ジャムおばさんの部屋 TOP >  ●手作り小物 >  沖縄の思い出ハウス

沖縄の思い出ハウス


海岸の小屋物語


沖縄に行ったのは2015年の事だけど、最近の事のように感じるけれど、もう2年が経つんだ~。

帰宅後に、このキットを購入して保管してあった。沖縄の思い出を形にしようと思っていたんだけど時間がなかった。出産前に作ろうと思ったのだ。

1497360818197.jpg


昨夜、深夜遅くまで作っていた。
屋根にはこれから石を貼り付けようと思ってる。


1497360833120.jpg


横は自然な感じ。青いラメは海の泡を表現してるのです。
海が本当に綺麗でしたから。想像すれば、部屋の外には沖縄の青い海がリアルに広がってくる。そのくらい鮮明に覚えている。

1497360839999.jpg


裏側もそれなりに。
こんな感じだった。南国~って感じだわ。貝は日本の海で拾ったもの、琉球ガラスは沖縄で買ったもの、サンゴは沖縄の海で拾ったもの。作ってる間も海の香りが残ってるんです。貝も、サンゴも潮の香りがしていい気分だった。

1497360858496.jpg


以前、子供が妖精ハウスを作りたい~っと言っていたから、これが妖精ハウスだと思ってるみたい。後ろの窓から妖精が入ってくると話していたのだ。愉快だな~。中に電球を入れられるようになってる。

1497360825917.jpg


幼稚園へお迎えに行くと、自転車で公園へ行くとねだる。
4時頃公園へ行った。お友達がいっぱいいて、みんなで探検ごっこして遊んでいた。保育園の子も年中の子もみんなでぞろぞろと公園を駆け巡ってた。

1497360809674.jpg

最近は、子供がぐぐんっと大きくなった。
いつも頭はお友達と遊ぶことばかりで、テンションも落ち着いてるし。かなり私から離れたって感じ。あっという間だったな~。お母さん大好き~の言葉も減ったな。それに約束も守れるようになったし。もう少し後でもいんじゃないかな・・。あれほど心配していたけれど、離れるのが早すぎるのも寂しいものだな・・・どんどん離れていくと、あ、女の子ならずっと先までの付き合いがあるからいいな・・っとか思ったり。女性同士の話がずっとずっと先まで出来るのって素敵だなって。同性ならこれから先のママの人生も変わることでしょう。だって孫にだって遠慮でしょ。娘の子ならっとかね・・・。男は離れたらもうそれがずっとだし。自分の人生生きるか~みたいな感じ。


いっぱい親孝行してもらったな。
小さい時こそ親孝行なんだな~。
公園でママとのトークもできた。2人目の赤ちゃんは余裕があるからめっちゃ可愛がるよね~っと。そうなのかな。まぁそうでしょうね。赤ちゃんは何人いたって可愛い。産むのが大変だから誰かが生んでくれるなら何人でも欲しいな。


コメント(0) | トラックバック(0) |2017年6月13日 22:43

●手作り小物 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kakiran.info/mt/mt-tb.cgi/1807

コメントを投稿





沖縄の思い出ハウス
FX会社通貨数