2015年9月アーカイブ



幼稚園→体操教室→公園→スーパー。
っという日程だったわ。

年少でこれだけのスケジュールなのに、夜は10時間まで起きている。
一昨日は11時だった~。
よく幼稚園のママが幼稚園から帰宅後お昼寝する・・っと聞いていたけど、ないな~うちは。そして幼稚園後に公園っというと男の子はだいたいそうなんだよね~。
幼稚園では今、運動会の練習で疲れているはずなのにな・・・。公園と体操教室でも疲れない・・どんだけ~~~~~~~~~~!!

体が・・・・。


自転車で転んだ。運動会のかけっこの練習で転んだ。

どんくさい?もしかして・・。
体操の先生にも、競争心がない、かけっこのルールが分ってない・・ような事を言われたっけ。昨日は運動会のかけっことケンケンパと教室でもやったようでした。

幼稚園でそのまま体操教室だから、お迎えの時間も3時半だから楽。
年中からは4時半に終わるから、だいぶゆっくりできる。
幼稚園目の前だし。近いが一番よ。


自転さyで (2).JPG


青空大好き。親子で眺めたわ。
この青がとってもいいわね~。空だけが平和。
飛行機雲って何のためにやってるんだろう??


自転さyで (3).JPG




初きのこ~


離乳食時代は何でも食べていたけれど・・・。
2歳になったとたんいきなり全ての食べ物を拒否。
栄養どころか、餓死?っとまで思う勢いで全く食べなかった子だったけど、少しづつ進んで、幼稚園に入ってからずいぶん食べられるようになった。

イエ~イ。と絶賛することが多くなった。
会話らしい会話も出来るし、時々人の話を聞かず勝手な事はしてるけど・・・。
作業療法って一体どんだけ凄いの~っと。一つの事が進むと、それにつられて色んな発達が進むのか?

最近はお友達の影響もすごい。「どけ」「うるさい」っと幼稚園の親子に怒鳴る姿が。ブチ切れそう・・・・。どけ、なんて言葉として教えてないから、聞けば幼稚園で言っている子がいるようです。子供の言葉遣いがきれいじゃなくても注意しない親もいるのか・・・っと考えてしまった。影響されやすいだけに、今日はみっちり話をした。もちろん子供は泣く。乱暴や暴言や、そういったことがあっても、つられない子供もいるので、是非良い事と悪い事の判断を自分で見分けられるようになってほしい。躾として親が教えるしかないんだけど。教えないで普通に健全になるわけがないので、自分の子には是非なおしてもらいたい。暴力はダメ、暴言はいいっということはない。でも暴力は注意しても暴言を注意しない親は多いな~っと思う時がある。


今日は夕飯に照り焼きとトマトパスタだった。
しめじを食べると言ったので食べさせてみたら食べれた。
食わず嫌いだった物が食べれるようになった。
一緒にお買物した時、子供に「しめじとってカゴに入れて~」っと言ってから「しめじ食べる~」っと言っていた。そうか!つながるものがないと、食べるっている意欲も沸かないのか・・・。「にんじん」って小さな絵本がありますが、その本を読んでいるうちに人参が食べれるようになったし。何かの影響って凄いのね。

食べてる素材がまた1つ増えて嬉しいぴょん!!



鉛筆「ロケッティ」が気に入ったのね

10月号が昨日ポストに入っていた。
先月からずっとロケットの色鉛筆が来るのを待っていた。
感激のあまり、鉛筆ワークを昨日1日で1冊やってしまった。
今朝も、制服に着替えた後、書き書き描き描き・・・・・

最近は誰かに手紙を書いたり、折り紙を誰かにあげるのか?折ったり、石も誰かにあげる~っと拾ってくる。


動物のブロック。
小さくて、積んでもすぐに倒れるとことが、年少レベルの積み木?なのか。
手先の知育が伸びそうな積み木。色んなつみ方ができてこれはちょっと楽しいかもです。

双子こうえん (11).JPG

1本に何色もが入ってる虹色の色鉛筆。
色んな色が一度に出るから楽しいらしい。


双子こうえん (12).JPG


秋らしい雰囲気で。
なんだか木の実とか、黄金の小道とか、落ち葉とか、紅葉とか、夕焼けとか・・秋って好きなんだよね・・・・

双子こうえん (13).JPG


これ可愛いわ。でも小さくて上手には積めないね。


双子こうえん (15).JPG

これからは、図形カードもいっぱいやろうと思う。
ドラキッズでは小さい頃から図形にふれておくと図形に強い子になる・・っと言われました。ドラちゃんの教材で買ったのだから、家でもどんどん使おう。

ひらがなも、図形ももう少し真面目に取り組もうっと思う。
自転車や鉄棒とかもね。なんだか大きくなるにつれてクリアする内容が増えていく。

なかよし60周年 復刻コミックスフェア



土曜日は待ちまで出て、化粧品買ってお買い物して、なかよし60周年 復刻コミックスフェアがやっていたので、途中だったし見て帰ってきた。

付録の展示や、昭和に出た昔のなかよしが読めるコーナー、プリクラなどもあったけど、主に少しの展示だけだった。ただ懐かしい感じになります。初代のなかよしは昭和~の雰囲気そのまま。表紙を初代~現代まで見ていくと時代の流れもこうやって変わってきたんだ~っと思ったわ。なかよし、りぼん、共に60周年ですね。読むマンガの内容なんかも、現代は少し幼稚な内容な気がします。絵とかも簡単な線だし。逆にときめきトゥナイト時代はみんな凄い繊細なタッチで漫画家さん凄かったんだな~って思う。

りぼんフェア (3).JPG

りぼんフェア (5).JPG




昨日は、子供と公園へ行っていた。
昨日も1日子供と2人で過ごした。旦那さんが忙しい家だと、だいたい9割は子供と2人で過ごす週末ですが、もう慣れっこになった。なんでも慣れることがいいわね。
ツタヤ→お買い物→帰宅→公園・・・っと自分の体がえらくなってきた。

昨日は公園で中国人の男の子と砂場で遊び、6才の女の子と遊び、最後は2歳の双子の男の子と遊んだ。息子くんは自分と同じ幼児は全て友達だと思っているようで、誰とでも遊び、何人でも関係なく遊ぶ。子供って凄いなって思うわ。最近は外国人も公園では多くなったし、子供は中国人の友達の前では英語でマクドナルドじいさんを必死に歌ってた。この歌が好きなようで、Head Shoulders Knees and Toes 、Hickory Dickory...Crash!、itsy bitsy spider ・・・など一部分だけ歌詞を拾って歌っている感じ。それも得意げに。

双子こうえん (1).JPG



深夜にUVレジンを作った。
ペンダントトップです。ぷっくりとした厚さで、オーロラフィルムとお花と、蓄光の粒をいれてみた。


双子こうえん (7).JPG

双子こうえん (6).JPG



今日は、10時~卒業した療育教室のメンバーの集まりが・・。
だいぶ人数が少なくなりましたが、秋はどこの幼稚園もイベントで忙しくまたママもPTAなどが忙しいようだったので、少数で。


子供の話を中心に楽しい話が聞けて発散できた。
どのお子さんも成長しているようで、みんなゆっくりだけど、ちゃんと成長してた。
速さが勝負ではない、子育てってそういうものじゃないって改めて考える機会だった。いつかは出来るようになるだろう・・って思うのも大事。

なんだかそうは言っても厳しくしてしまう。
甘やかせたらダメな大人になりそうで・・・。
優しくて、強くて、賢い、が理想。まぁ目指すだけでもいいかな。
休みすぎず、やりすぎず、いいあんばいって難しいわね、子育てにおいては。
人生で子育てが経験できることが今とっても素敵な事なんだって、感じるようになった。これだって余裕が出来たから思えることなんでしょうね。苦しいが楽しいに変ったのも、つい最近のことだから。


今度は蓄光の粒も入れてみました


さらに追加して沢山作ってみた。
透明感を保つためにUV器に1時間以上いれてみます。


りぼんフェア (21).JPG


中には、星の砂、蓄光の粒、琉球ガラス、腕時計の中のパーツ(針や車輪、小さなねじ)・・・。小さなネジは2mmとかのサイズです。だって時計に使われている材料は小さいですから。レジンにはもってこいですね。

りぼんフェア (18).JPG



通常の試験管風レジンチャーム。
今回は細かい気泡をたくさん作ってみました。これは気泡があった方がキラキラ感が増しますから。


りぼんフェア (12).JPG



これが蓄光入りです。下の部分に入れてみました。
UVライトに当てるともの凄く光ります。蛍光灯よりもずっと光ります。しかも光を長く吸収するのか長い間光ってきれい。
↓↓↓↓↓↓↓↓光るとこうなる。


りぼんフェア (31).JPG


蓄光入はまだ1個しか作っていない。
小さなビンに入って80円でした。もっと買えばよかった。
サン宝石ですよ~。

りぼんフェア (40).JPG


蓄光入はキレイでいいですね~。
UVライトで何故ここまで光を蓄えられるんだろう???

もっと作ってみようかな?
本当にキレイだわ~。蓄光はもっと色んな手づくり品に使ってみようっと。
UVレジンに入れるだけで、こんなにキレイなチャームが出来ちゃう。
ペンダントトップ、イヤリング、ストラップなどに使える~。


今日で2回目


5月に「作業療法をやりましょうか?」っとやることが決まってから2ヶ月ほど経過しても、連絡がなかった。混んでいるので、後に連絡が来ることになっていたけれど、子供が夏休みに入った時、癇癪や乱暴が酷かったので待てずに自分から電話をした。
そして予約をようやく入れられることが出来て、今月はじめに初回、今日は2回目の訓練へ行ってきました。


入園前に通っていた療育教室の先生から訓練があると聞いて、自分も希望してました。発達相談員の方からやはり進められて、訓練を受けることになりました。
今月のはじめに1回目。


作業療法訓練(初回)
初回は10:30~12:00くらいまでかかった。

広い部屋で、まず子供が遊びました。深いボールプールや、丸太のような天井から釣り下がった丸太のブランコ。長い丸太にまたがって縦に揺らしたりした。
他には大きなマット、ボールプール、大きなバランスボール、ジャングルジム、をつなげてひとつの大きなアスレチックみたいにして遊びました。

マットから全身で転がってボールの中につっこんだり、ボールの上でジャンプ。
他にもバランスをとる道具(ボールが半分になった様な道具に乗る)をしたり、はさみ、お箸、舌の動かし方の訓練、目線の動き方の訓練・・などをやりました。

初回はまず子供の特徴を先生が見るために、遊びながら見て診断をしてもらいました。苦手な、弱い部分が分りました。子供の事を知り尽くしていると思っていたけど、そうでもなかった。

スプーンの持ち方の指摘、バランスが悪かったのと、片足立ちも出来ませんでした。
1回目は子供の特徴と、私へのお話で終わりました。
どの作業がどんな効果を生み出すのかも説明してくれました。ただ専門用語が多いので聞き流してしまう部分もあったけど、基本は話しておしまいです。プリントなどまとめた物がもらえるわけではなく・・なので、帰宅後はすぐにでも書きとめた方がいいって思った。っというよりも、作業中にメモをとった方がいいって思う。次回からそうしよう。

訓練は10回がめどで、必要に応じて+10回継続があります。
子供がものすごく楽しんで行っているので、是非継続したいです。
まだ2回だけれども、効果がグングン出てきています。
まず1回目を終えた日は、その日は午後から幼稚園の体操教室だったのですが、そこで先生から「はじめて跳び箱できるようになりました」っと。縦とびと横とびができてました。感動の瞬間でした。以降、高い所からジャンプできなかったけど、どこでもジャンプするようになった。階段とかでも出来るかな?って本人が飛ぼうかやめようか迷っている姿がなんとも応援したくなります。


効果のことを今日療法士さんに言ってみた、何があったんだろう?ってビックリされてましたが、うちの子の場合はたぶん、療法士さんとの相性、訓練の内容の楽しさがきっとやる気をUPさせたのではないかと思う。一体あの1回目で、子供の脳に何が起きたんだろう?って思う。何かが目覚めたような。それと同時に言葉が進んで、言う事も聞くようになったし、こちらの言ってる話の内容も把握しているし、色々な部分が延びた。

今日は2回目なので、1部屋で2組行うので(療法士さんは別で部屋に仕切りがある)、もう1組の親子とお話をした。1回目でそんなにいきなり効果がでるのにビックリされていて、うちの子がスリッパを揃えているのを見て「几帳面、しっかりしてる」っと。さらに子供と10分ほど待ち時間に遊んだけど、「すごい運動神経いいね」って。私「え?でも一応、運動性協調障害も入ってるんです・・・」「うちも同じですよ」・・・っと会話が続いた感じ。

一見、見た目だけでは分らないですね。うちの子を見てどこを訓練する必要があるのか?不思議に見ていましたが、それもそう、夏休み中は酷い癇癪と乱暴で、子供の精神科へ受診しようかと考えていたくらい酷かった。少し注意しただけでも、敏感になってしまって、普通の注意でちょっとおかしい症状だったので、病院行くかな~って考えていたら、夏休み後編にはだいぶ落ち着いていた。酷くて自分もパニックだった時に訓練の予約を入れました。2学期がはじまるとビックリするくらいに目覚しい成長がありました。


今日もOO君は悪い子してた。っと話してくれました。
いつもその子が誰かを泣かした・・っという内容なので、うちの子よりも上のレベルの子がいるのかな~って。力のコントロールができない乱暴と、意地悪な乱暴は種類が別のような気がしますが・・。色んな子がいるんですね本当に。確かにそのOO君は、前いった幼稚園のイベントで友達の口を思いっきり叩いている場面を見たことがあった、それ見た時は少しビックリしましたが、先生も気づいていない感じで・・・最近良く子供が話すから大丈夫かな?って思います。そういった現実も含めて自分なりに勉強してほしいと思います。




作業療法2回目。

これが10回だなんて寂しい気もしますが・・・。
今日は、前回とは別のブランコをしました。手も足も輪っかに通して、宙吊り状態でうつぶせの宙吊りでくるくる回ったりブランコしました。子供は楽しくてハシャギまくりだった。ここでの運動はけっこうアクロバティックです。訓練だからそうなのですが、凄いです。さすが訓練ということだけはあるな~って思う。


それから、またバランスをとる道具にのって、今度は魚釣りをしました。
これはけっこうできる方だと言われました。だってお魚釣りそのものが好きなんだもん。その後、多下駄のようなクッションに脚をのせて歩くっという作業、くねくねロープを歩く作業、カードを拾う作業、ジャングルジムに登って、ボールへジャンプ、バランスボールに乗って、拾ったカードを今度は高い壁に貼り付けます。その後バランスボールの上で10回大きくジャンプ。この一連のつながった作業を5,6往復しました。多下駄~ボールジャンプまでけっこう道のりがありました。

もちろん家で自分でもやらないと意味がないのだと思いますけど、どれも出来るような簡単な内容だし、理論的に自分が納得できるから家でも率先してやろうって思えます。専門的な方からのアドバイスって本当にためになります。療育教室では教えてくれない内容ですもちろん。相談して、見よう見まねで帰ってきた内容には翻弄されて逆に自分がノイローゼになった。1回だけの注意がけを、と何度も言われて、やれば酷くなるし、まだそこまで発達が追いついていないし、このアドバイスは逆に??って感じで、やり続けると逆に親子揃って悪い展開になってくだけでした。訓練では専門的な内容なので、どれも実行してみるとすぐに効果が出てくるので楽しです。

今、子供に、毎日、楽しんで、訓練をさせています。また子供も楽しんでそれをやってくれてます。療法士さんの性格や人格も大きく関わってくると思います。それだけで子供のやる気や、成長の著しさが決まるといってもいいくらいです。いい療法士さんに出会えて私達はラッキーだったということなのかな。

療育教室の相談の時間では、育児本とおりの内容だったりした事が多かったので、他にも毎回責められているようで逆に後半辛かった。結局教室の方では、教室の流れや内容そのものは、とっても良かった。先生もその流れをきちんとやってくれて素晴らしい。ところが相談の時間になると、ちょっと違っていて、なんだかただの児童相談所みたいな感じでしたので、自分はこの地点で専門的なやり方を先生に求めていたのだと今思います。療育教室、という場所は専門的な訓練方法も教えてくれる所だと思ったので、そもそもその想像が間違っていたのです。


今思えば、保健所へ相談→保健所での発達教室&相談→療育教室&発達診断→作業療法。っという流れで来ました。保健所へはじめての相談~保健所での発達相談までが1ヶ月ありました。療育はすぐに行けることになったけど、発達診断は3ヶ月待ちだった。3月で療育が終わり、幼稚園へ通うことになり、でも発達相談は半年に1度のペースで予約。それとは別に施設は同じなのですが、作業療法の予約を別で入れます。
相談員&検査の方と療法士さんは別の枠なのです。訓練は基本また3ヶ月待ちなのです。1つの建物で、小児科、発達相談&検査・・などあらゆる分野があります。重度の障害者の方も通う病院なので、いつも車椅子に乗った子供がわんさか来てます。

デイサービスなどもあって複合施設なのか。軽度~重度と幅広いです。
寝たっきりの子供も沢山いるのです。普段は普通のレベルの子供と比べてしまうので、いつもネガティブになりがちですが、ここへ来るといつも、自分はなんて恵まれたんだろうって感じます。五体満足だし、歩けるし、トイレも自分で行けるし幼稚園にも行っている。もう十分なんじゃないかと。

子供も訓練が楽しくていつもキャハキャハ言ってやってる。
これだって療法士さんだったら相性も違うし、楽しく取り組めるか分らない。
もっとやりたい~って感じで終わっていく。
おおきな丸太のブランコや、宙吊りのブランコは原始的で、普通にはないですから。
持ち家だったら、即効取り付けるところです。鉄棒やすべり台や運動を促す遊具を家に設置しますね・・って夢の話ですけど。うちは一生賃貸コーポなので。


運動性協調障害、ってただの不器用ではないのです。
不器用と障害は似ているけれど、隣同士かもしれないけど、枠が違います。
洋服を着るのも、本当に着ることができないのと、本人のやる気がなくて出来ないのとでは全く別物。やる気を出すための方法を知る場所と、着る、という作業を訓練する場所とでは全く施設が異なりますし、内容も違うのですから。親は子供を見て、不器用なだけなのか?もともと出来るという要素が生まれながらに欠落しているのかを見極めないと、その先へも進めませんので。つまりこういう子を持つ親は常に賢さが求められるのでしょうね。自分もだいぶ賢くなりました。手がかかりすぎて、自然と賢くなりました。


もともと、人付き合いを避けて生きてきた、行動力もやる気も0。成績もドベ。
おまけに夢もない。そうやってその日その日をくぐり抜けて私は生きてきました。立って生きてるだけがやっとの状況だったし。勉強とか進学とかそれそのものが+αでしかなかった。死ぬのを待つように生きることって、とってももったいないな~って今は思うけど。もっと勉強もすればよかったって思っても勉強なんて学生時代とかでなければ出来ない勉強もあるわけで、時間とかね。大学は行けるけどね。もともとのIQとか、出来がいいとか、悪いとかって言葉があるくらいだから。確かに言えることは出来の悪い子は本当に苦労三昧の人生です。ありとあらゆることが不器用で、社会に入ってからも能力で色んな事が決められちゃわけですし。うちの子供はきっと私に似て何人産んでもきっと出来は良すぎってことはないだろう、っと思ったのです、自分の母もそうだったし、家系だから遺伝とかどうにもならないし。生まれつき学力が決まっているのだから平等じゃないよね。勉強してもそもそも先生が何言ってるのか分からなかったし。だから英語を頑張ろうって思った。だって海外へ行く事って覆いですよ会社は。まだ英語に完全に目覚めていないこの状況だからこそ、少しでも、みんなが休んでいる間に子供にはやらせておこうって思います。得意になれそうな分野をひとつでいいから作ってあげたいです。

英語も続けてる子とそうでない子は、大きくなれば差が出るし、ペラペラな親の子には適わないけど、せめて仕事で活用できるビジネスレベルくらいは目指したいです。文法はまるでちんぷんかんぷんだけどね。自分ができることは、英語好きでいてもらうこと、やる気を失わないようにして、途切れさせないように。くらい。英語できない親だから限度があるけどね、お金持ちだったら、普通に英語話せる外国人を24時間住み込みで雇うわ、習うとかじゃなくて、普通に話しかけて本当のバイリンガルみたいに育てるわね。

幼稚園後に作業訓練だとヘトヘトに。
だから金曜日に入れてる。来年は金曜がお稽古になるから、幼稚園休まないとキツイかな?子供は幼稚園が好きなようです。毎日色んな事をしているようできっとわくわくがいっぱいなのでしょうね。お遊び系の幼稚園もあるけど、きっとそういう幼稚園だと、毎日が遊びでも同じカリキュラムになるから、つまらなくなって、飽きて行きたくなくなってたかもしれない。うちの子の場合ですが。今日は何するんだろう?って思って行ってくれる所が楽しく通えてる秘訣かも。マンネリって大人でも息がつまるから、きっと子供もそうなんだな~って思う。


1回目の訓練ではすぐに効果があったけど、2回目はどうかな?
とにかく紙にイラストで書いて保存しよう。忘れない様に。いつか孫の代までとっておけるように。忘れたらもったいないですし。

14 (4).JPG

来月は子供が遠足です。
けっこう遠い所へいくようで、本当に遠足という言葉通りですね。
名古屋からヘブンスそのはら、ってけこうあると思うんですけど。
ヘブンス~行きましたわ~。星がきれいで空気がきれいで、ゴンドラも長くてね。
でも、距離に時間がかかるから、むこうでの時間は短いのかな?
とにかく凄いな~って思うわ。年長さんは泊まりの合宿まである。
子供はここまでイベントが多くて疲れないのかな~って思うけど。入園した頃も毎日マラソンしてたみたいで。自分の子よく頑張ってるな~って歓心。歓心。



ニンニンジャーショーにて


昨日の出来事ですが、SWの最後だったのと、スターニンジャー初登場が重なってか、ハウジングホームはもの凄い人の量でした。
いつもは1時間前で席取りが出来る余裕だけど、行ったらビッシリだった。



この日は暑かった。
凄い人だから、握手して写真撮るのだけど、写真だけで1時間とか。
長い列がハウジングを1週していた。


スターニンウヤー (4).JPG

スターニンウヤー (6).JPG


「消防士になって人を助けたりするの・・」
毎日これの連続で、お風呂では水で人消す練習をしている。
たまに消防車のイベントがあると嬉しそう。ハウジングに消防車が来ていた。
お水は車にある程度入ってるそう。ここでずっとホースを見たりマスクをかぶったりしてた。


スターニンウヤー (7).JPG

昨日の晩御飯。

スターニンウヤー (8).JPG





今日の出来事。

10月の絵本を、幼稚園からもらって来た。
4冊も購読しているのだ。さっそく今日読んで寝た。

スターニンウヤー (9).JPG


今日はお話しながら寝ていった。

幼稚園の友達の話をはじめてしてくれた。
OO君のマネ~、OOちゃんにが泣いてゴメンネして僕も泣いちゃったの、OO君が悪い子して怒られた・・・っと細かく話してくれた。
何して遊んだの?「妖怪ウォッチごっこ」だそうです。通りで、帰って来るなり「妖怪ウォッチ見る~」っとなるわけだ。

スターニンウヤー (12).JPG

今日の晩御飯。
野菜が高すぎ・・・。いつになったらレタス食べれるようになるんだろう?
ニキビできはじめちゃってね、やだわ~。野菜不足で、野菜ジュースが活躍よ。
トマト&バジルでのホイル焼き。あ~美味しいわ~。トマト料理って大好きだわ。


スターニンウヤー (11).JPG



今日は、エキサイトエアロをして、お買物して、幼稚園のお迎え、洗濯・・・っとまた時間を意識する生活。連休って朝も夜も少しだけダラダラしちゃうから、連休明けってやる気ないわね。

明日は子供の療育の日だった。
雨だけど、たまたま車があってラッキー☆
自転車→電車→徒歩じゃ濡れるわよ結局。駅までレインコートで自転車こいでも濡れるわよ。何枚も着替えいるかな~って、もしくはキャンセルしようかな~?って考えていたから、ラッキーガールでよかったわ。


虫がうるさいから、窓も閉めて寝るけど、まだ暑いような・・・。
エアロビクスやるとシャッキっと脳が目覚めます。
今月もスポーツセンター数回だったな~。来月はガチガチに頑張ろう!!



試験管風に仕上がった

ちっちゃい試験管を探したけれどなかなかなくて・・・。
だからまるごとUVレジンで作っちゃった。
なかなか美しい仕上がりになりました。

これは超~簡単、しかも、少しのUV液で沢山作れますね。


カーニバル2015 (9).JPG


透明感たっぷりに仕上げてみました。ストラップやペンダントトップになります。
中には沖縄の琉球ガラスなどが入っています。他にも時計の中にあるパーツ、つまり小さな車輪なども入れてみました。形は円柱です。


カーニバル2015 (12).JPG

光に透かせばキラキラ光ってキレイですね。

カーニバル2015 (21).JPG


UV試験管 (8).JPG


だいたい、1個作るのに10分もかからないかな。
星の砂で作ったら海のイメージで可愛かった。他にもピンクとかでも作ってみようっと思う。材料費もそんなにかかってない。これなら誰にあげても喜ばれるからいっぱい作ろうっと!!


イングリッシュ・カーニバルへ行った日


今朝は、のんびり起きて、ゆっくり活動。
まったり朝食を食べてから、「粘土やる~」っと。粘土をして遊んだ。
ずいぶん上手になったもんだ。

カエルさん、おにぎり、ドーナツ、大きなピザ、へびさん。

カーニバル2015 (1).JPG


カーニバル2015 (4).JPG




お昼に食べる弁当を作って、DWEの英語イベントへ出かけました。
自転車→地下鉄→徒歩、と面倒な距離でしたが、子供も抱っこを求めることなく一緒にルンルン楽しく行けた。

行く過程が楽しいのである。地下鉄の運転手さんに出会うのが好きだし、トンネルや運転席を見るのが好き。珍しい他所の町を走って進んでいった。場所見知りというのはないですね。危なかしかった。

いつもこういう時思う。
今親孝行してもらってるな~って。子供との一緒の楽しい時間を、今味わってるんだって、思うと胸がキュン。あっという間にこれが思い出になってしまうんですから。おっさんになった息子くんはもう今日の可愛い面影も、今日の出来事もおっさんになった息子くんは忘れているのでしょうから。自分だけが刻々とひとつづつ、心に刻んでます。このひとつひとつが宝物。自分だけがずっとずっとこの世を去るまで心に鮮明に残るんでしょうね。母親は全部覚えているのではないでしょうか?少なくとも私は今までの子育ても忘れたっということはないです。「忘れていく・・」ってみんな言うけど、私は鮮明に覚えている。きっと、いちいち味わっているからだと思う。バタバタって通り過ぎてはいないもの。

町を歩くも、公園やスーパーや、叱っている時にもひとつひとつの場面がセピア。

カーニバル2015 (5).JPG

今年の、ミュージカルショーは「DOGS AND CATS」がテーマだった。
DWEのイベントです。カーニバルは年に1回です。イベントは月に1回くらいのペースで行ってる。来月は、ハロウィーンイベントに申し込んだ。
ストーリーがちゃんとしていました。教材と連動した歌です。2時間ほど。

最近は色んな英語のDVDに興味を持っているので、DWEのDVDだと「これやだ~違うのがいい~」っとこう来るわけです。違うDVDと言っても、違う英語のDVDと言う意味です。英語ならいいか~っと自分も。プレーンズやニモ、アナ雪、ミッキーシリーズなど・・・・ですが。

カーニバル2015 (6).JPG

今日は一応お風呂にも入って、9時に寝た。
最近、子供が1人で遊べる用になったからつい私も自分の時間を過ごしたり・・。
すると子供が急にいたずらをはじめる。ティッシュ箱の中身全部出したり、机の上の手芸材料をばらまいたり、机に立ったり・・・普段はないいたずらが増す。増す理由は相手にしてもらいたいから。いたずらすれば、振り向いてもらえる、叱るのも、注意も、抱っこも、これは愛の反対ですからね。

ちょっと甘えん坊だから、やっぱりつきっきりに相手をするしかないのか?
時々苦痛にもなる、30分だけでいいから、寝させてっと思ったり。世間の4歳児のママはどのくらい家では関わっているのだろう?今日の粘土遊びも後半では私も参加して、一緒に色々作った。だってうちの子、息継ぎなし状態で何時間でも喋り続けているタイプだもの。体操教室とかでも喋りすぎっと注意される。まぁ子供との会話を私も楽しんでいます。






昨日はドラキッズだった。
来年のクラスの曜日がきまった。
今は月曜日にドラキッズだけど、えいごくらぶ、も月曜日に重なった。
英語の新クラスが来月からはじまる。とっても悔しいけど、曜日がね~。
で、来年は是非、えいごくらぶ、へ行きたいから曜日を月→金に移動した。

ドラキッズって進級してもだいたいは同じ曜日で上がります。っという事はメンバーも同じなわけ。みんな一緒に成長できるのは良いことだよね~。
うちはいちごクラス、みかんクラス、来年のぶどうクラウス、と全部曜日を変えて、メンバーもチェンジしてます。毎年違うからいい部分もあるドラキッズの場合は、先生も変るし、メンバーも変るので、子供には新鮮さが適度な緊張感を持たせてくれるので、うちの子には丁度いい。色んな子とふれあい、友達になることが本人には楽しいらしい。

えいごくらぶは、また別で、同じメンバーでやる事の意味が大きいですね。
入園前、2年間やってきた貯金のようなものが本当に貴重だったと今思う。
そう思ったのはサマースクールのイベントへ夏休みに行かせた時。
あんまり英語なんて口ずさんでいなかったけど、あのサマースクール以来たくさん出てきたので、ビックリしていますが、きっと大きな刺激があったのですね。友達につられる性格だから、英語が出来る子が集まったら無意識でも「やる~」っとなるし、2学期はじまってから、幼稚園から帰宅後に、「妖怪ウォッチ見る~」っと言うんです。全く、幼稚園での刺激でありますね。たまたま妖怪ウォッチだけど、それが英語だったら「英語やる~」ってなると思うんです。何でもそうだけど、好きな子はグングン伸びるというのがあるわね。だからいちんと英語にも通いたいです。

ドラキッズの日本語の勉強でもそうだけど、うちの子は私相手では一切に何もしたがらないのです。英語も日本語もなにもかも。それが大好きな友達の影響なら別物なのです。私はグループの友達がみんな塾に行っていたから母に自分もその塾に行くといいました。小学校生活の中での一番の楽しかった思い出も、友達と塾に通ったことです。勉強はおまけでした、おまけで、少し学力が上がりました。学校から帰宅して、みんなで遊びに行き、そのまま塾へ行って、塾での他所の学校の友達との会話が楽しみでした。塾が何よりもの生き甲斐だった。本当に楽しい日々しか思い出しかありません。息子くんもきっと私と同じタイプで、友達が人生の軸になっているのかも。
体操教室も、ドラキッズも友達逢いたさで行ってるようなもので。「ハローティーチャー行く~」っと言ってるので、友達の影響って凄いんだな~っと。

自分の場合は、友達と遊びほうけて、自分の将来とかはそっちのけだったから、そこだけは見習って欲しくないわ子供には。ただ友達がいればそれで満足だったから将来の事を無いも考えてなかった。そこがちょっと失敗だったかな~。


UV試験管 (9).JPG

年少クラスは、とにかく鉛筆です。
自分の名前、線をなぞる、文字、数字。
年中さんは、足し算なども出てくる、感じも。ひょえ~出来ないわねきっと。

まず先生や友達が合うかどうか?
去年、一緒だったお友達は、今年、別の曜日になってしまったんですが、それも同じ幼稚園なのですね。ママに聞いたら本人が行きたがらず辞めたって聞いた。どやら先生がきつい先生で、それでだそうです。先生の相性、友達の相性がありますね。お稽古も、幼稚園もなんでもそうですね。

来年もちゃんと通えるかな?
合わない先生だと、子供が泣きまくります。
合う先生だと子供もニコニコですね。
自分のやり方にはめ込もうとする先生は、どこにでもいるんですねいっぱい。
まず子供の特徴を良く見てっと言いたい。上手な人気のある先生は、優しいし、声がけも上手。そして保護者の話も良く聞いてくれる、子供というものをよ~っく知っている。つまり頭がいいんです、そういう人って。自分もそこを目指したいです。成績はいつもドベだったかな。母にも「行く高校がない」って言われて、だってほぼオール1だったしね。でも一応行ける高校はありました。

職場も勉強より別のものが求められたし、なんとか通れた。
職業が何かの先生でなければ、大丈夫。
でも漢字読めなさすぎだから、小学校からやりなおそうかな?
ドリル買おう!!


沖縄の珊瑚と琉球ガラスでキラキラ飾り


GWで行った沖縄で手に入れた珊瑚と琉球ガラスのかけら。
これを透明のグルーガンで接着してみました。色んな海で拾った貝殻も使ってみた。

レジン産後 (11).JPG


窓の光でキラキラになる。
毎朝、子供が窓にこれを全部並べるのが好きらしい。
夜に私が片付けるも、朝子供が並べている。


レジン産後 (6).JPG


こちらは大きいサイズ。
珊瑚とガラスをいっぱい使って、もうあんまり残っていない。
もっと沢山琉球ガラス買っておけばよかった。使い道あるもの。

レジン産後 (8).JPG

レジン産後 (9).JPG


車や、窓や、明かりが入る所に飾りたいな。


1kodomo (2).JPG


レジン産後 (14).JPG

沖縄好きの方や友達にあげよう!!
沖縄好きなら分るのよね~。

レジン産後 (12).JPG


懐中時計の型にUVレジンと琉球ガラスを詰め込んで作った。
シンプルだけど素敵。これも沖縄好きじゃないと分らないのだろうが、自分的には満足。

レジン産後 (15).JPG

今度は花もつけよう。
レジンを流すとだいぶイメージが変る。
沖縄の青の洞窟をイメージしたんだ。あそこにはまた行きたいな。

レジン産後 (2).JPG



海南こどもの国



前、行った時は子供が3歳だった。
4歳になってから久々に行ってみた。無料だし、盛り沢山で遊べるので。
SWだからかな?込んでたわ。
1年が経つんだと思うけど、かなり色々なアスレチックをやりこなしていて、子供の成長をいっぱい感じることが出来た1日だった。


2学期に入った頃から、子供の言葉の発達が進んだからなのか、言う事を理解して、きちんと行動できるようになった。コミニケーションが成り立つようになったのだ。
こちらのお願い、ルール、待つこと、理解する力・・などがグングン身についてきたように感じる。思えば、作業訓練を受けた日から、貯まっていた色んな物がいっきに外へ流れ出すようなイメージ、そして流れ続けている。


日本語いっぱい、英語も少しづつほんのちょっとづつ進んで、4歳というのは何かのメドなのかな?って思う。思いやりは4歳から芽生えるそうですが、まさにその通りでした。乱暴な一面も、今までは何度行っても理解できなかったのが、だいぶ芽生えてきた。身につくとか教育、教えるとかじゃなくて、おのずと芽生える感じ。

今までの苦労が凄すぎただけに、こうなってくると、可愛くって。
普通の親が2歳くらいに芽生える感情も、今自分がやっと味わえるようになってきた。
大変をある程度卒業しないと、可愛いの段階へ行かないように思うから。
ずっと大変のゾーンでさ迷い過ぎた。

色んな遊びが順番に一通り出来る感動。
今までは1つの遊具から離れられなかったけど、たかが公園でも出産並みのバタバタさだったし、大騒動だった。帰るのもギャン泣き、かつぐで。普通のキャッチボールが出来る会話のレベルになって嬉しい。たぶんすすす~っと子育て出来ちゃうタイプのママよりかは大きな感動だと思う。発達障害って軽度でも、本当に大変だったな~って改めて思う。これも色々関わったり、やってきた効果だと思う。何もしなかったらきっと今でもこの子は変っていなかった。

公共の場のマナーもすごく苦労したけど、だいぶ身についてきたかな。
いちいち、感動する場面が増えて嬉しい。
お部屋の片付け、食事のマナーだけはタント厳しくしてきたので、そこはキッチリしてるわ。食べるのは遅いけど。厳しくしてきた部分は4歳頃になるとハッキリメリハリが出てくるものなのですね~。最近は公園よりも、友達と遊ぶのが大好きで、家で過ごすことが大好き。今までずっと公園だったから、(え?何この楽な生活は?)って思う。公園は週1~2くらいで済んでる気楽さ。はじめからこういう子なら、2人でも、3人でも育てられたって思うと、男の子だし、発達遅れだし、なんだかやっぱり普通の世間と一緒に考えていては無理だったな~って今思う。



びったびたになたけど、お魚も捕れたし、消防車に乗って、アスレチック、ゴーカート、水遊び、と色々できた。まだ水遊びできる場所があったんだね。


1kodomo (9).JPG

1kodomo (4).JPG



芋饅頭

子供は帰宅途中に眠ってそのまま寝かしたつもりが、夜中に起きてきて、この芋饅頭を食べて。でまた寝てった。深夜3時だった。芋饅頭は4時間かかるので、そのかわり美味しいんですが、寝不足だった。芋饅頭は2時までかかった。


1kodomo (13).JPG



そして本日は、クレープを一緒に作った。
薄~く焼くのって難しいな~。美味しかった。生クリームが大好き。

1kodomo (16).JPG




今は電車で遊んでいる。
何をやっても1時間くらいで終われるようになった。
昔は電車やると5時間とか、何やっても5,6時間、公園もそうだった。
一体、どこで何があって、こうなったのか?。
脳の中で何かが起こったのでしょうね。

1kodomo (17).JPG



石窯Pizzeria Ocean


丁度、去年の今頃はカフェオーシャンにいた。
今年も行ってきたのだけれど・・・。

メニューがだいぶ変っていてショック、求めていたピッツアは美味しかった。
おかず系がなくなり、ピッツアのみのメニュー、カクテルも減少・・。
お客さんも少なめ。でもここはやっぱり景色が最高だったな~


車の中からパチリ☆
空って大好きよ~。
子育てで辛いときいつも公園で空を眺めていた。空を見たら、ぜ~んぶ水色になったのだ、頭も心も。

シーカフェへ (1).JPG


テンションUP↑

シーカフェへ (2).JPG

デッキが増えていた。

シーカフェへ (6).JPG


石窯のピッツアはジューシーで美味しい。
去年ほどジューシーさはなくなっていた。


シーカフェへ (24).JPG

シーカフェへ (21).JPG

シーカフェへ (25).JPG

帰る時には真っ暗になってた。
去年は人も多かったし、みんなが楽器や踊りや賑わっていたような・・・。
だいぶひと気がなくて、しんみりしたカフェになってた。
お酒もイマイチになったし、アクアパッツアなるようなおかずもなくなったし。
ここまで来て、ピッツアのみだと、ちょっと遠のくのかな?

景色は最高なんだけどね。
みかわ温泉が隣りのあった。三河湾を眺めて、海のザザーって音がよかったな~。
子供ははしゃぎまくってた。でもこの来年はもうないかな。メニューが戻れば行くかな・・・


◎ゾンビになった日◎


朝起きたら、動物達がテーブルにいた。
どうやら子供が並べたよう。みんな中心を見ている、仲良しなんだね。

ゾンビメイク (1).JPG




ゾンビイベントへむかうの巻き

朝食を食べて、ハウジングホームへむかう。
10時~ゾンビのイベントが始まるのだった。
30分も早くいったけど、けっこうな人。
10時になる前にゾンビメイク(子供40人)は満員になっていた。
早く行っといて良かったわ~。


色んなメイクがあった、血だらけもあった。
自分でクモがいいと選んだ。
あっという間に完成~。うちは1番だったので終わる時間も早かった、最後の人は12時でした。ハロウィーンが近いから?メイクさんは普段は普通のメイクさんです。

ゾンビメイクはこれからも使えそうなので、メイクパレット買いに行こうかな?
1つ持っておくといいかもしれないわ☆


zonnbi1.jpg


zonnbi2.jpg


zonnbi.jpg

メイクの後は、仮装、ゾンビメイズに入って、遊んだ。大きな迷路だ。
全部無料だから、土日はここのイベントをうまく利用してる。

ゾンビメイク (31).JPG





キビ団子を作るの巻き

桃太郎の影響だと思うけど「キビ団子食べたい~」っと言っていたので、キビを買ってきてキビ団子を作りました。キビは体に良さそうですね雑穀だしね。自然にほんわか黄色い。食べやすいように、少しだけ上新粉を混ぜました。美味しかった~
「桃太郎~桃太郎お腰につけた~・・・・」歌いながら楽しく食べた。
しかし作るのが手間だ。すり鉢でスリスリ・・・。

洋ナシタルト (7).JPG


夕飯のメニューの巻き

内臓パワーUPを目指したメニュー。
油で揚げないフライ。海老とホタテのオーブン焼き。これめっちゃ美味しかった。
パン粉、バター、パセリ、そして決め手のローストアーモンドの砕いたものを混ぜて焼く。


洋ナシタルト (12).JPG


クラシエのお菓子の巻き
アイスクリームキットがなくなって新しいのが発売されてた。
クラシエのお菓子作りシリーズが大好きなのだ。それこそこのシリーズだけで毎月いくら使ってるやら・・・

洋ナシタルト (1).JPG


金曜日は幼稚園が最後。
しばらくお休みなんだね世間は。
うちら親子には無縁の祝日ですが、まぁ予定はみっちり。

土曜・・・ゾンビイベント・シーカフェ
日曜・・・動物園
月曜・・・ドラキッズ
火曜・・・英語のイベント
水曜・・・ニンニンジャーショー

・・・っと忙しいのだ。忙しくしないと子供がもたないのだ。
夏休みや、祝日って、嬉しくないママもいるのかもしれないね。
親は大変なだけだったり・・・。
子育ては人生の一時だし、小さい可愛い時も一瞬だろう。
シルバーウィークに。普段なかなかやれないワークブックと英語も少しでも入れようっと思う。



寒いのか、暑いのかハッキリせい!


最近は体がだるい。非常に疲れている。
くしゃみや、鼻水やら・・・・。
朝は寒いな~っと思っていたら、お昼からカーっと暑いし。
何じゃ~~~~~~~~~い!



最近は「赤ちゃんと僕」を読んでいる。
実くんは2歳。うちの子は4歳だけど、やっと実くんに追いついた~。
だって2歳の時なんて全く言葉が出なかったし、会話も出来なかった。
このマンガにどれほど救われたか。子育てって手助けしてくれる親がいたりするのと、いないのでは全く180度世界が違います。手助けが無くても1年に1度自分の親や兄弟と逢ったり、コミニケーションがあるだけでも違う。だからこのマンガが母の様な存在なのです。あと2冊で読み終わります。泣けます。

正直、親などの自分の家族が全く0という状態での子育てがここまで大変とは思いもしなかった。発達が遅いと、発達検査だの、療育だの・・それだって凄く長い道のりだった。あちこち探して、それだけで終わってた。大量の本も毎日読みあさったし、発達の事を本で調べたり、それだけで、自分の時間が埋まってた。

「思いやりは4歳からめばえる」っと書いてあったけど、乱暴な一面も2学期はじまってからはだいぶなくなった。もし4歳でなくならなかったら、それこそ躾けの問題だと思います。散々、私達親子を責めて来た人に言いたいくらい、発達が追いついたから子供が理解しただけで、自分はただ言い続けることと療育するだけで今までと何も変ってない。ただ子供が変わってきただけ。ただ一般的なレベルの子と比べられた、という事だったのでしょうね。世間では4歳というと、このレベルだろう?って勝手に想像されてしまうので、聞きわけが悪かったり、マナーが守れなかったりすれば、親の躾けが問題だろう?っとすぐにはなから言われてしまう、この世の中が大嫌いでした。


自分の躾けではなくて、子供の発達に問題があったんだって今知れて、本当によかった。だってもう自分を責めなくていいのだから。やっと子供が可愛いとか愛おしいとか思える余裕が出来たんです。


聞きわけが良い子供のママって、いかにも、自分がやり切れてる、って思いがち。
自分は誰よりも頑張ったから結果を出してるって思うのでしょう。
違うって、子供がたまたまそういう子だっただけ!!
よく、信頼関係があったら口だけで2,3歳ならちゃんと言い聞かせられる。。。なんて言う人がいるけど、そういう範囲の子供しか育てていないので、そう思うんだなっと感じました。


育てにくい子、育てやすい子ってあるんです。
4歳になって、子供が天使か、神様にでも変身したの?って思うほど、私の声崖や約束をだいぶ守れるようになった。子供の言葉の理解が成長したから、きっと私の言ってる事がやっと理解できるようになったのかと思う。
育てやすい子、という子供も育ててみたいです。
確かに死に物狂いで育てる子育てにはもの凄い感動があるわけだけど。
だって信頼があったら言い聞かせられる。って言葉嫌いですけどね、じゃあ重度の障害者はどうなんでしょうね。重度の自閉症の子供がずいぶん大きいのに、親の言ってる事が守れなかったら、それ見て信頼がないって言えるのでしょうかね?

発達障害って見た目では分らない。意識してなければその親でさえも気づかない。
軽度、やグレーゾーンって問題ではないのだろうけど、子供本人が生きずらくなっていきますし、非行や色んな問題が後から出てくるのだと自分は思う。
私の場合、言い続ける、療育や訓練という専門的なやり方、で乗り越えました。
目に見えないこのあたりの子供って、世間からは全く理解されないので親は大変です。車椅子に乗った障害のある子供が、静かにしなければいけない場所で声が出ちゃってたら、それを注意しますか?って事よね。見た目で障害の部分が見えれば、誰も責めないでしょうけど、目に見えない発達障害は必ず公共の場では親が責められる、その他ありとあらゆる場所で、うんざりですね。でも慣れていくんです、そんな環境に。療育教室行ってたママが言ってた。発達障害のこういった子供を持つ親の立場は絶対に分らないよねって、はいそれ答えです。分らない、普通です。迫害でも差別でもなく、経験ない事は分らなくて当然なのですから。しかたないことなのです。全部しかたない、で済ましてきた。

特に1人目の子供なのに、誰にも相談できず、特に母親に聞いてみたかったりすることも聞けなかったし、血族者はいないようなものなので、ある意味孤児の状態みたいな天涯孤独という状況が、寂しかった。周りは里帰りや親に預けたり、親に子供の服作ってもらったり、親に自分の子供抱っこしてもらったり可愛がってもらったり、そうやって自分の家族に愛されて、その中で子育てするというには、贅沢だな~って。

自分はそれがないですから、当たり前にそれを持ってる人を見るとやはり苦しかった、憎いんです。自分を愛してくれる家族がいる中での結婚や子育てなら、きっといっぱい勇気もらったんでしょうけどね。貰うものがないので、全部自分で作り出すしかなかった自分の場合。一番不憫だったのは、自分の子供。家族に愛された環境にいる母親から生まれた子供が、多くの人に愛されるので、そいうった意味で、子供が不憫だった。またそういった幸せな人を見るにも、そういう人と喋るのも、挨拶すら嫌だった。見るのも嫌なんですね。普通ですよ。ゆがんでません。誰だってそうなるんです。愛情に囲まれて暮らしてきた側の人には分からないんでしょうけど、そうなるんですよ、どんな人も、人ならね。

器用なママが育てやすい子を授かるのと、不器用なママが育てにくい子を授かるのでは、幅も違うでしょ。「結局は自分の子だからね」ってこの言葉は暴言に等しいですね。だから何なの?って思いますけどね。何の解決にもならない言葉、ただ相手を追い込むか恨まれるかなので言わない方がいい言葉ですね、結局は他人事、っという意味なんです、っと思いますこの言葉。いい子を授かったのはラッキーガアールみたいな。でも学びも少ないと思いますよ、楽な子育てってね。楽な子育てはないなんて言葉も好きじゃない、障害と名のつく子供を持つ親には通じませんよ!

子供はうるさくて、イタズラ好きで、いう事聞かなくて、癇癪も。
昭和まではそうだったの、それが普通だったの。今は大人しい子供が非常に多い。
親が公園に連れていかなかったり、環境で変ったのかも。子供はいつの時代からも変っちゃいないって事を知っておいてね。ってえらそうに語る。
そしてお覚悟しなさいね、って脅し。実際そういう子が犯罪犯してますよね。
ある大学教授も言ってた事だけど、問題をかかえる生徒こそみんな大人しくて手のかからない子だったとか。子供時代に思いっきり甘えて、泣けなくて癇癪も出せなくて、そうなったのかは分りませんが、あると思います。今の子が大人しいんじゃなくて、今の子は大人しくしているだけかも、演じて、おさえて、でもいつまで続くかな?


沢山の、親の親戚や兄弟や家族から、愛情をもらえる子供はお得なのです。
自分が愛情面で恵まれない環境でも文句はないですが、自分の子供がそいうった部分で他の子と差がでるのは、悔やむというかどうにもならない部分ですね。だから当たり前にもってる、ルンルンしている人が憎らしくなってくる。どんなに1人で完璧にこなしても、沢山の人にすこしづづいっぱい色々貰ってる子供には勝てないのです。お年玉も、プレゼントの数だって違いますから。勝ち負けではないけど、子供が不憫になってくるんですね。
日本って幸せな国ですね。どんな方の悩みもアホなのかな?って思うくらい馬鹿げていて、だいたい興味なくなってきてしまった。色々なものに。

「おもてなし」とかねね、言ってる場合じゃないような気がしますが。浮かれている場合かしらね、この日本の状況にね。裸足のゲンがもう売られないの?そう知った時怒りが爆発したわ。何故?戦争を伝えてはいけないの?東日本大震災があった時は毎日テレビでその映像ばっかりで自分少しおかしくなってしまった。専門家は影響があったりするから見ない方がいいとも言っていた。でも現実だし、自分の国で起きてることだしね、目をふせていいのかしら?って思ったわ。見ないのは、ないのと同じだから、結局は。

子供が発達障害でいたずらも、乱暴も酷くて、それが自分の躾けのなさ、だと言われて、実際に療育してた教室のママも全く同じ事を言っていたので、この感じ方は自然だと思うんですけど、ただそういう子供を産んだだけで、迫害のような本当に酷い扱いをされた、同じ人間と思えなかった。そんな事が長く続いたので、私もずいぶん図太くなりました。今では小さな悪口くらい、ヘッって感じです。身内からも実の家族からも酷いことされたから、人間の本当の人間ってものを知ったのだと思うきっと。人ってものの答えは、本当に残酷で冷たい、愚か・・とかそういった事しか浮ばないかな自分には。きっと色んな物がマヒしたんだと思いますね。仕方ないですね、そう扱われてきたんだから。だから身内からの意地悪だって平気なわけです。


私はよく、犯罪者とかでも、その人を憎んだりはあんまりないかな。
一体そこまでなるには、どんな辛い事があったのかな?っとか。そこばっかり考えます。お金目当てだけは許せませんですけどね。罪を憎んで、人を憎まず、って本当にこの意味知ってる人なんて少ないんだなっと。幸せいっぱいでたまたまそういった環境で生きてきた方って、逆に一番怖い。だって一体どこで優しさを学んでるんでしょうか?残酷な目にあった人の方が優しい心をもってるもので、精神的に苦労してたり、虐待や虐めや、そういったことを経験してる人の方が確かに闇はあるけど、それを知らないで優しさなんで学べないと思ってる自分は。子育て中は自分以外の全ての人が敵だと思って生きていたので、色んな部分がマヒしたんでしょうね。人に幻滅したので、いまいち興味がなくなった。

今までも、今も。家族の愛情とか、助け合いとかね、そういうのって幻想なんですよ。だって実の親や兄弟に酷いことされたから、信じられなくなるんです人が。普通の流れですけどね。誰もがそうですね。だから日本って幸せだって言ってるの。そうやって生きてる人って少数派じゃないの実際。人は冷たくて、意地悪で当たり前。この世は地獄で当たり前だって。そうやって生きてきたもんで自分。時々、優しい人に出会うと、逆に奇跡ってあるんだって思うもの。そんな人間もこの世にいるんだって知ることこそが奇跡だし、パワーもらえる。海外ドラマのフルハウス、あれを毎日見て育ってきた。小学生の時からずっと大人になるまで。実際にはないんですそんな家族。だから空想で作るしかかんです。空想の作り話なんです。フルハウスの家族像は私の憧れですが、ないんですこの世には。作り話なのですから。幸せはない、この世はいつだって修行の場だから、苦しいのが普通。そうやって生きている自分。不幸ではない。

じじやばば、沢山の方に可愛がって触れ合って、それがとってもいい環境で育った子供なんだと思う。それを子供にあげられなくて息子ゴメン。だからいつだって、体が壊れるまでやってきた、壊してもなお無理してでもやってきた。100倍の愛情あげないと子供が可愛そうな気がしたから。それもだいぶなくなってきたから、助かった。
親と中が悪いのってまだ可愛い。だって帰省はするでしょ。私は、10代の時から、二十歳で縁を切ると言われたし、二十歳で、母が私の義務はもう終わった、さあ、後は自分でどうぞって言う母親だから。母親は小さい頃から、子供は産みたくなかった、理想じゃなかったから私の事は愛せないんんだっと何度も言われてきたけど、義務だからやったっと。きっと私も発達遅れで母は苦労したのかも。1人で3人育ててきたし。今は本当に子供を愛せない自分を一番に愛する母親もいるんだなって知った。本当に私には興味なかったんだな~って思うと寂しいのだけど、魂の上ではみんな他人なんだから、そもそも親に愛情を貰いたいなんて、それこそが甘えだったのかも。

そもそも子育ての苦しみから解放されたのってママ友達が出来始めてから。
あちこちで、ママ集団が会議しはじめるけど、許してね。だって、そこしかないですもの。じゃないと本当に病気になっちゃうわよ。

ブタは牛になれないし、牛もブタやサルにもなれない。
自分は火星人だって思えばどうってことないわ。
自分の人生には文句なく満足してる。

私ってね、そんなに喜ばない人です。だって冷めてるんですから。
ニコニコしても演技だったりね。心底喜んだ事って、まずないな。子供の成長以外で。
色んなことを知りすぎて喜べない、フロド?だっけ?みたいに。ロード・オブザ・リングですけどね、3章の最後のシーンで、フロドは、もうもとの自分には、生活にはもどれない、と言い切ります。その通りなんです。戻れません、むかしの無邪気な自分には。


夏休み明けてから、4歳君はとってもお喋り好きで、1日中でも「聞いて~」っと喋り続ける。そして「へ~そうなんだ~」って答えると、4歳君「そうなんだ~って言わないで!」っと怒られる。きちんと返さないと怒る。

「鼻と花」「目と芽」「歯と葉」「雨と飴」・・・みたいに、同じ言葉をさがしては教えてくれる。時々ジョークも言う。だじゃれも。
発達検査の先生は、4歳で、だじゃれやジョークが言えないと、理解できないとそこで自閉症だと確定率上がる、的な事を言われたので、その部分はクリアか?って思ったらホッとした。

ロボット。のつもり?

こーと (5).JPG

桜子さんも冬服になったのだ。

こーと (1).JPG

洋ナシのタルト。スタバ。
今日は、ホリデイスポーツへ行って、ベリーダンスをやったのですが、とっても楽しかった。もともと習っていたし、妊娠で止めたけど、またやりたくなってきた。
インナーマッスルすごいですよ~。9月で企画が終わるらしいですが、定番にしてくれないかな?ベリーダンス習えないこともないけど・・・。発表会目指したりハードル高いしな~。踊り覚えるのが苦労だった。やるならまた同じ先生がいいな~。


こーと (3).JPG




マンスリークラブ  2015 9月


ここのつ ~小さなフラワーベース~
これは1つじゃ可愛くないと思った。増えるごとに可愛い空間が。
秋にもバラが咲くんですよ。ベランダからバラをチョッキン。
小さなお花をいくつも飾ると可愛いものですね。

お花は大好き。花屋になればよかったかな?
ユリはアレルギーですけど。
バラって大好き。平凡な自分でもバラを見つめればそこはベルサイユ。
鉢に咲いた花は特に愛着がある。

ベルメゾンラジコン (1).JPG

TS3X0025gh (1).JPG



月刊ちょこちょこ

サラダ (8).JPG


サラダ (9).JPG




今日はドラキッズの懇談会だった。
来年は進級します、みかん→ぶどうクラスへ。
先生やメンバーもかわるので、来年も楽しく通えるかな?

その後公園へ。夕方の5時~6時にラジコンをしてた。
うっきゃ~。4歳くん満足だったようです。


ベルメゾンラジコン (4).JPG


レンタルしたDVDですが、幼稚園児となると英語はどんどん遠ざかる・・・。
たまにはセサミ系のDVDでも見よう。
これはとっても面白かった。セサミのDVDも買おうかな?
他にも英語で聞けそうなDVDアニメなどを数枚レンタル。
妖怪ウォッチも。ミッキーのクリスマスなどディズニー大好き。

日本語よりも英語の方が、脳は簡単と判断するのでしょうか?
両方やれば、当然英語の方が子供には早く覚えられるのでしょうか?
1~10を日本語では1年かかって覚えた、英語では数回で覚えた。
何故でしょうか?どの国の人でも語学をいくつか入れれば脳は英語をキャッチしてしまうんだろうか?やっぱり英語は簡単なのか?だって日本語はもっとも難しい語学に入りますし。エジプトの言葉やインド語など。バリ語も独特だった。

バリ島へ旅行へ行った時、バリ島では、バリ語、インドネシア語、英語、日本語、これらを自由自在に操る感じでした。むこうの方は、バリ語で話かけるとものすごくビックリされました。インドネシア語とはまた違って、さらに難しいですバリ語は。


エジプトへ行った時も、なんて独特な国なんだろう?って思ったわ。
まだトルコとかはいんですけど、エジプトって凄い異世界。街じゅうが香水の香りが漂ってるし、誰もがキツイ香水をつけてる。エジプトの語学本もって話しかけると大変、ビックリされるか、笑われるか。また宗教の関係なのか、少量のチップでもかなり喜ばれました。額と言うか、気持ちを100%受け取ってくれる感じ。一瞬自分が神様か女神になったみたい。トルコでもカッパドキアは異世界だった。洞窟のオブジェを買っておけばよかった。洞窟ホテルは、たぶん世界1ですね。

もし世界のホテルランキングがあったら、洞窟ホテルだな~。
ドバイとかはただ高級って感じかもしれないけど、洞窟ホテルって異様な感じで、神秘的。あそこにもう一度泊まりたい。暖かいですよ。石がむきだしで、原始的で、快適で、衛生的で。本当に泊まりたい。ボスポラス海峡、あそこも最高で、アジアとつながるんですかね本当に。トンネル掘ってるのかな?

海外旅行って、色んな刺激があっていいな~。
旅行でいいや。旅行だから楽しい。住んだり、ホームステイだとちょっと無理だな性格的に。英語は、文法で詰るんです。電子辞書欲しいな~。

ベルメゾンラジコン (2).JPG




子供が幼稚園に入園してから、時が早く流れてる・・・。
入園前までは1日さえ長くて、子育て辛いな~って感じることが多かったのに、急に寂しくなったりしてます。だってもう2学期なんですから・・。
小学校もあっという間なのかな?あ~考えたくないな、そう思うと一緒にいっぱいいたいな。



1週間前の、日曜日は夕飯のたこ焼きを作っていた。
子供が、タコが大好きで、全部もっていかれた~。次からは多めに購入しておこうっと!!幼稚園のお弁当の日にもタコ入れたりしてみようかな??レパートリー増えて嬉しい☆


6 (3).JPG



9月でもらって来た子供の購読絵本。
このシリーズはけっこう楽しい。子供も大好き。

月曜日はドラキッズ、火曜日はのんびり、水曜日は台風で幼稚園お休みだった。
子供とゲーセンで遊んだ。

フエラムネ幼稚園 (26).JPG




木曜日はプラレールで遊んだ。
そして今週は妖怪ウォッチブーム。そればかっり。

9.JPG



金曜日は、友達と一緒に自分はランチへ。
子供は4時まで幼稚園で過ごす。

サラダ (3).JPG

サラダ (2).JPG



土曜日は、ケーキを作って食べた。

夕飯は藤一番でラーメン食べた。

サラダ (4).JPG
ドラ本1「 (1).JPG





そして今日は、(最近公園行ってないな~)って思って、今日は久々の公園。

大きなスレチックのある公園で、遊んだ。

スーパーで大きいなラジコンを購入。
お祝いでも何でもないのにラジコン買った。水深2cmだし、坂も上る。
単三電池6本、150分。ごっつい~。子供はうひゃ~っと喜んで遊んだけれど、散々やって寝てた。6時だぞ~。まぁしょうがないか・・・・


ドラ本1「 (9).JPG

TS3X0023らじ.JPG



パソコンやってるこの間に「ママ~聞いて~ちょっと来て~」って言われて「ちょっと待って~」っと会話して、そしたらソファで眠ってた。
お話なんだったんだろう????子供の話をもっと良く聞いてあげなくちゃ。


新しい洋服


また昨夜から、チクチクして人形のお洋服を作っていた。
子供が幼稚園へ行っている間にも進めた。幼稚園から帰宅後も子供は公園へ行くよりも妖怪ウォッチが見たいらしくてDVDを1枚見た。その間にもせっせとチクチク・・・。


子供に見つかり、一緒にチクチク。
裁縫が大好きな息子、4歳くんは針が大好き。チャッカマンも好きですが、危ないものばかり好むのはなぜ?で、針と糸を渡すと、糸をすんなり、小さな針の穴に通して、あまり布を縫い始めた。ビックリ。4歳くんが縫うと立体的になる。


4歳くんの縫い物。
面白いでしょ~。教えてなんかいない全く。私がやってると、やりたがるからやらせてるだけ。お料理も、お掃除も、縫い物も、家事のあれやこれや・・・全部やりたいって言うからやらせてるだけ。やってくれて助かるわ~。洗濯物けっこうきれいにたたんでくれて、お買い物も、なんでもやりたいんんだね子供っていうのは。


onyuu (4).JPG

ネックレスが可愛い、ヘアゴムも付いていてサンダルとお揃い。
これもフェリシモのキットですが、洋服キットは買い置きがいくつかあるので、どんどん作ろうっと!今はコートを作ってます。冬服ですね。季節に応じたキットが届くんですよ。これ昔のデザインです、去年のキットですし。


onyuu (1).JPG


昨日は台風だった。
東海地方は直撃だったのですが、被害は少なかったです自分の周辺は。
幼稚園は台風でお休みになった。幼稚園、体操教室、コーチング講座、すべてがお休みになった台風で。

子供と2人でイオンモールへいった。
なんとゲームセンターでコインゲームして、クレープ食べて4時間はいたかな~。
夕方は少し寝て、かなり遅くまで起きていた。


2学期になって、ちょっとまた疲れている様子。
よく泣き喚くし、癇癪も毎日何十回と。
いう事も聞かない。やんちゃすぎるだろう!!ブチッ
トラブルの連続で自分ももうマヒしてきた。時々壊れて笑ってる自分がいる。


たいふう (3).JPG


今日は、スポーツセンターでバランスボールしてきた。
4歳くんははた迷惑な子供です。毎秒事に。
いつか何かが起こりそうで怖い毎日ですが、たぶん舞台役者にむいてる。
なんでもかんでも演じるのが好きなようで、1日中演じているから。

今日はグーチョキパーで何作ろう?を英語で一緒に歌いました。
けっこう分りやすい英語だったと気づいた。
ダディフィンガ~も好きですけど。
最近は英語も薄くなって来た。日本語も遅れているから、少しゆるくしました。
でも止めてはいない。

今日も夜7時に眠った。夕飯中に。
あ~人形作ろうかな?


☆廃盤の人形キット ようやく完成★


「ママがデザイン 個性いっぱい ずっと大切にしてほしいきせかえ人形の会」
・・・っという名前で、今はちょっと違うタイプに変更になってしまっていた。
もう1体作りたいから買いたいと思ってたけど・・・。人形キットと洋服キットの2つがあります。両方ともフェリシモにあります。


本当は不器用なので、チグハグなんです。でもとっても自分でも気に入った。
ニーナ人形よりも可愛いです。ボディも女の子らしい形です、曲線美がしっかり出てますし。
ずいぶん昔に購入して、やっと作る余裕が出てきたので、2日間で完成。
洋服は去年に作っておいたので、さっそくお着替え。
可愛いし、楽しい、もっと洋服を集めようっと思う。

完成。「コの字縫い」が多くて参った。
耳なんて挟んで縫い付ければよかった・・・。深夜と、子供の幼稚園中にチクシク・・・
人形きっと (5).JPG

人形きっと (6).JPG




人形きっと (15).JPG


マリンテイスト。
可愛いわよね~。人形さん、耳がちょっときれいに付けられなかった。
でもブサイクさも、また可愛いところよ。手作り感があるもの。


人形きっと (24).JPG

人形きっと (25).JPG


「可愛いね~人形さ~ん」っと。でもやっぱり女の子の反応じゃないよのね~。
もう1体作りたいな~。説明書どおりだと一部きれいに作れない。
背中も4箇所、つまんで塗っているので、トルソーみたいなボディですね。

・まず顔の刺繍は事前にしておくこと。
・耳は後付けじゃないくて、挟んで縫いこんでおく。
・髪を縫う前の段階で、目をつける、その際には頭の後を通して縫う。
じゃないと目がぶらんぶらんんになる。
・首と胴体の付け根は慎重に、きれいに。

人形きっと (14).JPG


東海地方は明日、暴風&大雨ですわ。
うひょ~。今日も大雨の中、お買い物へ徒歩で子供と一緒に行ったら、びしょ濡れ。
どうやら、わたくし、雨がに濡れると頭痛がする体質になってしまった。
年もあるのかな?とにかく、温度差が無理です。
急に寒くなったものだから。夏も、冬も、急にくるもんだから・・・。
症状は花粉症と全く同じです。花粉症も酷いです、妊娠中は特に酷かった。

あったかいもの食べたい~。
今日は白菜のクリーム煮でした。
衣替えしなくちゃね~。
とにかく、鼻、顔中がかゆい、くしゃみ、鼻水、ムズムズ・・あぁ辛いわ・・・

人形きっと (21).JPG




心の余裕を大事に


かれこれ、ここのカフェにも数年間は行ってない。
とっても人気の「はなあーとのベースカフェ」
名古屋ですがね・・・。

子供も療育センターでの訓練を家でもするようになってからというもの、ずいぶん変った。訓練の事についてはまた後日書こうと思う。



人気のAランチ

お洒落なカフェでもだいふマナーを守って食べられるようになった。
私はAランチ、なのですがこのボリュームで1480円。お値打ち。食材も豪富ですね。
本物の美味しさです。これからは、子供と2人で行ってみようっと。自転車で40分くらい。


ベースカフェ4 (19).JPG


旦那さんは、焼きカレーセット。


ベースカフェ4 (18).JPG



全てが美味しい、食べやすい、お子様セット。
いちごミルク、エビフライ、カスタードクリームの揚げパン・・・まぁ全部完食~。


ベースカフェ4 (17).JPG


カフェの後で、イオンモールへ行き、子供が欲しがってた、1000円のガマガマ銃を購入。

その後は子供の希望で、キッズランドへ2時間入った。子供だけ、親はその間、目の前のゲーセンで遊んだ。ボールプールやプリキュアのドレスを着たり、木製レールの電車で遊んだりしたようです。
2時間の間ずっとコインゲームをして、こんなの何年ぶりだろう。
2時間で子供の料金は1500円だった。コインは最後には夫婦2人で2000枚ゲットして預けた。

子供の発達を促すための、作業訓練をやるようになってから、とっても子供が変った。まるで。眠り姫が目覚めたような感じ。眠っていた脳みそがようやく起きだして、それももの凄い勢いで活動しはじめている。
とっても簡単で、自分でも2,3分程度で出来、やる方も全くストレスない。
何年ぶりだろう?家族全員でケラケラ笑えたのは。

作業訓練はノートなどにきっちりまとめようと思う。
もともと私が療育をしたいと思った目的は、こういった専門的名やり方を知るためでした。幼稚園入園前に行っていた療育教室、週1はどちらかというと、子供が集団生活のリズムにのれるような訓練と、親の話を聞いてもらう。帰って来る内容も、専門的なやり方や方法ではなくて、どちらかというと普通の相談という感じだった。

作業訓練をして、はじめて、療育教室と訓練の違いがハッキリ別枠だな~って感じた。どちらも必用なのですが、自分は一から訓練のような内容を求めて療育教室へ行っていました。訓練をはじめて、もともとの目的をようやく4歳で達成できて嬉しい限り。子供が1歳くらいの頃から、ずっとそれを求めて、何冊も本を買いあさったけど、訓練の内容は載ってませんでした。


誰でも出来ることなので、是非、知りたい人に教えてあげたいですね。
子供の行動で困ってるママは沢山いることだと思うので。
こんな簡単な訓練で、こんなに目覚しい結果が、それも訓練してから、以来、ずっと保っているので、きっとうちの子は変ったんです。別人に。その日のうちにビックリするような事がいっぱい起きて自分もビックリ。

っということで、また書こう、そのうち。


33番 プレッツェルベーカリー
 

2個目ですが。やっぱり楽しいですこれ。
1個作れば要領がわかります。
どれが来るのか分らないけど、小さくて可愛い。飾るところもないので、2個が限度かな?


完成。藍色がドキツイですが、可愛いですね。

フエラムネ幼稚園 (13).JPG


作ってるとき思う。
これ無理があるわ・・っていうような細かい作業が。
1mmサイズが違っていたり・・・・。

フエラムネ幼稚園 (15).JPG



一番左の、リンゴパンが気に入ってます。

フエラムネ幼稚園 (18).JPG


小さな引き出し。ここには何を入れようか???


フエラムネ幼稚園 (23).JPG

水色とかピンクとか、もっと可愛い色のショップが欲しい。
ちょっと高いので、毎月っていうわけにはいかない・・。


このキットはあたりハズレがありますから、ちょっと・・・。
でも可愛いですね~。いくつか並べたいですね~。
ヨーロッパのお菓子屋さんめぐりしたいです。


ヨーロッパだけで、こんなにお菓子屋さんの種類が豊富なんですね。


フエラムネ幼稚園 (21).JPG

あ~やっぱりもっと並べたい欲求が・・・





今夜の晩御飯は、ブイヤベース。

ほたて、海老、白身魚、あさり、玉葱です。
とっても海鮮のエキスが出ていて美味しかった~。


フエラムネ幼稚園 (8).JPG





こどもちゃれんじ 9月 ほっぷ

こどもちゃれんじのワーク3冊が限界~。
去年のワークはレベルが高いようだったけど、ほっぷのワークはだいぶレベルに追いついて来ました。

お決まりのDVDとワークなど。
いつもは玩具ですが、今月は大きなポスターでした。子供の全身まるごとをクレヨンで描くという面白い内容だった。子供もキャッキャ言ってやってた。

ジェニー付録 (5).JPG

動物図鑑。
これを待ちわびていたのであった。
工夫がされてますね、面白かった~。懐中電灯に見立てた紙で、夜の動物を観察しました。


ジェニー付録 (6).JPG


今月は、色んな動物の足形や手形が出てきました。
自分の足や手と、私のと比べてみました。実物大です。
おもちゃ等もかたどってみました。

ジェニー付録 (7).JPG

裏はこのようになっています。
「どんなポーズがいい?」「走る~」っといったので走るポーズで描きました。
根っころがって、クレヨンで輪郭をとりました。面白いですねこれ。
色も塗ってみようかな?

ジェニー付録 (8).JPG


今月も自分で絵本を読む教材がありました。
なかなか文字はまだ読めませんね。
数字も1~13くらいまでがやっとです。


昨夜は絵本を使って「もったいない」を教えてみました。
陶器のお皿と紙のお皿、どっちがもったいない?
一応紙なんですけど、微妙。陶器だって水や洗剤を使い続けるわけだしね・・・。
っというように微妙な事を子供に教えている日々。

それは良い事だよ、でもこれ以上やると意地悪になっちゃうよ~。って線引きの瞬間まで教えている。どこの親もそうだろうけど、やぱっり自然に学校や幼稚園で学ぶって事はないですね絶対に。

躾けやマナーや他にも色々、ずべては家庭で教えるしかない。
学校とかはそれを身につけた状態で、集団生活と勉強をしたりする場で、だから結局は自分で教えていくしかないのかな~。よく自然に~なんて事を聞くけど、自然に見につくってどういうことなのか分らない。

保育園に年少から入園した園児が何人かいて、でもトイトレなんかは一切事前にやっていないとう児童が半数くらいいる・・というような話を聞いたことがあるので。しかも先生もいっぱいいっぱいだからトイトレもやってられなくてみんなオムツのままだそうで・・・・。保育園なら何でもやってくれる・・って思ってる親もいるんだな~ってその時に思った。


家でやれるだけやっても出来ない部分に関しては保育園や幼稚園で最終段階は卒業できる、という意味なんだと思うんだけど・・・。それをなんだか勘違いしている親も多いのかな~。意味というものを、どんな内容でもいんだけど、意味と言うものを、勘違いして受け取る人って多いな~って今思ったわ。自分の都合のいいように解釈するか、相手を加害者にする考え方とか・・・。こういうのって空気を読む力と、普段からのマメな人付き合いなのかもしれない。自分は全く人付き合いはできないタイプ。孤独が好きだし、出来なくても悩まないという危機感0だし、かといって今までの職場では別の困らなかったし・・・。

とにかく、自分の一言で相手は??って顔するし。きっと変な人だとか、変ってるとかそういう具類に入れられてるんだろうね~。だって私と変わりない接し方してくれる人ってみんな鈍感なタイプだもん。鈍感な人はきっと変った人がいても変ってる、という思いがないから、わけ隔てなく人と接すれるんだろう、っと思った。
うちの子供4歳が全くそのタイプです。
他人をいちいち差別する人はある意味敏感な人なだけんだって思ったわ。
意地悪でもなく差別でもなく、ただ敏感な人なだけ。慎重ともいえるのかも。
それを分っていたら、他人を悪く思わないでしょ普通の流れでは・・・。


人間関係の悩みって尽きないけど、要は、人付き合いで嫌な事があっても、自分がなやまなければそれだけの事。自分のメンタルは守られる。っという流れがあるってある日思った。どんだけ打たれても、打たれてないって錯覚すれば困難も乗り越えられる。困難を困難ではなくて、普通の事、っと認識するようにすればそんなに不幸とも思わなくなるかも。そうすると、時々良いことが起こると、めっちゃラッキーって超感動して、感謝すると思うし。基準ってのはないので、自分で作るしかないのだろうけど、私の場合、基準は1日の中でも何度も変動します。場面ごとに基準を変えていきます。例えば地球の裏側では貧困でなくなる子供がどんだけ今日はいたのかな?とか時にはそんな事まで考えて、自分の感謝の気持ちなんかを自分で沸くように心がけてる。

余裕がある時には、自分はもっと頑張れるはず、なんて追い立てて、つまりご都合主義なのかもしれないけど、これがけっこうメンタル的に楽な生き方だったっと分った。

思えば自分は、小さい頃から情緒不安定な子供だったのです。それが子供を育てる事で大きく出たので、そう気づくことができた。もともとの気質なのですけど、それをなんとかして少しでも良くしたいな~って思う。子供の頃からすぐにパニックになってヒルテリックになって騒いでいた。すぐに息詰まるし。とにかく子供の時、(明日地球が爆発したらどうしよう)とか(自分の心が他人に全て読まれているかも)とか(戦国時代にワープしたらどうしよう)などなどを本気で心配していました。母にも考えすぎ、とか極端とか心配性だと良く言われていました。自分がこの世にただいるだけで、誰かを傷つけているのかもしれないっとかね。そんなおかしな子供だったので、やぱっりそうなもかもしれない。子育てもそんな性格だからずいぶん余計な苦労してしまった。たぶん自分こそが発達障害だったんだな~ってそれこそ診断はなかったものの、当てはまってるのでそうなのかな??だとしたら、子供と一緒に自分も訓練して、昨日よりも今日何かを見につけた明日をおくりたい。


もし4年前に戻って子育てをやり直す事が出来たなら、きっと必要な部分だけ悩んだと思う。5分先の未来まで心配しちゃって・・・。考えるのはいい事だけど、悩むのはあんまり無意味なのかな~とか。頭を使って理性で考えられるようになりたい。そう意識してからはあんまり情緒も不安定になっていない。全く考えないのはいけないけど、考えすぎなのもダメよね~。想像力も大事だわ。イメージする事も大事だわ。
そして出来ることは頑張る。できない事は潔くあきらめる。全てを出来るようには出来ないものね、それこそ病気になっちゃうわ。時には天然ボケのフリしたりしてね。迷惑かけたら謝って、挨拶だけしておいて、やることだけやってれば、まずはいいのかな?


自分にお疲れ様って


自分、頑張ったな、うん頑張った、頑張った。
っと自分と会話。自分大好きな人間です。

幼稚園に行き始めてからというもの、毎日、毎秒事に注意してる。
注意するレベルなんです本当に。机に立つわ、物を投げるわ、友達を押すわ、ハミガキだけでギャーギャー何十分も毎日当たり前。食事も2時間とか平気だし。


言葉もいっぱいしゃべるのだけど、こちらが質問すると分っていない様子。
言葉はキャッチボールをしてはじめて成立つものなので、発達遅れって、遅れてない、もしくは発達の早い子供に比べたら(比べちゃいけないけれど)、大変な時期が少々長いような。でもそういった子供よりも感動は大きいという点もある、。


とにかく文句言ってるうちはまだ幸せ。悩むのは暇だからですね。
考えるのと悩むのは別物。悩まず考える時間を増やそうこれからは。
本当に、全力で突っ走ってる人は悩む時間さえもない状態でしょうから。
四の五の言わずにとにかくやろう。体のどこかが痛くなったら、黄色信号とみて、ちょっと休憩。さぼるのです子育てを。

今はそうやって加減できる子育てを自分ができるようになったと思います。
子供が発達障害と分ってから、もしくはそうなんじゃないのかな?っと気づきはじめた頃から(生後3ヶ月)、ずっと自分がパニックになって、自暴自棄だったし、投げやりだったし、病気になるほど加減なく無理してた。

今は無理しなくなったのではなくて、無理せずにやりこなすスキルを身に着けたんだと思います。けっしてサボってるわけじゃない、ただ要領が良くなった。よく子供と一緒に親も育つ、って言葉があるけどそんな感じ。
自閉症とか多動症とか他にも色々診断名がついた時は、本当に先が見えなかった。
また産んだことさえにも罪悪感が沸いたり、お先が真っ暗だった。時々1人で泣いてはただパニックになってた、保健所とか、区役所とかそういった所での相談って結局は育児本通りの事しか言わないし。誰にも理解されずに苦しんだけど、最終的にはネットで同じ境遇の方をみつけては、ホッっとしてました。


レストランでは椅子に立って、転んで店頭。
自分は注意しつづけ、厳しい口調&脅し、他にも優しくさそう。
注意し続け食事する、そして店頭。その時の周りの冷たい視線といったらない。

ドラえもんを見ることも避けていた。
なぜなら、タケコプターを見ると「やりたい~、欲しい~っと」。
これが3歳児ですか??って思うけどそうなんです。
ずっと説明し続けて、今日やっと分ってくれた。ドラえもんのレテビの世界にしかないんだよ・・・っと永遠にその説明で終わる1日。そんな事が他にも場面を変えていくつもあるのです。言葉の使い方の間違いや、意味などを普通に教えるだけで何百時間かかること・・・・。気長にやったわ。短気な性格でも練強いので自分。
本気で、どこでもドアが欲しいとかいいますから。懐中電灯で「スモールライト~」っと言われれば私は小さくなって、演技します。

幼稚園で、乱暴する子供に、「怒らなくていいから毎日言い続けてくださいきっと分かりますから」っとまるで自分が注意してないみたいに受け取った私は。事実は違いますけど。事実はこうです、どこの幼稚園でもそうですが、発達障害の知識を得ていない、勉強していないので分らないというだけのことなんですが、これが事実。


「もう生まれた時からずっと毎秒ごとに言い続けてます」っと私。
そうなんですこれが普通の子と例え軽度でもグレーゾーンでもですが、障害があるかどうかなんです。4年間、はっきり言って、普通のその辺の親よりも言い続けてますよ私、でも結果がでないと躾けしてない、と実際に多くの方から批判されました。
今思うと、分らないんですね、自分も発達遅れの子供でなかったらそうっち側だったと思うし。


障害があったらじゃあ許されるのか?っと言ったらこれも違います。
なのでそういった子供を持つ親は本当に人知れぬ苦労してますよ事実。
(うっそ~)っと思う人は、じゃあ育ててみればいんです。
そしたらやぱっり分るんです。


大人になるまで言い続けても分からないでしょうねこの子は。
なので明日から、息子はしばらく作業訓練と言う、療育に通うのです、幼稚園と平行に。有り難い限りです。本当は5ヶ月ほど待つんです予約がいっぱいですから。でも待てなくて電話して早めてもらいました。ホッです。交感神経に問題があるのかもしれないようですね、症状からして。療育の担当の先生もたぶんそうだと言っていた、それに「言い続けるだけで分かるなら、もうとっくに分ってる年齢だしね、専門的なやり方を取り入れる事で、変ってくる・・・」っということでした。

私はすかざず(ほ~らね)っと思ったわ。
自分が怠けていたわけじゃなかった。
ただ言い続けるだけで分かる子供は、健常者という枠ではないでしょうか。
親戚の方にも言い続けるしかない、言い続ければいつかは分る、分るまで言うしかない・・」っと言われてその言葉にずいぶん傷つきましたが、だってなんだか違うのです。自分もそうやってやってきたつもりですが、なんか普通の子供を育てるママのお話の内容とはズレがあったのです。そして、ここでもまた、やってない的な言い方だったのです。


作業訓練をして、これで大丈夫かな?っと思ってもまずは、実践してみようと思います。実践し続けるしかないのですから。まずは結果が出なくても、専門的なやり方で実践してみようって思う。たぶん何十年とかかるかもしれないけど・・・。結果もすぐには望まないようにしよう。



5分先の心配はしないようにしよう。
子供がいう事聞かないし、乱暴だし、もうずっと4年間は5分先に起こることを心配してました。だから精神的にやられてしまった、病院には行ってないものの、やぱり育児ノイローゼだったんだと思います。毎秒事に5分先に起こることを心配するってそうとう追い込まれていた。実際に公園やスーパーへ行けば5分刻みで叱られた赤の他人に。特に躾がなってないっというのは多かった、乱暴も。放任主義みたいな事も言われた。毎日のように・・そして誰も信じなくなってまぁ、いわゆる人間不信っていうことかな。その感覚もだんだんマヒしてくる。だから色々な事が分らなくなっていく、善悪が混ざってしまって・・・。自分を責め、子供まで責め・・・・。

それが幼稚園に入園したら、意外に「やさしいね~」っと言ってくださる方がけっこういてビックリした。内心(どこが?乱暴ばかりしてるし・・・)っと自分は思うのですが、そのたった4語の言葉に本当に救われました。そう言ってくれたママや先生は、だいたい本当に人格や性格が言い方ばっかりですね。自分も少数派のそちら側の人間になれるように努力したいです。そういう方はやはりしかっり世の中の事を勉強しているし、子供をよく観察している先生だったり、見習わなくてはならないですね自分は特に。まぁそういった一部の方のみに救われてここまでこれたのかな~。だって家族や身内も含めて、全ての方から攻撃されたら、まともではいられないのですからね。

私は攻撃っと表現します。
実際の事実がどうかは別ですね。
自分がそう思ってきたということは、私にはそれが事実なんですから。


例えば、誰か1人に叩かれてもそれほど辛くはないですよね。
でも100人から1発づつ叩かれたら、それは辛いです。
自殺だって考えますよ、そりゃあ。
そうなんですね。だってもし自分の1発が原因でじゃあ相手が死んだら、何か感じますか?感じないですよね。100人が自分が追い詰めたなんて誰も思わないでしょ!!
そんなもんです。だから自分の1発というものは、やらないようにしよう、そう自分も学びました。無意識にやったりもあるのですから。きっと私もそうなんだと思うけど。

虐めもそうですよね!
これをきちんと心得ているか、どうかで、バカか賢いかに分かれるんだと思います。
だからきちんと色々経験してお勉強しないといけない。賢くないから戦争だってやるんじゃないですか?もっと賢くなりましょう。IOとは別。まずは考えてみることからはじめよう・・って偉そうにね~。



明日は、幼稚園を休んで作業訓練に行きます。
はっきりって、4歳の誕生日はもうそりゃ大きな感動がありました。
1,2歳児でも当たり前に自然に出来るようなことが、4年かけて出来るようになるという感動は、悪いけど味わえないわねまず。そういう意味でも感動や経験値ではいっぱい積めたのだからラッキーガールなのかもしれません。自分は本当に心の底から家庭内暴力も幼少期に経験して今良かったと思います。毎日10代で死ぬ事も考えた、暴力にも耐えたけど、暴力を振るった方の気持ちも分ったので今では恨み0です。恨み100%から0を目指すのってなかなか難しいですが、可能ですよ、13年ほど月日を必要としましたけどね。考えることを続ければ必ず可能ですから。黒いものがクリアになる事はないけど、苦しみからは解放されます。


虐めをする側の気持ちも私には分るのですから。
幸せな人は虐めなんてしませんから。
それが全ての答えです。


この言葉の意味を本当に、よ~っく考えてほしいです。
私は両方、経験済みです。片方だけでは、虐めの理解は絶対に完結できないんだと思っています。一方だけでは絶対に理解なんて出来ませんから。


4歳おめでとう。
生きてることにまず感謝。
ママも四の五の言わずにやりぬきます。宣言。
いつもママを鍛えてくれてありがとう☆


ジェニー付録 (10).JPG

完璧な応援団を目指そう。トラブルはたえないけど、応援し続けよう。


18 (2).JPG



付録の匂いがそのまま


(あ~この匂い~)っと思いながらクンクン。
甘いようなこの匂いだったな~

「ファッショントランプ」
1990円、小学4年生、1月号


ジェニー付録 (19).JPG

ジェニー付録 (21).JPG


「ウエディングハウス」
1989円、小学2年生、6月号。
可愛い協会ができるハウス。


ジェニー付録 (22).JPG

ジェニー付録 (23).JPG


「おしゃれ ペアケース」
昭和63年、小学1年生、8月号。
キランキラン☆のケースが出来上がる。まばゆい・・・


ジェニー付録 (25).JPG



「ひみつの小ばこ」
平成7年、小学1年生、7月号。
指輪と鍵もついた可愛い小箱。昔のファッションセンスがいいですね~

ジェニー付録 (26).JPG




「ジェニーとティモテのおしゃれスタンド」

1990年、小学1年生、11月号。
ティモテも昔からいるわね。子供の頃ティモテは憧れで、みんなが欲しかった。

ジェニー付録 (28).JPG


懐かしいビラも入っていました。
おもちゃもこんなのが売ってたな~確かに。

ジェニー付録 (31).JPG

ジェニー付録 (32).JPG


もし「バブルへGO」みたいに、昔の時代にワープできたら、私は、少女雑誌と、おまけ付きのグリコを買うな~。あとおもちゃも買いたい。
バブルへGO~って広末涼子が出てる映画で、超~面白かった。

このページの先頭へ
FX会社通貨数