ジャムおばさんの部屋 TOP >  息子 >  凧揚げ 2回目

凧揚げ 2回目


週末にはまたまた凧揚げ


週末にまた凧揚げに行ってきた。
昨日は、散歩もいっぱいしたので、海を見ていっぱい充電できた。



新舞子マリンパーク。
自宅からだいたい車で30分くらい。夏には海水浴場となる海です。
この前は凧揚げして終わったけど、昨日は凧揚げして、大きな長い橋を歩いて渡ってみて違う景色を見たりした。

着くなりストライダーで遊んでた。だいぶ上達したね☆

新舞子はし (4).JPG







凧も高く揚がったわ!!
息子ちいさいね。遠いから。凧が爪くらいになるまで高く高く高く・・・・

新舞子はし (10) - コピー.JPG



橋を渡ってみた。
橋は渡った事はなかったけど、部活で来ていた学生君達がひょいひょいと軽々渡っていたので、私も橋を歩いて向こう側に行ってみたくなりました。
橋の向こう側には新舞子の名鉄駅があった。名鉄電車でも来られそう。
橋を渡って向こう側に着くに15分ほどでした。意外と時間かからなかったわ。
橋を歩く直前の景色。

新舞子はし (14).JPG

この橋を渡った。

新舞子はし (3).JPG




橋の上からは、まるで別世界の景色が。
広がる海はキラキラ光って、遠くには大きな船が。
そして橋の後ろ側を見れば、山々が、雪が白く積もってアルプスみたいだったな。

新舞子はし (24).JPG


右側に海と浜。
向こう側には山々と、また海。右、左、後ろととにかく海が広がる。
ここは島のようですね。海水浴場もここから見れば小さい。でも夏には特に祝日にはぎっしりな人で賑わう。平日はそれほどでもないけど。今年の夏はここの海へ通いたいと思ってます。そんなに遠くなしし、駅から歩いても、車でもどっちでも行ける。車だと全く海は見えない。だからあえて電車+徒歩で行ってもいいかも。

新舞子はし (29).JPG


向こう側にも、降りられる浜があった。
近くにサーフ小屋のような場所がある。
むこうの岸からはヨットやジェットスキーを楽しむ人が利用する。
小さな海岸だったけど、真っ白な貝殻がぎっしりと敷き詰められて、まぁここは貝殻の、まさにじゅうたんでしたね。だって貝殻が何センチも、たぶん10cmとかビッシリと、隙間なく敷き詰められてたから。

新舞子はし (32).JPG


ぎょえ~。
東急ハンズとかで売ってるわこの貝。
とにかくいっぱいあるのでビックリ。

新舞子はし (33).JPG

大きな貝を拾って持ち帰ったわ。
海水浴場の方の海では小さい小さい、数ミリだけど可愛い貝がいっぱいよ。

新舞子はし (34).JPG


橋の向こうは田舎のコンビにがあった。
小さくて何も売ってないような。
レジの奥には沢山の荷物や書類などが山済みに。
お爺さんとお婆さんがやってた。
きっとここはタバコとコーヒー缶で儲けてるのね。沢山あったから。


踏切が田舎っぽい。
潮の香りが漂う街って素敵だわ。
海が見える橋もね。引っ越そうかな?って考えたわ。
海が見える街に住みたいもの。高層マンションに住めば、今住んでる場所からでも遠くに海は見えるけどね。とにかく海って大好きよ季節を問わずね。


新舞子ファインブリッジ。
新舞子マリンパーク。
ブルーサンビーチ(人工海浜)。

ここの海では魚釣りも出来る。ゴルフ場、デイキャンプも。


新舞子マリンパークの歴史

新舞子マリンパークは、港湾の環境整備を図るために南5区埋立地の一部を整備し、平成9年(1997年)4月29 日にオープンしたそうよ。


海水浴客は13~15万人の利用者が来ます。
長さ400mの海浜は、長崎県壱岐島産の海砂を使用しているそうだよ。
ここはかなり深い海で、波はゆるやかです。去年、子供は大はしゃぎで泳いだわ。
今年もいっぱい海へ行こうっと。


コメント(0) | トラックバック(0) |2015年1月19日 18:03

息子 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1150

コメントを投稿





凧揚げ 2回目
FX会社通貨数