ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  発達検査 結果

発達検査 結果


発達診断へ行ってきました



3ヶ月待って、予約した発達検査へ行ってきました。
終わった後の総合の感想としては(こんなもんなの?けっこう適切ではなかったような診断の仕方だったな?)
っと思った。




待ち時間を合わせて3時間半はかかった。
①親御さんからのお話(相談役の先生・女性中年)
②子供の検査(先生がここで変わる・女性中年)
③小児科からの総合結果の報告(小児科医・男性おじいちゃん)


先生が変るごとに15分~20分くらいは待ち時間がありました。
なので途中で診断の最中で子供はお昼をとりました。
けっこう長かったです。子供は疲れて昨日熱が出ました。


受けたここのセンターは療育を受けてる教室の本部です。
場所も別の所にあるのですが、だいたい車で30分くらいでしょうか。
ここでは発達状況が重度の子供が入園する幼稚園もあります、入園児は皆いっさい喋れないということでした。息子くんは「このレベルならここに入る必要はない」と小児科医から言われました。希望があれば入園できますが・・・。



①「まずはじめに、両親で先生に今までの経過を話しました」


ここでは母子手帳を見ながら、生まれたときの様子~今日までの様子を重点的に伝えます。1時間くらいです。

内容は、赤ちゃん期に泣くことが多かった事。1歳代では公園に毎日行き、家では常に泣き&愚図りが酷かったこと。2歳代では言葉が遅くて、癇癪が激しかった事。そして3歳になってから、全てが落ち着いた事。を要点をまとめて話しました。1時間の中で話すので要点をまとめないと伝わらない部分も出てきますので。

自分的にはもっといっぱい聞いてくれると思っていたけど違ってた。



②「次に子供の発達検査」


先生が子供と向かい合ってやっていきますが、内容は3歳児検診とほぼ同じで私は唖然でした。カードもまったく同じカード使ってました。大きいと小さいは3歳児検診の時には全部言えましたが、ここでは先生が子供のあいてが上手ではなかったので最後の1回だけ言えませんでした。他にはブロックを積んでトラックを作ったり、ハサミをしたり。絵を見て言い当てたり、図形を探したりしました。

先生と子供の相性もあるけど、この先生では息子くんには伝わらないと思いました。
私は自分の子供の事をよく知っているからだけど、集中させることが出来ます。
でもこの先生は、診断の途中に子供が気がちるような事をいいますので、(わざとかもしれませんが)子供が先生の言っていることさえ分からない感じで。子供と目が合わないまま始めてしまうのです。せめてピントを合わせてから始めてくれれば違う結果がでたかもしれません。

あと出来なければ10秒もたたないうちにすぐ次へ行くので、もう少し1つ1つの作業をゆっくりやってくれれば出来るのにと思った。どっちが泣いてる?笑ってる?のカードは正直私が見ても分りづらい絵でした。一瞬大人が見ても5秒くらいは判断するのにかかります。子供ならなおさらで、でも2,3秒で答えられないともうそこで終わりになります。


とにかくこの診断での、この結果なら、それなりのレベルの診断結果ということになるのでしょう。
質の良い診断方法ではなかったので、診断結果そのものが真剣には受け取る必要もないのかな?それないりにおよそ程度で思っておけばいいかな?と。
ずいぶん適当な診断内容で、3歳児検診の方がちゃんとしているくらいでした。



③「最後には小児科医からの結果を伝えられた」

一番はじめに、めっちゃもう100歳くらいのお年寄りで、白内障のおじいちゃんが・・。
(えっ!!)て思った。
視点はさだまっておらず。黒目も白くにごって、お年寄り。
書く字ははもう何書いてるのかわからない。日本書紀??
で言ってる言葉も昔の言葉風で、ハッキリとは言わない、診断名だけはハッキリ言ってきたけど、全てが例題や、遠まわしの言い方でよく分らなかった。


名前の通り「発達診断」、つまり結果のみの報告だけでした、アドバイスはほとんどなく1つか2つくらい。
これからどう訓練すればいいのかはあんまりアドバイスもなく、細かくは話してくれずおおざっぱな内容で。事前に勉強していない人にはついていけないかもしれない。医者ですから、医者の立場からでしか話しません。こちらが聞かないと、何も教えてはくれませんでした。

私はもともと発達障害の事について調べていましたから、だいたい自分の知っている事をそのまま言われた感じでした。全く勉強してない親御さんにとってはビックリ情報も知ることになるのですが・・・・。




<結果のまとめ>


事前に自分で調べて、きっとこうだろう?と自分で予測した事
言葉が遅い→言葉の発達障害
癇癪とこだわりの強さ→自閉症
空気が読めない、他人の気持ちがわからない→多動症
リズムがないとやることが分からなくなる→多動症


とまぁこんな感じで思ってました。
しかし小児科医からの診断結果はこうでした。

言葉が遅い、空気が読めない、こだわりが強い→自閉症の傾向がある
空気が読めず人とかかわれない部分がある、舌が不器用→発達性協調運動障害の傾向
多動症はありませんでした。
知能レベルは、半年の遅れで、運動は遅れはなし。
点数ででるのです。90点以上は正常です。息子くんは85点。境界線だそうです。

細かい所に気づくのも自閉症の特徴で、細かい所には良く気がつきます。先生のボールペン見て「ミィ」(ムーミンのキャラ)と言ったり、家でも米粒1個落ちてれば気づく、めっちゃ遠くを見て「猫がいる」と言い、で窓を見ても(あれあ?いない)と私。でもよく見ると猫が草むらに隠れてた。手に1滴の水がつくのも許せないらしく、お風呂でも泡がちょっとつくだけでも嫌がる。でもパズルは不得意です。ここだけは外れてました。パズルは興味がなく2ピースでさえも出来ません。


知育レベルでは頭は悪くないので、訓練さえすれば幅がどんどん狭まってくるそうです。小学校入るまでには喋れるように、社会人になるまでには対人関係も困らないように訓練しなす。知的障害の可能性からはずれたのでまずひと安心。


訓練内容としては、空気が読めない、つまりこれは家では出来ません。

幼稚園に入ってから教えていこうと思います。家でも出来る限りやりますが、内容としては子供が例えば「人参」と言ったときに「人参オレンジだね「人参美味しいね」とか「カレーに入れるね」とか人参にまつわる情報をいっぱい入れること。特に単語をいっぱい入れることだそうです。ここは「理解」の部分です。理解は普通のレベルなので訓練すれば「表現」につながるそうです。表現とは言葉につなげて出すことを言いますが、理解の部分での貯金をいいます。貯金があふれれば、自然に表現の部屋に零れ落ちるので、言葉に出すという作業に移動します。そしてしゃべる用になります。


色の診断では、半分が英語、半分を日本語で答えています。
英語は今、家ではストップしてますが、やはり英語を入れると頭の中には2つ部屋ができるのです。ひとつの部屋に日本語と英語が入るわけではなくて、2つの部屋に各々に英語はこっちの部屋、日本語はこっちの部屋というように分けるのです。だから貯金の部分も、日本語だけの子供よりはいっぱい貯めるので言葉も遅くなるのだと私は思っています。英語の先生も娘は3歳で喋りだし、両方やってると遅いといいます。

英語クラブでのお友達はだいたいが喋れませんので、当っているかもしれません。



これからのこと

先生が自閉症など診断名をつけたわけですが、いずれも傾向ですので、これが4歳、5歳ににはまた変ってくるわけです。何もしないと軽度の自閉症になるかもしれません。今はこだわりはなくなりましたし、これでもいい方向にむかってます。

先生の話を聞いていて、私自身がそうかもしれないって思った。
母も、父のそういった傾向のある家系で父は全くしゃべれなかったですから。
父とは同じ家では暮らしたことはなく、私が生まれた時には親が別々に暮らしていたので、それでも年に1度くらいは親戚の集まりで逢う機会があったけど、それでも声を聞いたことがなかった気がする。数える程度しか声も聞いた事がない。
ちょっとどこかに障害があったかもしれません。


でも世の中を見れば障害のようなものを1つくらいは持ってるような人が沢山いると思うのですが。小学校でも人の痛みが分からなかったり、いじめを常に繰り返していたりと人を傷つけることを楽しんでいる人もいましたし。もちろん皆からは嫌われますが。佐世保の事件もそうですが、いっぱいいるわ~って。


運動能力とは、ジャンプがいつごろから出来たか聞かれました。
出来ないとこれがまた運動障害の疑いがあるわけで、どれだけ外で遊でるかは関係なく、うちは毎日公園行ってたし・・・と言ったけど先生はどれだけ動けるかとかじゃなくて、くねくねした道をくねくねに沿って走れるか?とか鉄棒や、ブランコなど正しく出来るかだそうです。跳び箱とかもです。

これも4,5歳にならないとわかりませんね。
絵も3歳だと、顔がもう描けるのが普通だそうですけど、まわりに顔がしっかり描ける子はいませんね。そしてきれいな丸が描けるのが3歳らしいのですが、きれいな丸ってみんなもう描けるのでしょうか?


ちなみに息子くんは3歳1ヶ月ですが、このような絵のレベルですが・・。

先生はいつ、どんな時にでもキレイなきっちりした円が描けないといけない、と言ってましたがレベル的には。時々は書けますが・・・。

私と一緒に書きました。人面犬みたいになってる。
一応人を描きました。普通の3歳児はもっとキレイに描けるのでしょうか??

はつ絵 (5) - コピー.JPG

4歳になれば、ひにくを言われて理解できなかったり、例えばイヤミを素直に喜んだり、冗談が言えなかったり・・・。そういったやり取りも理解していかなくてはいけません。それも普通のレベルだそうで。本当に世間はそうなのでしょうか?4歳で皮肉いうのでしょうか?


先生に何枚か紙を貰いましたが、しまじろうの教材のDVDなどでトイトレをするのが効果的とありました。もうやってます。けどしまじろうの教材で出来るようになったのはお着替えくらいですけど・・・。しまじろうもいんですね。
ドラキッズも幼稚教室なので平均台、マットなどバランスのとれた運動や数字、文字をやっています。


昨日はドラキッズの個人面談だったので来年の進級の申し込みをしました。
ドラキッズでは色んな事が身に付きました。来年も身についてほしいです。
1年のけじめとして、何がどれだけ出来たか、という紙をもらいましたが、文字・数字は低かった、工作・運動は高かったです。

発達診断後に幼稚園へ行き報告。
第一希望の幼稚園には、子供の事で何度も足を運びました。
そのたびに説明をして・・・・。診断結果も伝えました。
そして入園が認められた。お手伝いにもいかなくてもいいという事で、むしろ子供が甘えるので来ないでと言われました。保育園の障害枠ではお手伝いに行くのが当たりまえですが、良かったです。


色んな事が出来ないけど、幼稚園側は出来ないことを出来るように、していきます。と言っていましたし、男の子はみんなやんちゃで、むしろ聞き分けのいい子がいたら、そっちの方がちょっとおかしいんじゃないか?って思うとも。
空気の読めない部分も、幼稚園に入れば出来るようになりますし、少しづつ学んでいきますから・・・って。

ママ友達が行っている幼稚園はマンモス幼稚園で人数が多いです。
そして先生に「これだけの事はやってくれないと困る・・・」的な事を言われるそうです。でも息子くんが入園する幼稚園は出来ないことを、幼稚園で出来るようにする方針。そもそも幼稚園は託児所ではないのです。でも近年の幼稚園はそうなりつつあるのかも。あれこれ出来ないとダメみたいな。おむつクリアしてないと入園できない所もありますよ。保育園は途中で入園してもやってもらえますけど。幼稚園はそうは行かないのです。
一応パンツで通いますから。もらしたら着替える形です。


幼稚園が決まって、ちょっとホッとしました。
この3年間超~大変だった。異常な大変さは子供に自閉症の傾向があったからだったんだなって。癇癪も普通の子供以上に激しかったし、普通の子育て以上に自分は大変だったんだなって。「大変なのはみんな一緒」って違う違う。特別大変な子供を育てれば分ることでしょうけど。これは経験者にしか分からない事ですけど。



訓練といっても、私は子供が負担のないように進めたいと考えております。

小学校前に人とに協調性を身につけることが目標です。言葉は入れるだけなのでそう難しくはありませんが。先生は本人が嫌がることはしなにようにって。本人が好きそうな分野でやっていこうと思います。
最近は粘土が好きです。粘土はいろんな形が自由自在なので、単語も教えやすいですね。色もついてるし一石二鳥です。

これからは、何でも遊びながら、遊び感覚でやっていこうと思う。
私も母に「人よりもあなたは遅れているから人の2倍3倍がんばりなさい」と言われてギチギチにおけいこ入れられて、勉強など強いられてきた、どれほど息がつまる思いをしたことか、私頭おかしくなったんですよ。もう小5くらいで。パンク。
それから精神的に不安定になって・・・今ようやく10年以上たって、母と離れて、ようやくやっと普通の精神を取り戻しました。もしかしたら私も発達に問題があったと言われたのかもしれません。


それくい厳しかった。甘やかしはいっさい許されませんでしたし、出来ても褒めることはしなかった母は。だから子供の褒め方をイマイチ知らないのです。知らないことを理解してこなすのは難しい。当たり前にいい教養をされた人には簡単な事ですが、何も教わらずに育った人にしてみれば、難しい問題です。


事細かに書かれた本出してくれないかな。
マナー本とかありますけど。

私は挨拶ひとつ親から教わらなかったのです。だから結婚後も苦労しました。
自分は知らない。でも知らないが通らない世界もあるのです。その他、あたりまえの常識ですら分らなかった。まわりはただ常識知らずとののしられたり、私を責めるだけで、誰も教えてはくれなかった。そこで教えてくれればいいのですが、文句は言うが教えてくれる人なんていませんでした。

そういう環境で生きてきたので、すり抜けて生きる道を選ばざるえなかった。
親からちゃんと色んな事を教えられて育った、教養のある人はこの世で生きていくにはラッキーなのかも。子供には料理、洗濯、家事、裁縫・・・と自分の知ってる事は全て教えてあげたいです。決して押し付けにはならないように。

男の子だからという理由で料理を教えないのは可愛そうです。
私の旦那さん苦労してます。その姿見てるとむしろ教えられなくて可愛そうって思いますよ。知らないこ事があるということは、その分野をやる時には困りますから本人が。私がもし死んだら苦労するのですから。そこで親を恨んでも遅いのです。だから何でも教えることはカワイそうなことではないのです。


自分と同じ道を歩んでほしくないから。何も教えられずに育つって辛いことですよ。
学ぶにも、学びようがないのです、その方法すら分らなかったです。今は本や、ネットや特に友達から教えてもらったりしてます。


ネットで、幼稚園にどう入園するのか手順を全く知らない人がネットで質問していました。
通知が来ると思っていたそうで、皆に「自分で探して、プレや園庭に行って見に行くとか、願書も自分で貰いにいくんだよ」「通知は来ませんよ」って教えられていましたよ。質問者はいつから入れるのかさえ知らない方で、出来れば保育園に入れたいとさえ言っていて、回答者が働いてる人が入園する所だよ、って回答されてた。

それを見て、世間を知らない方って私以外にも沢山いるのだな~と・・・


親が子供に出来ることは限られています。
世の中のマナーを教える事と、愛情をたっぷりあげること。

まして運命を変えようなんて出来ないのですから。

私はどちらもなかったように思います。学生時代は本当に苦しくて、非行には走らなかったけど、心は捻じ曲がりました。子供が来てからは自分の人生も一緒に見直して、もしかして自分も軽度の障害があるかもしれないって思ったし、不器用な部分で苦労してきたのかな?っと今は思うので、自分のせいではなかった、と分っただけでも気楽というか。


私は発達の遅れのある息子くんを個性のある子と思っています。
そしてその子供の状態に気づいてあげて、自分は一生懸命やれることをやって。
もし母に会う機会があったら、正々堂々といい母親してます!!って言えますよ。
押さえつけてダメになった私を見ても、何を言っても聞く耳持たなかった母。
間違いを受け入れる強さのなかった母でした。もちろん優しい人だったし、ただ母は世間様が大事な人だったという事です。

ちいさい頃から母は世間が一番、自分が2番。子供は最後なんだろうな?って。
ずっと思ってきたので、愛は無条件ではないし、愛想のものは浅はかな物だと思って生きてきましたし。


こんな子供が自分のところに来て、真面目に大変で辛かったけど、おかげで自分の事も分ったし、自分のメンテナンスまで出来てしまった。普通の子が来ていたら、一生自分の事も見直さなかったし、ダメなままだったかも。

スピリチュアル的にみれば、家族は魂の学校であり、家族は生徒であるので、お互いに何かを学ぶために、私達は家族として生まれてきたのだと思います。
確かにたくさん学ぶ事がありますね。

だって入園決まって涙する親ってどれくらいいるのでしょう??
幼稚園でさえも行けないかもしれない状態だったので、幼稚園が決まって、本当に涙ですよ。普通の子がススッと当たり前にこなすことに、いちいち感動できるのですから。ありがたい。子育てに感動がなければ本当に辛いかもしれません。

人は生きたように、死んでいくだけです。
どう生きたかで、どう死んでいくかが決まるわけで。

苦労には必ず何かしらの学びがあって、無駄な苦労ってないですね。
とりこし苦労は別ですけど。でも本当に大変な3年間だった。でもここからが本当のスタートなのです。これだけやってもまだスタート地点に立ってるだけなのですから、地道に練強くやっていくしかないです。それは誰でもそうですけどね。

3分で出来上がるカップラーメンのような人生はないのですから。


コメント(0) | トラックバック(0) |2014年9月18日 10:20

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1025

コメントを投稿





発達検査 結果
FX会社通貨数