ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  そよ風 まつり

そよ風 まつり



療育センター本部でのお祭り



子供が通う療育教室でお祭りの案内があったので行ってきました。

ここは本部なので、このお祭りは障害者の方がたいへん多く参加されていました。
教室の先生もいましたし、ママ友達とも会いました。同じ教室へ通っていたので。
これだけ沢山の障害者の方が集まると不思議と自然な感じでした。

障害者でない方も、障害者の方もみんな混じっておおいに楽しんでました。
自然な感じで。自分よりももっと多くの苦労と感動のある人生を送ってる方が沢山いるんだな~っと実感しました。


療育センターの本部では息子くんのような発達障害を持つ子供や心身で障害のある方や、もちろん軽度から重度の方も沢山通う場所なんですね。だからお祭りにも5:5くらいで色んな方がいる。そんなお祭りでした。

地域の方の来ていて、盆踊りはめっちゃ張り切ってみんな踊ってた。
自分の地区のお祭りよりもすごかった。区政委員でお祭りの担当をしたけど、勉強になりました。

こんなものがあった。

そよかぜ1.jpg


こんなものもあった。


そよ風2.jpg


これはたぶん、陶芸で作った入れ物です。


そよ亜k是3.jpg

ローカルなお祭りで食べる焼き鳥が好きです。
焼きそば、みたらし、持参したおにぎりを食べた。光るおもちゃも買ってあげた子供には。途中でママ友達に会って、1つ上の友達と遊べて息子くんもご機嫌でした。


学童の子の火のパフォーマンスがキレイだった。


そよ風4.jpg





今日の一日

今日は朝から、競馬場へ遊びにいったんです。
でも芝生の張替えで、アスレチックで遊べず馬も見れず子供が不機嫌になって、でも電車があったので、その中で少し遊びましたがすぐ帰ることになった。
でも子供が「馬~馬~???っと」馬モードに入ったので、しかたないから愛知牧場へむかいました。

で馬に乗って、馬に人参あげて満足でした。
ニコニコになったので帰宅、でお昼寝をしてお祭りへ行ったというワケです。
とにかくどちらも駐車場500円かかったので、芝生の張替えはあHPに載せてほしかったわ!!っと私もプリプリ怒り爆発しそうでした。

競馬場はポニーに乗れたり、アスレチックで遊べるのですが、芝生を踏まないとそこまで行けません。アスレシックの下は砂です。本当に腹が立ちました。もう行きたくないですね。馬を見るなら牧場へ行った方がいいし、美味しいソフトクリームも食べれるので。


競馬場にて。

けいば1.jpg


けいば2.jpg

愛知牧場にて。
馬のマネが上手い。人参も上手にあげられた。馬大好き。

あいぼく1.jpg


とにかくハードな一日だったわ。

競馬場も駐車場から真ん中のアスレチックまで遠いし、ずっと抱っこだし。
明日で3歳になるのに移動は全て抱っこ。

ついつい可愛くて抱っこしちゃう自分がいる。
今日もほっぺにスリスリ&チュウも20回以上はした。
家にいてもピットリひっついてます私達は。

だってもう生まれてから3年が経ったのですから。
3年前の日記には、産婦人科で陣痛促進剤の点滴をして陣痛が来るように促してた。
3日間点滴してようやく陣痛が来た。

息子くんが巣立つまでのカウントが、生まれた瞬間からはじまってるのですから。
せつないです。大変でもうイヤになる時も度々あるけど、とにかくこの可愛さがいつかごっついおじさんに変っていくのかと思うと、いっぱい今日もギュウしようって思う。

地震が来てから3年。子供の年と同じですよまったっく。
妊娠中で家にいた。よくハッキリ覚えている。
地震がきて、ゆれたあの感覚も。テレビをつけたら衝撃だった。翌日から毎日全チャンネルが地震の情報で辛かったし受け入れがたい事実だった。


盆踊りのあの踊りって意味があるんですよ。
死者を供養することが出来る踊りなんです。

お祭りに広島の原爆写真がいくつか展示してありました。
真っ黒に焦げた子供の写真が衝撃でした。10歳の子供が、死んでしまった2歳の妹を、おんぶして焼き場に連れて行った写真も衝撃でした。このような写真を爆弾を落とそうと決めた人たちにも見てもらいたいです。でないと怖い。とっても怖い。


こういった事がもうどの国にも起こってほしくないですね。
他国では関係ない民家の方が内戦に巻き込まれて、一体何がしたいのでしょう。
はだしのゲンを読んで育ちました私は、衝撃でした子供には。でも感じるものはあったのです。それが今では問題になってるけど意味が分かりません。

なくす、ということは戦争そのものをなかった事にするのと同じだと思った。
膨大な数の写真やなんかもそうだけど、だってそれ見て、経験者の語りを聞かないで、新生代の子供はどのように戦争を学ぶのでしょうか。

いつか何百年後にも繰り返しされるのでは?っと不安になります。
そのためにも忘れないという簡単な、非常に簡単な事をしてほしいですね。
だって目をそらしても、なかったことには出来ないのですから。

今日、署名をしました。被害にあったのに治療などのお金が行き渡らず困ってる方が多くいるという事でした。戦争で被害にあった方には何らかの形で出来る限りの事をすべきですね。そして感謝しなくちゃ。自分のご先祖様にだって感謝しなくちゃね。

本当に、毎年夏にはだいたい戦争の事を考えています。
盆踊りを見ながら、少しは救われた魂もあったのかな?っと思いながらお祭りを楽しみました。


コメント(0) | トラックバック(0) |2014年8月30日 22:45

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1007

コメントを投稿





そよ風 まつり
FX会社通貨数