2016年1月アーカイブ


かぎ針あみ まだまだ遠いな~




ステップバイステップでマスターするかぎ針あみ
2012年から編み初めてずいぶん経つ。


14540785632652332016.jpg

1号から編み初めて、ずいぶんのびり編んでるな~。
まだまだ76号までしか編めてないな。
トホホ・・・。

編んでもね大きさがバラバラだから、1枚のブランケットにはならないかな?とにかく120号まで編んで。らさに200号くらいまでまだあるんだな。部屋の片隅に置いてあるけど、早く片付けたいな~。がんばろう。編み物は夜なべしてやるものです・・・。夜中しかないな。


昨日は外食したっけ。
生活発表会があって、病院へお見舞いへ、で王将で餃子食べてから帰宅したな。もちろん夜寝たのはけっこう遅かった。しかたないな。スケジュールがツメツメだったから。

1454245239265642gyouzas.jpg


1454245257265643tamago.jpg

ういやつじゃ~。
トイレに小さなファンヒーターを設置。あったかいな~。子供が毎回つけっぱなしにしてる。冬のキャンプでもテントの中で使えて便利なのだ。コンセントですけどね。


145407852526523220160129.jpg




ドラキッズ ぶどう(年中)


ドラキッズは1月から進級します。時期に年中になるんだけど・・・。
一足早く先取りお稽古するんですね。


年中コースでは主にカタカナが始まります。他には数字の認識。足したり、引いたり、を繰り返しやります。絵で、文字で、丸での数で、数をしつこいくらいに色々表現でやってる。かしこいやり方だな~って思うわ。あ~自分は勉強系では全くの不器用です。ドラキッズは小学2年生までしかコースがないですけど、小6まであってもいいんじゃないかな?って思う。今後は。、季節を学んでいくようです。カタカナがせっかく始まるから家でもカードくらいは見せて頑張ろうかな?


今日はおはじきと、ワークをした。ぶどうコースは英語が少し去年よりも増えた。去年まではただDVDを見るだけだった。主に月ごとに歌が変わります。そこは今年も同じですが、見る回数が増え、子供も良く歌うように、アルファベットの色塗りも宿題で出ています。今月はABCの歌ですが、分かりやすい歌なので、サクサク歌っちゃう。この本を見ながら歌います。ので家にある教材のCDと本を使ってバンバンやろう!!この程度のレベルでも真面目にやれば身に付くでしょう!?

145407101326515020160129.jpg

14540710472651512016129.jpg



明日は、生活発表会が幼稚園であるので、早く寝たいな、ってことでドラちゃんの後で、フードコートで2人で夕飯を済ませた。可愛いシールも購入。宇宙のスケジュールシールですね。可愛いな~。宇宙って大好枠です☆彡ちなみに夕飯ははなまるの温玉ぶっかけでした。

14540711042651532016129.jpg

幼稚園で購読している本。本屋でも売ってます。

14540711572651542016129.jpg



きゃ~今からドラマをオンエアで見るわ。子供が生まれてからはじめてドラマオンエア!!



がんばれ!あと少しだぞ~



幼稚園で生活発表会があるので、毎日練習してるだけに、子供はちょっとお疲れ気味。
毎日マラソンもあるし、昨日は幼稚園でそのまま体操教室をしたので大丈夫かや?体力面が・・・。発表会の練習だけできっと精一杯だろうっと思い、なるべくワークなんかの勉強は控える月にしている。英語も今月はちょっとね。お稽古もあるから、尚の事遊ぶ時間が削られているのだ。頑張れ!っと応援して、なるべく叱らずに穏やかに・・。


だって歌もうちの子は歌えないらしくて、家でも練習をしないといけない様で、大人でも参るスケジュールなのだ。良く耐えているな~って。私も歌の練習などに付き合って、子供が幼稚園へ行っている間も聞いたりして、発表会ってこんなにも親子で大変な行事なのか?子供の方はみんな大変な時期だね。

劇や合奏はそもそも何のためにあるのかな?っと考えた。ある人は親が楽しむために、成長を確認するために、親の為にあるって言う。確かにどの理由の中にも子供がいない。その人は知らない人だけれども、子供には大きなストレスになるだけで、なくても良い、とも言っていて。確かにちゃんと子供を見ていたら、成長の確認はできますし、劇や歌は年少の場合は発達の格差もあるので、もともと発達がゆっくりめのうちの息子なんかは特別に家で練習を特訓したりしないといけないから、本当に親もちょっとストレスが0ではないのだ。あることが良いことなのか、いけないのか、判断出来ないけど、運動会や、いちいち親子のイベントを見に行くけど、成長したな~って思ったことは1度もない。いつも遊んでばかりで、やる気がないから、毎度の事だな~とか、恥ずかしかったりね逆に。だから成長が確認できて良かった、っと他のママから聞くといいな~って思う。そう思えるほど大きく成長してるお子さんはラッキーだけど、そうじゃない子供なら親も逆に落ち込む場合もある。授業参観もそうだった。
 

今年に入ってから、子供が一人で劇のセリフいったり、演技を見せてくれて、楽しむ様子を見て、劇はやる気満々。だから劇はいいものの。合奏の方は歌うという作業そのものが発達ゆっくりめの子には厳しかったようで、やる気もあんまり。最近は堂々と歌うようになった。間違えてもいいから大きな声で歌う事、などを教えてからは少し楽しめるようにはなった。歌う事って楽しいんだよみたいな感じで、苦手な歌も出来なくても楽しめばOKって感じで。


幼稚園によっては行事がほとんどないに等しい所もあるようで。
行事が多いとそれに比例して癇癪も増すもので。でも3学期になってからやっと忙しい生活に慣れてきた。幼稚園でマラソンが毎日あると、肌もずいぶん強くなった。去年はすぐにお腹を壊していたし、肌も強くなって、体力もずいぶんついたように感じるわ。ハードルが高い所って、見ていて可哀想にはなるけど、でもそれなりにメリットもあるって事は分かった。色々見についたのも確かだし。ただ幼稚園という場所は何月に生まれたとか関係なく一律なので、2月とか3月生まれで、らさに発達がゆっくり目の子だったら厳しいかもしれない。うちでも8月生まれでも中身は1年くらい遅れているから、やはり厳しい部分もあるけど。最近はしりとりやひらがななんかもやってる様。幼稚園でどう過ごしているのか一切話さない子なので全く分からない状態。園だよりで知る程度で。もしうちの子が早生まれだったらきっと年中からのスタートだったかもしれない。知育レベルが高い子が多いのだ、他にも運動能力や色々すごい子が多い。でもそういう子たちに引っ張られて我が息子もずいぶんいい影響を受けているのだ。周りの環境って大事だな~。影響されやすいタイプだから逆に良かったのかも。


ひらがなだって何千回とやってきてもイマイチだったのに、幼稚園でやったらすぐなんだもん。気が抜けちゃんわ。幼稚園ワパーって凄いのね。先生もまた上手にやってくれるタイプなのでね。たぶん私よりも先生の言う事の方が聞いてるような感じ。いつも先生の言う事をきちんと聞きなさい、先生の言う事はママのいう事だと思ってしっかり聞きなさい。って言ってる。ずいぶん良い子になったわ。何回も転園もちらりと考えたけど・・・。友達会いたさに行くようなものだけど、楽しいのでしょうね。発達がゆっくりめだと小学校へ行った時に大きく差がでちゃうので、幼稚園で少しでも色々身に付くなら儲けものかな。自分のセリフは言えてないのに、先生のセリフは覚えているようで、教えてくれる。人の報告はしてくれるのだ。発表会が終わったら、次はなわとび大会の練習もやらないとね~。ダンス発表会もね。年中になって体力がもっと上がってくれればいいな~。どんな子になってほしいか?って考えた時まっさきに強い子っとなりますうちの場合は。たくましくね。優しさは次かな。強さが先よ。

一緒にクレープ作った。
昨日は体操の後疲れてグズグズ・・・。早く慣れてね~。このスケジュールに。
子供が幼稚園へ行ってる間は、買い物&夕飯作りは済ませておかないと。つまりほとんどゆっくりはできないのだ。今年に入ってから、時間がない本当に。でもキッチンには一緒に立つ。

1453939290264698kure-pu2016.jpg

英語の宿題、ドラキッズの宿題。今年はやる事がいっぱい増えた。
がんばれ~!ラメのペンでキラキラにしたわ。

TS3X0117.jpg

TS3X0118.jpg

キラキラ~。キラキラペン大好き~。
がんばれ、がんばれ!って応援団。



懐かしの漫画、あずきちゃん


なかよし60周年復刻版の「あずきちゃん」が発売されているのだ。
子供の頃大好きだったもので、1巻2巻とアマゾンで。
ん~小学生にタイムスリップ出来ました☆彡


大好きでした。
あずきちゃんって、普通の女の子だし、自分と重ねられるレベルだったのが良かったのかも。恋多きあずきちゃん。最後がどうなったか忘れたな。まぁ最後まで買って読んでみようかな。わかりやすいイラストとストーリーがとってもいいわね。秋元康原作なんだよね。アマゾンにはDVDもあるよ。アニメ化したんだっけ?5巻で完結。


1453814563264156azuki.jpg

他にもミラクルガールズなども復刻でアマゾンにありました。
なんだか子供時代の漫画にはまってるんだ私。

最近の漫画は内容が全く理解できないな。
芸術だわね。



日影では昨日の雪が残っていた



昨日は、また雪が降ったのです、名古屋では。
幼稚園はまたも自由登園でした。でも昨日は雪合戦したようです。
先週雪の時に雪合戦しなかったので、他のママも意外だったね~っと言っていたわ。
発表会前だから、のびのび雪で遊んでる場合じゃなかったのかもね。
風邪ひいてもいけないし。子供は楽しかったようです。

週末に、発表会があるの。
劇に合奏に。合奏では楽器と歌の両方で歌は家でも練習しました。きっとうちの子には歌うなんて無理だろうな、発表会を休むことも考えていたけど、練習っというよりは、ちゃんと歌わないなら休むよ!!っと言うと本人のやる気も出たようです。ぎゃん泣きしてましたから。またその歌もどっかの地方の民謡みたいなもので、マイナーな歌。でもいい歌でした。発表会の歌って各自で家で練習するもんなのかな?それが世間では普通なのかな?てっきり発表会というのは出来ても、出来なくても、園での成長ぶりをそのまんま発表するものだと思っていた私。でもなにやらうちの子だけ歌詞と楽譜を渡されて練習してください・・っとね。

家で聞かせたら覚えて歌えるようになったものですが、当時の楽しみはイマイチ減ったわ。恥をかいても良い思い出になるって思ってたもんだから。でもきちんとある程度のレベルまでは家でやらないといけないのかしら。それとも他の親子に迷惑がかかる・・っという意味なのか・・・。ともかく歌えなかったら発表会も休もうっとまで考えて、本人は出る気満々だったので、やっとスイッチが入りました。先生にも褒められて、今日寝る時にも子供に「上手に歌えるじゃん、やれば出来るんだね」っと言うと、子供「ほらね言ったでしょ出きるって言ったでしょ」っと言われた。分かっているならはじめっからやってくれ!!ブチ

口だけでもいいから、間違ってもいいからとにかく大きな声で一生懸命やりなさいっと言ったわ。
発達遅れの息子にはハードル高すぎの幼稚園ですが、でもそのおかげで大きな成長を遂げているのも確か・・・。
でもまぁ、一体どこから、マイナーなこんな歌を引っ張り出してきたのか?変わり者だわね。


発表会の後はなわとび大会、ダンス大会です。
幼稚園では、体操、ダンス、音楽がカリキュラムに入ってます。月に各2回入っているの。


帰宅して残った雪で遊んだ。
かき氷を作ってる所。氷をガリガリ削ってる。

1453815480264161yuki.jpg


帰宅して、お菓子を食べて、公園へ。
一生懸命砂場を掘ったわ。宝物探しをしている様子。

1453814633264158kouenn.jpg


今晩のおかず。
チラシ寿司です。食後にチョコピザも作った。

先週マフィンを一緒に作ったっという話を幼稚園ママにしたらイライラしない?っと聞かれたけど、どういう意味か分からない。小麦粉が飛び散ろうが、卵がぼっとんと床に落ちようが、生地を舐めまくって減っても、バター舐めまくっても、別にイライラはしない。もちろん服は粉粉になる。超~楽しくて幸せ。洗いものもしてくれるけど、油がベトベトなんだけどね。やりなおすけどね。子供と一緒に何か作業をするのって超~幸せなことなんだな私には。子供に依存してるのかな?


あんだけ大変だった子育ても、いざ子供は離れていく年齢になると寂しくてしかたない。子供が巣立ったら生きてなくてもいいやって思うくらいに。ダメダメ。でも依存かな?子供は自分の悪い部分いっぱい見てるのに、それでも「ママ好き」って言うのよ。自分の全部を受け止めてくれるのって息子くらいしかいないんだ。自分の親や兄弟もなんだか昔から冷たいし、バラバラだし、1人ぼっちだな~ってずっと思って生きてきたから、子供ってなんて素敵なのって思う。純粋というか、素直っというか、自分もそんな時があったな。とか。だから4歳になってから、毎日あ~時よ止まれって思ってるわけですね。

夜寝る時、子供は隣で先に寝てるわけ。で、隣で私は子供の動画や画像を見て寝付くわけ。
最近は「早く」の言葉を減らしました。歯磨きも10分は待ちます。きっとエゴな親だと思われてるんでしょうね。幼稚園へ行っている間の寂しいこと。目の前が幼稚園ですから、時々、窓をあけてみたりね。歌が聞こえたりしますから。今日は、スポーツジムで筋トレ系のエクササイズやりました。もう太ももがプルプルです。


1453814252264154chirasisusi.jpg

1453814298264155masyumaro.jpg

子供は、最近お父ちゃんが大好き。
2年間まったく子育てをしていなかったので、平日も、土日も本当に月に1,2回しか触れ合わなかったり。単身赴任じゃあるまいし、でもそのくらい仕事が忙しかったのです。今年は部署も変わって帰宅が早い。今までは週末のみしか顔も合わせなかった。母子家庭ってこんな雰囲気かな?とか思いながら祝日や土日に子供と2人で行く公園は辛かったわ。今では土日も家にいるし、子供もずっと私と2人だったから、2人ぼっちでも私は幸せだったわ、息子をひとり占めできて幸せだった。それが今ではどちらが絵本を読んで寝かしつけるかの取り合いだなんてね。子供と一緒に過ごす時間の取り合い。週末も子供が旦那さんと2人で出かけていくとなんだか寂しいような、腹立たしいような。恋人をとられた様なね。きっと息子が誰かと結婚したら私は素直にお嫁さんを大事に出来ないのかもね。でもやるけど実際は。行先が公園なら自分も行くわ。躾の面でまかせておけないから。注意とか手をつなぐとか、肝心なところが放置だったりするので、心配でついて行く。お昼だって何食べさすかわかりゃしない。でもいきなりお父ちゃんが生活に入ってきたものだから、子供もリズムが狂って夜泣きや、夜寝付けずな日々が続いたから、夜だけはもとに戻した。でもどんどん離れていくんだね。「ママ、ママ」って言ってたのに。今日いきなり「お母さん」っと。1,2歳の時は子供と離れたくて保育所に入れてたけど、なんで保育所に入れてたんだっけ?って思うくらい、子供と一緒に過ごす時間って後になれば貴重だったと分かる。これだけ子供と関わってきても、もっと関わっておけば良かったって思うもの。

未就園時代がなつかしい。生活面もゆるゆるだったし、ひらがなも教えなくてよかったし、人間関係も複雑じゃなかったし、ただ毎日公園行ってたな。子供も可愛かったし。色々楽だったな。いっぱい一緒にいられたし。


よく子供を4,5人とか、もっと。沢山産んでる人って子供が好きで好きで、育てることに喜びを感じているんだね、以前は理解できなかったけど、今なら分かる。もう私は透明人間みたいに、暇な週末は昼寝ですかね?子供と遊ぶ夢が見たいって思いながら寝るわ。あ~依存になってっくのかな。自分を認めてくれる家族とかね、いたらきっともっと子供に依存せずに済んだのかも。だって悪い部分も含めて好きっていってくれたのってたぶん人生で息子だけ。だいたい条件が付いていないと好きでいてもらえない状況が多かったし。きっと私は子供に躾けは厳しくしているからお父ちゃん見ると自由で楽しいのかも。母親は損な役回りばかりだわ。いいとこだけ持ってちゃうもの。


子供が我が家に来てから、やたら旅行へ行きたくなる。行く先々で見る輝いた子供の表情や笑顔が見たくてついね。グアムに行った時もホテルのプールではしゃいでた。韓国のお友達と遊んではしゃいでた、言葉通じてないのにね。ディズニーランドもそうだったな。もっと色んな所へ行きたいな。子供は特にホテルが大好きなんです。空気が読めなくてだいたいが泣いてる感じの子。ひらがなも数字も一切拒否。学習能力もないわね。あ~食べていけるのかな。食べていければ何でもいいわ。



あ~過激 でも読んで良かった


去年、ヤフーでも取り上げられてたこの漫画。
90年代の死因の1位は中絶だという事実に。
ストレートに書きました私も。


産婦人科で働いた方が実際に基づいて描いた漫画だそうで、2巻まで一気に読みました。今日はV・Dの材量を買いにいきました。1巻は地下鉄で、2巻は帰宅してから家で。絵はいたって過激ではないけど、事実なので、真剣に引き込まれました。産婦人科っというお仕事は本当に大変ですごい世界だと思いました。そこで働いてる方々は素晴らしいと思います。読んだ後、嫌な気持ちになるよりは、ほっこりした素直な気持ちになれました。とっても発達障害の方が描いてるとは思えないような賢い文がいっぱいで、この方はきっと素直な方なんだな~と思います。色んな事実を受け止めて、自分が気づいた、感じた事が描かれているので、もし私ならひねくれていたかもしれない環境だと感じましたので、描いた方の受け取り方が素直だったからこの様にほっこりした漫画に仕上がるんだと思います。


私も色々考えさせられた漫画だった。子を持つ親には読んでおいてほしいな~。むしろ学校の性教育などの一環として教科書にしてもいいくらいです。私の通う高校では性教育がとってもリアルで先生からゾクッとする話も沢山聞かされたし、私は高校ではじめて真面目に考えましたね。不良がいっぱいの学力も低い学校で、たった1年でクラスが1つなくなったような学校だったので(辞める生徒が続出だったので組が1つ減った)、真面目に教育されたのでビックリして私もしっかり話聞いてたわ。だから今に活用されてるというわけ。

とにかく3巻はないのかな?って思う。売り切れでしばらく待っていたらアマゾンに入荷したので、購入できた。後味は気持ち悪くはなく、ほっこり。事実っていうのはどこまで知ればいいのか分からないけど、これは読んでおくべし。少し前にやっていたコウノドリのドラマみたいな感じ。あのドラマ見て子供が生まれた時の事を考えて泣けたわ。この漫画も、コウノドリもそうだけど、子供の発達が遅れていることを気にすると毎秒ごとに気にすることが止められないようになって本当に辛い。状況も悪くなるばかり。開き直ることが良いことじゃないけど、まず自分がおっとり微笑んでられる時間を増やす環境作りを実行してる。

人一倍って言うと批判されるけど、本当にいう事を聞かない子。
もう回転寿司にもいけない。どこの飲食店も難しくなってきた、4歳が世間ではどうか知らないけど、厳しく、色々工夫もして、優しい言葉がけ、療法・・・とにかく色々やってきたけど、物質界のこの世の中では発達が遅れているととっても浮くのだ。はじめからうちら親子は雲の上に浮いてるけど。最近気づいたけれど、子供を整列させて比べているのは大人だということに。やれここが出来ない、やれここが遅い、ここが出来てない。子供にも個人のペースがあるのだ。大人だってそうなように。それを子供にだけ整列させ、比べているのだ。小学生の時、ある先生はテストに点をつけませんでした。ただ○と×があるだけで。よく考えると通知表もいらないと思うっちゃ私は。勉強が全然出来なくて辛い思いをしてきたので、もちろんオール1に近い成績だったし。もしかしたら学習障害だったのかもしれないけど。漢字も、今でも何度勉強してもかけない、字も子供の書くような字ですから。

最近は、(それってちょっとおかしい)って思うと止められないんです。
おかしい事はおかしい。いつまでたってもおかしいわけです。

今まで、発達が遅れているっということで本当に常に焦ってきました。どれだけ頑張って色々出来るようになっても結局は同世代の子には追いつけないのですから、いつも自分を責めて結局は子供に当たる。「僕はバカなの?」って。可愛そうです。これからは自己流で行こう。それに常に子供に焦らせて走らせてばかりいた。もう止めようと思う。諦めるっということではなく、子供が追いつめられるほどにまで、あれこれ要求するのはやめようと思う。きっと放任主義だと批判されるんだろうけど、もう十分軽蔑されて生きれ来たから、慣れなくちゃ。子供が公共の場でマナーが守れなかった時もちろん注意。あらかじめ家で約束もさせるけど効果なし。賢くて器用なママなら上手く工夫するのかな~って思うけど。子供にキツク注意しだすとそれだけで、周りからの批判の視線。注意しなくても批判の視線。こんな時思うのは、いっぺんこういう特徴の子供を育ててみろ!て心の中で思う。大人しい1歳児と4,5歳の子供を1人のママが飲食店にいたけど、見ていて本当に涙が出るほど辛かった。きっと当たり前のことが当たり前に出来ちゃうんだろうな~って。苦労もあるだどうけど、レベルが違う。いいな~って素直に思っちゃう。一度そういう子供を育ててみたい。ちゃんと普通のお話で理解出来る子はどんな感覚の子育てなんだろうな~って普通に思う。もちろん4歳君大好きですけどね。

時々、お宅の子はノビノビしてていいね~ってすごく良く評価してくれる人もいるから、そうやってこれからは出来るところをみてあげよう。どんな良い部分があるのかを探そう。乱暴な子だと思うけど、可愛い、優しいと言われる事もある。日本も児童虐待の問題はね、発達遅れの子供を持って分かったことだけど、たぶん日本はね子連れに厳しい国だってこと。自分が3歳児の時に誰かにいっぱい迷惑かけて今日まで生きてきたってことを忘れてる。でも男の人は子育ても出産も、産後の痛みも、何も経験しないから理解がなくても仕方ないだろうと思う。特に仕事が忙しいと家の事も子育てもやりたくても出来ない現状が男性にもあるわけで。日本はとってもとっても働きすぎ。よくテレビで日本の秘術はすごいっとかね、これは文句ですがその分ね、女性は子育てに行き詰まり、虐待だっておきるさ。男性だって十分な休暇もなく・・・ね。だってわんぱくな男児を連れて町を歩くだけで、スーパーで買い物をするだけで、公園ですら責められてばかりで味方も0でひたすら頭さげて、それでも罵倒あびて、ただそういう子供を持っただけで、親は本当に居場所がだんだんなくなっていきます。躾がなってないなど色々言われて、だって躾したらしたで虐待の目でみられるし、飲食店を女児が走れば可愛いね~って言われるけど、それが男児だったら、クソガキ扱い。親に責任が来る。もう公園行くだけでも辛い、っとなると人間不信になってく。親子でこもり、そうやって虐待って起きていくんだって思いました。だから親も少しづつおかしくなってくもので。なくしたいなら、ただ児相の数増やすんじゃなくて、もっと子連れが居やすい空間や場所を作ってほしいな~。大人しくて迷惑かけない子供だけが評価されてるおかしい国。大人のような子供が好かれてる。だからみんな必死で間違った方向で子育てするしかないじゃん。スーパーで騒ぐ子供にガツンと叱りたいけど、やれば通報、やらなければ冷たい視線。どっちでもいいわい。


軽蔑や差別することってそんなに爽快なんかい。
戦争で何学んだんじゃい。

最近は叱れないママが増えたってたたかれるけど、だって叱ると通報するじゃんって。だからへたに叱れない。で、帰宅すると爆発して一番可愛そうなのは正しい教育がされない子供。最近は人?って思うくらい人間はなんだか凄いね。これじゃあ戦争時代に逆戻りだよ。子供が嫌いな大人がなんで日本は多いのかな?とかなんで子供にやさしくできないのかな?とか毎日考えるけど、きっと考えてない人の方が多い。働きすぎだから?

よく子育てに成功したママは、出来てないママに、もっと工夫して!とか自分は努力して成功したっとかね。言いたいんでしょうけど、世の中には生まれつきの個性で不器用な人だっていっぱいいる。また酷い環境で育ったために子供を褒めたりどう育てていいのか分からない親も多いし。そんなママだってあんたたちと同じくらいに一生懸命だってこと。たまたま聞き分けがいい子供だっただけを、自分がきちんと教育しきれたって思ってるママ。うちのような子を育てればきっとその思いの浅はかさに気づくことでしょう。自分はとってもとっても今の子連れのいずらいこの環境に怒っているわ。どの場所でも子供が泣くとママが焦ってあやすか、どこかへ連れてく。子供そのものがいけないみたいな。そんな扱いをされた子供がこの世の中で大人になって一生懸命何かを発揮したいって思うでしょうか。もっと子供たちが一生懸命何かに取り組んで、打ち込める環境を作ってあげたいっていう思いがあるわね。小さい人間だけど、ダメママだけど、いつも自分は子供に何をしてあげられるんだろう?って考える。コーチングで習った、聴く、認める、応援団、褒める・・なども活用して不器用なりにやってるさ。この世にいる生きてる人間こそ怖いのさ。美しいものを子供にはいっぱい見せてあげようって思うわ。芸術をね。奥が深いですから。


明日は100回褒めてみよう。ありがとうは一番簡単な褒め言葉。
一生懸命育てた自分の親に感謝してるから、親の苦労を無駄にしないためにも、親が頭下げた分も、せめて自分だけはそれが意味のある生き方をしたい。子連れに冷たくするってことは、自分を育てた親の苦労を踏みにじるってことだと思ってる。親に感謝するってことは、自分が迷惑かけた人達が受け入れてくれた大我の愛情を、また自分が引き継いでいくっていう事だと思う最近。自分の子供にも教えたいです。言葉の発達を促すことやみんなと同じように歌えることや、運動の力をみにつけるとか、ひらがなを覚えるとかよりも、もっともっと優先させて教えたいです。一番大事な事ですから。自分を愛してくれた人達を裏切らないプライドをしっかりね。虐められてる人よりも虐めをしている人の方がきっと本当は辛いんだと思う。両方経験あるけど、人を傷つけるのはたとえ無意識であっても、理由があってもそれに気づいた時から地獄なんです。虐待も同じ。今の自分が立ってられるのは、今まで自分に大我の愛情をくれた人達のおかげ。これから立続ける理由もそれ。だからおかしい人や意地悪な人の声なんてもう聴きません。アドバイスは聞きます。頑固になりたくないですから。私は私を愛してくれた人、くれてる人の為にもっと強くなっていきたい。


想像力がかけてる人が多いな。EQでしょうか、日本人の短所は。
これからは毎日笑います。昔は、迷惑はかけてもいいけど心配はかけるなってセリフ。最近は聞かないですね。迷惑かけあうから、ありがとう、ごめんなさいの世の中なのにね。迷惑かけることって自分はたくさんありますよ。ない人っているんかい。そもそも迷惑かけあわない世の中目指してるんだよねみんな?変なのって思うわ。ありがとう、ごめんなさい、こんにちは・・・がなくなったから、こうなるのか?はて?


「カギのためいき」、も読もう。
なんだか面白い本だった。沖田×華さんってどんな人なんだろう。


1447505874243605cyaya10.jpg


昨日は別世界だった


雪がそんなに降る地方ではないから、大雪が降って積もるとそれはそれは珍しい光景なのだ。


幼稚園は?っというと自由登園になった。
せっかくの雪だから休んで雪合戦しようかな?ともよぎったが、幼稚園後に体操教室があるため、行く事にした。人数は少なめだった。バスが停止すると交通手段に困る人もいるわけよね。徒歩でこれる親子が登園していました。幼稚園では雪だるまの工作をしたようでした。


朝起きて、寝ている子供に「雪が降ってるよ~雪だよ~」っと言うと、目がピコンっと開いて、その瞬間起きて行進して窓へ走った。寝起きが良すぎる。しばらく雪をあちこちの窓から眺めた。この時には大雪だった。1時間もすれば止んで、幼稚園へ行った後には太陽さんが出てきたので、どんどん溶けて、あんだけあった雪がお昼にはもうすっかり全部もとどおりだったな。助かるんだけどさ、子供のはしゃぐ顔を見ていたら本当にこっちも楽しかった。真っ白な世界が不思議なようでした。子供は雪合戦したい~っと言い続けていたのですが、残念。でも家のそばに大きな影があって、そこだけは雪がそのままだったからミニ雪合戦した。雪だるまも作った。けど子供は冷たい~っと言ってすぐに終了。次降ったら是非雪合戦しようと思う。去年の台風は水曜日、今年の雪も水曜日。水・木って天候悪い日が多いな~。

帰宅すると、「暖まろう~」っと言って部屋を暖めたわ。
だって昨日は暖房消して日中過ごしたから、それくらい温かかった。雪も速攻とけるはずだわ。
私は編み物していた、買い物のも自転車ではムリで家で1日過ごした。
昨日はさすがに寒かったな。私は昨日コーチングの講座を予定していたけど、雪でなくなった。
去年コーチングをして、いったん終了した。今年からはレベルアップしたコーチング講座を申し込んだ。


2016初雪 (2).JPG




この前、朝子供に少し大きな声を出して叱った。
この子は全くいう事を聞かない時がしばしある。そのモードに入ると全く聞かない。朝じゃないならね、でも幼稚園前だし自分も急いでいたから。1人になると、何もあそこまで叱る必要もなかった・・っと思って、子供を迎えに行くとニコニコだった。帰宅して着替えをしない様子だったので、また強く言うと子供が「大きい声出さないで、優しく言って」っと要求してきたのだ。まぁ立派になったもんだ。着替えをせず何時間でも裸でいたりする、もう4歳なのにね。今日も朝「早くして~」っと私が言うと「早くしてって言わないで」っと主張してきたのだ。あ~また成長したな~って。玄関で靴は「座ってはかないと履けないんじゃない・・・」っと言うと「分かってるって」っと言われた。主張できるタイプの子なんだ。子供がいちいちそう言うもんだから、私もそのつど、小さな反省がたびたび出来る。

自分が言った事がそっくり反って来るときもある。
本当の意味で自分を客観的に見れるのだ子育て中は。

親にもはっきり止めて~っと表現するので、昔のようについ言いすぎる、やりすぎるっという事はなくなった。でも子供が何も言えずに恐縮したり、言えないから貯まった分親に暴力などて抵抗したりするタイプだったら、私も自分にセーブかけられなかったと思う。こういう意味で親子には相性があるんだね。自分と子供は全く気質は似ていても、性格は違う。遺伝で似ていても、表現する事は私とは全く別なのだ。私は親に叱られると、ただ黙ってしまう主張できない子供だったので、だからずっとひたすら叱られ続けてきたのかもしれない、4歳君はハッキリ言ってくるのでちょっと怖い。立派になったもんだ。

この前の作業療法訓練で、先生が、大きな声を出す子供に「5の声でお願いします、3の声でお願いします」と言っていた。はじめは分かっていない感じだったけど、最後は理解しているようだった。家でも5の声でお願いしますっと言うようにしています。今までは大きな声を出すと耳がつぶれるから、とかうるさい、とか小さな声で自分がしゃべって子供もつられて小さな内緒話の声で話してくれたり・・っという感じだった。これからは3の声でお願いしますとか言ってみようっと思う。療法のひとつならやるしかない、これでも1年前よりはまっしになった。3歳になってから私も怒鳴るのは止めようっと方針を変えたので、ちらほら怒鳴ることはあったけど、最近はめっきり減ったわ。今までは夫婦で怒鳴っていたので環境も良くなかったのかも。言葉の発達が進んで、言葉遊びや駄洒落も言うし、冗談も言えるようになったので、今は子供とお話するのが楽しくなった。言葉の発達が進んで安心するとまた別の問題に気づいてしまうものですね。だから問題って常にあるもんなんだって思うようにしたら、そんなに悩まなくてもよくなったわ。一日中ベタベタとスキンシップしてるし、与えすぎなくらい一緒にいる時間が多い。友達と遊ぶ時と親と触れ合う時が両方あるので、過保護の領域じゃないわねっとか自分で決めてる・・・人前では絶対に私に甘えない。でも家では甘えん坊さん。

字も読めない書けない、斜線すらかけない真似できないレベルだけど、字が書けなくてももし読めなくても、生きていく道はあるさ、っと思うようにした。画家なら字がかけなくてもいいし、職人なら、そんなに社会の集団生活に乗れなくてもいいし。仕業の方は感じ悪い方が多いですが、サラリーマンみたいに社会の中でのもまれがないから身に付いてなくてもしょうがないって思うし。そう思うからもし自分の子供がどんな職業についても、基本のルールやマナーは教えたい。だってサラリーマンじゃないから基本マナーが分かってないなんて本人のため人もならないし。行列が出きるラーメンやほど感じ悪いし・・・。それにしても、お店屋さんとか、職人さんって言葉遣いも挨拶もけっこうずれてる方多いな~って思う。手が器用だったり、物づくりとかもそうだけどそこに能力がある人はコミニケーションは低い人が多いって感じる。自分もそう。物で自分を表現しちゃうからそこで満足してしまう。クリエイティブマーケットという手作り物のフリマがありますが、そこへ行くと1000人とか出店するんですが、9割くらいが感じ悪い店員でビックリしたことがある。どの店も根暗な人で、売ってるものが見たくても見づらい雰囲気。だから売れてるお店は、だいたい会話力のある店員さんだったりします。同じ物づくりしてる人でも、基本が身に付いてる方は違いますね。OLと趣味で両方でやってる人も、立ち振る舞いから、会話からして違いますし。コミニケーションが不器用だから物づくりへ行く方もいるかもしれないけど、やっぱり基本は身に付けてほしいな。

自分は放置で育てられたので、マナーも挨拶も一切教育されなかったけど、こういうのは子供の時から染みつけさせないと覚えられないものだと思う。自分が大人になって苦労したから。気立てが悪いと嫁に行った後も苦労することになる。せめて子供には当たり前に身に付けてほしい。自分も勉強の日々。子供時代の当たり前だと思っていた文化を、大人になってから変えるのってけっこう難しい。良い悪いとか、常識、非常識はおいておいたとしても、自分を変えるっということは難しいですね、でも頑張ることを止めてはいけないよ思う。だいぶ私も変わったと思うこれでも。けれど、不器用な人や愛想が悪い人に限って心はとっても純粋だったりしますからね。見えない所では綺麗なものも持ってるわけでねこれが。不思議なことで。なぜか社会は物質世界だから見える部分でしか評価されないんだなこれが。


そうは言っても生まれつきの気質ってなかなか変えられない。発達遅れも色んな問題もそうだけど、子供のうちからやれることはやっておきたいですね。だから療育や発達相談も行けるだけ予約取っていってます。今の時期にしかできない事をやらないのは勿体無い。こういうのって一時的に子供が調子よくっても、ある程度の年齢までは続けた方がいいと思うので。飛び飛びでやっても効果は持続しないから。せめて小学校1,2年生までは様子みたいかな。調子がいいからもう大丈夫って丸投げには出来ない。もともと酷い症状があって療育にも通っていたし、これからは学習障害とかも分かって来る年齢だしね。こう文字が読めなさすぎると心配にもなる、親の心配が落ち着かない状況ならまだ行く必要があると判断しました。面倒でも大変でも今しかできないのだから、幼稚園を休んででも行っています。小学校は休んでいられないからね。それくらいしか出来ることがないので。あとは家でやれるだけのことはやるだけですね。大変な子育てもきっと長い人生では一瞬の事なんだっと割り切って自分の自由な時間も削って、それが自分にとっての頑張るだと思ってただやるだけみたいな・・・。4歳って可愛い時期だな~。毎日、時間よ止まれって思いますね。少しでも一緒に過ごしたいな。




今日は幼稚園の後で子供の作業訓練へ行ってきた。
いわゆる療育なのだ。行くのも受けるのも慣れてきたので、おちゃのこさいさい。
もうすぐ10回目なのだ。月に2回のペースで。


天候が悪いと困る。冬だから自転車は寒いな~。
重たい電動を歩道橋で坂を上るのがね。ちょっと・・・。
寒いな~。

朝、スーパーへ。豚汁作って、もうお迎えだったわ。
帰宅後すぐに発達センターへむかう。
まぁ1つ悩みが解決すると、新たなに悩みが増えるっていう・・・仕組み?嫌な仕組みだ。
最近もネットで子供の乱暴さや発達遅れの事や、色々調べていたら、気が重くなった。こういった子供を持つ親はどうしても常に焦るのだ。いけない、いけない・・って自分に言い聞かせる日々。朝も字を教えていたらあんまり出来なさすぎてブチッ!もうやめよう。もし学習障害とかが判明しても受け入れるしかないのだ。文字数字を好きになってもらって、楽しくやろう。たとえおふざけでもいいので。ネットではみんな工夫しているようでして、でもそれって器用なママじゃんって思う自分がいるわ。不器用な人は工夫の発想すら大変な作業なのだ。しかも器用な人は不器用な人に対して、もちろん気持ちや立場なんて分かりませんからね、工夫するという努力を怠ってる・・っというような表現をされる。サボってるわけではない。例えば自分はバカなので、頭が悪いので、色々な事が分からなかったりするのだ。本当のバカは聞いても分からないのだ。でも諦めずに頑張ろう。工夫=要領なのかな?自分が訓練して器用になるように努力するしかないのかな?うん頑張ろう


余熱だけで作ったトン汁。
沸騰させては放置、を繰り返して完成。電気代も節約。子供が幼稚園に行ってる間なんてコート来て、電気カーペットのみ。毛布を下半身にまけば全身が温まる。あったかいスープのんだりして体温を上げる。体を冷やす小麦は減らす。少しは違うかな。しかも真っ暗。太陽さんの明かりで編み物だって十分出きるのだ。そして500円貯金。貯まったら外食するのだ。それでも寒い時は、台所へ行って、窓から差し込んだ太陽の光にしばしあたってみる。ぬくぬく。ぬくい~。

karinn (3).jpg


好きなのだ。たんに。

karinn (2).jpg


今日の作業訓練は、大きなブランコして、吊りはしご登ってパズルして、バランスとるボールに乗って・・・色々やれた。本当にいい時間。貴重な時間。この訓練だって誰でもやれるわけではないし。9回目だったかな?7回目あたりから効果も大きく出てきた。乱暴はまだまだだけどね。

あ~よかったね~♪
療育へ行っていた日々が懐かしい。思いだすと、息子くんは成長したな~って思う。
自分でも家でひらがなや手先の訓練・・っとやってきた。

英語に、ひらがな、数字に、友達との遊び、お稽古っ・・・・色々やると時間が足りないのだ。今日ももう少し色々やりたかったけど、明日に繰り越し。お稽古が週3になったので、ぼやぼやしていられない。そして忙しいほどに、時間の流れが早く感じる。それは勿体無いので、子供とごろごろする時間も作ろうと思う。公園へ行く時間も作ろう。幼稚園の代休にはのんびりしたりする時間も作ろうっと。


今は月末に行われる子供の劇の練習をしているようでして、子供は疲れて少し癇癪も出ています。劇のお話をしてくれてその話を聞くのがとっても楽しい時間。ちゃんと演じられるのかな?合奏も。とっても楽しみにしているし、体調を気をつけたり親も張り詰める。そんなんで1月は忙しいのだ身動きもとれない。2月になったら、友達とのランチタイムや、子供とのんびりしたりしたいな。

㉒ポーランドのワルシャワのゴーフルとウゼトカ



「世界中の街から届いた ミニチュアデザートギフトの会」
あ~長い商品名だけど、何個作っても飽きない・・・で置く場所に困っている。ワルシャワのお菓子なんだけど、種類が多い。このキットは毎回徹夜で作ってるのだ。かれこれ1~2時間で出来る。

☆完成★

ワルシャワの (3).JPG

ワルシャワの (4).JPG

ゴーフルです。
ワッフルのようなおぜんべいです。日本のはクリームが挟んであって薄っぺらくて、丸いです。
お隣はジャムです。

ワルシャワの (6).JPG


右のお菓子はクレムフカです。
層になったパイにカスタードクリームが挟んであるのが日本流のクレムフカです。
左の焦げ茶色のお菓子は、ウゼトカです。
お酒を聞かせたチョコレートケーキ。上にチョコが、かけてあるケーキ。
手前の黄土色のお菓子は、ポンチェキです。ドーナツみたいなお菓子です。

ワルシャワの (7).JPG


今回はお菓子の種類が豊富だった。色々作って楽しかった。
世界のスイーツ巡りしたいわ。そういうツアーないのかね。スイーツだけを食べるツアー。

こんなにも集まった。
これを眺めると、お菓子を食べたくなる気持ち全開↑↑↑


ワルシャワの (8).JPG



最近の普通の日常生活は・・・こんな感じで・・・



水曜日はヨガへ、木曜日はエアロビクスへ。
金曜日は幼稚園が弁当の日だったので、朝からせっせと弁当作り。この日は自分はゆっくりと編み物をしました。お昼に、これはそうめんを食べています。お湯を注ぐだけのスープと茹でたそうめんを合わせたもの。これは夜食にもいい。スープだけじゃ足りないのでそうめん入れると美味しいですね。金曜日はドラキッズの日でもありました。新しいクラスの友達とゲーセンで遊んで楽しそうだった。

TS3X0111 benntou  (3).JPG


1452957533261584soumenn.jpg



これはワニさん。4歳君の希望で。
今週は英語のカードを少し使って頑張りました。

TS3X0111 benntou  (13).JPG


しろくまちゃん (6).JPG



今日は、朝から弁当作って、凧あげに行きました。
高く、たか~く飛んだ。ストライダーでも遊んだ。海も眺めて、砂でも遊んだ。夏は海水浴場ですが、冬の海は透き通っていて綺麗。でも寒かった。来週は名古屋は雪マークでした。それから、夜は外食。ささみのお刺身と、手羽先。巨砲チューハイ。あんずチューハイも飲んだ。あ~いいな~。

TS3X0111 benntou  (21).JPG

TS3X0111 benntou  (19).JPG

TS3X0111 benntou  (23).JPG


海って大好き。
本当は海の見える家に住みたい。
久々に運転。ひゃ~怖かった。

今日も、のほほんっと出来ました。
去年から遊び疲れて、少々ぼーーーっとしているのです。
何も考えずにぼ~ってこたつで。暖まりながらウトウトしたいな。

272番 エレガントリース


風のおくりもの ナチュラルフレームの会

ものすごぉ~く長く続いているキットです。ドライフラワーが素敵なシリーズ。
今回は紫色のリースで可愛かったんだけど、スターフラワーの色が見本では濃い紫で映えて素敵なのですが、実際は薄い紫色だったので、他のフワラーと全く同じ色なので、溶け込んでしまって、ちょっと残念・・・・濃い紫のフラワーが4つあるんです本当はね。

まぁ、なんとか可愛く仕上がったか?
これはいくつ作ってももっと欲しい病になります。それだけ272種類すべてが可愛いんです。半年ごとにデザインが公開されますね、次はローズを使ってくれたらな?


しろくまちゃん (10).JPG




こどもチャレンジほっぷ English 1月号


年少(ほっぷ)は1月号が最後。
子供はすてっぷも続けたいそうで・・・。こまった。
親が英語出来ないから、なんとかそんなのでやってるけど・・・。今年からはDWE(ディズニー)を真面目にやろうと思っているんだけど。週1回もテレフォンイングリッシュやったらずいぶん伸びただろうに。親がこうだからそれもやってない。あ~もったいない。今年は絶対にアクション起こそうと思うわ。電話だけで外人さんとお話するのはかなり英語力が上がりそう。

しろくまちゃん (11).JPG


お風呂シート。
今日お風呂でやってみました。毎日やらないと忘れてしまいますね。お風呂の時間も無駄にはしない。
今回はHokey PokeyやThree Little Monkeysが出てきたので、知ってる好きな歌だったのでテンション上がる~。この機会に完璧に歌えるようにしようっと自分がだよ。

しろくまちゃん (14).JPG

クイズマシーン。ボイスメーターがついてる。子供は朝はまってやってました。

しろくまちゃん (13).JPG


今月の歌。

しろくまちゃん (12).JPG


今夜は餃子です。40枚。どんだけ~。だって子供がどんだけ~。


20160114.jpg


しろくまちゃんのホットケーキ

よ~く母が読んでくれた絵本だ。
「ぷつぷつ・・・ふくふく・・・はいできあがり」って。
子供がホットケーキ大好き。


台所でホットケーキを焼こうとすると、子供がこの絵本を思い出してのか探し始めました。
私が本棚から出してあげると、焼いてるページを開きました。そして「ふくふく、ぷつぷつ・・・」っと言っていました。以前書いたけど、リトルベアっという絵本のお店の方が、療育教室に来てくれて絵本について色々話してくれました。絵本の効果について。絵本の中のセリフが、ふとした日常生活で出てきたりする・・っというような話だった。4歳くんにもそんな時期が来たっということなのかな?そんな事を思いながら先週ホットケーキを焼いていました。

4歳君は家事もお料理も大好き。やらせようと意識してやらせた事はないけれど、自然に好きになったようだ。子供ならやりたい時期が来るのが普通だと自分は思っているけど、だって男の子だからって家事も料理も教えないママだっていますし。家事や料理は性別関係なく、生きる手段として知っておいた方がいいですね、親にだっていつ何があるか分からないし。子供だって色んな知識や世の中のルールをいっぱい知っておいた方がお得。あとはそういう旦那さんを持った女性はラッキーとも言えるけど。毎日台所に立っていたら自然に子供も立ちたい、やりたいって。天ぷらなんかはやりたがってもちょっとね。危ないし。何でもやりたがる。

最近は「お風呂のお湯を入れて~」っと言うと入れてくれる。
お水と熱湯を半々にいれてね。たまると止めに行きます。自分で裸になってお風呂に入る。まだ体や頭は洗えないかな~。子供専用のスポンジ買おうかな。ドラえもんの、アンパンマンでもいいけど・・・。ちゃんと自分で出てきて自分で拭いて。まぁ完璧じゃないにしろ、子供がどんどん知らない間に成長していってる。あ~寂しいな。

小さい時は24時間泣きっぱなし状態っで、癇癪もすごくて、今ではウソみたいにニコニコ。今までは可愛いとも憎いとさえ時々思う事もあったけど、そんなに毎日癇癪だとどの母親でも参ってしまう。それが今ようやく楽になったものだから、今までのたまった分があふれ出たって感じかな。いっきに可愛くなった。去年の2学期以降からなんだか、変わったな~っと思う。良い子ちゃんだし。言葉の発達が進んだからかな?なんで子供を保育所に預けてたんだろう?って真剣に考えたもん。あの時は大変すぎでノイローゼだったし考えられなかった。今ではどこかに預けるなんて考えられないな。お稽古なんかで忙しくて関われる時間も減ったからよけいに思う。なるべく子供と関わりたい。それが子育てだから。時間は短くてもいい、いっぱい込めてあげたいな。叱ることも含めて。5歳になってしまえば4歳には戻れない。御婆ちゃんになったら4歳5歳の時期なんて遠い、はるか遠い記憶になっちゃんだから。責任もって自分なりにちゃんと躾もしたいなっと考えるけど、ついつい叱りすぎてしまう。預かりものっていうことを思いだそう。一緒にいられる可愛いこんな時間もつかの間なのだからね。

子育ては嫌な思い出は都合よく脳はかき消しちゃって、良いことばっかり残る。たぶん一生懸命やったからだと思う。どの親もそうだよね。後悔なく一生懸命を続けていきたい。諦めるっていうことなないかな、子供の事では。子育て以外は諦める事が多い人生だったら、自分の子供だしね。きっとわまりには理解されない、一生理解されない一部分、連中もあるだろうけど、そこは割り切って。諦めたら子供は誰に教育されるんだか。甘い考え方もしない派。自分がいいならそれでいいって割り切って。


絵本は特にいっぱい読んであげる。
それは後でも子供の心に残るものだから。記憶にね。
いつでも楽しい物語へ入ってもらいたい。
物語の世界へ行って、帰ってっくる作業を繰り返して大人になった自分も。確かに想像力や発想は養われました。自分がしてもらった良いことは子供にもしてあげたい。裁縫も料理もなんでも器用にやりこなした母の子供でいられてラッキーだったのかもしれません。普通そこまでやりこなしてる母もいないことでしょう。子供の時は当たり前だと思っていたことも、自分が母になることで知ったわ。3人の子供をほとんど1人で育てたしね。

絵本の中のお菓子って作ってみたくなる。
この本のホットケーキみたいに、カットしてみました。

しろくまちゃん (1).JPG


しろくまちゃん (2).JPG





ゲームが出きるケーキ



ガレット・デ・ロワは新年の時期あたりに1カ月間しか販売しないお菓子です。
今年は購入出来ました。


陶器の小物が1点入っていて、切り分けたどこか1つに入れます。当たった人は1日だけ冠をつけて王様になれます。っというゲームができるお菓子です。フランスで年末年始にこれをやる風習が。日本で言う、ぜんざいみたいなものかな?


温めて生クリームののせたら美味しかったな!!

TS3X0122.JPG

TS3X0124.JPG


TS3X0125.JPG


アーモンドの甘さ控えめな味がとっても美味しかった。パイの部分はサックサクでポロポロ落ちてくる感じ。フェーブは何が出るかは分からなのです。シンプルなコウケコッコウが出ました。




今回はラーメンの麺を作ってみた



スープも作ろうかな~っと思っていたけど、初めての麺作りだったから市販のを使った。それなりの味。次は作ろう。けっこう美味しかった。


玩具だし大丈夫かな?って思ってた。
あ~苦戦。何度もやりなおして、子供もクルクル回せる手軽さ。


1452350001259706ra-menn.jpg


20分眠らせてあげようね。っと言うと4歳くんはお布団と枕を生地に用意してくれました。

1452350021259707ra-menn.jpg

1452350040259708ra-menn.jpg



出来上がり。麺はちょっと太めですが、味噌が合います。味噌ラーメンが大好き。

ra-menn123.JPG


市販のはかんすいが入っているから好きじゃない。
これからは少しでも作ろう。そしてスープも極めたい。
つるっつるでコシがあって、美味しかった。



始業式



今日は幼稚園の始業式。
帰りにいつもの友達と遊んだ。4歳だけど、まだまだ理解のレベルではゆっくりで、今日は年上の女の子と喧嘩をして泣いた。空気という物がまだ分かっていないからしかたないかな。兄弟のいる子は強いです、耐える方もやる方もすさまじい。泣いても帰りたがらない、しばし遊ぶも泣いて終わる。一人っ子はこんなもんなね。もっと強くなってもらいたいな。ひとつだけ安心する部分は。息子くんは意地悪しない性格でいてくれる事、ですね。染まらずに私との約束を守っている子供はえらいっと思う。もともと乱暴だけど意地悪ではない。意地悪な子供はどうして意地悪になるのかが分からないな。いつか悩む日も訪れるんだろうけど。今は分からない。



昨日は家でゆっくり過ごす。
パーラービーズを一緒にしました。これはけこう時間がかかるんです。途中で追加のビーズを買いに行きました。午前も午後もづっとビーズをやっていました。手先が器用になりますね。

2016幕開け (11).JPG



お年玉でラーメン作るおもちゃを買った。子供の希望でね。
なんで?でも楽しそうだからいいかな?これがやりたくって、やりたくって仕方ない様子ですが、週末ね!!

2016幕開け (6).JPG



ぜんざいです。

毎年作る。煮詰めるだけだから簡単よね。お砂糖は控えめに。ここについたお餅を入れて食べます。明日、幼稚園で出るのにね、子供がぜんざい嫌いなんです。???どうしましょ


2016幕開け (2).JPG


始業式だったので2時間だけでした。
全然いいのね。それはみんなが思ってる事かな・・。

去年のみかん狩りのみかんを冷凍していました。解答して少しづつ食べていますが美味しいです。腐らせて捨てることもないので冷凍はいいね。冷凍みかん美味しい。

お餅に、みかんに、色々食べて。グアムでもい~っぱい食べたけど、+1Kgでおさまりました。短縮が終わったらスポーツジムへ行こうかな。毎日通うわよ。

月末に子供の発表会があります。合奏やら劇やら。練習ですね子供たちは。楽しみであります。



グアムよかったな・・・・


グアムは小さくて涼しい島でした。
年中この季節だと少し飽きるのでは?っと日本の四季が恋しくなりました。

カウントダウンで上がった花火とともに夜景を眺めて、なんだか贅沢な時間を過ごしました。もうきっとこして遠くへ旅行へ行けるのもだいぶ先の話だろう。子供と海外って難しいと思ってた。人一倍いう事を聞かないし、迷惑ものだし・・・。確かに3歳の時だったら無理だった。毎日泣いてたし、何時間も泣いてたし、癇癪も、物分かりも、言葉の発達も色んな面で無理だったわ。これも4歳になってだいぶ落ち着いたから行けたこと。


飛行機の中、空港、グアム、どこを見渡しても乳飲み子の赤ちゃん連れの家族も大勢いるのだ。
何人でもみんなビックリするほど子供がおとなしい。2歳、3歳も大勢いたけど、おとなしい。(きっと行けるわうちの子なら)って思えるようなレベルの子を持つ親しか海外旅行へは行けないのかもしれない。だって本当にみんなぐずらない。どこかしこを見てもそうだった。喚いたり、泣きじゃくったりが、どの子もなかった。そう思うと息子くんもそういうレベルににまで来たってことかな。ただ帰国してからは疲れで癇癪がありましたが、昼寝もバンバンしてましたし。子供2人でも連れてきてる家族もいた、凄いな~って思った。大家族で、一族?で着ている家族もいた。いいですね、私も一度大家族で行ってみたいです。

1451970174258417グアム.jpg


海と町、サンセットは特にきれいだった。
青い海や、青い空や電飾を見ているのが飽きない。28年前に転勤でおちらに来たバスガイドさんが、はじめは感動だったけど、海も虹も見飽きてしまったそうです。そういうものかね~。

1451970412258418guamu.jpg

1451970755258422guamu.jpg

大きなベットが2つ。
子供は、椅子を2個つなげたベッドに寝ました。夜中にベットへ上がって来ましたが、悠々自適に眠れました。夫婦で大きなベットでひとり占めでぐっすりんこ。


1451970801258423guamu.jpg

海とプール。これがセットでないとね!!
ニッコーホテルは浅いです、深い所は一切ない。でも沢山のお魚が見られます。他のホテルのビーチは普通に泳げますが、お魚は見られません。だいたいマリンスポーツしたい方は専用の海へ行くツアーを入れるものです。

グアムは、ジャングルクルーズみたいなツアーもあるし、ジャングルの中をトレッキングしたり、滝から飛び込んだり、洞窟で泳いだり、そんなアクティブなツアーもあるわけ。行きたかったんだけど子供の年齢制限がね・・・。5歳なら行けるんですけど。海でのスポーツもそうです。まぁ今回はしっかりお買い物は出来ました。お買い物へ行くならまずはじめはJPストアへ聞くべきです。ここではお土産のすべてが集合しているわけ。あちこちのマーケットをぐるぐる回るよりも時間が短縮できます。私たちはあちこち言ったので、時間の無駄もありました。2回目なら絶対に買い物はポイントしぼっていきます。スーパーはkマートで十分。スーパーでは本当にバケツサイズのアイスクリームやなんでもビックサイズのものが。一応アメリカですから、アメリカ物ばっかりです。kマートのスーパーでは、食品、衣類、玩具、日用品・・がワンフロアにあります。アベンジャーズのレゴを子供が購入。アメリカのボードゲームも購入。バービーとかね、もうすごいですよ。缶詰でもケーキ材量でも濃い感じですね。ここに1つだけ、ピザ屋さんがある。食べ物コーナーはここだけですが美味しくて安いので、行列なんです。


1451970890258424guamu.jpg


1451972953258450guamu.jpg

1452089495258897guamu.jpg



1パック1000円ほど。
デパートのフードコーナーではこうしてテイクアウトするわけです。これをホテルのベランダで食べます。外食もしましたが、リブはとっても美味しかった。ボリュームも食べきれない量でした。チャモロ料理とリブ、基本アメリカって感じです。


1452087738258894guamu.jpg


グアムから日本へ帰国。
飛行機は最後尾だった。だけに降りるのも最後だった。
降りようとしたら、子供が持っていたアメリカの玩具の飛行機を機長が見て大興奮。
その後、旦那さんと子供がコックピットへ入り副操縦士さんに写真を撮られていた。これは副操縦士さんが撮った1枚。とにかくスイッチが多量にありました、天井にもびっしり。レバーもガチャガチャと触っていた。感動ものだったわ。

1451970997258426guamu.jpg


あ~また行きたいな。
ツアーでいいですそれがぬるくて十分なのだ。
海外って言うのは2回目なら時間や場所や色々計画的に無駄なく行けるというものですね。
エジプト&トルコはもう行けないけど、セットで以前行きました。ピラミッドも入った。洞窟ホテルだけは一生忘れない。いつかまた洞窟ホテルに行きたい。洞窟レストランも良かった。だぶん世界で1番いいホテルは洞窟ホテルだと思う。カッパドュキアは本当にいい所だったわ。ドイツ、フィンランド、タイ、カナダ、アメリカ、辺りへ行きたいな。


☆彡あけましておめでとうございます☆彡

2016年、わたくし達家族は、グアムで新しい年を迎えていました。
カウントダウンはホテルの夜景が見えるレストランで行い、花火とともに夜景がキラキラと綺麗だったのが印象的でした。


夜景が綺麗なホテルの上のレストランでカウントダウン。

子供のパーティー用グッツとして笛が置いてあったので、プープー吹いて楽しんでいました。
シャンパンに、マジックに、くじに、しかもここで蕎麦を食べました。グアムはアメリカ国なのでステーキやグアム料理のチャモロ料理ばかりだったので、日本食が恋しかったこと・・・

1451971717258434guamu.jpg

グアム1日市内観光でのランチ
小さな島なので、3時間もあれば1周できると思います。ハワイやバリとは違って現地~って感じ、観光地っていうか本当にまだ島そのものでした。

1451971883258436guamu.jpg

タロフォフォの滝。
横井さんが28年間潜んでいた場所のすぐ近くです。なので、横井さんの小さな展示室があります。地下室も再現されています。ロープフェイに乗って滝へいきます、滝には吊り橋があるんです。グアム人は基本英語です。チャオロ語もあります。グアムでの観光客は韓国人、中国人、がとっても多い。だからか、韓国人は英語と、少し日本語もあいさつ程度ですが勉強して来るんですね。韓国語は韓国に行った時に少し覚えました。

1451971977258437guamu.jpg


ソレダッド砦
子供が念願だった場所。市内観光では戦争の博物館へも行きましたが、ガイドさんが戦争の話をするわけです。B29の一部はグアムから飛びました。写真や当時の衣服など、映像も見ましたが、色々考えさせられました。横井さんにしても、戦争はグアムの人も日本もアメリカもみんなとても辛い経験だったことでしょう。ここは絶景の高台です。

1451972083258439guamu.jpg

ここはデパートの中にある、ゲームセンターですが、メリーゴーランドやジェットコースターもあるんです。室内ですよ。電飾がキラキラ眩くて小さいけど煌びやかな電飾遊園地みたいだった。ここで乗り物に乗ったり、メリーゴーランドにも乗りました。バイキングもあります小規模だけどね。

1451972125258440guamu.jpg

日本から3時間半。
子供は4歳くんですが飛行機が大大大好きなんです。
大好きなひつじのショーンを見て空の旅を一番満喫していました。機内食もパクリ。小さな飛行機だったから窓からの景色もよく見えました。雲の上にいるって不思議。地図みたいな地形がとっても面白い。だってミニチュア模型みたいなんだもん。

ニッコーホテルのロビーです。ここのホテルは、ラッテ・ストーン(遺跡)が残っています。イルミネーションもそれはそれはピカピカとすごかったです。クリスマス&ニューイヤーだからね。外国では1月でもクリスマスの雰囲気なんですよそれが普通。セットですからね。


1451972279258441guamu.jpg

1451972335258442guamu.jpg

ニッコーグアムホテルには海とプールが。
海は浅瀬で泳げはしないけど、お魚がいっぱい見れます。プールは超~深くてスライダーもある。勢いも半端ないです、ビューーーン。


1451972589258443guamu.jpg


グアムに着くと、テロの関係で、入国するには指紋をとられるのだ。
入国審査だけで2時間かかった。

空港からホテルはすぐだったから7時くらいには到着できた。その日に少し買い物をして、大好きなABCマートへも行けた。夜の町をお散歩しました。グアムは観光で集中的に集まる町中の場所は1か所でしかもすごく小さいです。ちょっと行くともうそこは現地の方しかいなくて、人気もない。ジャングルなのだ。田舎の方はで銃で豚を狩ったりして生活してる。誰もが狩りの為に銃をもっているのだ。気軽にどこでも銃撃ちが出きるのだ。何度も勧誘された。


天気はスコールがたまにあって、5mm先は晴れてるのに自分の頭の上は雨。
ハワイでも見たけど、ここまではっきりしたスコールははじめてで綺麗だったわ虹も出てた。
一周バスで回る時も片側は海沿いです。綺麗なブルーですね、透き通ってます。浅瀬でもグアムのカラフルなお魚が見られます。30cmとかですよ。シュノーケルでなんとか浮いてみました。浜には沢山のサンゴと、緑や透明のガラスが落ちてた、沖縄みたいだった。砂はサンドアート選手権が出来そうな、しめっていて細やかで、複雑な形も作れます。だから子供は夢中で城を作っていました。なかなかぐずれたりはしないんです。キネティックサンドに近かった。

チャモロの村では筋肉ムキムキのお兄ちゃんがココナッツを割ってフレークとココナッツミルク、ジュースにする実演とパフォーマンスがあって良かった。カッコよすぎだわ。チャモロの血を引いている人だと思うけど、すごかった。このお兄ちゃんたちが夜、ポリネシアダンスを披露してくれました。

5日と言っても最後は帰国だけだから、3日半っという計算。
ですがとっても満喫できました、島が小さいし、アバウトな国だから、なぜか日本よりは神経も気も使わなかった。
いいな~。エジプトへ行ったときなんてみんな本当にいい人ばっかりだった。エジプト語は難しいのだけど、チップ出すだけでも大歓迎されたし。グアムは日本人もしくは日本語を話せるグアム人が多いので、あんまり外国という感じはなかった。エジプトは一番外国って感じだった。英語もほとんど通じなくてエジプトの言葉しか通じなかったし、ツアーと言っても自分達だけだったし。外国人はみんな気軽に挨拶しますし、日本人だけかな?挨拶しないのは。お隣同士でもないわけだから。外国は全く知らない人でも挨拶すれば何かしら反ってくる。

グアムはカウントダウン旅行をただするっという目的でした。
だけど、グアムでは言葉がすべて英語なわけだからね。もう子供がオール英語になってしまうんですよ。もちろん単語と熟語を並べたような文ですが、知ってる限りの単語を全部使って、何人だろうと英語で一生懸命話す姿にうるうる。韓国人の親子とプールで遊び、グアムのバスの運転手さんと話して、飛行機のパイロットと話して、日本人の親子と話て・・・・。英語しか通じない国にいたら自然にそうなるんだ子供も。そう感じました。英語知育にはとっても海外旅行っていいのかも。5才以上なら1日だけのプレスクールがたくさんあったんですけどね。色んな国の子供と触れ合えるチャンスだから利用したかったんだけどね。子供同士は言葉とか、文化とか全く関係ないんですね。インスピレーションだけで、ただなんとなく合わせて一緒に遊べるわけです。不思議だったわ。子供はすぐにしゃべりかけるタイプだから、グアムの人も英語で色々と話しかけてくれるんです。ゆっくり聞き取りやすいですし、グアムの英語はとっても聞き取りやすかった。3日半どっぷりと漬かったって感じでした。きっとこのままこの国に住んでもいけそうな感じ。

バスガイドさんの話では、毎年夏に親子で1カ月だけくる方がいるそうで。1カ月ホテルの泊まって、隣の現地のスクールの夏休みの授業を子供が受けるんだそうです。毎年夏にね。母と子供で来るそうなんです。英語学習の為にだろうけど、工作したりするんだそうです。きっとママは英語がペラペラなんでしょうね。うちの子だってペラペラではないです、でもこれだけ英語で自分から話しているのを見ると雰囲気に引っ張られるんでしょうか?だって日本語なんて通じませんからね。ハワイはほとんど買い物とか観光とかで、そんなに英語で話しかけられなかったな~。グアムは子供にやさしいですし、みんな子供が好きなんです。だからいっぱいお話するんですね、ただこちらから話しかけないと全く0なんですが。おしゃべり好きな性格なもので、それがあるからこの子は救われてると思います。お得ですね。私は真逆な性格ですが。日本人の親子にもありったけの単語を教えたりして自慢してました。きっと子供の脳では何かが起きたんだと思いました。私も、伝えたい事が、英語が出来ないがために伝えられなかったっという思いをしたので、トラベル英語くらいは勉強しないとね。しばらく海外はいけないであろうけど、こんなに子供に英語の影響があるのなら是非また行きたいな~っと。考えてなかったので、ラッキーだったかなっと。きっと本人も自信がついたんだと思います。帰国してからも日本人に英語で話そうとしてたので。

最近は自宅ではほとんど英語やってないですよ。DVDだけで。自分は英語ダメダメだからきっとそれなりにしか出来ないんだろうな的なパターンだった。真剣にやろうとして逆に子供が英語は嫌だ~っとなったことが1回あり、以来DVDすら見たがらないようになってたし。自分もそこまでして、っと思ったし、他にも療育だとか考えないといけない事だらけだったし、おとなしくて手のかからない子供なら早期教育もありだと思うけれど・・・・。食べさせて、風呂、歯磨き、寝かせる・・普通の生活ですら大変なのに・・・っと思っていた。海外へ行って何かが変わったのならそれば良いことかな。だってグアムに行く際には、いっさい子供に英語で話しなさいなんて言ってないし、特別教えてもない。何も考えてなかった。だって観光して楽しむために行ったのだから。ハロー、センキューすらね教えてない。のに勝手にペラペラ真似してしゃべってたもんだからビックリものだった。それが一番ビックリしたことだったわ。ただ行くだけでも子供にはいい刺激になるんだね。だって英語っていっぱ通じる国あるわけだからね。特にグアムではいちいち無料バスに乗って移動していたから、バスの運転手さんとか、お店の人だとか、ホテルのプールでは韓国やら色んな国の子供がいたけど何人かは関係なかったようですね。きっと子供はみんなそうなんだね。見習おう!!

このページの先頭へ
FX会社通貨数