2020年5月アーカイブ




涼しい夏のバレッタ



夏になると凍らせたチューペットやゼリーが子供達は大好きで、今年もチューペット買いに行った。
そんなゼリーのレジンバレッタを作ってみた。ゼリー大きいんです。でもこれくらいバーンとしていた方が可愛んです。緑色は自分用です。



ソーダ味です。

ガラス粒をたっぷりつけてシンプルな感じに。ゼリーが存在感強いです。


KIMG9435.JPG


KIMG9438.JPG


メロンソーダです。
それとクリオネや貝殻のレジンバレッタも作った。
ガラス粒、貝殻スパンコール、ビーズ、貝殻・・など色々。貝殻レジンは、型から作りました。

KIMG9411.JPG



やっとお兄ちゃんが学校へ行ける。
6月からお兄ちゃんは学校へ行きます。

長かった。
2歳児がいると自分が1人になる時間が0です。寝る時だって、起きてからずっと一緒ですから・・・。あんまり長いとちょっと外の世界から隔離されてる状態で、島に取り残されたような感じだった。


おにいちゃんも私もかなり運動不足で、ぶよぶよ。
で、2歳児君も幼稚教室が始まります。トイトレも真面目にやらないとな~。
来年度には幼稚園ですから。

なんだか早い。
色々再開されても、フリマの再開は今年は無理だろうな・・・。
花火やお祭りはすでに禁止になってるから。



でも、作っちゃう。
ワイヤーでもっと色々な形にしたいな。


KIMG9390.JPG


KIMG9393.JPG



夏に向けての涼しいレジン


今、金魚袋おレジンを極めています。
ひとまず2個作ってみた。

和風で、涼し気で・・・。
難しいな~。とりあえずストラップにしたけど、かんざしやヘアアクセにもしようかな?

フリマがコロナですべて中止で、子供達に世話やら色々ととてもハードな生活でやっと学校の課題も今日提出した。
学校はまだお休みですが、6月から再開すれば・・・って流れて活動内容が書かれていました、もらった紙には。もし9月が新学期になればまた変わる事でしょう。


もし6月から再開してもあっという間に夏休みだし、今年は暑そうだから登校も厳しい。
去年から夏休みの学校のサマースクールは無くなりましたし、6月からだと勉強をいつやるのかな?って。図工や音楽、道徳などをすべて削って、さらに時々土曜日も行くとか???今お兄ちゃ漢字ドリルだけでも進めようとしてるけど、3月から休んでいるにもかかわらずまだ1ページしか覚えていない。

だから小3っ漢字の量が一番多いので、少しでも覚えてもらいたいけど、2歳児の世話や家事でお兄ちゃんに付きっきりで教える時間は1日1時間が限度。休み中の課題やらあるし。とにかく閉鎖的っというか自分が、世間から離れてしまっている。仕事をしてる方はそんなに変わらないかもしれません、大変ですがそれも、でも私の場合は家にこもって子育てして・・って本当に、しかもテレビも子供達に奪われるのでニュースもほとんど見てない。より隔離されてる感があって、2歳児と夕方に公園へ行っても誰もいなくて。時々日中に公園行くと誰かしら親子がいて、誰かのママと話すくらい。


でもその内容もみんな同じで、あ~みんな同じだな~って思います。専業主婦は特に外へ出ないとの家族以外の人との会話がないから、なんだか狭い世界にいるような・・・。スーパーで知らないおばさんやおじさんと、ちょこっと喋る事が以前に比べて貴重で・・ってくらい。本当に狭い世界。


やっと慣れてきた。だから手作り物を写真撮ってメルカリに出します。
やっとです。やりたかったけど時間的に余裕がなくて。

もう連続で子供達への注意やらで脳みそも心もいっぱいいっぱい。

手作りはどんどん増えて極める時間はあるかな。
金魚って綺麗、日本の文化ですね。
でも飼うとすぐに死んじゃう。めだかとかも。どうにかして長く上手に育てる方法はないか、それも勉強したいけど・・・。


KIMG8711.JPG

KIMG8704.JPG

水中が好きです。海でも。
水中の様子を表すって難しいな~。泡も適度に入るのがまたいいです。

キメツのヘアスタイルも、赤い色が少しづつ抜けていい感じの赤茶色になった。
でも昨日太陽に沢山あたったら色がかなり抜けちゃった。脱色した色になるんだろうな全部。


鬼滅のDVDが今月レンタル開始だから、それに命かけてるってくらい、重要な事です。
プラバンとか作って鞄につけようかな?旦那さんが今日漫画を予約したんですって。予約期間が半日ですので凄いですよね。漫画がもう手に入らないって普通ないですよそんなの。漫画読んでないので早く読みたいな。でプラバン作って。

子供も私も、スイッチでどうぶつの森やってる。
この自粛生活でかなり助かってる、ありがとうどうぶつの森。


ekitai (5).JPG


☆彡海のカラフルキーホルダー制作☆彡

今年は、とても多くのフリマ(マルシェ)の予定が入っていました。
私も楽しみにしていましたが、コロナの影響で出店は全く出来ていません。今年は諦めておりますが、小物作りは少しづつ作っております。


これは追加で作りました、残りの材料でたまたま作った物でしたが、思いのほかすぐになくなってしまったので、追加で作りました。これは本当に作るのに手間がかかるんです。でも綺麗ですね。使用せず部屋に飾っておいた方がよりいつまでも綺麗ですが・・・・。今回は多めに作りました。

ekitai (4).JPG


ekitai (3).JPG


海のパーツをいっぱい入れた透明とカラーの2色の液体を入れたキーホルダーです。
ふっても混ざらない液体はみてると海の波の様です。

ekitai (1).JPG


お兄ちゃん3/1~ずっと学校がお休みです。
弟くんも幼稚教室がまだ行けてない。
コロナはいったい今どんな状態なのだろうか?5月も無理だろうっと思ってはいましたけど・・・・。


もう私がちょっと限界です。
近所ではBBQをする人が増え、あちこちで不燃物や粗大ごみが玄関先に見られます。公園は多くに親子で賑わっています。

我が家も家の整理整頓をしていらないおもちゃなどを処分しました。不燃物の袋が沢山出ました、それにエアコンの掃除もダスキンさんにやってもらった。部屋がきれいになって気持ち的にすっきりしましたが、何にせよ、子供はまだ公園行ったり友達と遊んだりとなんとかゲームやテレビもあるしね。旦那さんは会社へ行くしね。

だから家にいる母親はけっこう大変。
午前中、子供達の朝食や、洗濯や、家事、お兄ちゃんの学校の課題で終わる。
課題も新しい部分だから結局は親が付きっ切りで見ないと問題が出来ないし、先生じゃないから困難だわ。であっという間にお昼ご飯作って、食べたら即、2歳児の昼寝。私も一緒に寝る。この間お兄ちゃんはテレビなど自由時間。


で起きたら即、2歳児公園へ。
帰宅したら即、ご飯の準備や、お風呂の準備や・・・。
全く掃除機かける時間もなかったり、やりこなせていなかったり。おむかえの公園うるさすぎてゆっくり昼寝出来ないし・・・っと色々。やる事が多い事もあるけど、狭い世界から出られない生活にちょっとね。もともと週末はだいたい外出していた派だから、その逆はけっこうくるもんだ。


でも深夜はわりと小物も少し作ったり出来てる。いつもは常にフリマの小物を追加で制作していたので、夜の自分の時間は以前よりも確保できた。フリマの収入ないけど、制作時間がないから作る事に追われる事もないし。


なるべくコロナの事も考えて家にいますが、公園やツタヤとマンネリですが・・・。それでもなんとか小さな楽しみや幸せを見つけるようにしてます。で、感謝も。コロナにかからない感謝、今は生きている事も当たり前じゃないんだよね。ベランダのお花も咲けば楽しい、今はバラがさきはじめてる。まだあと1カ月あるし、それ以上、次はカーテンの模様替えしようかな?こういう時、ポジティブ思考かネガティブ思考かでずいぶんと気持ちも変わるように思います。不満もあるんだけど、でも別の見方も出来たり気づきだったり新たな発見もあるので、コロナからも色々と勉強させてもらってるのかも。大変大変と思わず、あるべきものに感謝して、ありがたい、ありがたいって生きてます。


子供は夜寝るの遅くなってる、で朝起きれない。で食費ばっかり凄い事になってる。子供も寝れないんだよね。太陽にいっぱい浴びれないと不眠になるようですし。夏休みの長さを超えてますし。学校からは適度な運動や公園へ・・ってメールが、でも外出禁止ってニュースも見たし、親子の公園での集まりで通報があったりね、もうどうしたらいいのやら・・・特に2歳児は家でだけ過ごすってムリです、それでも公園は30分~1時間で短くしてます。それでも泣くんです、だってこのいやいやの時期にコロナ?タイミング悪いとか思っちゃうけど、お兄ちゃんはまだいいけど、幼児をかかえた親はもう子供の騒音とか本当に申し訳なく思います、周りの方々へは。我慢してくれてるご近所さんへはもうそれだけで感謝、この近所はまだ通報とかないですけど、きっとみんなうるさいって思いながらも我慢して下さってるのでしょうね。だからありがたいな~って。


時々この事態が信じられない瞬間もあります、でも現実ですね。お店やってる人は本当に大変な事と思うし、だから少しでもお持ち帰りでパスタや焼き鳥など買ったりもしてます。倒産だって世界各地でありますし。

コロナでみんな何かが変わったような気がします。コロナが落ち着いても油断できないし、きっと人ごみではマスクをつけるかもしれません。予防接種ももっと意識するかもしれません。みんなの意識でインフルなど病気が減るかもしれません。とにかく無かった事には出来ない出来事として歴史に残る事でしょう。


このページの先頭へ
FX会社通貨数