ジャムおばさんの部屋 TOP >  息子 >  保育園へ

保育園へ


貴重な時間



リフレッシュ保育の日でした。

月に2回ほど、保育園に預けてます。
今日預ける時に、持ち物の服を広げて、
「あ~長袖しかない・・うちの園の子達はみんな半袖・・ちょっと熱いよね~」っと。
それから「来年、入園は予定にありますか?」
me「いいえ」
すると「入園しちゃえば慣れるんだけどね」「毎回色んな保育園に預けたらね~」。


毎度の事ですが、保育士さんってみんなこんな方なにかしら。って。
とにかく、ま~イヤミが多いこと。

「リフレッシュ預かり事業」は名古屋市内で2012年~はじまった制度。
利用は月に1回か2回。1回で預かる子供の人数は2人。計月に4人まで。

タダでさえ大変な仕事に、リフレッシュが加わり、納得しない保育士さんもいることでしょうとも。
しかしながら、言い方は大事。私も改めて普段のものの言い方を見直しましたとも。
ストレスが最高潮に達したら、やはり人間。園児か親か・・どこかに行くんでしょうね。


ネットでこんなの見てビックリした。
産後に仕事復帰して、職場は保育園。
先生達の会話は、親の悪口か、園児の悪口のみで、非常に働きづらい・・・。
と言うような内容だった。


ビックリだった。

リフレッシュするためにあるのに、今日は園から帰宅しても、気が休まらなかった。
2個の園に、月1回づつ預けてるけど、自宅から3分の保育園はそんな感じ。
もいいっぽうは全くイヤミなく感じはいい。


一番いい保育園は、やっぱり見ていても分かる。
支援センターになってる保育園。
確かに先生が器用。あらゆる部分で、この人達はきっと別に+で教育されてるのかもしれない。マイナスな事はいっさい言わない。
支援センター行くと、そういった先生と子供のやりとり見てると勉強になる。
ずいぶん私も器用な母になってきたおかげで。

今日は色々考えて、結果。
大変な保育士さんは、きっとどこかで無意識のうちに発散しているんでしょう。
だから私はボラランティアのつもりで聞いてればいいかな、と。
あらゆる事を言われますから・・。
たぶんもともとそれが仕事として生まれた宿命かも。
今までもそんな人生だし。誤解とか勘違いで不運をこうむって・・。
良く相談もされるし、やつ当たりもされる人生。

それは他人の弱い部分でもあり。、長くそれを見ていると、やっぱり人間の弱い部分を学んでいるんです私も。それが課題かもしれないし、そうじゃないかもしれないけど。誤解。多いですね。
でも誤解をとくだけの人生で終わりたくないから、放置します。
それだけで終わっちゃいます。まるで裁判中みないな人生で終わっちゃいそうだから・・。


スピリチュアルの世界では人にした悪い事は必ずめぐって自分に帰って来るらしいので、例えば酷く他人を憎む出来事があったとしても、仕返すのは自分の仕事じゃない。神様か、もしくはスピリチュアルリズムでそうなってるのか?
わからないけど、今の人生で受けなくとも、次の来世で受ける事になるらしい。


それを知ってからずいぶん私もやり返しはしなくなりました。
今思うと非常に子供っぽかった。



朝、掃除してこれを作った。


お弁当キット (1).JPG

パスタが太くなっちゃった。弁当箱が少し大きい。

お弁当キット (7).JPG

そしてジャーキーと長いカルパスみたいなウインナーを食べた。
アメリカ人のあみやげ。ごっつ旨い☆

ペコ秋 (5).JPG


そしてベタンダでバラをチョッキン。

ベランダに置いとくにはもったいなくて、いつも見える食卓に。


ペコ秋 (6).JPG


昨日の晩御飯。

野菜たっぷりパスタ。

ペコ秋 (4).JPG

ペコ秋 (3).JPG


そして秋バージョンのペコちゃん。


ペコ秋 (2).JPG

子供をむかいにいって、小児科→公園→スーパー・・・。
時間 間に合うかな?


むかいに行ったら、入園時期なので希望者の方が事務で説明聞いていた。
保育士さん忙しい時期ですね。
もっと給料増やしてあげてほしい。高級マンション住んでて、ブランド服来て、預けてる方いっぱい見ます。

子供にあったら、顔中鼻水のかたまりだらけ。ビックリした。
しかも首もとまでベタベタになってる。
本当に忙しいのでしょうね。
中身を知っちゃうと保育園てどうよ?って思っちゃうから、入れるなら仕事さがしてみようかな?っと最近は思っていたけど、ちょっと思いなおしちゃう。


なんだか入れること自体が可愛そうと思う反面、入れたい働きたいとかも思う。
葛藤なんでしょうね。みんなそうですけど。

近所の人に保育園入れたほうが発達早いし、子供にとってもいいよ。
って言われるけど、自分が1歳で入って寂しい思いした事を鮮明に覚えているから、それも考えて、保育園で過ごした思い出しか残ってないくらい、むしろ家族と過ごした出来事は小学校以下は全く記憶にない。


色々聞いて、集計結果とっても幼稚園選びでさえも悩み、
こんなに悩むとは思ってもみなかった。まわりのママさんも同じ悩みで、その話ばっかり。


コメント(0) | トラックバック(0) |2013年10月 2日 15:02

息子 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/728

コメントを投稿





保育園へ
FX会社通貨数