へ入園を決めたそうです。

公園へ行っても、「あなたは来ないでね」と言われるそうです。
他のママの話を聞いていても、「躾がなってない」とか。
ママサークルに入ったけど、子供が乱暴で、気づけばみんな遠ざかっていって親子でポツンになったり・・・。

そんな話をここでは普通によく聞きます。
みんな普通の事の様に話しますが、これは立派な、差別だったり、他にも言い方はあるけど、軽蔑とか・・・。私にだって人を差別するココロは持っています。でも子供が療育へ行くようになって色々学んで、ココロで人を差別しそうな自分がいる時は、気づいて、ストップをかける。まず相手の方とお話してみようって。

誰だって無意識で、悪気なんかない。
だから傷つく側にならない限り、それに気づく事もできなければ、自分を正す事もできないと思います。発達に障害のある子供をもって沢山悩んで嫌な思いもしたけど、それに気づけただけで儲けもの。気づかない側にいる人を見て、私は哀れにさえ思います。

療育でママ達の話を聞いて、自分だけじゃないって思えたら本当にひとりぼっちじゃないんだ、って。勇気いっぱいもらった。ここにこなければ、いまだに1人でグルグル考えて悩んで泣いてた。


子供が悪い事をして、注意しない母親がいるけど、きっと見えない所では注意したりしてるんだと思う。時々母親も疲れきっちゃう時もあるのよ。ただ、毎回注意しないとか、もう小学生なのに注意されずに育ったため常識のない子供もいますから、そういった親子は別ですけど。

私が思うに、だいたい年少くらいだと思います。判断するなら。
年少くらいになれば言い聞かせは出来る年齢になりますから。ただこの日本は3歳、4歳レベルで出来ていないとかなりキビシイ事を言われますが・・・。


思うに、厳しくして、常識身につけた大人になっても潰れてる大人いっぱいいますね。事実ね。そうなると厳しさだけでは生きていけない、常識しらなくても生きていけない。バランスとることって難しい、で重要。小さくてもいいから、正六角形がいいのかな?やっぱり。


甘やかされて育った人は、職場でも良く怒られてる確かに。
でも潰れる事の無い、何かを持っているのを感じてましたずっと。
そんな人は性格がよくて、人当たりがよくて、なぜか同情しちゃう、そして憎めない。
ダメ人間でもなぜかいい人。そんな人を観察してきて思った。

やっぱりその子のペースや能力の限界とか、ちゃんと認めてあげなきゃねって。
基が出来る子ならどんどん教育していっていいと思う。お受験もありだと思う。
能力にあった生き方するしかないもの。

出来ないから軽蔑とかじゃなくて、出来ない事が多くても萎縮する必要もない。
出来なくても、堂々とはしていてもいいのかなっと思う。
オールマイティの人間を見たことないです私は。

「色んな人がいる」ただこの言葉を本当の意味で理解さえすればいいのにな~。
シンプルよ。本物はね。


木登りにはまってる。


文系脳と理系脳
療育では女の子が2人。あとは男の子。
男の子は理系脳だったなら、言葉は遅くてあたりまえ。
もしペラペラ喋る男の子がいたら、文系なのかも。2歳でペラペラしゃべる男の子いたけど、今はもう年少だけど、本当に言い方が女々しい、女の子みたな脳みそで、言い方にもひねりが入っていて、いやらしい。言葉が遅い子はみんな性格もさっぱりしてる確かに。それに気づいた最近は。

たぶん息子くんは理系脳。
だってドライバーもって家中の電化製品を分解しようとしているし。
物の仕組みが知りたくってしょうがない感じだしね。性格もねちっこくない。
個人的に文系の男性って苦手で・・・。きっと言葉以外の別の部分は沢山育ているのさ。子供の検査はどうしても物質的価値観でしかないからしかたない。

3歳検診でも言葉の数や、癇癪や。もう見える部分での検査ばかりで。
要は母親がちゃんとそういった事をお勉強していて、理解していて、自分の子供の事をちゃんと考えていれば、どんな子供もきっと大人になれば心は丈夫な子になりますとも。心の強さは社会では絶対に必要ですから。何があってものり越えられるのは、子供時代に積み上げてきたものだと思います。絵本を読むこともそのひとつだと思いますし。


発達に問題があったから、考えた、調べた、苦しんだ。
で、頭がよくなった、お勉強したからね。その分野でだけどね。
宿題?課題?わかんないけど、これからもそうやって私は、その時に必要な事を必要なだけ勉強していく人生なんだと思います。必要にならないことは、必要に迫られないと勉強したりはしないので、きっとこれで良かったんだと思います。

クリスマスぴょんぴょん (8).JPG



帰宅後、まだ2時ごろだたので、三輪車で近所を散歩。
やっと自分でこげるようになった。それから昼寝。


クリスマスぴょんぴょん (15).JPG


起きたらケーキのお菓子を作った。


クリスマスぴょんぴょん (21).JPG


そして1日が終わった。

コメント(0) | トラックバック(0) |2014年11月22日 02:56

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1091

コメントを投稿





療育 新メンバー
FX会社通貨数