2015年12月アーカイブ



今日こどもちゃれんじの1月号が届いた


今年っという年は明日で最後なのかもしれない、我が家は。
次にここへ来るときは来年になる・・・。
さっき大きな旅行鞄に荷物を詰めた。


ゆっくり見たいけど、来年にしよう。
中身だけ見た。もう来年は年中さんなんだ、あっという間に小学生になるのかな。自分が子供の時はもっとゆっくり時が過ぎていたような・・・。親にしてみればこんなにも早いものなんだなっとしみじみ。あ~寂しいな。ちょうど今、時を止めたいなっていう年齢ですから、1日1日を大事にしようっと思う。4月からの進級の教材の案内を見てそう思った。



DVDと分厚い本。

中身は絵本とシール貼、季節のお話。

こどもちゃれんじ1月2015 (3).JPG


ワークブックです。4冊もある。これだけで精一杯。

こどもちゃれんじ1月2015 (2).JPG


玩具はすごろくセット。
先月の教材でメモリーゲームがあって子供がはまった。4歳ならそろそろすごろくとかもいいですね。これはすごろくゲームです。なんだか面白そうだな。家族で新年に遊びたいな。

こどもちゃれんじ1月2015 (1).JPG

こどもちゃれんじ1月2015 (7).JPG


昨日は、1人、街まで行った。エステの為に。
足圧っという、足で全身を揉むマッサージ。それとオイルマッサージ、足湯、キャビテーションをやりました。最後にフェイシャルを。キャビテーションとは腹部の脂肪を機械を使って落とすマシーンです。キーンっという音がします。2時間半くらいでした。体が軽くなりました。帰りは1駅分ルンルン弾んで歩きました。体をリセットして来年をむかえたい。大掃除も来年ですねうちは。

これはエステのお土産。先生がよくバリ島へ行くのでたぶんインドネシアの雑貨。キャンドル。バリ島に行った時にこんなのがいっぱいあった。ストロベリーですね。


ペナン (3).JPG


では良いお年を。アデュオス!!
これはチャモロ語ですよ。勉強するんですチャモロ語を。
明日から必要だからね。



世界中の街から届いた ミニチュアデザートギフトの会
㉑マレーシア ペナンのブブチャチャとクエラピス



12月分、今年最後のキットでした。アジアンな雰囲気が素敵です☆彡
濃いピンクと赤のハイビスカスが可愛いですね。バナナの葉が敷いてありますがこれもナチュラルで可愛い。花材用テープで作っています。編み模様の床もすべてがアジアンで涼しそう。


約6cmの小さなクリアボックスの中に出来上がる小さな世界のスイーツ。
あ~またまた美味しそうだな~。

1451314174256652penann.jpg


ハイビスカスの花の質感まで再現されてる。
ぎちぎちに納まってる。

1451314222256653penann.jpg


1451314091256650penann.jpg


①ブブチャチャ
ココナッツミルクの中にフルーツやタロイモ、サツマイモなどが入ったデザート。
ネットにこんな画像がありました。


151776afc25ea-28cb-4c32-9168-1054f8712720_m[1].jpg

②オンデオンデ
黄色とオレンジのがそうです。もち米を潰してスイートポテトを加えたお団子に黒蜜が入って、トッピングにココナッツをまぶしたお菓子。お団子なのですね。美味しそうだな~。作ってみようかな?

③バナナ
④ココナッツジュース
これはバリ島へ行った時に飲みました。

⑤クエラピス
バームクーヘンの様なお菓子。色とりどりの層をなす、ういろう状のお菓子で、鮮やかな色が使われるので人口着色かと思いきや、天然の色素を使っているものも多いそう。


自宅の近くにある、アジアン料理屋さんで、ブブチャチャに似たようなデザートを食べましたが、めっちゃ美味しかったです。ココナッツミルクがベースでカスタードクリームみたいな味でとっても甘かった。あ~また食べたいから行こうかな。ただ全部の料理が辛いから子供の食べる物が全くないんだよな・・・ココナッツミルクって大好き。ハワイのハウピアもココナッツミルク使ってるんだよな~。作ってみよう!!



りぼん60周年 なつかしのケース入り レターセット



プレミアムステーショナリー弟2弾のレターセット。

りぼん60周年のレターセット。これは付録であった絵柄ですね。可愛い。天使なんかじゃない、姫ちゃんのリボンの2種。2つとも大好きな漫画だったな~。このレターだって貴重ですからね。完売だったけど入荷した隙に購入できた、60周年のグッツは買うだけでもかなり大変。メモ帳に引き続き購入した。来年で61周年なのかな?そしたら60周年企画は続くのかな・・・。続いてくれ!!


リボンレター (1).jpg

リボンレター (2).jpg


りぼん80年代の時代に子供だった。
あ~80年代好きだな~。古い人間ですよ。私は。

昔はカップルの事をアベックって言ってたもんね。
レギンスの事をスパッツと言っていたし。
CMを宣伝って言ってた。
ポケベルもまだなくて電子手帳が流行った。
買ってはもらえなかったけどね。
80年代のアメリカもいいわね。
グレムリンとかバックトゥーザフューチャーね。
良かったね。



セリアの粘土で遊ぶ



セリアの粘土はカラフルで108円でけっこう遊べるわね。
ホイップ粘土も買ったので、両方使って粘土でスイーツを子供と作った。
4歳になってからは粘土してなかったな~。でもずいぶん上手になりました。
子供と工作するのはとっても楽しい☆彡

145114230025622920151224.jpg

私がタルトの土台を作っていたら、隣で子供が真似してた。
子供はなんでも真似するから私が色々やってると自然に真似して、またさらに器用になった。粘土って、とっても指先が器用になる知育だと思う。どんどんやらせたい。部屋が汚れてもまぁ気にしないな、とにかく粘土で子供と一緒に何かを作ることが大事だと思っている。部屋よりも子供の知育、一緒にやれば親子での関わりも、話ながらやれば言葉も発達するし、手も動かすし、一石二鳥ですわ。粘土ってけっこういいわね、ハサミもいっぱいチョキチョキするし。包丁もだけど、特に気をつけて使う包丁は神経使うのでより手首の運動にもなる。子供が0歳の時に、指先の運動が最終的に脳を動かしていくってあった。0歳の時にも年齢ごとに知育玩具をいちいち買ったっけ。いっぱいお話しながら粘土しました。

もともと言葉が遅かっただけに、何をする時でも声をかけ続けてる事に心がけているわ。言葉が本当に遅かったけど、だいぶ追いついて来た様に思う。言葉って大事。今になって思うわ、言葉が遅くて子供が苦労した姿を見てきたから、きちんと表現を言葉で出来る子になってほしい。


タルトの土台上手に作ったね。
あ~成長したわ。

145114232625623020151227.jpg

粘土だって、工作だって上達するんですね。
絵の方も今度がんばろう。なんだか凄いスイーツですが、クレープとタルト、ケーキが出来ました。

145114240425623120152427.jpg


クレープが好物。
4歳君はクレープ屋さんで注文する際には必ず、作ってるところを一部始終見ないと気が済まない。みんなそうなのかな?毎回いちごのクレープ注文。名古屋で一番クレープの美味しいお店は、オアシス21の下です。車のクレープ屋さんのキャラメルとナッツが入ったクレープ。それを食べたいがために町まで行ったりします。名古屋の方はね是非言って下さい。なんといっても皮がパリパリです。2個はいける。あ~食べたくなってきたな。




パーゴラでクリスマスビュッフェ

名古屋のアソシアホテルにあるカフェパーゴラは10年くらい前から行ってる。

親、色んな友達、家族、会社のランチ会・・・っと色んな人と行った。久々すぎた、リニューアルしていて景色が見える席が減っていて、内装も変わってた。今は昔と違って予約で満員になるし、値段も昔よりは高くなった。昔の方が気楽に利用できてよかった。ふらっと立ち寄れたし・・・。いきなり行っても入れない。予約も1カ月前くらいにうまる。今月はクリスマスメニューだからよけいにね。来年からは北の味、つまりカニが出てくる。来年も見逃せない。ただ早めに予約しないと入れないかも。


クリスマスメニューらしい料理で味もホテルならでは、もちろん美味。
誰と行くかによっても味という物は変わる。今日は家族で行ったから、子供は大変だったけど、美味しかったな~。子供もここのならと食べまくり。夜はラーメンで節約した。当然なのだ。お昼に豪華なランチをしたのは久々。昔は時間制限もなかった。10時に入れば3時までゆっくりできた。だから穴場だった、空いてたし、だからここをよく場所として選んでた。今は入るのにも受付順に呼ばれて、中に入るだけでも10分はかかるし、入っても料理をとりに行って席に着くだけで30分は過ぎていた。

子供の席においてあった紙製のランチョウマットは裏がぬりえになっている配慮。家族を受け入れてる感じが嬉しい。机には色鉛筆がおいてある。もともと名古屋駅付近で生まれ育ったので、ホテルランチへはよく行った。懇談会の帰りとかに行った。今は大きなビルばかりで、すっかり変わった風景があったけど、ここは地元。何千回と見た風景なのだ。



パーゴラではサンタさんが来たのだ。ハグリッドみたいな感じの人だった。飴をくばって、写真を撮った。子供はずっとサンタを見てはまだ?っと待ち続けていたっけ。帰宅してからまだ体力があったので、子供の要望に応えて大きな公園へ行った。ちょっと寒かったけど、楽しめたようだ。知らない友達グループに入れてもらえず叩かれて泣いてた。弱いな~っと思ったわ。でも負けずと輪にはいってく。でも今日の集団は幼稚園などのグループでママ達はおしゃべりに夢中で放置。自分の子供が他所の子供に乱暴しても知らんぷり。付いてたパパも口で軽く注意、しかも名前を呼ぶだけ。あ~これも世の中だっけ。文句があろうが非常式だろうが、こいうった現実の世界をまず知って受け入れてほしい子供には。子供がもし無視されたり乱暴されても、子供本人が乗り超えるしかないんだから・・っと思いながらもあ~心の中ではちょっぴり可哀想、ちょっぴり応援。

やっぱりまだ空気が読めない子。
あのお友達はみんなね、たぶん同じ幼稚園のグループだから、他所の幼稚園のあなたが入ることを嫌がってるんだよ・・っと子供に教えると少し分かったようだ。小学生でも、幼児でもいきなり殴ってくる男児はけっこう多い。常々子供には言っている、少しでも嫌なことがあると大きいお兄ちゃんは叩いたりしてくるから自分が気をつけなさいっと。それに指1本でも触られると怒る子もいるからねっと。ここで相手の子に親が止めて、っと注意しても一切子供の世界では何も進展しないと思う。その子の親がその子に注意しない限り何も変わらないのかも。でも今日も思う。息子君は誰とでも遊びたい子。不思議なくらいに誰とでも遊べる。幼稚園へ行ってから「やだよ~」も覚えてしまったけど、基本誰とでも遊びなさいっと言っている今は。どうしてだろう3歳や4歳でも意地悪な子が確かにいるのは。遺伝?環境?こんなに小さいのにどこから学ぶんだろう。そういう子の親に限って軽く口で注意か放置。遊具も全部ひとり占めしてた。息子くんが遊ぼうとすると、ここは自分の家だからダメ~なんて言ってた。お父さんに叱られてたけど。ただただ子供には強くなってくれ、空気を読んで場を見極められるようになってほしい、どうしたら他人に叩かれなくなるのか・・っと思う。輪に入ろうとすると嫌だ~っと言われ、それでも追いかけまわすと案の定叩かれたりね。それも本気でパンチ、キック。ただそれで学んで逆に人にしないか心配ではある。今日見た子はきっといつもママがママ友としゃべってばかりで放置で寂しいのかも。ひねくれてた感じがした。だってずっとママは遠い所にいた。子供を全く見てないってことでしょ。ずっと一緒に付き添ってた私や子供がが羨ましかったのかもしれない。ちょっと気持ちわかる、自分も放置で寂しくてそんな時があった。それで幸せそうな子に意地悪して怒られてた。だから私は極力ママ友グループには属さずにいる、広く浅いママ関係で終わる。子供を叱らないのも子供にとっては寂しいことだと思う。見ていない証拠なのだから、小学生にもなれば子供だってそのことに気づくこと。

人間が大好きだから、ためらわず入っていくけど、体に触れるだけで攻撃をしかけられたと思っていきなり殴ってくる子もいて毎回泣かされる。外国人の先生にはここまで思いっきり入っていけるのは凄いことだねっと褒められたけど、アメリカでは自分を表現とかになるのだろうけど日本ではどうかな。ただ空気が読めないって事になるのだろう。あ~毎分ごとに注意したり、ルールを教えたりするのが大変。でも毎秒ごとにでも叱ったり注意したり、正してきたおかげで、今では昔に比べたらかなりりこうになった。たとえ毎分ごとでも正さなければ、子供というのはどんどんエスカレートして、5歳にでもなればもういう事を聞かない。2回に1回だけの注意も同じ。サボったぶんのこの隙の子供の中にはちゃんと賢く悪知恵が出来上がる。5歳を過ぎたら躾をするのは難しいのかも。特に乱暴とかでなくても公共の場でのマナーを守れない子供ははっきり言って恥ずかしいと思う。その親はもっと恥ずかしい。まず親が手本っていうけど、その意味が4歳の子供を見てると特に思う。マナーを守れない親の子供はどれだけ言っても教育しようとしても言う事を聞くわけがない。だって親が守ってないのだから、子供は細かい部分までのよく見ている。普通に口でいって聞かない子なら、なおさらもっという必要がある。ガミガミは良くないけど、放置はもっと悪い方向へ行く。特に小学生を持つ親に聞いてみたら、小学生になったら一切いう事なんて聞かないようになるらしい。小さい時に可哀想だけど、ちゃんと正しておかないともっと可哀想なことになる。ガミガミだって小さい時だけなんだから。放置は一生埋められない。だから大人になっても何度指摘されても頑固に変わらない人が多いこと。変えられないのかも。


私も放置で育ったからずいぶん挨拶だとか礼儀のことでは責められたし、でもそれって親に教えてもらってないからしかたない。子供を育ててからずいぶんなおったけど。可哀想だから、自分が疲れるから毎度の注意は休む。それでは悪化する一歩。そういう子供がとっても迷惑したりしています実際。叱るのは愛情がないと出来ない、叱るがない子供は逆計算して親はちゃんと自分を見てないんだろうな、って見透かし、愛情不足になってくのかもしれないって思うんですけど。だって親をなめますから。親をなめると、親のいう事なんて聞くわけがない。親の悪い部分だって子供はすぐに見つけてしまう。毎日、子供にも敬意をはらおうって思いますが、なかなか自分にもできていない。あ~難しいな教育って。子供が3歳まではただの保育ですが幼稚園に入園する頃になると教育に変わっていく。おむつだのトイトレだの離乳食だのって保育だけの時代は今にしてみれば楽だった。その時は死にそうなくらいそれも大変だったけど、今の悩みに比べれば楽だったと思う。


しかし4歳になってだいぶ、思いやりもついてきた。
人よりは色々ゆっくりだけど、めげずに頑張ってる。どんだけ泣いても起き上がる子供の精神はすごいな~って思うわ。いつか立ち上がれない時が来るのかなっとは思うけど。来年からまたコーチング講座がはじまる。レベルアップするのだ。コーチングをしてるので、子育ての見方もずいぶん変わった。親は応援しかできない。あとは愛情を与えて、間違いを正したり、公共でのマナーをちゃんと教えてあげること。可哀想な子供っているのはちゃんとルールやマナーを正しく親に教えてもらいない子なのかもしれない。本当に悪い事をしたときに叱れない親ってきっと自分が可愛いを選んでいるのかな・・とかあ色々考えてしまう。自分を選ぶか、子供を選ぶか。自分を選んでしまっている。自分が可愛いそんな親を見てどんなふうに子供は育つのかな。っとか色々と子供の教育についてとっても興味があります。きちんと勉強してみようかな子供の心理とか教育とか。

201525 (5).JPG

1451045789256031201525.jpg

1451045850256033201525.jpg


パーゴラで飲み物をみんなが並んで待っていたら横入りしてる人がけっこういた。
だから今日はマナーのない人はどんな教育されてきたのかな?って考えてしまったのだ。きちんと教育しない親がいるからこうなるんだな。迷惑な子供を自分が無意識に世に作りだしてる事にいつ気が付くんだろう。のびのび~なんてそんなのはないない。エゴと愛情をはき違えてるママも多いかなっと思う。だってお店などで食事してごちそうさまって言えるママ
は少ないわね。残さず食べるのもね。お料理も私は母にビュッフェであっても絶対に必ず残さず食べる、食べれない量はとらない、っと教えられてきましたから。それが出来てない人をみると唖然なんです。米粒1粒でも最後まで食べさせられました。最後にひっついた米粒はお茶を注いではがして食べるんです。文化の違いだろうけど、ありがたいって感謝して食べてたらそうならないと思うんだけどな。食材やお店の人に対しても失礼だって思わないのかな?って。ラーメンなんて汁まで全部飲み干しますよ。それが注文して食べるってことだと思っているからね自分は。子供のギャーに負けてしまう親もどうかな。すぐに通報される時代だけど、それに左右なんてされないわ。叱る必要がある時には叱ります。親戚関係の集まりは少し叱る量も減らしますけどねさすがに。怒るのと叱るのは別で、極力怒るを減らし、叱るに回してます。意識しなくても自然に出来る大人に育ちましたそこは。母親のおかげで。

日本だけだろうけど、空気を大事にするのって、見えないルールとかね日本特有ですね。
難しんですよ日本の人間関係って。だからみんな神経使いすぎて幸福度低いんだと思う。余計な神経ばかり気ばかり使うから参っちゃうんだ。この環境でのびのびなんで出来ないって思う当然。日本のそういう所は海外でも悪い例としてね、だってお金があっても幸せじゃないんですから。本当にのびのび出来るのは、世の中のマナーや知識をしっかり入れてだいたい知り尽くした後のような。そういう気難しい日本で本当にのびのび生きて欲しいから子育てもどうやってやるのがいいのか考えているけど・・・。とりあえずまず空気きちんと読んでお友達に叩かれたりせず公園で遊べるようになってほしいな~。もちろん友達にも乱暴せず。あとは子供の言葉に友達が怒りそうになったら親は謝って代弁して、あ~きっといい教育って器用なやり方が出来るかってことなんだね、賢いとかっていう表現もある。元が不器用だからな~内面の方が。バカだし自分。でも不器用だから出来ないって甘えたくはない。みっともない。悲劇の主人公もいやだな、昔は貧乏で辛かったとか・・そういうのも嫌だな。自分が一番大変とか一番頑張ってるとかっているのも嫌だな。みっともない女にはなっちゃいけないな。子供はまだ4歳。たった4年で諦めて放り投げたくはない。自分はいっぱい間違った子育てもしてきたけど、そこからしか学べなかったこともあったな~って。だってすべてが器用に上手くいっちゃうって、出来ない人の気持ちが分からない人間ってことだし、いっぱい失敗してる人の方が思いやりがあっていいわ、冷血でもないしね。思いやりって大事だな~って思う。成功っていうのはすべて物質的な価値観にしかならないしね。学力とか器用さも。生まれつきに出来がいいとか悪いとかって。だって死んだ後はそうでしょ。あっちに持って行けるのは経験値だけですから。子育てだっていくつお稽古を習ったとか、どんだけ公園に連れて行ったとかは全く愛情には関係がないわけど、どんだけ込めたかって所が大事なわけで。保育園ママでも働いていても短い時間での子供とのふれあいでもちゃんといっぱい愛情込めてるママもいますしね。

いっぱい叱ることが多いから、甘やかす時にもその分いっぱいね。公園も行きたいと言えば連れて行く。スキンシップも、いっぱい好き~っも言ってあげる。いっぱい叱ってもどこかでバランスがとれていれば大丈夫かなっと。いっぱい叱られるってことはその分いっぱい可愛がってもらえる部分も増えるって考えられればね。子供にもそう言います。

子育てに迷った時は考える。
もし母ならこういう時、なんて言ってたかな?って。
それが一番だわ。母はいつだって正しい現実を言っていたからね。
私が愛情を貰ってないわけない。
だっていっぱい叱られた。ただそのあり難さに気づくのは30歳過ぎてからだった。
練り強さがなければそれは負けってことになるのかな。一番の負けは諦めることだと私は思う。私の場合ですけど、人は別であろう。


クリスマスイヴ


さてさて、今日は久しぶりに、何もな~い1日だった、その何もない、つまり特に用事が入ってない日っという意味。


朝は子供が7時に起きて、枕もとのプレゼントに気が付いた。
正直もう少し眠りたかったけど、玩具で遊びたかった様なので頑張って目を開けた。
消防車が本当に好き。将来消防士になるらしく、消防イベントにも行ったり、消防車の玩具もいくつあっても足りない。消防車に乗っている道具にも興味があり、いちいちどの道具がどこにしまわれているのかを確認。とびくち、しゃべる、はしご、サイレン、ポンプカー・・・・・・。

14509498102557052015kurisumasu.jpg

14509496372557022015kurisumasu.jpg


フィンランドからサンタの手紙が。切手もね。
妖精が窓からいつも見ていてサンタさんに良い子かどうか報告するんだよ・・・っていうような内容だった。あんまりわかんないだろう?と思いつつも読んであげたら、「妖精がこの窓からのぞくの?・・・」っと話してくれた。これは動画付の面白いカード付なのだ。


14509495722557002015kurisumasu.jpg


14509496042557012015kurisumasu1.jpg



We wish you a merry Christmasを歌いまくり、踊った。
今日はたまたまスーパーへ行ったら、無料イベントでお菓子の家を作ることができた。子供が楽しく作ってた。プレゼントの玩具で遊んで、ゴロゴロして「カールじいさんの空飛ぶ家」の録画を見てケラケラ笑って2人で一緒に過ごした1日だったな。明日は家族で揃って過ごしたい。

14509497042557032015kurisumasu.jpg


今日も2人なので、夕飯は買ったお寿司にした。
子供が好物だし。

TS3X011100012015susui.jpg


あ~今ちょうど花火の音が聞こえるわ~。
見えないけどね~。
クリスマスの花火もいいものだよねきっと。いつか行ってみたいな。
だって空気が澄んでるから綺麗にみえるそうだしね。



僕が、かばつむりになった日


「ぼくはかばつむり」っという絵本がある。
5月頃に購入した本ですが、最近はこれをよく読みますね。
昨日また読んでいたら、どうやらかばつむりになってみたかったようでした。

この絵本です。
ユニークな発想で、とっても面白いです。これなら私にも作れそうだったので、今日はかばつむりになってみました。一生懸命子供と一緒に作って遊びました。絵本の世界にどっぷり浸かることはとっても良いと思います。とっても簡単で家にあるものだけで出来ました。エコな工作でした。


かばつむり (1).jpg

かばつむり (3).jpg


ジャストサイズ☆彡絵本と同じサイズだ。

かばつむり (23).JPG


かばつむり (20).JPG



このシーンはこんな感じでまねる。かばのもっこりも真似するのが大好き。

かばつむり (7).JPG

かばつむり (25).JPG


かばのもっこりは、かばつむりになりました。
でもお家が重たくて、ブランコもかくれんぼも、滑り台もつっかえてできません。泣いてしまったかばつむりさん。でもそのあとに雨が降ってきて、このお家が役に立つ時がやってきて・・・・。かばつむりさん、雨上がりにはとってもニコニコでした。ほっこりする絵本でした。

チャイルドブックは毎月、幼稚園の方で購読している本ですが、このシリーズはどれも毎月あたりでした。どの物語もユニークな内容だから子供も大人も読んでいて楽しいシリーズでした。年少が対象年齢ですね。

かばつむり (15).JPG

今日はたまたま雨だったので、丁度よかったです!!!
こういう遊びもいいでしょう。他にも遊べそうな絵本を探してみようかな?



またひとつ楽しい思いでができた


今日は子供が久々にお友達と遊んだ、っと。夏に海へ行ったきりだった。
はしばらく逢わないとずいぶん成長が感じられますね~、っと。
・・・っと今日の出来事を記録しとこうかな。


記録、?履歴?もう4歳になった。
ずいぶん子供も思い出が出来上がってきたな~いっちょまえに。
あちこち行って、色んな人と接触してずいぶん色々な事を学んできたな~っと思う。しみじみ。


1日1日、日記帳のように。だって人生の走馬燈っというものを今作り上げてる作業。
その真っ只中。あ~じみじみ。4歳君はね、泣いて、叱られて、ニコニコ笑って表情が豊。
最低限度の事で1日が終わって、家庭保育とかね、まぁ無理ですけど、そうは言っても本人が一番頑張っている。今の自分の課題は、子供にどうしたら世の中のマナーやルールを教えられるのか。数回説明してもムリムリ、これはちょっとやりがいがあるのかもしれない。発達障害っという子供にはマナーやルールを教えるっという事が非常に難しくて、試行錯誤ですが、それでもここまでひっぱってこれたのは、少しでも正しい愛情とかを考えてね、何でも正しいやり方っというのを考えてきたものだから。やっとここまで到達~っと思いきや先は必ずあるもので、休憩もおちおちしてられない。年末は別にしようかな。うん、休憩しよう、心の休憩を。家にも車にもお金をかけなければ、旅行にだって行ける。そう選択する人生を自分で選んできた。文句はないかな。十分だから。

不幸な事は常に昨日までを見て、特に上も目指さず。
過去の不幸な事はいつも上から目線で見る、必ず上から。
間違っても下からは見ないようにしたい。

もう少し自分のルーツに興味をもってみよう。それは固定観念は一切入れずに、他人からの目でみてみようかな。一体どんな感じなのだろう?どこから。どのように今の自分が出来上がってそして来たのかを考えてみて、もちろん暇だからではなく、忙しくても時間を上手く割いて、そういう作業を数年だけ繰り返して来たけれど、気づいた時にはずいぶん自分は変わったんだな~っとじみじみ。酷い苦しみの後にはだいたいその下はなくって、分からないくらいに少しづつ綺麗な正五角形に整って、小さくても形が整いはじめるとそれはとっても何かの効果になってるっという実感が確かにある。


心のバランスの事なのだけれど、私はいつも正五角形に例えている。
人を恨むのも一線以内で、自分を責めるのもそうだし、色々な感情をまず一線以内に留める。自力で意識してですが、きっとこれは作業訓練になっていたのかもしれない。無意識に自分に訓練してる事っていっぱいあるもんだな。極端は良くない、色々と見失い、見落とす。大事な部分も見落としてしまうから。落ち着いて、理性で、判断。自分に起きた事が想定内なら、それが悲惨な事でもある程度衝撃は少なくなるように思う、だから想定枠を大きく作っておいて、自分のパニックをコントロールしようっと考えてる。昔の人はみんな自然にそうしてた。今日、生きてられたら奇跡。当たり前とは誰も思わない、明日は何があるのかわからないのですから戦時中とかは特にね、みんな腹くくってたんでしょうね。逆に朝目覚めると、今日生きてる事が不思議なくらいにありがたい気持ちになったり、あ~今日も無事、それだけで上々っと思えるわけでございますね。何かあってもある程度の事なら、想定済みだったわ、っと言えるようになろうと思った。大きな悲劇は誰だって想定外ですが、昔の人は今の人よりも小さな事で毎日感謝してた。ありがたい。レテビで大変な苦労をしてきた特集で、村全体が悲劇や困難に見舞われて、復興っというのかね、そうやって乗り越えてきた人は感謝の心をしっかり味わってる。感謝というものをどう理解すればいいのか考えた時に出てくる答えは、何かに誰かに感謝をしてそれをしっかり噛みしめて味わう、それが魂や心に染みこんで、学ぶのかな~っと。苦しみがなくて、困ることもない人生では経験できないんだろうけど、まぁそんな人はこの世にはいないかもしれないけど、この世にはね。なんでも体感することなのかな。でないと知りえないのだから。

あの世の事はよく知りませんが、魂に何か大事な事を刻むっていう作業はとっても大事なことなんだ私には。謙虚さはないな~。福山さんが結婚して言ってたね、女優さんは叱られてばかりだから、謙虚でいいと思いますよ、って。叱られることはダメ人間だと思っていた私ですが、そういう見方も出きるんだな~っと福山さんの言葉にずいぶん素直になれました。素直が勝つ時もあるのよね。あ~少女の頃、素直だったわ確かに。でもこんちくしょ~って心では思ってたからひねくれてったけど。素直も本当は辛い。素直でいることは自分に正直で、頑固にならず、つつましくいないといけない。ないよりも、自分との闘いだし、競争でもないから。あ~素直っていうのも難しいな~。すぐに心が折れていたら出来ない事だな~。謙虚な男性見てると、確かにこっちまで上陸してくかもって錯覚、相手も素直にさせてしまいますよね。この人の前なら素直になれる・・とかなんとかってセリフもあるね。自分が素直になれる、っという自分を知るチャンスが到来するから、謙虚な人は沢山、そういった意味でボランティアしてますね。自分が素直になれる相手がいなければ、一生素直になれるっという自分にも出会えないわけですし。そう考えたら、子供が素直になれる場所をまずママである自分が提供しないとね。子供を産んでから、この4年で私もかなり子供には謝ってきたかな。親が謙虚なら子供もそうなるのかな。あ~頑張らないとね。自分の為には自分を正せないけど、人のためになら出来たりする。自分の為になんでできないです命もかけられない。でも大事な人の為ならね出来てしまうように人間作られてる。


小学生にもなれば、親そっくりになる、なんてセリフはちょっと怖いかな。
でもその通りなんだよね悲しいけど。いちいち目くじら立てないように、許す心を持たないようにはならないようにしないとね。20代はバリバリ厳しかったな自分、他人に対する評価。自分自身が全く駄目にもかかわらず、見えてなかったなそこは。失敗とはただ見えていなかったから起こる現象。次はちゃんと見ればきっと失敗も減っていくかな。何かや人に毎日感謝していると自分が救われる時がただありますけど、それはどういった現象なのかな?

自分に酷いことをした親や家族にずっと憎しみだけで苦しかった人生に、ある日ひょんな事からたった1%でも感謝する部分を見つけた。たった1%でもそこに100点満点をつけました私は。そしたらとっても天国にいるような、もともといた場所が本当は天国だったのかな?って錯覚するんです。自分が可愛そうって思っていた日々にある日フッツと、相手はどんな目線でどう感じていたのかを考え始めた時に、相手を思いやる心だって生まれるわけだし、複雑ながらも、許す事と自分に起きた不幸は切り離して考えて整理したら、だいぶスッキリしたんです私は。幸せな人は意地悪をしない、その逆も考えてみるわけです。その繰り返しをずっと、はじめて人を憎むことを覚えてしまったあの日から今日まで繰り返す作業を無意識にしてきて、変われてきたのかな。自分を変えよう!っと思うと超大変な作業だけど、変わっていけそうな感じの作業をやってれば変わって来るものなんだな~っと。変えようなんて意気込まなくても若い人なら時間はいっぱいある。謙虚になれば自然とそうなっていく流れが。1の次は2で、2を通らずして3には行けない。順番ってものがある。飛び級はないのだ。プロセスはどんな内容でもまず作っていくことが大事なんだね。っと自分で気づいて、ここに記録、っと。うふ

あ~でもそこがね~。
そこなんだよね~。
頑張ろうっと。

奇跡っていうのは自分の中にある気づきでもあるのかな。だって死ぬほど憎い人を許せた後は奇跡のように信じられない自分が待っていたのだから。自分の場合です。こでは全部自分の場合の話ですけど。賛成も批判もされなくていい。自分が一番分かっている事だから、とやかく言われる筋合いはないのです。独り言なんです。だから影響も受けなくていんです。他人の事は他人の事なんです。焦るのは比べてしまっているっという証拠でもある。色んな人が、色んな地点に立ってるわけですしね、自分頑張れ、他人も頑張れ!!でいいじゃないですか!ドンマイ、ドンマイ。これは私のつぶやきで日記なのです。自分の記録なのです。人の記録はふ~んでいんです。

来年の目標は、賢くなろう、です。
真面目になんてならないわ。ちょいちょい手抜きして、バランスをとればいいのさまずはね!!!そうやって余裕を作って、余裕に空きが出れば、スキルアップしていけばね。サザエさん見て、のほほんしますよ。


お友達と逢えて嬉しくてテンション高すぎで、私は注意&叱るばっかりだったけど、帰宅してからそのことについて子供とちゃんとお話会しました。躾の範囲はよく分からないけど、どこまでやっていいのかね・・でも愛がなければ叱る作業は絶対に出来ないのだと思うので、その逆計算もしながらの躾をしていかないとね。親がOKでも子供がOKじゃないとこれもダメだし・・・。愛情も伝わらないと意味ないし、自分の場合は30歳過ぎて親の愛情に気づいた身分ですので。どうしたら世の中から犯罪が減るのかを考えた時に、私は、はやり教育だと思います。教育はあらゆるものを乗り越え、変えていけるものだと思っています。人の気持ちを想像する、そして人を殺めるっということを想像させない子供にしたい、正しい教育とはなんだろう?っていつも最近は考えている。私は子育てにおいて失敗ばかりだったから、厳しい=可哀想っとか連想するのではなくって、動機やその先の事も考えて、一番苦手なバランスを考えないとな~。また可哀想っという感情に踊らされないようにしたい。可愛い子には旅をさせよ。

って思うのだけどね、思う事は立派だけど、実践がね~。アクションしないとね~。来年はいっぱいアクション起こしたいな。
友達と遊べて子供はとっても満足したようです。


科学館ゆぅくん (2) - コピー.jpg

今晩の夕飯ですよ~。ホイル焼き。と生姜焼きでした。
帰宅したのは5時半でしたが、子供は元気いっぱいで寝たのは10時だったな~。9時には布団に入ったのにね。興奮状態だったのかな。

これから先、もし子供の乱暴や多動行動がなくならないのなら、小学校っという先の話ですが、普通学級で行きたいので、力のコントロールなどの効果のある薬を飲むことも想定枠に入れておかないとならないかもしれません。ショックですが、視野にいれておかないと、もっとパニックになるから自分が。今から調べたり考えたりしておこうかな。きっと来年も私は子供の発達関連を調べる日々なのでしょう。趣味ですから今では。


科学館ゆぅくん (1).jpg


褒められた記録、叱られた記録・・・。親は材料を増やしていく事しかできないのかな。子供本人がどう調理するかまでは親には左右できない。だからどんな味の料理になるのかは子供次第ってことになるのかな。でも素材やスパイスはいっぱいあった方がいいのだろうって事だけは分かる。


年少さん みかんクラスの最後のレッスン

今日はみかんクラスの最後のレッスンでした。ドラキッズは2年目でした。いちご→みかん→ぶどう・・っとなります。来年から年中コースのぶどうクラスに進級します。今日は最後なので親子でお部屋に入りました。ぬりえ、1人づつ前に出て発表、先生もメンバーも今日が最後です。来年は金曜日、少数だそうです。ラッキー。

みかん最後 (4).jpg

好きな数字と好きなもの。
最近は必ず消防車の絵本を毎日読んで。消防士になりたいと毎日100回は言われる。

みかん最後 (2).jpg

みかん最後 (3).jpg

私パーマかけたんですよ。
子供が書いた似顔絵もクルクルヘアーになってますね。

みかん最後 (1).jpg


1年間毎週行った。1回だけ行くのを忘れたけど・・。
来年の先生がやさしいといいな~。




りぼんマスコットコミック風メモ



りぼん60周年プレミアムステーショナリーシリーズ第2弾、が発売されました。
毎度、思うけどいつも数量が少なすぎてすぐに完売になる限定グッツ。けっこう買う人が他にもいるのね。アマゾン、楽天っとあちこちでバラバラに購入。完売が入荷に変わる隙を見ては注文。


ミニサイズの漫画本みたい。
個人的にはママレードボーイのこのシーンが好きだな~。

TS3X0117ribonnめも (6).jpg

1冊につき各4柄で、イラストは昔の付録から持ってきたんでしょう。見覚えありますし。

TS3X0117ribonnめも (3).jpg


TS3X0117ribonnめも (7).jpg

昔は銀太くん派だったな~。今は優が好きだけど。

TS3X0117ribonnめも (4).jpg


TS3X0111ribonn (30).JPG

TS3X0111ribonn (29).JPG


りぼん60周年っていいですね。うふ。
HPを見てこまめにチェクね!80年代が良かったな。やっぱりこの時代がいいな~。タイムスリップしてみたいな。なかよしの方も同じですね。ミラクルガールズの漫画が復活してます。あずきちゃんや七色マジックもね。読んでみようかな?懐かしいものばかりですね。80年代いいですね。音楽もよかった。ドラマや家なき子とかね、キンキキッズが人気だったな。毎日友達と遊びに明け暮れていた子供時代を思いだす。バブルへGOの映画はけっこう良かった。飯島愛ちゃんが出るんだよ。あ~愛ちゃんって同じ愛知県出身だよ。私の母と同じ高校出身ですもの。愛ちゃんがレテビに出てた時代が懐かしいな。


最近は時間があればスーパーナチュラルの海外ドラマ9を見てる。このドラマは1から見てました。あの時はここまで続くとは思っていなかったね。24もすごいけど。あれもシーズン1から見てます。今はスーパーナチュラルは10まで。私はサムが好きだな~。キャス役のミーシャが大大大好きです。子供は今、冬休み中です。掃除や色々忙しくて子供がちょっとさみしそう。甘えん坊だけど、10分ごとに「ママ好き、ギュー」っとハグを要求。1日中こんな調子。赤ちゃん返りでもあるまいしね。すぐに泣く。すぐに笑う。旦那さんが怒鳴る度に私は守りに入り。男の子だもの、可愛いに決まってる。同じ異性だと可愛くないもんかね。っていうかそっくりなんですけど!息子くんは理想に育てあげたいって思っちゃう。掃除や料理はもちろん、生きていけるすべを勉強中。



今日は友達とランチへ



今日は、子供と私と友達と一緒にランチへ行ってきた。
マリノ系列です。美味しいですね。子供もお菓子とプレゼントをもらって喜んでいた。テンション高め↑↑。

TS3X01120001まりの.jpg


ランチ後ゲーセンにあるファンタジーランドへ子供が1人で入った。
保育士のいるキッズルーム有料でボールプールや滑り台などがある。1時間半ここで色んな友達と遊んでいた。プラスチックの窓ごしに私たちは見ていた。4歳くんはとってもがさつで荒らしい感じ。あ~力のコントロール出来てないわ。友達のブロックをとってたし、おもちゃも乱暴に扱っていた。私と一緒の時には私が厳しく注意するからやらないだけなんだ~って。

今日は寝る時に絵本を読んだ後で、お布団に思いっきりグーで私がパンチ。
強くパンチして「これは力を入れる」
優しくポンっと叩いて「これは力を入れない」
っと説明した。

そもそもいつもエネルギーが出しきれてない4歳君にはコントロールどころか、ありあまった力があふれ出てしまって機能不完全って感じになってる。だからまず力を入れる事と入れない事の2種類があるんだよっと教えてみた。布団を叩いて、これは力を入れる、これは力を抜く。そして友達と遊ぶ時は力を抜いて下さい、小さい子と遊ぶ時は力を抜いて下さい。体操をする時は力を入れて下さい。マラソンをする時は力を入れて下さい。・・・っと教えてみた。布団も強くたたいて、弱くたたいて、分かりやすいようにやってみた。そして力を入れる事と抜くことを覚えてもらった。次にシーンによって使い分けてほしいので、それを今教えてる最中。

一通り教えてから、「友達と遊ぶ時は力をどうするの?」子供「入れる」。
まだ分かってない。でも何度も教えていけば分かるようになるかな。

今までは人を押さない、叩かない、謝る、いたわる、やってはいけない、ダメ・・っと教えていた。そもそもこの説明の仕方が子供には理解出来てなかったのかな?力を入れるとどうなるのか、抜くとどうなるのかを、徹底的に教えようっと今日思った。力をうまく逃がしたり、加減ともいうけど乱暴な子供には特にしつこく教えていかないといけない。乱暴な子供をもつと毎日のように頭をさげていつも誰かに謝る連続、子供に厳しく躾ける、教える。この2つをセットで毎日やってる。こちらの立場にいてどんだけ辛いかを知ってるから子供が多少幼稚園で負傷してきても私は気にしない。むしろ可哀想よりもあ~またひとつ何かを学んできたかな?っと思うだけ。あと1歩で虐待になる所までキワキワに躾けてる。それでも批判は浴びるもの当然。どこの親も自分の子が一番可愛い。これは親とは言えないのかもしれないけど、自分の子も人の子もひっくるめて可愛いっと思えないと一人前の親とも言えないのだろうけど。ただ悪い事をする他所の子を軽蔑したり差別したりしても何の学びにもならないし、だから他所の子が自分の子供を虐めたりしている時には、どう言うかとっても難しい課題なんだ。


乱暴な言葉を使う子とはお話したくないな、やめろ~っと言う子には止めてって言えば分かるよ・・・・っと状況を見て言わないと難しいな。相手の親の雰囲気を見るだけで躾けていて乱暴なのか、発達障害で乱暴なのか、躾を全くしていない放任主義で乱暴になったのかって、見極めて。だいたい発達障害での乱暴な子は一目見れば分かりますけど。発達障害の本など情報をいっぱい持っていれば知識的に分かる事ですが、残念ながらこの世の中はそんな事勉強してるママは1割以下なので、分かってない残念なママが多いな~。知っておくっということは無駄に人を差別せずに済むっということでもあるのかな。乱暴以外にも、椅子に座ってられない子供もそう。注意していないのではなく、躾をしていないのでもない。それが発達障害である。普通の子供を育てるママは特にそういった子をとっても軽蔑しますね。迷惑だと。じゃあ自分の子供がそういう子だったらどう思うのでしょうね。みんな自分のお立場でしか物事がはかれないのは残念な現象。まぁそれが人間ですけど。それが出来たら思いやりがある人って事ですねきっと。

実際に普通に生きてきた人生が、ある日発達遅れのもしくは発達障害かもしれない子供を持ったっという事だけで、かなり躾での批判や酷いことをいっぱい言われてきた。今ではもう慣れたことだけど、保健所とかの人でさえまるで旦那さんがDVなんだね、っとか感情が高ぶってカーっとなって乱暴してるんだねっと状況も確認しないまま頭ごなしに言われた。保健所の人ってそんな人ばかり、障害っという言葉を出してもむこうは全くお勉強していないのでこちらの言ってる事なんてわかるわけないですね。でも発達障害の子供、グレーゾーンや経度を入れたらわんさかいますよ。なのに全く知識もない保健所さんっていったい何しに自宅を訪問してくるのか分かりません。まったく会話のキャッチボールが出来ていないのですから。残念な人ばっかりですね。義務じゃないなら勉強しないって態度ですかね。保健所で務めるからには一通り勉強してほしいですけど。だって色んな子供を見るわけですし。賢くない保健所さんとはお話すらも不愉快でしたくなかったです実際、良い人なんですけどみんな人間としては。でも親の方がいっぱい情報や知識を仕入れてるから相談する相手にもならないわけです。ただ発達障害の子供の相談場所や機関などと紹介してもらうのにはとっても役立ちます。デイサービスや療育センターなど利用の要望などはここで聞いてみるとピカイチですけど。


保健所にも月1くらいで、療育センターの方など専門的な方が来る日があるので、そういったチャンスを逃さずに相談する事が大事。療育するにも発達検査にしてもまずははじめは保健所からスタートしたので、ステップとしてはここからはじまりましたので自分の場合は。必要な駅のようなものですが、それにしても言い方が本当に全くスキルのない方々が多いですねそこにビックリします。もう少し言い方や、状況の把握っていうのがあるのにな~って思う。結局は、自分で調べて情報集めした方が早いっと言うことですけど。あんまり他人は何でもあてにしない方がいいっということですね。療育や、そいうった機関を使わなくたって、本やネットで勉強して乗り越えていってる人も大勢いますし、田舎だったりね。子供が行ってる療育センターでも各地遠い所から来ています、そりゃあ車いすに乗ってる子供も大勢いますし。


例えば、子供がいつもやられてばかりの親は、いつも腹が立ってる。やられるお立場にしかいないので、自分の思いだけしか知らないので。ある日逆転してどう躾けても子供が乱暴してしまい謝ってばかりで責められてばかりの、それだけで悩んで批判されて生きていたら、どうでしょうか。そういった親がいっぱい苦労して泣いてる姿を知れば、腹を立ててる場合ではなくなる。複雑な状況になってく。私は両方経験済みですから、いちいち悔しいだとか腹立たしいとかは思いませんけど。やる側の親の思いも学んでみるのもいいのかもしれない。逆に乱暴ばっかりでやられる子供のママの気持ちも分かれば、放任主義のママだって放任してられなくなるのではないかな?だって正しいと思って注意も躾もしないママっているもの。それがのびのびって思ってるママもけっこういる。それままた別の意味での乱暴ですけど。


一生懸命躾けたりしてもいつまでも乱暴だと、親の立場としては、もう恐縮するしかない。毎日謝ってるママと友達にはなれるわけもない、対等じゃないですから、悪いのがどちらかは別として。そしてなんでなのかな~っと悩み、親子で浮いてしまう。こういう子供は、叱る量が増えるので、子供のストレスも増える。常々思うのです。もし子供がもっと聞き分けの良い子だったら私もこんなに血相変えて叱ったりせずに済むのになって。ただどこかが欠けてるっというだけで、叱る回数も人よりも多いから可哀想って思うわけ。叱りたくない本当は、だから一度でいう事聞く子が羨ましくなったりして、だってそんな子なら叱る量も少ないわけだから子供だってそれこそのびのびしますよ。発達遅れの子供にルールを教える方法はすごくスキルのいることです。

うちは叱る量も怒る量も本当に多い。
だからこそもっと褒めないとね。そんでもって遊びもめっちゃはじけて楽しむようにしてる。しょうがない、叱る回数が多い子だからいっぱいその分楽しいこともやらないとね。4歳君はお出かけが大好き、旅行も大好き。温泉も大好き。まぁとにかく遊ぶ時は思いっきり遊ぼうっと決めている。豪快に叱ってるから豪快に遊ぼうっと!!!まぁ食べていければいいやって思う。だってそこでしょまず。食べていけるように、世の中のルールと正しい愛情をね。


2016年は、羽ばたく年。

今年の出来事を思い出しながら、失敗を思い出しながらね。
まずは感情に踊らされないように、流されないように。
そんでもって、人に意地悪をしない。仕返しもしない。
人を羨まない事って幸せ。人を見てる余裕がないくらいに自分のやるべき事に没頭しよう。そしてお一人様的な本を読もう。いつでも後悔ない1日をおくり、明日が来るのはラッキー。いつでも覚悟をして、死ぬ準備って毎日しておくものだと思う。明日があるか分からないから、ちゃんと今日に感謝するようにしたいな。毎日が晩餐だし、やりすぎず、なまけすぎず、栄養とって運動してカルシウムとって。いい人間が必ずいいママになるとは限らない。自分の母はもう世間からみると色んな意味で凄い。人間的にはどうかな?って部分がいっぱいある。けど母としてはいい母ですので。世間ではダメダメでも母としては満点だったり。こういうこともあるから。ダメ人間が子供には満点な親だったりもあるのですよね~。仕事が出来て、何でもパーフェクトで、でも子供が寂しかったりぐれてたら何の意味もないと思ってる私は。一生懸命な不器用な親を嫌う子供はいないと思ってる。正しい愛情は一生懸命って所なのかな?みっともなくても一生懸命でいようっと思います。


11 (6)012.JPG


美しいものをたくさん見よう。忘れちゃいけないことだわ。



I'm busy

今日は幼稚園の終業式でした。
昨日は喘息の為にお休みしました、餅つきだったのにね・・・。でも咳が酷かったから病院で吸入しにいきました。自宅用の吸入では追いつかない状態なくらい、夜中2,3日は咳で寝れず朝まで泣いてた、咳のしすぎで嘔吐。風邪みたいだったようで抗生物質が出た。はやく治ってもらいたい。ただそれだけを願う。看病っていうのは何回やっても心配ばかりで、これが親なんだな~って実感する時でもある。自分しっかりしろ!!っと言い聞かせて。今日は、汚れたお布団類を4回くらい分けて洗濯した。


イチョウのじゅうたんが綺麗。
なんだか今年が終わるって気が全くしませんが、なにしろあっという間でしたから。人生最大に早く感じる年だった。懇談会も終わり、今年最後の体操教室も終わった。色々な事がサッサ~っと終わった。なんだろうこの台風みたいな1年は。忙しすぎてきっと早く感じたんだな~。来年は自分がもう少し、ゆっくり過ごしたい。ゴロゴロしたりしたい。

いちょう (5).JPG

作品も帰ってきた。門松が可愛いね。サンマがとってもいい感じ。これはず~っととっておきたいです。宝物ですから。

いちょう (6).JPG

今月の絵本ですけど、バスの本がとっても気に入ってる。
毎月来る絵本っていいですね。毎月購読ですが、子供はとっても絵本のおかげでユニークな子になりました。

TS3X0148.JPG



幼稚園からゆずをもらってきた。
「お風呂に入れるんだよ、酸っぱい、疲れがとれる・・・」っといっぱい話してくれた。私がお風呂で」1つ1つを潰していたら、「ママが潰したって先生に言う・・」っと言われてしまった。子供は人との協調性はないけど、会話力はあるな~っと思う。冗談もいっぱい言えるし。ギャグも言えるし。

1450452968254337yuzu.jpg


英語クラブのクリスマスパーティへも行った。

先生は大学の英語の先生もしているので、学生さん達がいっぱい来て、色々とやってくれた。クリスマスの歌やダンスをして、学生さんの英語はとっても聞きやすかった。初々しくて可愛かったな~。子供もずいぶん英語を使ってたな~。今日も「Please Airplane」っとまぁ変な文でしたが一応英語で言われたっけ。どうぞ飛行機??んん??正しい文章を勉強して教えなくてはね~・・・。

Can I have~・・・
Do you have~・・・

日本語は出来ないと英語も無理だわ。国語まったくダメだったしね。でも便利、ネットでいちいち調べよう。ありますか?くれますか?まずは日本語でっといってもきちんと整理しようとすればするほどこんがらがる。


Can you ~・ Could you ~?・Would you ... , please?。。。こんがらがる。Would you mind ~ing?

いちょう (9).JPG


今日は療育センターへ行っていた。
今日はブランコをして、ぬりえをした。クレヨンの色の濃度によってはもった時の力の加減を調節するといい、という内容でぬりえをやった。太めのクレヨンの方が力を逃がせるので、濃くならずにぬれますね。家でもやってみようっと。力のコントロールについて色々聞いてみたものの、まず箸をもてるようになるとかそういった細かい部分をクリアしていかないと力のコントロールはだいぶ先に結果が出てくるようです。確かに。器用な部分と不器用な部分がはっきりしているな~っと今日感じた。療育で作業療法をしていると、ここで気づくこともけっこうある。子供の行動や特徴をさらに知る事が出来るので、そういった意味で受けてよかったと思います。運動や器用さがUPしていますから、確かに。まだ力のコントロールまではつながっていないけど。

色んなルールを教えることに手こずっていますが、逃げ出すことも出来ないので、自分が出来る範囲で、いちいち細かく教えている。周りからはきっとすごい母親だな~っと悪い意味で見られてるかもね。理性を大事にしよう。注意したり叱ったりする回数が多くなる特性の子供は可哀想って思う。一度で聞く子ならここまで不憫に思わなかっただろうに。だからもっと褒めないとね。ここはよく誰からも指摘される。きっと出来てないんだろうね。自分の出来てない部分。また今までにも自分がもらっていない部分でもある。褒めてなんてもらったことないな~。だから無意識に足りてない事に違和感さえおぼえない。でもきっと意識すれば身に付くんだろう。やらないとね。指摘さっればハッと思うけど。1日10回は褒めよう。そうすればいいかな。意識的に回数を決めよう。


目にゴミが入ってとっても痛い。ドライアイだし。こういう時期はあちこち不調が出てくるから覚悟はしてるけど、やっぱり健康って素敵な事なんだなって思う。不調で苦しんでいる人もいるし、自分も子供も不調だったりしたら、なおさら大変。両方重ならない事をただ祈って、あとは病菌なんてなってられないって吹き飛ばさなきゃ。ほんの少しでも弱気になったらだいたいは不調になってる。


最近。子供と自分はどこか、心が繋がっているな~って感じる事がよくある。心の中で、リンゴを思い浮かべると、子供がリンゴ食べたいな~って言うし。他にもリンゴが人になっても、他のものになってもだいたい私の心が、伝わってる時がある。テレパシーみたいな。私の心の中を、時に子供が言葉で出して言っているので、この現象って何だろう??って思う。不思議な事もあるもんだ。




今年はあと1回で終了


いちごからスタートしたドラキッズ。
去年はいちご、今年はみかん(年少)。来年はぶどうクラスへ進級です。いちごではギャーギャー泣いてたっけ。ずいぶん成長したな。あれだけ癇癪が酷かったけど今では癇癪はほとんどなくなった。


今日はクリスマス会で、子供たちは椅子取りゲームみたいな遊びと、クリスマスリースを作って、英語ではいくつかクリスマスのお歌DVDを見ながら楽器で盛り上がっていた。1年間楽しく通えてよかった。毎年曜日を変えているので、メンバーも先生もチェンジですが、来年のクラスでも楽しく通えるといいな~。先生が合わなくて止めたっというケースもあるようだから・・・。文字、数字は家ではほとんどやってないので、ここで身に付いたようなものだから幼稚園卒業までは頑張って通いたいな。英語コースもあるようだけど、うちは普通の幼児教室。文字、数字を徹底的にやってる。いちごではマットや平均台が多かった。

どらみかん5 (3).JPG


今夜は、パリパリそば。子供も食べてくれた。シイタケも食べれるようになった。

どらみかん5 (6).JPG


マシュマロでお菓子を作って食べた。
マシュマロをレンジでチン。熱いうちにかき混ぜて、コーンフレークを入れて混ぜる。クッキングペーパーの上にスプーンでとって出してしばらく放置。固まったら食べる。これが絶妙に美味しい。カラフルチョコもふりかけて食べた。あ~美味しい。マシュマロって温めるとどうしてこんなに美味しいのでしょうか??子供は1個食べました。マシュマロって砂糖・ゼラチン・水あめって古風なレシピだわ。

どらみかん5 (1).JPG


今日も平和。
今日はゆっくりしてた。幼稚園ではお遊戯したらしい。何をしたの?「朝の会」ですって。
明日は幼稚園の給食が最後、で短縮に入る。そんでもって冬休み。あ~明日はプールでエクササイズしようかな~。冬休み中はやれないもんね。子供がいたらスポーツジムにも行けないもの。


世の中いろんな家族のスタイルがあるんだな・・・・



今日は私のお婆ちゃんの一周忌の法事でした、母方です。
大きなお婆ちゃんの家へは何年ぶりだろうね?10年ぶりかな?
実母に合うのも久々でしたね。


そうそう、しょっちゅう逢うような親族ではないから、母親にも兄弟にも逢えていい日でした。こんな用事がない限り逢う事もないのかもしれないから。

母の家系はみんなアバウト。
全く細かい事は言わない感じ。気も使わない、もちろんネチネチした嫌味もない。ただ互いに言いたい事ははっきり言う。だからかな?まぁとにかく4歳の息子は私の母に合うのは人生で2回目だったのです。なにしろ去年のお葬式で初対面でした。もう3歳だった。妊娠期、赤ちゃん期には逢わなかったのでもちろん私に子供がいるっという事実も知らなかった。でも去年はじめて子供と母が対面しても子供は速攻なじんでいた。今日は母にとってもお話いっぱいしてもらって可愛がってもらって嬉しい限り。あ~良かったな。これで子供の事を不憫に思わなくてよくなったわ。初回から、私の家族や親族に馴染む時間は0秒だった。血なのかな?子供のなつっこ性格なのかな。子供は、自分に興味を示したり、かまってもらえる人間にはオープン。いい性格してるわ。

出かけは、わ~わ~騒いで、だって10年以上だから場所が分からなかったし。
地図がないから途中でいったん家に戻って地図をコピー&場所を確認。なんとか時間前には辿り着けた。あ~よかった。子供はっというと、大きいお兄ちゃんに遊んでもらえて楽しそうだった。うちの家系はみんな良い子が多いな~。旦那さんの方もだけど、本当に良い子ばっかりだと思う。そいうい環境に囲まれた事がラッキーだな。ラッキーって言葉は私はよく使う。だから最近は子供もよく使ってる。大きな庭でコイを見たりして遊んだ。


10年以上たっても変わったのは家が老朽化していた事だけ。庭の階段がガタガタだったり・・・。人はまったく同じだった。本当に面白い人達だな~っていつも思う。
あ~この感じ、この感じ。私は子供の頃、この雰囲気の中で育ったんだって思いだす。子供の頃は十分楽しい事がいっぱいあったんだな~とも。苦しかった記憶ばかり覚えていたもんだから、てっきり自分は不幸だったんだって思いこんでいたけど、楽しい事もいっぱいあったな~っと、今思うわ。


字も口 (3).jpg


字も口 (4).jpg

子供もご機嫌、ハイテンション。
母にビシビシ色々言われていたな~。私はそんな母が嫌だったけど、息子はしっかりイエス、ノーっとはっきり主張してたっけ。テンション上がりすぎて、はめをはずしてたけど怒られることもなく、ちょっとどんびきもしてたけど、子供ははっきりした性格の子だわ。この子は幸せな子だ・・っと言われた。そうなんてったって一人っ子ですもの今はね。やっぱり競争心ないわ。おっとり。でもきちんと子供と関われてるこの時間がとっても満足なんです。


子供の頃、母にこそっと言われた言葉。
もし一人っ子だったら、色々な所に連れていけたりできたんだよ・・・的な事を言われたっけ。3人兄弟だとどうしても放置になってしまうもので。でもしっかりりポイントはおさえていたと思う。要領良く子育てしてたんだなきっと。料理も美味しかったし、誕生日プレゼントなんて一切なかったけど、ちゃんと洋服も買ってもらったし、車がなくてもバスや電車を利用してあちこち行ったっけ。子供の頃はお祭りとか、よく小さなお出かけいっぱいしたな~。変な意味のない規制とかもなく自由だったから、心の土台もしっかり根付いたんだね。




英語イベント キャンディハウス作り




去年に引き続き、英語くらぶでのイベントへ行ってきました。
子供と一緒に2時間半、あっという間でしたが、子供も楽しかったとい言っていましたので、あ~よかった☆よかった!!今年はポップに仕上げてみました。子供はアイシングを舐めまくっていたずっと。そうなるよね・・・

TS3X01500001.jpg


TS3X01610001.jpg

TS3X01560001.jpg


おやつタイムではパンプキンパイ。おっほっほ~美味しかった!!
今年は時間が短く感じたな。去年は掃除までしている余裕があったな。


TS3X0163.jpg

しかし、6組中、みなさん子連れ。
ママは英語ペラペラで子供もももちろんヘペラペラでしたね。
うちくらいだけでしょう、英語ダメダメ。

同じ年少だけど、お友達は英語が堪能だったので、それを聞いて息子くんも、グリーンマシュマロ、Here you are、so sweet・・・など自分の知ってる単語をいっぱい使ってました。家では全くだけど、自分なりにお喋りしたくて頑張っていた。きっとこの子はバイリンガルスクールだったら延びていたんだろうな・・・っと昔の事を蒸し返す。行けなかったんですけどね・・・。


英語が出来る友達がそばにいるだけで出てくるもんなんですね。
集団パワー??すごいなやっぱり。
隣のママが子供に話しかける英語は聞き取りやすくて、ずっと私の耳に入っていたので、親子で良い刺激になりました。DVDやCDで普段聞いているのとはわけが違う。子供にあんまり英語を教えてないので、いざって時に手持ちの英語が少ないので、子供が不憫に思えました。もう少し答え方など教えてあげようっと思う。Here you areだってDVDや教材で教えていたけど、日常では全く使ってなかった。あんまり聞いてなかったし、きっと聞いてないだろうな~って。それが今日はじめて他人に使っていたのでビックリ。

wee singのCDとDVDを両方使う事がとっても効いてる。DVDはけっこう面白くて、wee singも2種類DVDを持っていますが、歌はだいたい同じ。でも画像が違ったり。これからはSing-Along Songsも取り入れてみよう。これは外国らしいDVDでダンス、歌、映像、で構成されてる。子供が考えて声に出して英語で喋るのってなかなかそういう場がないな~って思ってた常々。来年から幼稚園コースに通います。幼稚園英語コース。私も拍車がかかります。



フェリシモ☆四季をめぐる日本見聞手帳2016

SF STUDIOの手帳は毎年あるけど、どうしてこれをもう少し大きいサイズにしてくれないのだろう?SF STUDIOのビックサイズが欲しいです。もう5mmでも1cmでも大きかったらな。でもSF STUDIOの方がHappyDiary よりも今年は可愛かったのでこちらにしましたが、やっぱり可愛い。この方のイラストが好きで、1000個のスタンプも購入してる。でもこの手帳は枠が小さいので押せないけど・・・・。来年は是非少し大きいサイズになるといいな~。コンパクトで可愛いけど。週間のページになんとかズラリと予定を書き込むしかないかな??

HappyDiary  (5).jpg


HappyDiary  (3).jpg


HappyDiary  (6).jpg


HappyDiary  (2).jpg


HappyDiary  (1).jpg



他に週間のページが。
幼稚園の予定が多すぎてなんだか自分の予定スペースが狭くなってしまう。でも毎月の写真がとっても素敵。人気なんだね。SF STUDIOって大好きですから。1月から使おうかな。


幼稚園でみかん狩り



朝、子供を幼稚園におくっていった。そのあと、役員のママとモーニングへ出かけた。
ゆっくり過ごして、また幼稚園へむかう。

果汁園へむかう。いよいよみかん狩りが始まって、みかんを籠にいれて、出して、また入れて・・・・の繰り返し。何往復したのかな?今日は朝に園児達がみかん狩りをしてその後に役員のママ達が一生懸命ほぼ全部収穫しました。あ~終わったっと思ったら、袋詰めがまっていました。途中しばしの休憩があった。いっぱい採れました~。びっくら。園児さんはこれを1袋づつお持ち帰りでした。お手伝いの私たちは2袋お持ち帰り。合計3袋です。3袋で約150個くらいだと思います。有機栽培のみかんはもぎたてで食べたらひんやりして美味しかった。ビタミンCも豊富だそう。ちなみにみかんはカルシウムも豊富だってテレビでもやってた。

みかんが夢に出そう。
ハサミでちょきちょき。みかん狩りも、モーニングも楽しかったな~。
色んな話が聞けるので、先輩リアルママのお話も耳に入ってくるから多量の情報収集が出来ます。小学校の話もだし、幼稚園の話もだし、今日は心の底から笑える話がいっぱいあって楽しい時間だったな。こういう時間も貴重だな~って思う。1人でこもるよりはいいかな、子供も色んな子がいるから、色んな子の話は楽しい。

mikann (2).jpg

mikann (1).jpg

最近寒くて、中指がアカギレして激痛。
キーボードだってうてない。キリリ~



幼稚園で収穫した大根。
子供が「穴が開いたの、お砂に住んでたの・・・」など色々話してくれました。珍しい。だって幼稚園の事は一切話さない子だし。

TS3X0113imo (6).jpg


芋ほりの芋が多量すぎて、最近まで最後の1個が残っていた。園だよりを見て、芋けんぴを作ってみた。大喜びで子供はパクパク食べて。凄い。さつまいもダメなのにね。幼稚園効果って凄いですね。

TS3X0113imo (1).jpg



将来は消防士だそう。
何カ月たっても変わらない夢。休日に消防車を見に行ったりするくらい将来の夢に活動中。どんだけ~。この絵本だって物凄く気に入ったよう。

TS3X0113imo (8).jpg

どうなっているのでしょう?

TS3X0113imo (5).jpg


ドラキッズ、みかんクラスでは、アイパットでぶどうの絵を描きました。

TS3X0113imo (4).jpg


もっと字をうちたいけど・・・指が・・・
昨夜は2時半とかまで年賀状書いていたわ。

あ~今日もねそうだね。
でもこたつで温まって寝ようっと!!



フェリシモ 12月分


3段ボックス大活用  標本のように見せる 収納コレクションケースの会
これは、手芸材料があふれているので、整理しようかな~っと。
引き出しの中はずいぶんすっきりしました。標本としては使ってないけど、積み重ねられるので便利。

TS3X0111ribonn (15).JPG


おはなしのたからばこ(ミニ)10回エントリーコレクション

ちょっと話の内容が小学生レベルです。これは旅行やお出かけ用にちょうどいいサイズ。

TS3X0111ribonn (8).JPG


TS3X0111ribonn (9).JPG

ゆるいヨガレッスンプログラム
ずいぶん集まった。全部で384枚集まります。専用ファイルに入れないと、ケースだと見づらいな。

TS3X0111ribonn (4).JPG


TS3X0111ribonn (7).JPG


客室乗務員OGさんコラボ! 三角ゾーンがきらめく 横顔美人なスワロフスキーイヤアクセの会
長いネーミングの商品ですけど、ちょっと派手な、でもキラキラしてるわ。スワロフスキーです。

TS3X0111ribonn (13).JPG


2016年度の手帳も届いた。
2種類あって、こちらを選択したけど、もう1個の方が可愛かった、っということに後で気が付いた。ショゲ~。しょげていたくないので、ヤフオクで落札した。まだ届いてないけどね。
日本見聞手帳は来週には届きそう。

去年のバージョンとは違って、真ん中が開きにくいです。
使うたびにイチイチ両手で広げたり、押さえていないといけないので、不便。中身の絵柄はとっても優秀なんですけどね。今年は中身は去年よりもいいかもです。

TS3X0111ribonn (10).JPG


TS3X0111ribonn (11).JPG


よかったね


赤ちゃんの時から、動物がすごく好きで、犬も大好きみたい。
今日は、ハウジングセンターでのイベントで、犬とのふれあい&お散歩っといのに行ってきた。


犬のお散歩を妙にしたがる。
昔から公園で、犬を見ては紐を持ちたくてぎゃんぎゃん泣いていたっけ。
本当に迷惑な子だった。今日は念願の犬のお散歩ができて上機嫌、ハイテンション。10時から12時まで犬と遊んで、お散歩して、こっちは凍えそうだっちゅ~に。犬を抱っこして、5頭いたっけ、躾けられていて、おとなしいメス犬ちゃん。種類と、名前もすぐに覚えてしまう。本当に可愛い子たちでした。


わんちゃんは、ついつい見ていると顔が笑顔になりますね。
メンタル的にもいんだねきっと。
小さい子も動物でもつというし。お世話もしてくれたり。
あ~いいな~。アレルギーなんだよね、しかも家族全員が。
ひ~。

犬と子供がたわむれる動画とか見るともう本当に可愛くって。
うちはウサギ。世話もしてくれてる、ウサギだけでも子供は楽しそう。
とっても癒された。


1449336889250058inu.jpg

1449337603250071[1].jpg


12月は思った以上に忙しすぎる。
忙しくて、頭の中が大変。
幼稚園のイベントや、お稽古や、英語のイベントや、法事、友達とのランチが2回、予防接種、療育、眼鏡の修理、ママ友の集まり、懇談会・・・。幼稚園のイベントも役員のお手伝いに劇の鑑賞会、朝の当番。そして子供は冬休みに入るのだ。その後家族でクリスマス祝って、子供が友達と遊んで、旅行で年を〆ます。

12月は暇だろうな~って、とんでもない。
今年中にやっておかないといけない事があったのだ。
明日やることをメモに書いて寝よう。家事をすべて終わらせるとこんな時間。
今日は夕飯も買ったり作ったりできなかった。買い物もこの寒さだと自転車だと厳しい。夏には自転車でどこまでも行くけど。冬は手がカチコチになるし、後ろにのってる子供も寒そう。子供も家でゆっくりしたいと言うわ。


271番 花の鳥かご


風のおくりもの ナチュラルフレームの会


なんだかナチュラルで可愛く出来たな。
これは20分ほどで出来ちゃうキットです。10年以上続いてますね。
10年たっても、色とかそんなにさびないです。着色されていて、でもドライフラワーなので自然な感じよね。まだボンドが乾いてないですけど。

幸せの黄色。


TS3X01290001.jpg


TS3X01330002.jpg


今日は、ソフトエアロビに行ってきた。
久々だったので、とっても疲れてしまい、幼稚園から子供が帰宅したら、「お母さん15分寝るね」っていったら子供も一緒に布団でゴロゴロしていた。子供の寝息であれれ?と思い起きてみたら隣で爆睡だったわ。声をかけてもグースカ。疲れたんだね。

最近は幼稚園でのトラブルや友達との関わりなどで、よく、私が叱ったり、注意したり、マナーを教えなくてはならなくて、子供も疲れたんでしょう。子供の気質もあるだろうけど、理解力が低いとか、わんぱくとか、力のコントロールが出来ていない、とか色々人一倍怒られる量の多い子供だから、子供も泣いたり、疲れたりする量も多い。その分学びも多いのだろうけど。しかたないな、っと思いながら、可愛い子供のためだから、礼儀正しく嫌われよう!!挨拶などの礼儀はきちんとして、後のことはどんな展開になっても気にしない、むしろそこからは相手の問題、って割り切ってる。事務的にじゃないけど、理性的に、も忘れずにしようと思う。人と比べなければ、自分の世界は必ず広がる、っとそう思う。

これからはビクトリアシークレットのモデルみたいな、自分もきちんとした中身の人間性っというものを磨きたいな。
少女時代は、激しい気質、ヒステリックだったし、情緒不安定、勉強も全くしてなかった。不良と付き合い、ちょっと脱線してたわ。常識っというのもやりすぎると、反って相手に気を使わせてしまうし、かといって非常識なのも前代未聞だし。さじ加減って人との関わりの中でしか学べないものなんだな、っと最近思う。真面目すぎても病気になりそう、遊び過ぎても困るし、ちょっとサボるがちょうどいいのかしら。やりすぎず、やらなさすぎず、これは難しいわ。まず自分の限界とか、能力とか、短所長所が分かってないと。まず自分か。

ゴシップ雑誌見ては、セレブのチェックして、写真切り取って、コラージュして。
海外セレブってちょっと大胆で、私にはなさすぎるものばかりなので、いい材量。
けど、海外の女の喧嘩ってすごいものがある。主張もすごいし。日本の幽霊は可愛いんだって、海外の幽霊はすごい怖いらしいので。生きてるスタイルが違うから幽霊になっても違うんだね。




最後の12回目がやっと完成



フェリシモの、脳が目覚めるお絵かきプログラム、を12カ月購入していたけれど、最後の12個目を完成させていなかった。11個目の絵が完成したのは去年の7月。ぎょえ~。部屋の片隅に忘れられていたわ。でさっそく描きました。

12個目は「イロイロうずまき」。
ボールペンでぐるぐる渦を描いて塗りました。自由に描いて塗る作業は楽しいです。
1年間かけて終了した、でも次に新たなシリーズが2つも登場していた。

oekaki 終了 (1).jpg


雨が降っている。
自分だけの宇宙秘密基地のような感じで描いた。青と緑が大好きです。

oekaki 終了 (2).jpg


サンフォードのプリズマカラーを使いました。
発色がよく、色ののりもいいです。大好きな色鉛筆です。

このページの先頭へ
FX会社通貨数