ジャムおばさんの部屋 TOP >  療育日記 >  3歳手前

3歳手前


3年前を思いだす

最近の決断


月末でもう3歳です。
仕事を辞めてからも3年が経つんですね。

仕事をしての夫婦2人だけの生活は8年くらいは続いたけど、本当にそれも楽しかった。子供が来てからは本当に全く別の人生が訪れたって感じで、自分自身も今までの自分とは性格や価値観もどんどん変って、なんか人格も変ってきた気がする。

なによりも子供を持つと女の人は強くなる、というのもうなずける。
実際にそうだし。自分に何かあったら、子供は生きていけない。
ので病院もちゃんと行って自分の体の検査もしたいと思います。

健康診断は受けて、再診断の通知が来ても、それに行かなければ健康診断へ行く意味がないわけで。子供がいないなら、無視も出来るけど、自分に何かあったら子供が悲しむのでちゃんと行こうっと思った。でも内視鏡とかはやっぱり恐いわ。でも行こう。


今日は空がキレイだった。
区政委員なので、今日は子供は保育所へ、夫婦で敬老会の招待状を書いて配りました。炎天下でもう気持ち悪くなって大変でした。70件です。

当日の敬老会も朝9時~夕方の4時頃までかかる、子供も暑い体育館の中で大丈夫か?祝日なので連れて行くしかない。と今日色々考えた。
で配りながら、空見上げたら、あ~救われた。雲さんモクモク美味しそう。
わたがしみたいだね。

晴天日 (2).JPG




それから、来年の幼稚園にむけても新たに選択股を広げた


来年は幼稚園を希望。
でも療育へ通ってるだけで、もう障害者はちょっと・・・的な言われ方。
幼稚園は2つほど希望があるが、2つとも断られたら、もう保育園で考えてる。
それも発達障害の枠で。


保育園の発達障害の枠は、療育に通うか、もしくは発達診断での結果の内容なんかで、認められるものです。もちろん仕事もしていないといけないので、内職を探そうと思います。1日4時間以上での内職。あるかな?


発達障害の枠は、それなりに問題がないと利用できない。
去年療育に通った、友達ママは遅くてもみんなどこかしらの幼稚園か保育園に決まって、ギリギリに決まったって行ってた。


発達障害者の枠は来年に入るか入らないかの辺りで決まります。
普通の園児は10月ですがね。
どんな枠かと言うと、発達障害の園児に必要な数の先生が配置されます。
これなら安心。先生の目や手が行き届くから。


ただ保育園は、私的には保育所となんら変りないって思います。
今の保育所でも運動会やバザーがあり、今の時期もプールは毎日、以外も公園毎日、工作や、絵本、皆で歌ったり踊ったり。

保育園と内容も変らない。だからそう思う。
ただ幼稚園は楽器をやったり、英語をやったり、実験したり・・・・学ぶ事や刺激も多いところなので、やっぱり幼稚園に入れたいです希望は。
息子くんには合うと思うし、伸ばしてあげたい。


かたまった。

なので第一は幼稚園を目指し、最終的には保育園の発達障害の枠で、と考えがまとまりました。保育園はもうどこでも入れればいいです。
ただ仕事を年内に探さないとヤバイです。普通に働きに出たら、子供が癇癪を起こし、特に療育へ通うだけあって、やっぱり凄いので、それが心配。
内職目指していざススメ~。目標がだいぶハッキリしてきたので、落ち着きました自分の気持ちが。幼稚園も、保育園も入れないかもって心配もなくなった。


明日、区役所言って聞いてみようっと。
手順がわかんないのです。必要な手順と、いるものなんか、それに発達障害の枠の事も聞いて。とにかく行ってみよう。

療育が月初めは休みで、先週は体調不良でやすみました。
2週連続で行ってないことになります。今は癇癪も体調不良もあるからか落ち着いてきた。今週はお盆休みで次回は8/22の金曜日。またプールです。
もう療育がサプリメントみたいな、それ以上かもしれないけど、親子で必要不可欠な存在になってます。

3歳弁当。
お誕生会が保育所でもあるそうで、今日メッセージを先生に渡しておきました。
きっとその時に渡すのだと思います。ケーキの注文しなくちゃ。プレゼントはもう買ったけど、ん~クリスマスにまわすかも、だって電車のおもちゃは今は禁止令ですから。


晴天日 (1).JPG

9月願書配布、10月願書提出で、結果は来年1月~2月。
でも慌てる事無く、坦々と事務的にこなしていきたいです。
だいぶこの先のことが固まってきたので、一安心。


療育を受けたおかげで、最終的には子供にとって一番いい方法での入園を目指せそうです。だから療育を受けてよかったです。
幼稚園に入ってから指摘されて発達診断を受けてくださいっと言われる場合もあるそうで、そうなると早めの療育をしておけばよかったと後で後悔しなくてすむ。

本当は診断受けた方が良いってお子さんは実際にはたくさんいると思います。まわりを見てるだけでもそう思います。療育をすれば世間様には、色々言われたり、そういった目線もあることでしょう。実際にはあります。でも結果的には子供に出来ることを出来たわけですから、どんな差別というか苦境があってももう子供とのんびりやってきます。


世間様をとらなくて本当に良かった。
正しい選択が出来てよかった。
また世間様に色々と冷たくされてよりいっそう親子で強くなった気がいたします。
療育を受けたいって思った地点で、私は離婚して1人になってでも、子供にとって良い事をしてあげるつもりでしたし、旦那さんは理解のある方だったので、よかった。

もし理解がなかったら、私ならだまって療育へ通います。
自分の親や親戚に反対されて行けない人がいるけど、大変な環境だと思います。
でも私なら自分の家族と縁を切ってもいいから受ける事を選択したと思います。
親にしか子供は頼れません、だから正しい判断をしたいです、これからも。
大事なのは自分の家族ですから、子供、旦那さん、ペット・・・・。


とにかく今日は夫婦で、就園の事を調べて話し合いましたが、意見がまとまって良かったです。ネットでの情報は早いですね。

コメント(0) | トラックバック(0) |2014年8月12日 00:40

療育日記 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/991

コメントを投稿





3歳手前
FX会社通貨数