ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  ぴょんぴょん教室

ぴょんぴょん教室




療育教室は今日で9回目


休みも入ったりで、3ヶ月ほど経つけど、回数的にはそんなに行ってない気がしますが・・。
今日も絵の具をやりました。
先週は休んだので、いきなり2組の親子が増えていました。
たぶん11組くらいいますが、多いです。



11組いると、あれこれ時間がかかるし、先生の特定の子供とばかり接してしまったりと、7組くらいが良かったな~と思ってしまった。大勢いた方が色んな情報が入りますけど、バタバタ終わっていく状態ではあります。


今日も絵の具をしました。
力を入れて、ブルブル震えながら描いてた。わざとです。習字を書く人みたいな感じで。しかも顔もイーって歯を食いしばって、目も丸くしてちょっと怖い。
何なんだろう?これは?芸術の秋ですかね。家でも絵の具はいっぱいやろうと思う秋だしね。

終わると、庭で遊んでた。ここで1時間半は遊んでた。なかなか帰りたがらず。
少しでも友達と遊びたかったようです。ドリルで穴を掘ってた。はまった?


イオン木製 (1).JPG


最近の療育はバタバタ・・・
人数が多いと、いつもの内容も薄くなるし、子供も暴れまくる。
今日、新しい女の子が入ってた。どう見ても大人しくて、どこに心配事があって来るのか分らないと思いました。

みんなそうだけど、一見表面上では見えないもので、発達障害と言っても、言葉が遅いだけの子もいたり、スイッチが入らなければ大人しい子もいたり、知育は非常に高いのに協調性が全くなかったり、本当見た目ではわかりません。だからまわりからは理解もされにくいのですが・・・。
当たり前ですが、通りすがりの人にはまず理解してもらえないので嫌な思いをしたりします。躾をしてない親だと思われてにらまれるか、します。私達の様な親はもう当たり前の様に慣れてますけど・・・



今日、髪を切った私を見て、あるママが「いいね~キレイに出来る人は・・羨ましい・・」っと言ってきたのですが、キレイにする時間があるのが羨ましいのいか?それとも器用に手入れできる技術が羨ましいのか?その辺りが分りませんでしたが、「羨ましい」て言葉はあまり好きじゃない。心で思っても私は口には出しません。

羨ましい=恨めしい、って事で。つまり小さな恨みなんですよもう。
ありきたりな言葉でもこれちょっと怖いと思います。だから人には言わないようにしてます。心では思う時もありますけど・・・。そのママはとっても大変な子供を持っていて。1秒でさえもじっとしていられなく、たぶん多動症かもしれないと思うのですが、特別大変な子供だと思います。なので気持ちはわかるので、ママの事を嫌いにはなりません。化粧はバッチリしていますよ。だから時間がないと言うよりも、器用さがないのかも。あとクセ毛とか。


特別大変な子
0歳の時も1才の時もそうだけど、身近な人に子育てが大変だと嘆くと「みんな一緒」と言われて終わることが多かったです。そのたびに(私が参ってるだけなのか?私は不器用でダメなだけなのか?)ってずっと思ってた。
でも今月でその答えがハッキリと出た。3歳になった時に、今までの酷い癇癪やこだわりの強さなどがピタリと止まったのです。

お盆を過ぎた頃からですが、ビックリするくらいに聞きわけがよくなりました。
そしてこう思ったのです。生まれた時からこの状態で子育てしてる人もいるんだなって。そう考えたら楽ではないけれど、私ほどは大変じゃないな子育てしてる人いっぱいいるじゃんって。親に預けてばっかりで・・・とか。
正直、大変な性格の子供を、もしくは性格に難しい気質の子供を、育ててきたから分ることかもしれないけど、今現在の息子くんの子育ては楽だと思いました。今までが大変すぎたからそう思うだけなのかもしれないけど。本当に生まれた時からこんなに聞きわけがよかったらもう何人でも産んでるわって。


近所のママでも女の子3人産んで毎日笑って子育てしてて。話を聞くと、公園には行かないし、近所を散歩するだけで癇癪もそんなに激しくなくて・・・。


療育教室行ってると、みんな特別大変な子供を育ててきてるな~って見るだけで伝わります。みんな自分が一番大変で、一番苦労してるって思う生き物ですけど人間は。でも気に入らないことがあると泣き、暴れ、それが5時間とかぶっ続けで続き、しかも1日に何回もあって、ほぼ毎日がそんな状態。そんあ特別大変な子育てもあるのです。経験者にしか分からないけど。非常に育てにくい子ってるわけです。個性的と言うのかもしれないけど。

だから息子くんは0歳から2歳半まではもうノンストップで泣く、愚図る、喚く、暴れる・・・ともう病的なくらいに激しかった。親が、子のおかしんじゃない?って思うのも普通だったと思います。それが2歳半ころから落ち着きだし、3歳になってピタリとなくなった。

少し怖い。まるで別人の様で。可愛いと思える時間も増えた。

親がストレス溜まると子供に行くので、やはり世間で起きてる虐待に到達するママは本当に辛い状況だと思います。私は親や親戚の援助は一切なかったので、夫婦2人、特に2歳児はほとんど1人でやったけど、、分かっていても、無理せずにはやってられなかた。365日のうちたった1日だけでも預かってくれる親という存在がいたらどんだけ良かったか。40度熱がでても公園へ連れて行かなければならない状態で、連れていかなければいいのに、って思うだろうけど、行かないと激しく泣き喚く、これがまる3日間息継ぎなしで続いたり、誰に聞いても解決らしい答えは導きだせなかった。


療育へ通って、この子にはリズムが必要なんだって分かって、月~日までの予定をキッチリ立てて、だいたい水、木、金は同じパターンです。月・火は保育所ですから、月~金は毎週パターンが同じです。これが決まってなくて、ばらばらだともうダメです。毎週同じ曜日に、同じ用事を入れる事で、週単位でリズムがつきます。また1日の中でも、朝・昼。夜・とキビキビと小学生の時間割りの様にきっちり予定を入れてます。

起きる時間・ランチの時間、ふとんに入る時間も守ること。だから旦那さんが子供の面倒見ようとするともうダメ。旦那さんのリズムに子供がついていけない。私はあくまで子供にリズムを合わせているので、お父さんという立場の方は「子供に合わせる」が時間的に出来ないのですね。いいですけど出来なくて、無理ですから役割として・・・。



いい子ちゃんでいるのも、私が一緒にいるときだけです。

ごはん→薬→ハミガキ→おまる。と一連の作業をリズミカルにこなす必要があり、少しでも気がそれるとダメ。そこから先が夜までだめ。だから気はまったく抜けない。


療育でも他の子がイスから立って走り出すと直ぐマネをする。大きな厳しい声で「座って!あなたは座ってください!」強く言う。強く言うのがポイントでだらだら優しく注意してると全く効果なし。全てにおいて、5回~10回は言い続けるお経の様に。

ダメなことも私が怒鳴り散らして怒ると、ようやく雰囲気で理解できるみたいで、
これがやさしい語りかけなんかの言葉ではまったく通じやしない。普通の子はそれでいいのかもしれないけど。それがとくに普通の子よりも多い。とにかく公共の場へ行くと、うちの子やっぱり普通じゃないわって思う。

次にうつる全ての作業がギャン泣きだったけど、今はそれもない。
朝起きて、30分泣いて、おまるに座って30分泣いて、食卓へ移動して泣き喚く、ご飯を終了して薬を飲むまでも無く、その後のハミガキ、トイレなども、とにかくすべてが時間がかかり、泣きわめいてた。

それが今では時間は掛かるものの、泣きわめく事がなくなった。
私の原因不明の腹痛や、定期的にくる高熱や情緒不安定な感情も、白髪も、なんだか不思議なくらいになくなった・・。やっぱり子育てのストレスだったんだ。って今思う。


療育へ行って、子供とのやり取りの仕方を学んだのと、話を聞いてくれるママ友達のおかげもある。こだわりの強子供を育てるスキルを身につけたのでもう安心。

世の中ってありとあらゆる面で色んな場に合ったスキルがいるわけで、例えばものすごく意地悪な上司や同僚からすり抜けるスキルとか、付き合いたくない人の誘いを感じよく断る方法とか、言葉の暴言なんかも上手くかわしたりとか・・まぁ困った時には無意識に勉強して、あるいは子育ての様に強いられて勉強したり、とにかく知識を学ぶしかないんでしょうか・・・。


きっと私がいなくなったら、この子はもうまっすぐには生きられないかもしれない。
まがってしまう。きっとどこかで。たぶん小学校に入るまでは。入っちゃえばもう年齢的にも大丈夫かもしれないけどね。このこだわる子供を理解してる人間が、息子くんにとっては私達夫婦だけで、他にはいないと思います。私には親や親戚といった家族はいないので理解してもらえる範囲も狭いですね。

普通に注意しても理解できない子供は、なんらかの手立てを考えて、どうしたら伝わるのかを考えなくてはいけなくて、息子くんの場合は、怒鳴ってとにかく恐ろしいくらいに怒る、ことがけっこう良かった。というかその怒り方で合ってた。

カヨ先生だったと思うけど、男の子は震えてビビルくらいに怒らないとダメって書いてあった。確かに男の子が悪い事して、口で注意するだけとか、優しく怒るとか、そういう親子見てると、だいたいその息子くんはやりたい放題で、人をいたわる事も出来ず、わがままで、物事の良し悪しがわかっておらず、見てるこっちが可愛そうになります。もっとちゃんと躾けてあげないと社会に出てから泣くことになっちゃうって。で親のせいにして、親に全部怒りがいっちゃう、でニュースで起きてる事件につながるのでは・・・。


のびのび育てたいからって注意しないのは別物で、尾木ママの本の題名が勘違いされてる。「叱らない子育てを」とかね。そういうことではないですよって。中身も読んでねって。叱られずに育った子供が、戦争をしない大人になるとは思えない。身近で起こる人間関係の中にも小さな戦争は起きてますから。人を妬んだり、いじめたりも立派な犯罪で、戦争ですよ。


世の中で一番カワイそうな子供は、我慢できない子、人の痛みが分からない子、遊ぶ時間がない子。公園やお外で遊んでいないと運動能力ってつかないと思います。体操教室とかも入りますけど。すぐ転んで、ケガをするし、今の子供って転んだだけで骨折するそうですから。転んだ時に手パッと手をつけないらしいです。体が硬いのが原因で普段から軟らかくしておくのがいいそうです。


最近はおけいこやら療育やらで公園に行く時間があんまりなくて、夕方にいってる。でも寒いし、暗いし、土日にはいっぱいお外で遊びますけど、最近は友達と遊ぶのが大好きなようで。どこでも、だれでも輪に入っていくけど、だいたい嫌がられる。
息子くんは誰がひっついてきてもOKな子で、むしろ嫌がってる子がなんで嫌がってるのか分っていない、空気が読めないところがコミニケーションがない証拠らしいけど。誰にでも入っていけるのは一見良いようで、これは立派なコミニケーション能力不足だそうです。空気は国によって違うそうで、これは習得というか理解するまでにかなり時間がかかるそうです、なにしろまだ3歳ですから。と保健所の方に前相談したら言われました。

帰宅後、昼寝したて、起きたら5時だった。
自分も寝てた。子供と2人で、自転車で40分かかる遠くのイオンまで行った。
ご飯を食べて、たっぷり遊んでから帰宅、9時40分に帰宅、風呂は行って、あとは寝るだけでした・・・。


イオン木製 (3).JPG

お子様ランチのオムライス。私はドリアときしめん。

イオン木製 (4).JPG



キッズルームで遊び、

イオン木製 (6).JPG

本屋で遊んだ、
本は興味ないので一切みない。こんなに本が興味ない子供って見たことない。
絵本も全く興味ない子です。これで1時間くらい遊んで、帰ろうとすると泣きわめく。でも10分くらいでおさまった。昔は5時間とか泣き続けてたのに・・・。

イオン木製 (8).JPG

きっと他人から見たら、うちら親子は異邦人みたいな感じかな。
今までも浮いてたから、これからも浮いてても平気。

朝食も1時間以上かかるマイペースで、モタモタする子。
きっとなにをするにも時間のかかる子で、ただ時間をかけて何でも習得するタイプなのかも。時間かかってもいいからいっぱい刺激受けてほしいです。
特に幼稚園では。


いよいよ来週は発達検査の日がやってくる。
そして次週の療育教室では、その報告を40分かけてするので弁当持参という事でした。来週は親子分離です。息子くんは保育所で慣れてるので大丈夫ですけど・・・。

幼稚園が決まったので、診断も、もう不安ではありません今は。
これから先の子供との係わり方をアドバイスしてもらおうと思います。


コメント(0) | トラックバック(0) |2014年9月13日 00:54

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1021

コメントを投稿





ぴょんぴょん教室
FX会社通貨数