ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  金曜日~が来ました

金曜日~が来ました




療育センターーへ 6回目


療育をはじめてから、もう6回目なんです。
だいぶ慣れました親子共々、もともと1回目から馴染んでましたが、さらに慣れた様子。
今日もプールでした。8月いっぱいプールです。


まず教室に入って、
①手拭タオルをセットする
②巾着袋をセットする(中身はコップ、ナプキン、お皿、フォーク&スプーン)
③石鹸で手を洗う。

そしてはじまります。
はじめは子供は自由遊びです。ブロックやおもちゃで遊ぶ時間で、大人は順番に先生とお話します。親子は8組います。先生は3名。


今日もプール遊びをしました。
皆でトイレ行って、プールがスタート☆
体操もしますよ~。

今日はバタ足でワニさん泳ぎしてた。
プールはみんな大好きみたいです。頭から水かけても平気。うちの子は「め~め~・・」っと訴えますがタオルでちょこっとだけ拭いてあげます。
とにかく皆楽しそうでした。


プール後もみんなでおやつを食べて、絵本も読んで、手遊びもした。
1時間半の間、あっという間に終わった。プールは疲れるのか、帰宅後また1時半には寝てた。4時まで寝てた。最近は昼寝も3時間~4時間とまぁ凄い。
昨日はお昼寝、3時半に寝て7時半に起きた。でも夜は10時半とかに寝れる。
赤ちゃん期から良く寝る子だった。今もそう。


療育という感覚が全くなくなってきた。
週1で普通の幼稚教室に通っている感覚です。
英語クラブで出来た友達(ママ)と会うときだけ療育の話をします。
あとは旦那さんと旦那さんの両親さんには説明をしたりしますが・・・。
以外の人とはあんまり療育の事については話す機会もない。

療育教室だからって、ママ達がみんな心がオープンってワケじゃない。
子供がバンバン叩く系だから、終わると即効帰る親子もいる。
話しても、自分の子供の事をあれこれ話すわけでもない。

友達(ママ)は息子くんよりも1年上の男の子がいますが、去年同じ療育教室へ通っていました。話を聞くと。この療育教室でのメンバーで卒業後に何回か会う集いがあるそうなんです。子供が就園してから、みんなで会ってお話をしたりするそうなんです。しかも集い以外でも、皆で定期的にあったりするそうです。


例えば、皆でケーキーを持って家におしかけるとか・・。それを皆の家へ順番へ行くとか・・。友達は2人目の子が1才なので付き合えないそうですが・・・。
もし私なら、話しさえ合えば皆とお茶したりしたいですけど・・。


今の療育メンバーで来年、入園後に集まるなら、それも考えて人間関係作りたいです。お友達増やしたいし。お友達は、集まる時は、子供を幼稚園へ連れて行った後、むかえに行く時間ギリギリまでお話してるそうです。

確かに話が合う人なら、何時間話しても時間が足りないですね。
私も英語クラブで出来たお友達とよくお話しますが、3時間とか喋り続けても、もっと喋りたかったって思います。足りない。


子供の話。心配事や、幼稚園の事、とにかく話の内容はほぼ90%が子供の話です。
リアルママじゃないと理解してもらえない話が沢山あるのです。
ママ集団に入りたいとは思いません全く。入園しても友達作る気はゼロですから。
たまたま話が合えば仲良くなるだけです。

ママさんと喋る事で、自分の心が安定するというか、悩んでることや心配してることが、減るというか安心できる。それに発散できる。だから生まれつき人付き合いが出来る人っていいなって思います。友達沢山いた方がのり切れるので。

特に重要なのが、子供を産んだら、絶対に子持ちの友達が必要になりますね。
それを計算してなかったので、私は産後本当に一人ぼっちで孤独でした。


虐待した親を調べたら、ほとんどが孤立していたママが多かったそうです。
誰にも相談できず、一人で抱え込み、相談する知識もなかったり、相談する勇気もなかったり・・・。もちろん連鎖もありますが・・・。
世間で言う「虐待」は人事とは思えないんです。


自分もあと1歩でそうなってました。
友達が出来たので、私は救われましたが。

子供と一緒に死のうって思ったことありましたよ。
何時間も泣きながら、泣き続ける赤ちゃん抱っこして、もうどうしていいのかわからず。こんな時に自分の親が相談にのってくれたらな~って思いました。だから里帰りできる環境の人が羨ましくて、子育てって親の援助受けられる人と受けられない人では、全く天と地ってくらい違うんです。


旦那様のお母さんがこれからは、子供の面倒を見てくれるので、例えば夫婦で区政委員の仕事がある時などに来てもらうとかですが、お気持ちがとても楽になりました。
子供が療育に通うことになって、協力してもらえる事になって、とても心強いです。

一人ぼっちでやりこなす、というのは限界があります。
子供を産む前は、全部1人で出来ると思ってました。
友達もいなくても大丈夫とか思っていた。でも子育ては思った以上に甘くはなかった。スーパーのフードコートで息子と2人でランチしてると、平日のお昼ですが、ほとんどの80%くらいの親子は自分のお母さんらしき人と一緒にランチをしていて、それを見るのがとっても辛かった。

どうせ私は・・・ってなりますね。
母に最後に言われた言。私が20歳になった時でした。
「親が子供を育てる義務は二十歳まで。よって私はもう義務を終えたからあんたとも関係がなくなった。これからは1人で生きていってね」っと。そしてその後に「この家を早く出て行ってね」と。実家を出ざるおえなかった。

アパートを借りるにも保証人がいるんです。
家を出て今の旦那さんと同棲する事を選んだ私に、保証人を頼むと断られた。
しかたないので、同じ屋根の下で暮らしたことのない父にお願いしました。
父はOKしてくれました。父はもう亡くなりましたが、今の住んでるコーポだって旦那さんの親に頼んで保証人になってもらっています。

家を出て1人で住むにも保証人がいります。
もし旦那さんと出会ってなかったら私はホームレスになっていたということです。
アメリカと違って、賃貸アパートはほとんど保証人がいないと入れません。
なんだかとっても母に対して腹立たしかったですねあの時は。今は違うけど。

同棲するから相手の両親と一度会って、と言っても「私はいいわ」と拒否し続けた。
何度もお願いして食事だけは出来ました。
籍を入れた時。写真屋で式だけあげて、その時も行きたくないとだだをこねた。
とにかく家を出て逢ったのは数回。自分の結婚する時、弟が結婚した時、父が亡くなった時、父方の祖父が亡くなった時ぐらい。本当に数える程度で電話をかけても用がないなら切るよってブチン。


ずっと考えてました。
母と仲がいい娘ってどうしてそうなるんだろう?って。
町でも小さな子供を連れて、横には母がいて。
どうしたらそんな環境になっていくのかわかんない。
とにかく何でこうなんだろう?って。

自分は子供を産んだら絶対に絶ちをしないって決めていたけど、それが出来なかった。
今は理解してくれる友達が出来たから私もだいぶ前向きになってきたし、本来のおちゃめな自分に戻りつつあるけど。最近自分が良く笑ってるな~って思うもの。

私には、はじめから親はいなかった。と割り切ればどうってことないけど。
それに母も苦労してたので。文句はないけどだた仲の良い親子を見ることが今でもできません。ただの通りすがりの親子でさえも見ていると、無の世界を見ているようで変な気持ちになります。とにかく友達も私と似たような境遇で、家庭環境と、子育ての状況が似てるので話を理解してくれる。


たった一人の理解者がいてくれれば、救われるんんだなって。
でないとニュースに出ちゃ側になるだけで・・・。

だから虐待した親の方もどんだけ苦しかったの?って思います。
子供ももちろん可愛そうですが親も同じくらい苦しんでいたんだと思う。
それが世間の、例えば友達や環境に恵まれた人には絶対に理解はできないと思いました。同じ泥水飲んでないですから。よく酷い親だな~とか言ったりしてますが、本当に酷いのは、「酷い」って言ってるあなただよ。って教えてあげたい。理解がなくてただ差別してるだけのあなたが一番酷いのよって。

そんな事も考えながら、物事を見てほしいですね。
言葉ってとっても大事ですね。私ももっと言葉遣い勉強したい。
暴言の嵐だったので、今だに物の言い方知らないです。本買っても読んでないし。
正しい挨拶の仕方さえもイマイチ。親が挨拶してるところ見たことないし、いつも人の悪口ばっかりでした。そんな環境にいたのでなかなか染み付いたてものが取れないんです。いまだに。


私は良く知りもしない人の事を、良くも悪くもいいません。
知らないのですから、言えないのです。
でもそれが普通でしょう?良く知りもしない人の事をどうして悪く言えるのでしょうか?そっちの方が恐いんですよ私は。



タモで遊んでる息子くん。

棒が何度も私の顔を直撃。そのたびにササッとよける。
小物を入れて遊んでた。タモの事を箱と言います。
最近「ダメ」という言葉を覚えました。「ばめ~(ダメ)」と何度も。
とっても可愛い言い方で私が喜ぶと、子供も楽しんで「ばめ~ばめ~」っと言っています。

療育6 (5).JPG

コメント(0) | トラックバック(0) |2014年7月25日 21:35

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/972

コメントを投稿





金曜日~が来ました
FX会社通貨数