2021年2月アーカイブ





もうすぐトドラークラス卒業します


次男君はベビーからずっと、お兄ちゃんと同じ英語教室へ通って来ました。
お兄ちゃんは中学年コースです。


お兄ちゃんもベビーから通っていますが、親子で教室へ入れるのはトドラーが最後なんです。
寂しいです。幼稚園へ行ったら(幼稚園コース)1人で通います。

「おやこえいごくらぶ」と言うだけあって親子で英語をやる意味がちゃんとあって、それがとても大事なんです。

でも幼稚園へ行っても宿題とか家での英語が続いていくわけです。親子で通うのは親も発音の練習になるし、英語の雑談話とかも勉強になったり参考になったりします。親も楽しく英語に触れることができるから親子で通えるのはお得なわけです。


それがなくなりますから、親は教室前で預けて、受け取るだけになりますから、英語もちょっと意識しないと遠ざかっていくわけです。
お兄ちゃんが幼稚園コースに入った時、そうでした。拍車もかからないし・・・。


次男でベビーからまたお世話になるようになって、また英語頑張ろう!!って思いまして、もう4月から年少だから赤ちゃんの時は余裕がなくて2人とも英語は旦那さんがワールドファミリーのテレフォンイングリッシュやスカイプなどのレッスンをやってつないできました。でももう少し進んだ英語も私にだってできるわけです。幼稚園レベルくらいなら出来ます。頑張ろうと思う!!!


幼稚園ではゲームとかで遊び感覚でやれるので、まだまだ可愛くてやりやすい。それが小学校へ入ると学校の宿題やら友達との遊び時間だったり、他のお稽古だったりで忙しくなるので、ちょっと本人が嫌になったりもしてくる。っというかそういう時期はだいたい来る。今の3歳くらいはまだやれる!!って思いますね。



英語は工夫次第です!!




全部揃ってないのです、無くしてるんです。

でもこれで並べて、間違ってるけど発音しながらABCの歌を歌うのが好きみたいです。アルファベットが大好きなんです次男は。


KIMG3265.JPG


次男が通う幼稚園でも英語は入っています、他にもダンスや体操も入ってますが、より意欲的にできそうです。
今はコロナのことがあってワールドファミリーでの英語イベントも、キャンプも中止になってますので、より遠ざかっています。それでも月数回のパソコンや電話でのレッスンは続けています。なによりもそれは大きいと思います。

だって一緒にパソコンの前に座って、海外の先生とつながってやるのですが、何言ってるか私にはさっぱりなんです。でも子供はちゃんと英語の質問を聞き取っていて、答えています。そんなにガッツリ英語をやってきたわけではないのですが、たらたらと続けてきましたが、やっぱり年月が経つと、やっただけの事はあるなって思います。文章とか単語もそんなにやってはないですが、聞き取る耳はしっかり育ったようです。


子供の英語教育については、親がやれる範囲でやれるだけ精一杯やろう、そしてその後の事は本人にまかせてみよう、っていうスタンスです。基礎だけをしっかり作ってあげたいって思います。後は本人がどう活用してやるのか止めるのか?それも本人が決めることです。親は所詮はこれくらいしか出来ない存在です。いつからでも本気で全集中でやれば、英語だってやれないことはないでしょう。ライティングとかは後でもやれるように思います、とにかく聞く耳だけでもっと思ってます。

お兄ちゃんは特に英語を面倒くさがったりしますから、英語を続けるだけでも奇跡のようなことなんで、次男はそうでもないけど。次男はひらがなも全く教えてないのに、部屋の壁にポスターを貼っただけで覚えてしまっている状態です。

もともと発育は早い方で、ダンスも音楽も大好きだから、子供の英語ってリズムとったり、音楽も歌も入っていますからより向いてるなんだと思います、英語の教材そのものが。動画も絵本も。英語も、アルファベットのポスターを貼っておいただけで勝手に覚えてしまう勢いです。ペンでタッチすると音声が鳴るポスターもありますし、ペンでタッチすると英語でしゃべる絵本もあるんです。


その英語の絵本や教材は本当に1人で勝手に遊びながらやってるので、勝手に覚えてくれます。基本、我が家には無駄な玩具はないんです。何とかレンジャーとか余計な玩具がなくってだいたいは何かしら学べる的な教材の玩具が多い。絵本や動画が好きな次男はもうまさにそういった教材が大好き、英語もそりゃあ入るわ~って思ったわ。

お兄ちゃんの時は、DVDばかりでした。
ディズニーやあらゆるDVDを英語で見せていました。お兄ちゃんは映画が大好きなので、ずっと映画を英語で見る感じでした。教材もあまり好まなかったです。工作は嫌いな方です。


次男の場合は、教材大好きで教材のDVDや工作、それから動画が大好きです。映画というよりはYouTubeで英語の歌のメドレーを動画で見続けるのが好きです。YouTubeの英語の歌は1時間とかずっと流れているので、親も助かります。また次男は他人が言った事を繰り返すことが好きなようで、またそれがたまたま英語をどんどん口に出す機会につながってる気がします。工作も大好きです。

子供によって好みや性格とかが違うからそのつど、その子に合ったやり方に合わせてやってきたけど、それでよかったんだ~っと今思えます。
これから幼稚園に入ったら、英語を使ったゲームや工作遊びをいっぱいやりたいと思っています。子供が2人ともいない時間がいっぱい出来ますから、私も準備が出来る時間をとれるので、やれるな~って思います。


ずっとプレステ3がつながれたテレビを愛用してます。
他にはトルネとリージョンフリーのデッキもつながれています。
プレステはDVDの鑑賞、トルネではテレビの録画に使っていただけだった。
で、プレステ3でYouTubeやアマゾンプライムも見られるって次男が産まれてから気づいたんです。それも1年くらい前からですよ~~~。あ~もったいないな~って。お兄ちゃんの時はわざわざ隣のパソコンのある部屋に行ってYouTube見せていたので、飽きたり1人だと落ち着けなくて見れなかった。いまは次男がリビングで教材のDVDやYouTubeの英語の動画を1つのテレビで見てます。便利ですね~、プレステって便利です。



英語教室で、ティーポットの歌をちょうど歌っています。
なので、それに合わせてこんなお風呂で遊べるものを作りました。魚や肉のパックを利用して絵を描いてカッターで切り抜きました。これ裏側を濡らすと壁にペタッて貼れるんです簡単に。それで、自分用にも歌の歌詞を書いてみました、だって覚えられないから。いちいち見ながら歌うわけですね、ダサイですが、これでもいっぱいいっぱいなんです。これは先週に作った工作です。次男はこれはとってもお気に入りで、よく歌うようになりました。ティータイムのおままごとにもよく付き合わされるようになりました。玩具の小さなカップにお茶を入れて歌いながら飲んだりします。またこの歌の色んな人は投稿した動画も一緒にみます。可愛い歌ですね。

KIMG3559.JPG


KIMG3563.JPG

工作、絵の具、粘土・・・・っと家でもいっぱいやりたい事が多いので次男は、つきあってますが。いちいち英語で言える部分は言ったりしてます。色や形や他にも色々です。英語は英語って意識させるんじゃなくって、ひらがな、カタカナ、英語、漢字、ローマ字・・みたな感じで自然になるべく身に着けられるように工夫はしてます。


1日1フレーズ的な英語の本も実はわんさか持っています。
忙しすぎて活用していませんが、これからは少しは使いたいですね。
お兄ちゃんの時は本を常に開きながら英語で声掛けしたりしてたな~。続かないですね・・・。
自分が英語出来たなら、きっと完璧に子供達にやれたと思います、私の場合は。やれることはけっこう工夫したりしてやっちゃいますから私の性分は。ただ出来ないから困ってるんです。英語が出来ないってちょっとコンプレックスに感じます。これからは私もせめて短い分の声掛けくらいはやろうかな?

ワールドファミリーってもうほっとんどがママが英語ペラペラなんですよ~。
なんで?ならなんでやってるの?高額だし・・とか思います。
でも親がペラペラだからと言って子供が英語を習得できるわけではないんですねきっと、だから入会するんだよねきっと。キャンプイベントなんかもうみんな英語ペラペラですので、私は参加すると片隅で小さくなっていますが、ホントに嫌ですねそういうの。人間力もないし。もう頑張らないといけないわね。



青い空が好きです、白い雲も。
空は色んな色になりますが、瑠璃色の空は本当に綺麗ですね。

これからはもっと自然をイメージしたレジンアクセを作りたいな~っと思っています。
空だったり、森だったり、湖だったり・・・。

子供の世話もあるし生活が忙しすぎてやりたいことがまだ沢山出来ていないんです。
でも忙しいと、空みたいにまったりした平和な時間が余計に凄くまぶしい。

忙しい方がやりたい事のリストがどんどん出てくるっというか、逆に子供がプレの幼稚園へ行ったりしている間に、本当は何か1つでもレジン作ろうっと思うけど、なんだかただ、だらだらを楽しんでいたり


ただお菓子食べて録画見て、ユーチューブ見て・・って・


だらだらできる時間って贅沢ですね。
それもずっと続くと苦痛になったりするんですよね。


KIMG3595.JPG

飛行機雲を見ると、見えなくなるまで眺めていたり、あの飛行機どこへいくんだろう??みたいな。紙飛行機みたいな飛行機と空をテーマにしたアクセを作りたい。

それもどれも時間がいるんだけど。
まだ多くのことを表現できていない、全然できていない。

最近は子供の歌のオーディションのユーチューブを見るのが好きです。
自分に唯一かけているものって、来世にはあったらいいな~とか


思うわけです
子供の頃から生活に余裕がなかったし、母も音楽って全く興味なくて、そういう環境とリズムを取れない自分もあるけど、海外の歌の上手い子供って本当に感動します

特に男の子の歌声は個性もキーも高くていいですね。
女の子はいっぱいいますね、みんな可愛くって

なぜあんなに歌がうまくて、可愛くって・・・って疑問です。
そうやってそろってる事が奇跡みたいな事です


中学生の時に自分のお金でCDMDミニコンポを買いました。それがもう今26年は経っているのに何とか動いています。でも丈夫で音声がいいですね、一時MDがなくなったので、時代の流れで、最近はまたそういうのが流行っているみたいですけど・・・。


フィリピンとかアメリカとか音楽をすごく必要としてる国って素敵って、子供の時からいっぱい聞いたり歌ったり。日本は日本の民謡とかなんか違うな~っと

でもどの国の子供も天才的な歌声は本当に喉がどうなってるの?っと思いますけど。
いいな~っと思います歌がうまい人って。カラオケバトルとかも見ますけど、美しい歌声ってきくとすごく感動します。私とは無縁のような世界になっちゃってるほど無縁な感じですが歌や音楽は聴くのが好きですね私は。本当はライブに行くのも好きです。


KIMG3612.JPG



長男君は私に似たんでしょうね、歌は上手ではないです。
でも最近ピアノに目覚めて習いたいって言うんです、空いてる教室がないので今は、小さなおもちゃのようなピアノ付きの絵本がありますが、楽譜もついていて、それを見ながら弾いていいます。

長男はいつもやるき0な感じで私に似てだらだらするのが好きです。
でも時々、何かに目覚めたら物凄い集中力で何かに取り組んでいたりします。


玩具のピアノですが、2,3日ほどでエリーゼのために、のはじめのあたりを弾けるようになっていました。はやり集中力って大事ですね。全集中することが習得のスムーズさにつながるように思います。ピアノを弾いている息子はたんじろうそのものでした。

習わせてあげたいですね。でもサッカーと同じく熱しやすく冷めやすいんだろう、きっと続きはしないだろうと思います。


次男は音楽感覚が優れている旦那さんに似たんだと思います。
産まれた時からリズムをいつもとっていて、もう小さい時からリズムに乗って歌ったり、踊ったり、しかも音程がちゃんととれていて、自分にはそれがないので、音程がとれるってこれは生まれつきの遺伝なんだな~っと。


そういうのって生まれた瞬間から個性がはっきりと出てくるんですよね
私は母によくあなたは何も開花しなかった的なことを言われてずっと育ちました、なので自己肯定感が低くいつも自信がない子供でした。母にとっては子供はきっと何か自分にとってプラスになるような存在でないといけないっていうのがあったのかな?


私は長男は発達が遅れていたので大変心配したりしましたが、その時にもう生きていてくれればそれでいいから・・・って思っていました。

才能がないことで、色々出来ない事が多かった私に母はずいぶん酷い言い方もしましたが、私はずっと出来損ないの人間って自分の事をずっと思って来ましたから、自分が母になってやっとそれも少しは分かるけど、そういう風に思って子育てをするのって嫌だな~って思います。自分を好きになれないですね。


才能よりもまず生きてることも、この時代当たり前じゃないし。かといってそれでそこで止まってほしくもないけど


子供の才能とかそういう事ってすごく親に余裕とかパワーがないと付き合ったり、発掘したりできませんよね。特にスケートはまずお金がないと続けられないし。だって3食食べさすだけで終わってくもの、好き嫌いが多いし、4人家族で、毎日ほぼ4つのメニュー作るし。みんな好き嫌いがあるからそうなる。


一部のお金持ちで、才能があって・・だからもし誰もが例えばスケートを体験したらもっともっとスケート、他にも水泳とか色々な競技とかでもそうだけど、もっとすごい人が出てくるんだろうなって思います


特にスケートってそうだなって、私もやりたかったけど金銭的にやらしてもらえなかったんです。お稽古は全て母が決めたものしかやれなかった、それも週4とかです、苦痛でしかなかった。

自分でやりたいと言ったことは1つもやらせてはもらえなかった。そもそもそこが、私のやる気を奪ったんだと思います。それで結果が出なくて、母の私への態度がどんどん冷たくなった。

なんだか人間は才能がないとダメみたいな。
ずっと人として否定されて育ちましたから、すごく心もねじれた子供だったんです。本人がやりたいことは徹底的にとはいかなくてもまずはチャレンジさせてあげたいな。

色んなことが出来ない子供に母親が愛想尽きて突き放すっというのも絶対にダメだと今自分が親になって思います。母にとって私はアクセサリーみたいな感覚だったのかもしれないけど、私は大人になってもずっと今でも何かに成功したり達したりしてもまだまだ自分はダメダメって評価しちゃいます。癖みたいに。

だからこういう子育ては絶対にしないでほしいなって思います。
何をやっても否定されて、人格や、私は自分が生まれた事さえもダメだったんじゃないか?ってもう小さい時から毎日感じて悩んでいましたから。また小学生の低学年の時からこんなダメな自分が生きていてもいいのかとか?失敗作だとか、そうやって毎日無駄な悩みとかで押しつぶされそうで・・・


もったいない、そして母のネガティブな言葉1つ1つがもう無駄な時間だったと思います。子供を否定する、私はこれも虐待だったと感じていますが、小さな子供が出来なさすぎる自分に悩んで死にたいとか、それも母に嫌われたりしてそれが理由で死にたいとか、じゃなんで産んだの?とか、小さい子供にそうやって思わせる育て方は絶対にダメだと思います。私は生きてることそのものが辛かった子供でした。


母も余裕がなかったり母自身もそうやって育ったのか?は分かりませんが、私は母ってすごく恐怖や支配やもう高校になる事には自分が少しおかしくなちゃっていたから、今でもその母の言葉や態度を思い出す時は恐怖でいっぱいです

アメリカの歌のオーディションはだいたい、脇に見守ってる、応援してる家族の姿があるんですよ。ただ才能とかだけじゃそういう場には行けないんじゃないのかな?って思います。私には家族ってただ苦痛な存在でした、メンタル的にも肉体的にも他にもですけど痛かったり我慢したりもう家こそが辛い場所でした。

大人になって解放されて本当に最低限の平和をもう大げさに幸せって感じました。だからスタートがそういうふうだから、もっと恵まれた家庭に自分がいたら今とは何かが違っていたように思います。

母はもう才能とかそういう事にとらわれてしまって、自分の過去のやきりれなかった事を私にやらせたかったのか?子供は親のアクセでもないし、親を救ったりするためにいるわけでもないし。正直、そういう人には親になってほしくないなって思います。本人だって幸せじゃないいだから親にならない方がいいのかもしれません。親にならないといけないのは義務ではないと思います、子供を産んだら虐待せずに育てる事は義務ですが。バブルの中の時代はみんな義務のように結婚したり子供をもったりしていた時代なのかもしれないけど・・・

大人になって社会に入って、そこではじめて人間として本当に優しくてもらったりしましたから。社会という場所がはじめて自分を人間として扱ってもらえた場所なんですね。社会って素晴らしい場所なんだなって18歳の時に思いました。

腑に落ちなくても、不当な事もあったけど、それでも子供が親に否定され続ける辛さにくらべれば、社会の厳しさなんてどうってことなかったな。むしろ子供時代に心がなくなっていた私には愛情さえ感じました。人はみんな優しくて、思いやりがあって。

今でも辛いことを乗り越える時に、あのときによくしてくれた人の言葉とかを思い出して、こんな自分でも良いって思ってくれる人もいるんだって、感じることが出来たんです。辛いって感じた時には、自分を思ってくれる人を裏切らないためにも生きようって思えます。自分を信じてくれた人をがっかりさせてはダメだなって。

出来損ないの子供だって親がちゃんと愛してあげたら、後には色々頑張ったり色んな分野で発揮できたりするんだと思います。

旦那さんは会社員だけど、頑張って会社辞めずにえらいなって思います。
自営でもなんでも、結局はちゃんと社会を知っておかないと損をしてしまうって思います。

もし私がもっと早く、世の中の社会を知っていたら、母の言葉に翻弄したりせずに済んだように思います。私には父がいなくて母だけだったので、母の作る家庭の世界が、すべての世界だったのです。


社会は厳しくてもそこにはその厳しさの意味があって、無駄な事はないんです。意味を考えれば厳しい現状も乗り越えていけます。子供の頃の私は暴力や暴言にただ耐えた日々でしたから、よく虐待問題で社会から孤立して悪循環になちゃってて、抜け出せなくなってる状況がありますが、それに似てますね。

私のいた環境もそういう感じでした。
母からは勉強とか将来の事とか、そういう社会のマナーやルールあいさつさえも教えてはもらえなかったんです。母からはそういう支援は一切もらってません。
ただ死なないように生かされただけです。

一切、だって常に母は家にいなかたんです、いてもまともな会話もなかったし。そもそも私を人として否定していたのでろくにまともな親子らしい会話ってしてないんです。

だから思い出もないいです会話での思い出が。もちろん良かったことも沢山あります。常に親が家にいないから、自由だたことはよかたけど。干渉もなかった、っというか放置だったから。

いまならネグレクトって言われてしまような状況の時もありました。カップラーメンが箱買いでどっさりおいてありましたから。勝手にそれを食べてみたいな。

いっつも週末にはお腹がすいたな~って思ってました。

そういう環境で育つと大人になっていざ自分が母になっても、やっぱりものすごく強く意識をしていないと同じことを繰り返すんです。
よく虐待の連鎖って言うけど、私にはその意味がよくわかります。


長男には小さい時ずいぶん酷い事も言ったりしてました。気づくと自分も母と同じだなって、難しんですよそういう環境に育つと、やれないんですよ良い母親とか。だからすごく人よりも私はいっぱい考えたりしてきました。

アメリカの歌のオーディション見てると、そういう事を思い出したりするんです。脇にいる家族の存在がうらやましいなって。その脇にる応援したり、泣いて感動したりする家族がやっぱり子供にとって親はそうでないといけないなって

でここまで失敗続きできましたけど。
厳しくしすぎるのも間違いだと気づきました、特に次男が来てから。
厳しさは必要な分だけでけっこうです。注意はさぼらない方がいいけど、すぐに結果が出なくても子供を信じることも必要だなて。


コーチング講座も、自分の物事の見方を変えられた、私に影響を与えてくれた講座でした。この日本では実行するのも難しい事がありますが、アメリカは日本よりももっともっとコーチングを自然な形で入れてます。

アメリカは人種差別とかもあるんだろうけど、日本の方がよほど差別は多いように感じます私の身にはですけど。だって実の親から差別されてましたから、そういう人間は自分の事も差別するようになります、で他人を差別しますね。
差別って自分にするから他人にもするんですよね。解決方法は自分を差別しないことですね。

今年のはじめのイベント


2021年、今年のはじめのイベントはサロンが企画してる癒し系のイベントでした。
マルシェではありません。占いやマッサージなどが多かったけど、今年コロナの影響で厳しそうだったので、応募できる所へ出店しようっということで頑張って行きました。

室内なので天候の心配がなく、暖かかったですね。
大勢ではなかったですが、この状況の中でも来てくださった方、見て下さったか方、体験や購入をされたお客様には感謝しかありません。


近隣の方々とのお話も楽しい時間でした。
私も可愛い物を見つけました。

大人向けのレベルが高い素敵なアクセとの出会いもありました。
1つづつ時間をかけて丁寧に作っている素敵なものばかり、どれも欲しかったですが、今回は自分が絶対作れないであろう、これです。ずばり何て言うのでしょう?

私も挑戦したけど無理無理、綺麗にはできませんね。
慣れだそうですけど、デザインまで自分で考えて素晴らしいです。


KIMG3556.JPG


KIMG3558.JPG

アマビエは陶器物を売るおじいさんから頂きました。ストラップは買いました。全部表情が違ったりして可愛いです。

としょかん.JPG

KIMG3554.JPG


アルミの板も、ラックも新入りです。
ラックは目につくのか多くの方に見てもらいました。
木製がいいけど、自作しないと無いし、なかなかしっくり来る棚がなかったり、並べるものが多いのもあるけど・・・・

昨日は沢山の素敵なディスプレイを見て勉強になりました。
去年はコロナの影響がマルシェでもありました。

今年もそうですが、予防接種もはじまっていますし、感染者も減ってますので、このまま皆さん頑張って0にしたいですね。

そして近頃花粉が酷くなってきてる。
もう公園もベランダでの洗濯も干せないです。
公園へ少し行ったら、くしゃみや涙や、鼻のムズムズやもうつらいですけど、私も子供もコロナの前に花粉が怖いな~っと、花粉といっても酷ければ喘息、呼吸困難につながって本当に怖い。私、今日は花粉が入ってしばらく咳も呼吸も苦しかった。





和柄のレジン制作

和柄のレジン、これはキットも使ってるんだけどそれをアレンジしています。

KIMG3453.JPG


KIMG3477.JPG


KIMG3489.JPG


KIMG3495.JPG


大人になって、キメツを好きになってからというもの、和柄はすっごく好きになりまして・・
和柄は柄そのものがいっぱいあってデザイン性が高くて、奥が深くとても素敵です。
日本の模様や柄、モチーフっていっぱいあって、しかも日本オリジナルですよね

海外に行くとお土産やさんにはだいたいその国の特有な柄とかモチーフのグッツが売ってますね
トルコだと細かいカラフルな模様だったり、韓国だとハングル文字が入っていたりシンプルな柄が多いですね。
北欧だとまた色も落ち着いていて統一感がありますね、柄も大胆でありながらシンプルで模様も大きめだったり、丸や三角などの形もよく使われてますね


日本の模様特集みたいな本もありますね。
キメツの市松模様は昔からある模様です、もともと日本の模様ですよね、だから著作もとれなかったんですよね、当然だと思います、だってキメツの方がこの柄を逆に使っているくらいだし、使う地点で規制はないしね、また日本グッツではよく使いますしね。著作と取ったら、キメツ以外では一切使えなくなります、もう何万個とありますよ市松模様のグッツや物なんて。私ならそういう発想にはならないですけどね、みんなの、日本の文化を自分達だけのものには出来ないな~。そうしたいなら、だったらキメツのみのオリジナルの和柄を考えて著作とればよかったんじゃないの?って思います。

でもキメツのおかげで和柄の興味をもつ子供達が増えました。
年配の方のイメージが強かったですが、パステルカラーとかも使ったりして、あとはデザインとかでも子供が好きそうな感じの配置とかね、それで和柄も素敵だな~カッコいいな~って子供達も思うようになったんじゃないかな?

和柄のデザインって日本の大昔の人が考えたのかな~、和柄の歴史を調べたり勉強したりしてみたいな
凄いセンスある人なんだと思いますけど、和小物を見たりするととってもほっこりします。京都のお土産屋さんとか見てるだけで本当に楽しいですね。


着物の柄も凄いな~って、家の壁一面に和の模様を描きたいな、習字とかで大きな筆で大きな文字を描いてみたり・・・。
キメツが海外に配信されたりして、海外の方にもっと和の模様とか日本に興味を持ってもらえたらいいな~


ヘアタイってヘアゴムにもなるしブレスにもなります


ヘアタイってすごく可愛いな~って思って、
それで小さなレジンを使ってヘアタイと合わせてみました。

KIMG2948.JPG


KIMG2953.JPG

KIMG2954.JPG


チャームやホイップパーツも使ってみました。
カラフルで可愛い~!!





今年もよろしくお願いします

今年もコロナの影響でこういう状態ですが、去年の春に学校がお休みになって、その頃は1,2ヶ月くらいで解除になるもんだと思っていました。


真面目に思えば思うほど、恐怖とか先の見えない不安が押し寄せてきたりします、なので自分はやれることはやってあとは免疫を信じます。

っというか栄養あるものを食べたり、熱いお湯につかったり、生姜を摂取したり・・色々です。スピルリナのサプリもそうですね。これは凄いんですよ!!!


あとは神経質にならないように気を付けています。
心のゆとりも免疫をあげるのに必要だと自分なりには思っています、あとは好きな漫画を読んだりも大事。心の免疫アップよ~。


コロナの事もあってマルシェも凄い募集の数でもう何かの高校受験なのか?それよりも倍率が高い。とっても当選が厳しい状態です。それでもいくつかは出店できそうなので、今年もゆるゆる~っと頑張ります。


出店しないと調子も悪くなっちゃいそう。
コロナの対策もしながらやっていきます。


「CorSanaフェスティバル第五回」

2021年2月21日(日曜日)
10:00~15:00
岡崎市図書館交流プラザリブラのホール



「第16回 Wingマルシェ」
3月7日(日曜日)10:00~16:00
岐阜県 羽島市小熊町島1-46 羽島wing151


「イルランド・グリーン・フェスティバル」

3/27 11:00~18:00 3/2810:00~17:00

メイカーズ ピア 名古屋


「第7回 Hanaマルシェ」
令和3年5月15日(土)~5月16日(日)の合計2日間
10:00~16:00
フラワーパーク江南
〒483-8414 愛知県江南市小杁町一色


今のところは以上です。
まだまだ応募中です。



カカオ100%のビターチョコレート作り


まさか、こんなにもすりつぶす作業が大変だなんて想像もしてなかった。明日は腕が筋肉痛になるかもしれません

カカオ豆を煎って、皮をむいてからすり鉢で潰して、湯煎してなめらかにしてから型に流して完成。

煎る時間20分~30分ほどずっと混ぜて、1粒づつ皮を剥いて、この地点でもう大変ヘトヘトになりまして

ここからすり鉢で潰して、混ぜて粉にして、さらに混ぜていく作業は時間がかかりました

KIMG3323.JPG

KIMG3346.JPG


粉がどろどろになるまで混ぜて続けて途中で湯煎してさらに混ぜ続けると、やっと型に流せるようになりました

食べるとなめらかな中にざらざらした粒と酸味とこくのあるほろ苦いビターな味わいで、深みのある純粋なチョコレートでした

とても美味しいチョコレートでした、以前からずっとチョコレートを1から作りたいと思っていました

色々調べたけどカカオ豆が入手できないので諦めていましたが、今日のはキットになっていて、購入すれば誰でも家で作る事が出来ます、感激

指導してくれた先生がまだ学生さんで、カカオ豆が好きで自分でカカオ豆を育てたり研究したりしてるそうで、まだ学生なのにチョコレート関係の会社から声がかかり依頼を受けるらしいです

そういう人生の形もあるんだなって子供も勉強になった事でしょう

好きな事を自分なりに掘り下げていったら、依頼が来たりして、学生なのにもう仕事もしてるって凄いし素敵ですね

もっと好きな事をとことんやらせてあげてもいんですね

KIMG3350.JPG

カカオ豆は沖縄県で今栽培してるみたいだけど日本の環境では難しいみたいで先生は自宅で年中28度に保って栽培してるみたいです

以前からテレビでもやっていたけどカカオ豆は現地の小さな子供達がほぼタダ働きの状態で仕事してるんです


私は前から知ってましたからチョコレートを食べるときにそれを思いだすとせつなくなりました

カカオ豆が何になるのかも知らずにチョコレートも食べたことがありません

だから日本で栽培しようと試みてるわけらしいですが

カカオ豆の仕事がなくなったら現地の子供達は大丈夫かなとも思いました、わずかでも貴重な収入源だろうし

はじめて知った時はビックリでした、衝撃でした、地球の裏側の子供達を想像すると辛くて、また自分も寄付くらいで何も出来ないのですよ

ただ恵まれてる事に感謝するだけで。この教室は他にも色々な事をしていますが素晴らしいと感じました

本来は私も何か自然を守るために昔から自分には何ができるだろう?と考えてきました

今は自分の事でいっぱいいっぱいで生きてますが、そういう事も考えたりできる余裕を、もてるように、ならなきゃなと思いました

いつかはチョコレートをみんなが家でカカオ豆から作る時代が来るのでしょうね、こういう活動家たちの影響で

私たちは無意識に、大きな企業が儲ける戦略にはまってるんでしょうね

恵方巻とかもそうですね
自分で考えて判断しないてどんどん知らずに知らずに戦略にはまっていくように思います

私はもう恵方巻は買わない主義になりました!
何の意味もなくご利益もありませんから、しかもあれは男性のシンボルですからね発端は
意味を考えて自分の意見を持って生きたいです


このページの先頭へ
FX会社通貨数