ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  幼稚園へ相談

幼稚園へ相談


昨日、幼稚園へ入園の相談へ行きました


子供が療育を受けてから3週間あまり。
療育は4回行きました今の所は。


療育教室でも先生に言われましたが、入園する幼稚園に、発達の事で相談に行きました。

療育の先生は、発達に問題があったりする点を理解してもらって受け入れ態勢を作って貰って・・・的な事をいいますが、実際はどの幼稚園も発達診断の結果によって決めます的な言い方をされます。


それが現実なので、療育をしている事を黙ったまま幼稚園に入園する方もただただいると思います。療育教室のママ達が同じような事を言うのですが、プレに通っていても「みんなについていけなければ退園してもらいます・・・」と言われたり、「発達の軽度にもよります・・・」とか言われたそうです。



★幼稚園に相談して
実際に昨日、家族3人で幼稚園へ行って、入園を希望していること、発達があること、心配事の内容、などを伝えました。


園長先生には保健所でひっかっかたのではなく、自分で保健所に相談して療育を紹介してもらい教室に通っている事を伝えました。自分で相談したんですか?と再度聞かれました。幼稚園側も、発達教室へ行く子供の経緯をあまり知らない感じでした。

何をする所なのか?通う頻度、場所、そして9月の発達診断になにをするのか、を聞かれました。9月の診断の内容は一切わかりません。


★思ったこと

療育は保健所や病院に指示されて行くのではなく、自分で相談して紹介してもらった結果行くところなので、幼稚園側はそのあたりが理解できない感じでした。
知らない、といった方が当りかもしれませんが、問題があるのは保健所などでひっかかった的な解釈をしているのです。

違うのです。
もちろん説明しました。
先生は「専門的な所に入園した方がいいかもしれない場合があるので、療育センターと連絡をとって話を良く聞いてから最終的に決断したい」といいました。やはり9月の
診断が重要になってくるわけです。


★ただの発達おくれと、自閉症の違い
この2つは全く違います。
ドラキッズに一緒に通っていて療育でも一緒のお友達は、アスペルガーと診断されていて、自閉症に枠に入るんだと思います。

発達障害は言葉がただたんに遅いだけ、などの理由でこんな言葉がつけられたりします。常に動いている子はまた別の言葉で表現されます。例えば注意欠陥・多動性障害などですが・・・。ただの遅れはいつかは追いつきます。でも自閉症はずっと平行線なのです。それこそ専門的な学校などに行く必要があるのかもしれません。とアルペルガーの子のママがいそう言っていました。

★もし療育をうけていなければ
もし私が子供の事を心配せずに療育を受けていなかったとしたらどうでしょうか?
普通の子の範囲に入るのでしょうか?

でもそんな親子は大勢います。気づいていても受けない、気づいていなくて受けてない状況の親子も大勢いることと思います。

なので線引きがあいまいなんです。
たまたま療育に通っているだけで、幼稚園選びでこんなに悩むことになるとは思っていませんでした。「そんなの黙って入園すれば」と言われたよ、って療育のママちらりと言っているのを聞きました。

センターの方は療育を受けているというだけで、入園できない、という事はないので・・・と言いましたが、そうなっているみたいなのですが、決まりとして。でも実際にはそんな感じではなかったように思いました。

来年入る幼稚園があるかどうかも分からない状態で不安ですが、第2希望の幼稚園なんかもおさえておく必要があります。願書もお金がかかりますが、かけもちで提出することになるかもしれません。



実際に入園しても、その幼稚園では息子くんよりも、しゃべれないとかじっとしていられない子とかは沢山いるはずです。療育へ行っている事実だけでお断りの可能性があるのは、ちょっとおかしいと自分は思います。


どの幼稚園も療育のことについては詳しく知らないのが原因なんだと思います。
療育もおおっぴらに内容を公開しているワケではないので、幼稚園が知らなくても当然なんですけど・・・・。過去に事例がある幼稚園は少しは知ってるという感じでした。


療育の先生も普通の幼稚園か発達障害支援センターなのかどちらがいいかは子供を良く見て合うところへ入園されるのが良いと言いますが、幼稚園で断られたらもう自動的にそこへ行くしかないわけです。

しかし発達支援センターは重度の子供が優先して入るようなので、息子くんんは療育してる子の中でもけっこう症状はいい方なので、そこへ入るのも難しいかもしれません。


最悪な想像としては、じゃあ幼稚園も発達センターもダメなら息子くんもう小学校まで家で過ごすしかないのか??って事になるんです、私の中では。
アスペルガー症候群のお友達でさえも発達支援センターは進められなかったと言っていました。普通の幼稚園のプレに行ってみたら、と言われてその親子は今年からプレに行っています。そこのプレでもし入園しても退園してもらう事もある、と言われましたそうです。


考え方をもっと広げて考えなければいけないのかも。
色々方法を考えなくちゃ。頭の中が休まりません。
ここ最近毎日腹痛で、不安やらストレスやら・・・。

そう考えると、もう第2、第3の幼稚園は言わずに入るしかないのか・・・。
昨日の幼稚園では、センターとやり取りをして様子をみながら考えましょう。といったので今は9月の診断を待ちながら、子供の成長を促す努力をするしかないのですが・・・・



言葉はだいぶ沢山出てきました。
今思うと、(もう心配することもないかも、療育も行く必要もなかったのかも)って思う時があるくらいです。でも行っているからここまで言葉が出てきたんだと思います。

7組の親子がいますが、他のママにもどうするのか?を聞いてみます。
伝えると断られる事があったりで、言わずに入るしかない場合もあるんです。

正直、正解はないように思えます。
なぜなら私は子供の事を良く知っています。だからここの幼稚園に入園するのが子供にとって一番ためになると思っています。正直に言って断られて発達支援センターへ行っても、そこでの内容が息子くんには合わないかもしれません。たぶんそんな気がするのです。だから普通の幼稚園へハードルは高くても入れたいのです。

もちろん逃げ道は必ず作ってあげたい。
療育の先生は理解してもらってから入園するのがいいといいますが、それが難しいのです。幼稚園は30人に1人~2人の先生ですすんで行くので、どうにも出来ないのも現状だから幼稚園も受け入れますよ~とは言えないのですねきっと。

どうすればいいのでしょう??
特別扱いは出来ないという事なんでしょうが、もう1度療育教室へ行った時に相談しようかな。

旦那さんは知っておいてもらう必要があるし、入園してからついていけなかったら困るからやっぱりきちんと言っておいた方が良いと言いますが、私は微妙です。
それで断られて合わない所へ行くくらいなら、黙って幼稚園に入ってそこでもまれていい教育の中で育つなら、黙って入るのもありと思っています。

子供が合う所へ行けるならそれが一番の結果だと思っています。その道なりはちょっとはずれていてもいい気がします。親なのですから、正論とか道順とかよりも、最終的に子供にいい結果になる道を選んであげたいのです私は。

伝えれば必ず理解してもらえるわけじゃないのです実際は。
教室のママは色々酷い言い方をされたりした、とちらりと小耳にはさみました。
偏見する幼稚園もあるわけで。


もっと療育の知識を幼稚園に知ってもらえる方法があればいいのですが。
もともと幼稚園と療育はつながりがないのです。
自分の場合ですが、希望の幼稚園に何度もお伝えしていきたいと思っています。
それしか出来ることはないのですから。


細かい症状や子供の性格についてなどを細かく話し合っていくしなないのです。
例えば私が入園後もお手伝いに行くとか、色々条件を出して納得してもらうしかなさそうです。例えば着替えに手がいるなら出向いたりと出来る限りのことをして幼稚園が負担にならないようにするとか・・・・。


アスペルガーの子の兄は完全な自閉症ですが、普通の幼稚園へ通い、ママが何度もお手伝いに幼稚園へ行ったそうです。それを聞いて私もそうしようと思いました。


★家族での話し合い
療育に行っている、と旦那さんの母にお話をしたら、たいへん心配してくださって、週末にお話をしに旦那さん宅へ集まりました。
療育の事を色々説明したりしましたが、出来る範囲でお手伝いしれもらえる部分はお手伝いしてもらえる、と話がすすんだので、私はとっても気が楽になりました。

自分には一切手助けしてくれる家族&親戚はいないので、この3年間も1人で悩み一人で思いつめて来た部分があったので本当に気持ち的に安心できました。
それに他人に甘えずやりきる事が一人前の母親の条件だとも思っていました。

とってもありがたいことです。
理解してもらえるだけで心はだいぶ軽くなるというか、理解者がいてくれることは非常に励みになります。
療育してるという事で、義母さん義父さんに反対されたり旦那さんに反対されたり、理解されずに苦しんでいる方もたくさんいることと思います。自分の親や家族でさえも反対してきたり・・という状況の方もいるので・・・・。


療育をしてるとは言うつもりはなかったです。
何よりも旦那さんの両親は私には興味がないと思っていましたから、言ってもどうなるワケでもないと思っていましたし。なによりも理解を得られないと思っていました。それに偏見されるとも思っていました。

ついメールでポロリと言ってしまったんですが。
相談にのってあげられなくてごめんね・・・と言っていましたが、自分の問題だから自分で解決するしかないのかな?っと私は思っていたけど、ポロリでしたが知っておいてもらって良かったと今は思っています。

実際、近所の人であっても偏見な目でみたりって事がただただあるので、言うのにも色々考えるわけです。私のケースは言ってよかった、が結果でした。




ベビーブック・めばえ。
工作が好きなのでハサミ、ぬりえ、シール、ノリ、おりがみ、粘土、スタンプ、絵の具・・・とまぁだいたいは毎日やります。

やらないと癇癪をおこす。スイッチが入ると癇癪がすごい。
この雑誌はとってもためになってます。
毎号もう買うことになってしまった。


dorakizzuドラキッズ (1).JPG


dorakizzuドラキッズ (4).JPG

2冊ないと1ヶ月もたない。
泣きわめくか、物をなげ続けるか、自分をたたき続けるか・・・・。
これに付け加え、こどもチャレンジが来るのでさらに助かる。

これでだいぶ手先が器用になった。
ハサミはものすごい上達して、グルグルの線でも切れるようになりました。
特にハサミは上手だと思います。

やり続けて上達したので、ただもたせるだけじゃなくて、知育にもなってたんだね。
ハサミを持たせれば30分くらいは1人でチョキチョキしてくれる。
洗濯物もできちゃう。


新聞ビリビリもけっこうもつ。
粘土も、最近は人参を作るのが好きです。


コメント(1) | トラックバック(0) |2014年7月15日 13:35

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/962

コメント

Tiffany Outs New Kids on the Block's Jonathan Kn tiffany and co canada ight

During her recent appearance on Bravo's Watch What Happens Live, 80's pop icon Tiffany outted New Kids on the Block member, Jonathan Knight. During her 1988 tour, New Kids on the Block opened for Tiffany. When Andy Cohen, tiffany and co canada

コメントを投稿





幼稚園へ相談
FX会社通貨数