ジャムおばさんの部屋 TOP >  息子 >  親子えいごくらぶ トラブル

親子えいごくらぶ トラブル


本日のえいごくらぶはトラブルDAY



先生がです。

いつも2人でやってる英語ですが、しきっている先生がアメリカへ行ったので今日は助手のteacher jyunnkoでした。この先生は遠くから来ていて、車での玉突き事故が発生して大渋滞で1時間くらい遅れました。

2クラスあるのですが、結局2クラスが合同で行いました。
ベビーちゃんクラスと今年幼稚園クラスの2クラスでの合同は、そりゃ~大変でした。
ベビーちゃん達は走り回り泣きわめき・・・。

とにかく人数が多すぎて、いつもと違うメンバーで息子くんも手間取っていた。
もう帰る~ってなって泣いてた。

先生が来るまでの間は、みんなで公園で待機。ある親子は英語がはじまって10分で帰りました、用事があったんでしょう。


jyunnko先生はいくつか英語教室をもっていて、そのたびに車で遠くからやってきます。週150km運転してるそうで。4週連続で、渋滞で運が悪かったみたいでした。
公園では楽しく遊んだし、私的にはなんだか楽しかった。
だから今日の英語クラブはいつもより時間が長かったし、なんだか長い一日だったように思います。10時~12時までかかりました。

クラフトライムはWhaleです。

ウェイ.JPG

足で踏んづけて、バキバキやってた。やめて~
公園で少し遊んで帰宅。

クラブのママさんから英語のDVDを借りました。うふ
みんなレベル高くて圧倒されます。ママがペラペラな人ばっかり。
先生のアメリカお土産あるかな?って考えるいやしい母でした。





jyunnko先生から聞いた話です。

ある女の子(幼児)がいて、英語での成績がとっても優秀だったそうでした。
誰よりも出来て素晴らしくて。その子のママはとっても厳しくて、その子がテストで92点とった時、なんで「100点じゃないのか」ってそりゃもう激怒したそうです。

で、どんどん女の子は成長していき、得意だった英語もそんな調子で進んでいったので、ある日ひねくれてしまったそうです。今では学校には行かず不良になってしまった。

っと。教室の子なのでしょうか?英語クラブではみんなのママはある程度教育したい気持ちがあるから来るのでしょうが、その辺気をつけないといけないわね~的なお話がありました。

そのつど、そのつど褒めてあげる事が大事ですって。
うん。だって私も母に褒められたコトは一度もありませんから。「良く頑張ったね」も言われたことがない。だから自分の子供には何度失敗しても優しくしてあげたいし、いつでも帰れる場所を作ってあげたいと思っています。自分と同じ寂しい子供時代をおくってほしくないからです。

学校の先生に言われた「よく頑張ったね」って言葉がいまでも忘れられない。
11組12組の先生だった。身体や心神障害者のクラスの先生でしたが社会の先生でもありました。もう亡くなってるでしょうけど、大人になって時々犯罪者側になりそうなくらいに辛い事があった時や、ねじれそうになった時には、思い出すと励みになります。

残念ながら大人になって励まされる言葉というものを親に頂いたことはありません。
そう考えると息子くんにとっても偉大となではいかなくとも、いつも見守る優しいお母さんでいたいって思います。だってあれだけ感謝してた母でさえも、今ではあんまり思い出せないからです。息子にとって消えていく存在になる母親にはなりたくありません。そう思いました今日常々。

コメント(0) | トラックバック(0) |2014年2月20日 15:32

息子 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/833

コメントを投稿





親子えいごくらぶ トラブル
FX会社通貨数