2015年3月アーカイブ



鹿児島から取り寄せたダンボールハウスキット


ダンボールで作るハウスに凝っています。
今回はそのキットがあるということで、取り寄せてみました。
大きいサイズと、小さいサイズを各1個づつ購入。
今日は大きいハウスを子供と2人で作ってみました。


キットになっています。
鹿児島ではよくワークショップでハウス作りをあちこちでやっているそです。

ダンボールハウスノア (4).JPG

ダンボールハウスノア (7).JPG



材料なんかをいっぱい広げて、真剣に作った。

子供は主に色塗りと、材料選ぶです。

ダンボールハウスノア (10).JPG

ダンボールハウスノア (12).JPG




☆完成です☆
だいたい2時間近くかかった。片付けも大変だった。

ダンボールハウスノア (22).JPG


ダンボールハウスノア (13).JPG




フラワリーな感じのベット。あ~ここで寝たい。

ダンボールハウスノア (18).JPG


ダンボールハウスノア (17).JPG

真上から見た図。

ダンボールハウスノア (19).JPG


楽しかった~。
子供が選んだ材料は、フルーツのビーズだったり、粘土で作ったホイップだったり・・。バランスが・・・。まぁでも上手に出来ました。

このダンボールハウスキットを簡単に自分で作れるように、これのテンプレートが欲しいな~っと思った。ないけど。

もうひとつの小さいのは、高さ16cm×幅12cm×奥行き12cmのサイズ。
小さいです。でも構造は同じです。小さくとも中もちゃんとある。


今回の大きいのは、約高さ31.5cm×横幅22.5cm×奥行き24cmです。
作りやすかったですこのサイズ。屋根も、壁も取り外しが簡単にできるので、家の中をすぐに見る事が出きる。完成すると子供が寝転がって、ドアから中を覗いて見ていた。ちゃんと玄関ドアも開きます。


私は工作系の人間なので、子供にはアートを教えることが重要だと考えているのです。工作は毎週なにかしらやってる。アートは自分を表現できる、とっても素晴らしい世界。私はもうず~っと工作をしてきたので、物づくりが大好き。物づくりなしの世界はとっても息苦しいと感じる。図工の時間は好きだった。彫刻も好き。版画も本格的にやりたい。もっともっと掘って掘って追求したい。


初アンパンマンミュージアム 名古屋

自宅から、車で1時間もかからない場所にある遊園地、長島スパーランド。
その中にあるアンパンマンミュージアムへ行ってきました。
今日は行く途中で雨が降ってきて、ずっとパラパラだったり止んだりというお天気だった。雨でもけっこう楽しめた。あちこちの小さな遊び場ごとに屋根があるので、そんなに濡れないし子供はレインコートで私は傘をさして楽しんだ。


3歳と7ヶ月でようやくって感じ。
アンパンマンはあんまり見ることがないですが、子供が「アンパンマンミュージアム行きたい~」っと言うので、雨予報にもかかわらず行ったわ。明日もし災害など何かあっても後悔したくないから、(明日やろうはバカやろう)ということで、今日行って来た。

スチールドラゴン2000が見える。
これは凄いですよ~。遊園地には行きませんでしたけど、次はこっちにも行きたい。

アンパンマンミュージアム (2).JPG

入り口には積み木の観覧車が。
でも乗れなかった。乗れるものだと勘違いしていたのだ・・・。

アンパンマンミュージアム (8).JPG


あちこちに写真スポットがあり、ポーズを決めまくる息子ちん。
ここは3歳が限界だと思います。4歳だと少し退屈そうでしたし、1歳でもまだ早い感じ。2歳か3歳が一番楽しめる年齢なのでは?っと思った。


アンパンマンミュージアム (16) - コピー.JPG

アンパンマンにも逢えたよん♪
雨なのか人もほどほどでした。逆に晴天はムリ~っと思った。

アンパンマンミュージアム (19).JPG


ショーを見て、室内の遊び場でもだいぶ遊んだ。
小さな世界のパークだったけど子供は十分満足したようでした。


アンパンマンミュージアム (20).JPG




アンパンマン&ペコズキッチン

ペコちゃんいたから不二家でしょうか?とっても美味しかったです。

アンパンマンミュージアム (29).JPG



巨大ジオラマ。
この部屋にはキャラクターがいっぱい描いてあり、ジオラマも裏側からも見れて楽しめるので、子供は楽しかったよう。

アンパンマンミュージアム (31).JPG


室内にはすべり台もあった、キッズルームや写真撮影コーナーや、迷路など・・・もあった。
アンパンマンミュージアム (30).JPG

アンパンマンミュージアム (36).JPG



ジャムおじさんのパン工場
私はジャムおばさん・・。
ここで可愛いパンを購入。ヨーグルトクリーム、ミルクティークリーム、さくらジャム、名古屋風の小倉バター、カレーパンが。

アンパンマンミュージアム (38) - コピー.JPG

アウトレットモールで夕飯を食べた。
汁なし坦々きしめんせっと。


アンパンマンミュージアム (44).JPG

買い物もOK!!

アンパンマンミュージアム (45).JPG

今日は開店か閉店までいた。

開店でならんで、放送が入るまで最後までいた。
こんな狭い所??っと思っていたら子供は、1日中もったし、「まだ遊びたい」っと言っていた。1度来れたらいいかなって所でした。キレイで、狭いからあちこちすぐたどり着けて便利だった。バイキンマンの風船を買ったし、アンパンマンミュージアム限定のグッツやプリクラも撮った。


夕飯中は子供は寝ていて、帰りの車で起きたから、帰宅後に子供の夕飯の準備。
あ~とっても体がキシキシ・・・・。
いったい開店から閉店まで連れて行ってくれる親がどこにいるのでしょうか?
どんだけ幸せな子供なんだかね~。

雨天でもパラパラとかなら全く大丈夫、むしろ雨の方がこんでなくていい。
外は撮影スポットだし、小さな遊具などの遊び場も屋根がいちいちあるし、劇場は室内だし、室内での楽しい遊びもあったし、お店も室内だし・・・。

ミュージアム限定のブロックやTシャツや・・いっぱいあった。
アンパンマンが好きなら楽しい場所になるんだと思う子供には。ただ大人にはつまらないな~と感じる人もいることでしょう。それと入場料や食事、グッツ、風船、ポップコーンといちいち高額。だからこそ営業時間の間ずっといました。これで納得。早く帰ったらそれこそもったいないな~っと。

明日は今日買ったブロックで遊ぶ事にしよう。そして明日は家におこもりです。
明日は子供と一緒にダンボールでお家を作る計画です。毎日何かしらやってる親子です。うちの家族はアクティブ系!!!!


2日で作ったドールハウス


ダンボールで作った工作レベルのドールハウスです。大変喜んで頂いてよかった☆
徹夜でなんとか2日間で完成した。なにせ粘土が乾く時間が24時間はいるので・・・。



木曜の朝に粘土で細かい物を作った。
主に食べ物系。そしてダンボールをカッターで切ってボンドでくっつけた。
子供もそばで楽しそうに見て、一緒に粘土をした。カエルを作ってた。
思い立って作ったので、材料は家にあるもので済ませた。

レタス、キャンディハウス(ジンジャーブレッドハウス)、カボチャ、トマト、ひき肉。

いーすた^ (3).JPG

お皿とマーブルチョコ。

いーすた^ (5).JPG



これが1月ごろ書いたイメージ。
頭の中のイメージを立体にするのってとても楽しい。


えいご作品 (14).JPG



クリスマスのワークショップで作ったキャンディハウス。

クッキーハスウです。いっぱいお菓子をくっつけた。思い出深いです。

えいご作品 (3).JPG


ワークショップで出たランチ、タコライスが美味しすぎてこれも思い出。

手づくりのタコライスで、タコスイスは私の好物ですので。また食べたい・・。
それを粘土で作った。粘土だけで作ったタコライスです。ごはん、レタス、肉、トマト、チーズがのっています。チーズはフェルトです。S先生がお料理が得意で、クッキーも作ってくれて、いつも子供達の面倒をよくしてくれました。息子くんも一際お世話になりました。


えいご作品 (9).JPG



おやこえいご、ではよくエプロンシアターをしてくれました。
その中でも印象的だったのは3匹のやぎの物語。トロールが好きだった。
なのでこれもフェルトで作った。

えいご作品 (8).JPG


パネルシアターです。今月はダイナソーでした。
おやこえいごではかかせない存在、ここで色んな事を学びました。
下にはパズルマットが敷いてあります。子供がよくバラバラにしてた・・・

追加のハウス英語 (2).JPG




フェリシモの荷物が入っていた段ボールを活用してるのだが、たまたま切れ込みが入っていたので、ドアにしました。ここから親子が来るわけです。

追加のハウス英語 (1).JPG

2年間通った教室にはクローバーマットが敷かれていました。
毎回見ていたので印象的でした。絵本も教室で使われていたものです。
ラジカセは常にあった。ここから英語が流れたのでこれも重要。これはおゆまるで作りました。

えいご作品 (20).JPG


☆完成です☆
もの凄い集中力でした。おえいごくらぶの事を想いめぐらせながら作った。夜中の3時半くらいまで作業してた。

えいご作品 (15).JPG

2階。

追加のハウス英語 (5).JPG

ケーキの歌が出てきてその日はケーキのクラフトだった。
なのでそのケーキを作りました。このドールハウスは全てにおいて、えいごくらぶの思い出しか存在しないのです。ストーリーが見えてくるように作っています。

えいご作品 (19).JPG


キャンドル、花瓶、調味料もテーブルに。
キラキラのテーブルクロスでパーティー気分。タコライスが並んでいます。
オレンジのかぼちゃは、ハロウィーンイベントでJ先生が彫ったもの。本当に可愛くて、中に入れた明かりがとってもキレイだった。J先生は絵本の読み方が素晴らしくて好きでした。またクラフトもとってもナイスアイディアな優しい方でした。


えいご作品 (17).JPG


上からの見てみた。壁に貼り付けてるはクラフトです。
数々のクラフトを作りました。床にもあらゆる所に貼り付けた。

えいご作品 (24).JPG


両サイドにビーズもつけた。

えいご作品 (21).JPG

教室で使ったCDや絵本。

えいご作品 (11).JPG

そして最後には、裏に思い出の説明。

O先生の経営するおやこえいごくらぶは、内容がとても質のいいくらぶでした。
大手英語教室はワークブックがあったりで、耳に入る言葉も少ないと思います。

私がここの好きなところは、一期生時代は、先生もおおらかでアバウトで親が楽しんで来るような場所でした。英語教育についてのことも学んだし、イベントも楽しかったです。二期生時代では、いっぱい新たな英語が増えて、毎年内容も違うし、メンバーもチェンジしてくらぶも大きくなっていき、1人1人に英語で話しかけてくれる所が好きでした。ギャンギャン泣いてワンパクな息子くんが通うことができたのは、そういった子供の特徴をおさえて、考えられていたということだと思います。


普通なら通えなくなりますし、子供も楽しく続けることができました。
1回休むのももったいない感じでした。ここへ来て、子供に英語を入れてあげることの重要性を知った。今の3歳児が小3になった時に英語が通知表のランに入るのですから、将来は必ず差がつく日がやってきます。その時に後悔しないように発音だけはしっかり作ってあげたい。

文法なんかは自然に英語のアニメで聞き流して、玩具なども使って、調味料のひとつみたいに自然な感じで。音楽、体躯、英語、みたいな当たり前に。

息子くんが大人になった時代は、子供が少なすぎてきっ多くの会社が消えていくような気がします。社員の人数が足らず、会社のほうが取り合いになるのではないか?っと思うくらいです。近所では子ども会というものも消えていっていますし。


これからは、例えば、工場や漁業の世界では、どんどん外国人が日本に出稼ぎに来るのではないかと思います。毎週「未来のジパング」を見ていますが、まさに何千人もの外国人が日本に来ています。キリバスの人が日本の漁船にやってきました。日本人では追いつかないそうです。子供が少ないということは、色んな職場で人数が減るということですね。

きっと私達母親のパートの年齢制限も上がるかもしれない。
子供が少ないから、年にこだわる余裕がなく、パートタイマーでもどこでも店が潰れるか、雇う条件も今とは変るかもしれないし・・・とか色々考える。だって私が子供の時はバブルでみんなが細かい事をいわない時代だった。虐待とかも言葉としてなかったし、今の方が子育てもだいぶ違ってきたし。とにかく日本の未来が読めない。今は物質的価値観の世の中になってしまっているけど、10年後は、20年後はどうなるのか分からない。全てが機械化というか、すでにスマホも使いこなせないので携帯だし、ただ生きてるだけなのに難しいな?って感じることも多い。

出来れば携帯電話も機種を変えたくない。
分からないから。
・・・・っと、とにかく英語のリスニングだけは今の私にも出来る。
目指すのは、そりゃあビジネス英語くらいはいってほしいけど、自分もなるべく短い分を覚えてなんとか少しでも英語を続けたい、「英語ヤダ~」になる時期も来るでしょうから、それをどうやって工夫するかが親にかかってる。

親のしつこさが勝つんでしょうね。
1日5分でもやり続けたい。



おやこえいごは今日で終了



週1の親子英語クラブが先週終了した。
単発レッスンの方も今日で終了しました。
共に同じ教室ですが、2年間通ったので、なんだか寂しいです。

朝から、親子英語に出かけた。
途中でパンとジュースを買って行った。
いつも通り、歌って、踊って、クラフトを作って、いつもの流れ。
今月はDinosaurの歌や絵本やクラフトが盛りだくさんでした。最後にもDinosaurが頭の中をぐるぐる回ってる。繰り返し同じ事をやることで、子供にもしっかり行き届いたと思います。


これから先の英語は、
親子英語で使っていた絵本を買って、自宅で読んで聞かせたいと思います。
簡単な英語なので、私にも読めそうです。歌もWee Sing for BabyやWee Sing Children's Songs and Fingerplays のアマゾンで売ってる1000円以下のCDでも十分だそうだから、いっぱい流したいです。またディズニーの英語もちゃんとやろうと思います。リスニングだけはとにかくつけてあげたい。ヨーロッパーの子供はアニメを英語で見続けただけで習得しているそうですので、英語教育の為に外国にある英語版でのアニメもレンタル屋においてくれればいいな~って思う。となりのトトロなども英語版がある。だから今欲しいものはリージョンフリーのDVDデッキが欲しい。PS3で見ているけど、見たいDVDはだいたいリージョンフリーなので、なんとかしてつなぎたい。というかPS3も両方とも切り替えて見れる方法はないかな~??


最後の単発レッスン (6).JPG


今日が最後の英語だったので、思い出をドールハウスにしてみました。
喜んで頂けてよかったです。おやこえいごくらぶと共に成長できた事がとてもうちら親子には良い経験になったと思います。

自転車でガタガタして運んでたら、ラジカセのアンテナがポロリと取れてしまった。
ラジカセは、おゆまるで作っています。粘土が足りなくて紙粘土で作れなかったのです・・・トホホ。

追加のハウス英語 (7).JPG





英語の後で、買い物をして、公園へ寄りました。

ここに2時間半いました。
ここで、買ったパンを食べて、一緒にトンネルのお山を作って。
砂場で4歳の男の子と5歳のお姉ちゃんと遊んだ。その後も、別の兄弟と一緒に遊んで、とにかくずっと友達と遊んだ。1人で遊ぶ事はなくて、だいたいすぐに誰かと遊びたがる。「一緒に遊ぼう~、見て見て~、お山作ったよ~」っと今日もグイグイ入っていった。他所の友達のパパを「パパ~」っと呼んで混じってた。


最後の単発レッスン (1).JPG

最後の単発レッスン (5).JPG


最後の単発レッスン (8).JPG

帰宅したのは5時だった。

今日もヒヤヒヤしながら、でも楽しく遊んだ。
途中、友達の遊具を奪ったけど、泣いたけど、直ぐに泣き止み、気持ちを切り替えることができた。本屋でも友達の絵本を奪い叱られたけど、「ごめんなさい」と言ってそのママと仲良くなった。娘ちゃんがうちの息子くんと同じ名前だった。どんな縁じゃい!!

でも昔よりも癇癪もおさまって来た気がする。
ただ公園で遊んだ1つ下の2歳の男の子はベラベラといっぱいしゃべっってた。
うちも遅くともいずれは追いつく・・と希望を持ちながら毎日いっぱいしゃべりかけています。




今日もゆっくり過ごしたつもり・・・


昨日は1日中家に子供とこもった。
けど自分は、家事や掃除などでけっこう忙しかった。
今日もゆっくりするつもりが・・・ハプニングが。




★ハプニング★
ネットをしていると、(あれ静かだな)
(おかしいぞ)
っと子供が別の部屋へ行って10分ほどになって異常に部屋中が静か。
まだ3歳半すぎの子供がこんなにも静かなはずはない・・。

慌てて部屋中を探す、名前を大きな声で何度も呼んで・・・。
ベランダのドアが開いていたので、(ここか)っと思いベランダへ出てみた。
けどいない。トイレやお風呂を探してみるけどどこにもいない。
この時の私の顔は真っ青になってた。
パニックになり、ベランダで大きな声で子供を呼んでみる。

そしたらどこからか子供の「ママ~」っという声が聞こえてくるではないか。
まわりを見渡すと、ベランダの真向かいにある公園に子供がいるではないか??!!


急いで玄関を出て公園へ向う。
ほんの徒歩30秒もないくらいの距離だけど、車がけっこう走ってるし、私の顔はまた青くなった。そして公園に近づくと、子供も帰ってくるがのごとく入り口前で出合った。


あ~~~。
きっとベランダへ行ったら、公園見て遊びたくなったのかも。
だからって、勝手に1人で靴はいて、カギ開けて、公園行くか~???
って思った。最近は成長したからか、危ない事を平気でしようとしてる。
クギが飛び出た椅子に座ろうとしていたり、キッチンのシンクにのかってカッターナイフをとろうとしていたり、転んでミシンの上に転んだり、針山のマち針うぃ部屋中にばらまいたり・・・とても3歳児がするレベルか?っと切れそうに・・・。


切れずに、注意、叱る。
公園に行きたいときは言うように、言った。
子供はきょとんそしてただ「うん、はい、」とうなずいた。
勝手に家を出てどこかに行くんじゃ、もう1個のカギもしないと。
でもチェーンは旦那さんが帰宅した時に困るし・・・・。
とりあえず、昼間はチェーンしよう。でもチェーンもすぐに外してしまう。

本当に恐かった。


その後、真向かいの公園で2時間ほど遊んだ。
昨日、家にこもったからこうなったのかと思うと、オチオチ家にもこもってられない。お友達が沢山来て、砂場で遊んだ。


2時間こうえん (1).JPG



その後ハッピーセットを食べて、スーパーで買い物をした。
帰宅後も昼寝は一切せずに、ずっと遊び続けて、お風呂→夕飯・・っと。
結局は夜11時とかに寝た。もうお昼寝は90%ない。


2時間こうえん (4).JPG



粘土で作ったかえるさん。

木・金、と2日間でダンボールのドールハウスをまた作った。
余った粘土でかえるを作ったようです。
土曜日に最後のおやこえいごくらぶの単発レッスンがあるので、卒業記念という感じで製作しました。徹夜でやって2日間でよく出来たもんだ。とにかく明日発表!!!!
これでえいごくらぶも本当に最後です。


いーすた^ (1).JPG

ドールハウスが完成してホッ。
作るつもりで紙に構成だけ書いた。
でも幼稚園の服の治しとかで忙しくて、もう作るのやめようって思ってた。
けど、なんか作りたくなってきたもので、急いで作った。


少しだけ・・・少しだけ。こんな感じのものです。
テーマは、おやこえいごの1年間の思い出を表現しました。
キャンディハウスはイベントでのひとコマです。


TS3X0280えいご作品 (2).JPG

今日の夕飯は、サーモンフライ。
これはオーブンで焼いているので、油ではあげてない。ヘルシーメニューです。
と蒟蒻炒めです。

子供は、卵豆腐、海苔ごはん、焼き鳥、マグロの刺身、バナナでした。
毎回子供は別のメニュー。

えいご作品 (7).JPG


ずっと錆びれていたベランダ



いつもお花を絶やさず飾っていたベランダも、子供が生まれるとどんどん乏しくなっていった・・・。年が明けるたびに、根っこがダメになり、土はカラカラ、台風で鉢は割れて・・・。唯一、バラだけは放置でもなんとか生き延びた。バラって強いんですね。


下にパキラ、ゼラニウム。
オリーブの木、ビオラ、ラベンダー・・・・の寄せ植え。
クリスマスローズ、ナエマのバラ。


いーすた^ (10).JPG

ナエマ。ピンクの可愛いバラ。

いーすた^ (16).JPG

いーすた^ (11).JPG






デイジー。

いーすた^ (12).JPG



マーガレット。植えっぱなし。
時期になると勝手に咲きはじめる。星はソーラーライト。

いーすた^ (14).JPG




ミニバラ。

いーすた^ (15).JPG

昨日は一日子供と家で過ごした。
わりと良い子ちゃんだった。洗濯を3回して、掃除機・・・とあっという間に。
ベランダで一緒に寄せ植えをしました。子供は土が大好きだから、どろどろでもやっちゃう。服が汚れても気にしない。



昨日の晩御飯。
やっとこの鉄板を使う日が来た。

いーすた^ (2).JPG


一昨日の晩御飯。
えのきの肉巻き。温泉玉子、ちょっとかたかった。

袋もの (10).JPG

その前は、ミニヒレカツ。
けっこうかたかった。

袋もの (3).JPG



お料理だけはちゃんとしよう。っと決めている。
美味しいもの食べなくちゃはじまらないわ~。


あと1週間ほどに必要な袋小物



幼稚園入園のグッツがまだ完成していない・・という状態。
ギリギリで袋物は作る事が出来た。

後は、ジャケットの丈の直しのみとなった。
夜中に徹夜してやろう!!



何度も手芸センターへ脚を運んだけど、いい柄がなかった。
日数が経てば経つほどに布そのものが売り切れ状態。
2月~みんなが幼稚園グッツを作るため、いい柄がどんどん無くなっていき・・・。


結局はしぶ~い、地図の様な航海系のこの柄にした。
幼稚園児らしくないな~とも思いながら、キャラクターにするのも嫌だし、これならかぶることもないだろう!っと思ったのだ。

ローズパック春 (1).JPG



裏地は星の柄にした。星が大好きだからね。

袋もの (9).JPG



出来上がり。このほかにナプキンがいるけど、それはこれから作る。

小さい袋は2枚ですが、こちらはマチがあります。
シューズ袋、体操服入れ、と全て違う作り方で作っています。


袋もの (4).JPG


男の子っぽいね。子供も気に入ってくれた。
望遠鏡、船、共に大好きな物なので、気に入ってくれた。

袋もの (1).JPG


袋もの (2).JPG


袋もの (5).JPG


全て、裏地は星の柄。リバーシブルにしても使える。


袋もの (7).JPG



ナプキンも2枚くらい、この柄で作ろうと思う。
洗いがえにもう1枚ずつ作りたいな・・・。
これらも、夜中か、子供が保育所へ行ってる間にやった。



数々の育児本


自分の子供が育てにくい子供と知ってからは、とにかく本をよく買ってる。
同じ本をダブって買う時もあるくらいとにかくいっぱい読む。
頭に入っても実行にいかなかったり、本を読んでよけいに葛藤がはげしくなったりで、逆に育児系の本は読まない方がいいのかとさえも思うようになった。



「高橋三千世の風まかせ育児出たとこ勝負!」
「高橋三千世の風まかせ食う寝る育つてんねん育児」

この本はだいぶ古いけど、個人的にイラストが好きだし、子育ての内容を細かくいちいち面白くマンガにしていて、読んでいても楽しい本。
他には「赤ちゃんと僕」のマンガも大好きです。


変な現代版の育児本よりも、赤僕の方がよほど勇気付けられた気がします。
そもそも育児本を読んでも、自分が落ち込むか、出来なくてさらにイライラするか・・・。子供への愛情についても考えると正直分からなくなってくる。自分の親子関係もよく分からない状態なので、次のステップへ進むにも壁がある状態。自分の親子関係で問題ばかりだったので、いざ母親になる、という状況になるとそれが、子供の頃に育った環境は思いのほか以上に関係すると気づいた。

もともと事務的に育てていた母なので、子供に愛情を与えるといっても自分にはよく分かりません。自分が与えられなかったものを、どうしたら子供に与えられるのかをテーマにずっと考えてきました。気づくと自分の子育ては、母が私にした様なやり方になっていることに気づく事がただただある。

ドラ2 (23).JPG

ドラ2 (24).JPG


ドラ2 (25).JPG


産後、読んだ保健所からもらったパンフなんかには、「昔と違って抱き癖はつかない。いっぱい抱っこしてあげて」という言葉に私は逆に自分をおいやってしまったのだ。ギャンギャンずっと泣き続ける赤ちゃんを常に抱っこして、抱っこしないと愛情がいかない・・・と思っていたので、2歳になっても毎日の抱っこは続き、そして自分の体を壊した、という結果。

今思うとそんな言葉になんか左右されずに、もっと自分らしく子育てすればよかったっと思います。自分が親からいつも否定されて、存在さえも否定されて生きてきたので、いざ自分の子供には正しい愛情を与えることがとっても難しかった。

こんな事で手こずるとは思っていなかった。
でも子育ては良い部分も悪い部分も連鎖していくのだと思います。
自分の家系はみんなワンパクで、みんな似たような気質。遺伝なのでしょうが、母に、私達3人兄弟ともにですが、子育ては本当に大変だったといつも言っていた。

いう事をきかない、何千回行っても聞かないから最後は叩かれて教えられました。
昔は虐待を虐待と言わない時代だったから、真冬に一晩外に放りだされるのは当たりまえだったし、他にも色々。産まなければとかった、いらない。。などもう言葉でも沢山、いつからか私は自分を抑える性格に、ある日を境に人格も変わった、変った日の事をよく覚えている。。母が1人で3人の子育てをしたので、理不尽な事も、聞いて欲しい話も一切聞いてくれなかった。忙しかったし何よりも母がいっぱいいっぱいだった。大人になっても、そのまんま発言できない性格になった。いう事が禁じられてると思うクセがついた。


・・・子供が生まれて、愛情いっぱいで育てよう。
そう思っていたけど、言葉が遅く、こちらの言ってる事も全く分かっていない様子。
2歳になるとざすがに、周りの人からも注意されるようになり、療育へ行く事に。
今も3歳半を越えても、言葉は出る様になってるけど、理解の部分が遅れてる。

療育にいって、言葉は進んだ。けど他の子に影響されたり、乱暴な面もどんどん出てきた。すぐに他人につられる性格というとも療育で判明した。

療育でもアドバイスを受けたけど、時々何の根拠で言ってるんだろう?っていう内容もあって、実際実行したら逆に酷くなってしまったこともある。発達障害の親へのアドバイスのマニュアルとかもあるんでしょうけど、マニュアルは子育てにはないんです。だから実行しても結果が出ない子供もいる。けど先生は毎回毎回、実行してというので、酷くなった事を言っても、ただ実行してといわれるだけだったので、途中から自分の頭がおかしくなりはじめた。そして療育で、力を思いっきり出すことを覚えてしまって以来、ずっと子供は乱暴な一面がなおらなくなってしまった。

それから療育へ行くのもおっくになり、このまま通うことが良いのか?と思い始めた。先生もどこからくるのか分かりませんが、とにかく実行してのみで、なんだかこちらも問題点とアドバイスがずれているような気がした。療育が1年上の子を持つ先輩ママが療育メンバーでランチ会があったという話を聞いた。その会話の中でも、私と全く同じ内容で悩んでいた方がいたそうです。同じ先生でした。若くて子供がいないと、どれだけ勉強していたとしてもやはり子育ての事は知らない、となるわけで。「何言ってるんだろう?っと的外れだな~って思う事もけっこうあった」とそのママが行っていたと聞いて、安心しました。

でも真面目な人だと、本当に自分を追い込んじゃうので怖いことです。
アドバイスで思い通りの結果がでなくて歯がゆかったのか、ナニュアルの結果に到達できなかったことにイライラしたのか分かりませんが、今でもトラウマになりました。今でも自分の育て方がいけなかったんだな。っと思ってしまいます。
もちろん先生の熱心な所や、ちゃんと話を聞いてくれる人柄には私自身が救われたりはしましたので、感謝はしてる。アドバイスの内容だけがちょっと・・といった感じ。それ以外はとてもとてもそりゃあ素晴らしかった。


けっこう何度も言われて、子供が1回の声がけでいう事を聞くわけがなく。
ましてやまだこちらの言ってる事が理解すら出来ていないので。悪い事をして叱っても泣き続ける子供が逆に不憫に思ってしまって。もしうちの子だって、普通の子と同じように言葉が通じる範囲の子供なら、こんなにもキツク言わなくてよかったし、怒鳴らなくてよかったのに、叩かずによかったのに・・っと普通の知育レベルの子供を持つ親子が本当に憎らしかった。なんかだかずるいなっとさえ思ったし、自分はハズレとさえも思ってた。辛かったのはそういった普通の子育てと同じように苦労の面でもみられてしまう事に腹が立ってた。話が平行線のままなら、もういいや・・・って何言われても何も感じなくなった。


今では怒鳴らずに、ひとつの事でも何千回と言っても本人も泣きながら「分からない、ママ怖い、」と言う姿が可愛そうでならない。「ニコニコ~」っと言いながらニコニコしてと訴える子供を見てただ可哀想で自分も泣くしかない。


「~したら怪我するからあぶないからやめようね」
「嫌な気持ちになるからやめようね」
「こうしらた、迷惑かかるから・・・」
・・と世間一般の声かけも色々変えて言っても、本人が言葉の意味を分かってさえいないので、どうしていいか分からない状態。カードや写真を使う方法もあんまり意味がなかった。しまじろうの教材や、アニメを通して教えるのは少しは効果はあった。「しまじろうも、こういってるね」とか。好きなアニメの影響は大きいです。

本など読めば読むほどに、おかしくなる。
育児本や保健所でいっぱい抱っこしてあげて、とかいっぱい褒めてあげて、というこのなんでもない言葉にもすごく悩んで落ち込む。褒られたことが一度もない自分なので褒めるという意味も本やネットで調べてみたら、分かった。「ありがとう」というのも褒め言葉のひとつだそうです。「朝元気よくあいさつできたね~」とか当たり前の事で褒めてあげればいんだと自分も知ったので、今は実行できるようなった。

いっぱい抱っこしてあげてとか、その言葉そのものが私は母親たちを追い詰めてる気がします。別のとらえ方としては完璧な母になって、と言われているようでした私は。子供を産んだその日から、母親は太陽でいなくちゃいけないとか。母親も人間だから怒るし、泣くし、充電だって必要だって思いますけど。アメリカでは子供は預けて必ず夫婦での時間は別にとるようにしてると聞きます。日本は子供中心な生活になるようです。そいった文化なのでしかたないですが。社会でも子育てはしずらい世の中で、子供を連れて歩くだけで、何かしらある。1人で町を歩くとのびのび歩ける。

こういったことを自然に親から与えてもらってる人は、子育てする中でも本当に得だな~っとひねくれる考えになってく。そういった事をいちいち勉強してたら他の事が全く出来ないのでそう思ってしまう。
ごはんを食べる、トイレにいく・・というような当たり前の事を教えるだけで、他には、叩かない、ひっぱらない、押さない・・というような事を教えるだけで一日が終わっていく。褒める時間だってその残りの余裕を使っての実行なので、気づけばもっと褒めてあげればよかったな~っと夜寝る前に思っても、翌日にはそれが解決されるわけではない。翌日も出かけるたびに、着替え、トイレ、靴・・と時間がかかり、「友達を押さないでね、叩くのもダメだよ」っと言い聞かせて出発。褒める余裕が後に回されてしまう。先に持ってきてやったら、1歩外へ出たら、やはり通りすがりに他所の子供に乱暴して叱られ・・・となりますから。やはり注意が先になってしまう、特に乱暴な事をすると後で注意は通らないので先に言っておく必要がある。


療育で激しく癇癪のある子の親が言っていた、「落ち着く時期がくるまで待つしかない。何をやってもダメだったから、他には成長を待つしかない、他に方法はない」・・と言っていた。それを聞いて納得。良くいくマニュアルなんてその母親にしか見つけられないのですから。

保健所でも療育でも、本当に強引にそいった事を言われるので、行く事すらも恐くなってしまいました私の場合は。それではちっとも何も変らないって思います。先生も様々で、ある先生は、うちの子を見て「こいった部分は理解できているのでこれから先ももっともっと理解できていくと思いますから」っと全く逆の事を言われたり、でもそういった言葉に安心できて、自分も頑張ればきっと子供にも伝わる・・っと前向きに思うことができたのですから。またある先生は毎回「褒めてあげて」っとしつこく言われるので、時々自分は出来てないダメな母親っと言われているようで、辛かった。

相談される方や指導する側は、何か結果につながる、例えば的確なアドバイスとかを言わないと・・・って思うのでしょうけど、またそういった指導を受けているのでしょうけど、相談する方は意外とそうではなかったりもする、自分はそうでした。優しい言葉をただかけてくれるだけで、自分はちゃんと出来ているって自信がつくし、またその先生の言葉に癒されて会いたくなります。たぶんですが、自相(児童相談所)など相談する方はほとんどが、癒しが足りない方が多いのではないでしょうか。だから安心する言葉をかけられれば、ホッとして気持ちも落ちつかせることが出来て、気持ちを整理して、母親は自分を取り戻すことができるのではないかな~っと私は思う。私の意見ですが。


区役所の、児童相談の方に、子供の性格や今までの事を話した時に、「本当に今までよく頑張ってきましたね、そういった(発達の事)事が回りには理解されないからよけいに大変でしたね」っと言われた時は本当に、張り詰めていたものが、パチンッとはじけたような気がしました。思いっきり泣いて、そして全て出し切って、自分はというとスッキリできました。何の解決策もなかったけど、ただスッキリデトックスできたんです。それに、もし幼稚園に行って退園することになっても、保育園の障害枠
の空きをなんとかして探しますからその時は言って下さい、とまで言ってもらえて幼稚園もそんなに心配しなくていんだな~って思いました。



私だって子供時代はもう本当に素直、のびのびで・・・。
それがいつしか環境からだいぶ性格が変ってしまった。
自分の子供には同じ道を辿って欲しくないから、自分が昔、母にどうして欲しかったのか、どう声をかけて欲しかったのか、ということを思い出しながら、子供に接するようにしようと思う。そうやって常にアンテナを張っていれば、同じ過ちを繰り返さずにいけるように思えるから・・・。



春が来る


暖かい日がやってきて、もう桜が咲き乱れる頃かな~・・っと思いきや今週はまた寒い風がピュ~ピュ~と・・・。



日曜日はニンニンジャーのショーへ。
とにかく闘い続ける感じ、トッキュウジャーの方がストーリーがあって面白かったような・・。子供には関係ないんだろう・・


ショーの後で友達ママと一緒に公園で夕方まで遊んだ。
池で魚を釣ったりして遊んだ。日曜日はとっても日差しが強くて、ショーを見ている間に肌が焼けた。

ニンニン (1) - コピー.JPG



今日は、親子えいごくらぶの単発レッスンへ行き、その後はドラキッズへ。
親子えいごではケーキの歌が出てきた~4月からの歌だそうですが、もうレギュラーレッスンは卒業しました。本当に寂しいです。その歌にちなんだクラフトでした。


ニンニン (4).JPG

ドラキッズでは自分の名前を書く練習がはじまりました。
先生が蛍光ペンで書いた字を子供がなぞるというような感じで進んだよう。この方法とってもいいわ☆文字をどうやって教えるのがいいのか考えていたので、蛍光ペンで書くのなら、いくらでもかけるし、その上を鉛筆でなぞれば文字の練習にもなる。


ニンニン (6).JPG


月曜日はだいたい勉強の日にしています。
今日は午前中に工作のワークブックを少し進めました。
こどもチャレンジです。3月号の工作ブックはやり終えました。

今思うと0歳とか1歳の時の方がよっぽど楽だったと痛感。
3歳をすぎれば、着替えやトイレや食事、躾け・・・あらゆる分野が広がるので、マイペースなうちら親子には世間が遠い~。うちら親子の立ち位置ってとってもずれてるわ。


興奮すると、全くこちらのいう事を聞かない。
えいごの先生も「もうこの子やだわ・・・」っと言うし、親の注意も怒鳴り声も、時には叩いても全くきかない・・・。友達が何度も息子ちんに注意しても、本人が何を言ってるのかを本当に分かっていない様で、別にふざけているわけではない様子。


でも最近は毎分ごとに注意、説明・・と友達にも「のどがかれない?」っと。でもとっても突っ走るようなこの気質の子供は、世間一般の子供よりは特別キツク躾けないと通じないので、注意や説明を毎分ごとに続けていたら、だいぶ本人も分かってきた。全く日本語そのものが通じないというか、もう3歳半をすぎたのに、今だに言葉の理解力がない。2歳レベルのような感じ。だからずっと2歳くらいで時を止められてるような感覚。そんな、どうしようもない難しい気質を持った息子ちんは、最近はだいぶ成長して言葉も増えて、会話らしいものが成り立ってきた。こういった難しい子供は、発達検査をすると即、自閉症と名がつく。全くその通りで、自閉症というには本当にピンから幅が広くて、グレーゾーンも入れると沢山いますよ。本人も気づいていないレベルも含めたらけっこういると思います。


ニンニン (7).JPG

今日のおかずは、イワシのさつま揚げ。と大根のひき肉炒め。
本当に今夜のおかずは手間暇かけて作りました。
いわしは、沢山の骨を毛抜きで抜いて、フードプロセッサーに入れて、油で揚げた。
大根は昨日の残りを活用。

スーパーで買ったごぼうが帰宅したら無くなっていて、さつま揚げにごぼうも混ぜるはずだった。ごぼうどこに行っちゃったんだろう?


ニンニン (5).JPG


とにかく今日もゆっくりしてられなかった。
私はソファには1度も座れず立ちっぱなし。
昨日の夜中には夜なべして、幼稚園でいるシューズ袋を作った。
夜中にミシン使って苦情きそうで恐かった。ヒヤ


だいぶ前にものだけど・・・



リーメント ぷちサンプル 世界まるごと!動物図鑑 広がる!アフリカの仲間たち

以前、本屋などでちょくちょく購入していました。
それをまとめて、購入した。
第一弾、第二弾・・・とある。動物のフィギュアが大好きです。


全部揃っています。

動物ずかん (1).JPG


家のあちこちに飾るのが楽しい。

動物ずかん (3).JPG

大好きな動物があちこちにいてとっても良い感じ。

動物ずかん (4).JPG


玄関にも。

動物ずかん (5).JPG


キッチンにも。


動物ずかん (6).JPG


他のシリーズも揃えたい。

動物ずかん (7).JPG

動物のグッツって大好き。
できれば、家中をジャングルに模様替えしたい。


2年間通ったおやこえいごの最後の日

今日は親子えいごくらぶのレギュラー教室の最後の日だった。
1歳の10ヶ月時に通い始めて、約2年間と頑張って通いました。

ギャンギャン泣いたりする日も続いたけど続けてきた本当によかったな、っと思いました。えいごくらぶの他にも支援センターや、療育、保育所、ドラキッズ・・っとお友達と関われる場所が沢山あったことが、息子ちんにとっても本当にラッキーだったと思います。友達と一緒に遊ぶ事が大好きなだけに、そういった場所がとても良かったと今になって思う。幼稚園後はしばらくお稽古をならう余裕が子供にもなくなるので、未就園児時代にお稽古をやることはとても意味があったと思います。


お決まりのポーズでパチリ☆
帽子と、メダルとクッキーをもらいニコニコ。
去年の卒業式では卒業証書をもらいました。

ハロウィーン、クリスマス、夏まつり・・と沢山のイベントが楽しい教室でした。
ワークブックなどはなく、ひたすた耳に英語を入れる、という方式が大好きでした。
子供がワンパクでもなんとか最後まで通えた事が本当に親としても嬉しく思う。
またそんな教室だからこそ沢山の親子に人気があり満員状態で、また素晴らしい先生方が揃う教室だったんだと思います。こういった教室はなかなかないので、先生が素晴らしいんだと思います。普通の教室は、まず子供が騒いだ地点で通えなくなったりもしますので、ワンパクな子を持つ親としてはありがたい場所でした。

たくさん英語を入れる事が出来て、子供の英語教育についても、方法や英語に関する話や情報を知れた事がとても良かったと思います。
また卒業後のイベントがあるので、英語も自宅で頑張って続けようっと思えます。


りご最後 (15).JPG

本日のクラフトはとても可愛いフォトフレームでした。
写真をとって、作ったフレームに貼りました。裏にはマグネットが付いていて飾れるようになっています。これならずっと飾れますね。手づくりのクッキーももらってご機嫌~♪

あっという間に懐かしい想い出になっていくんでしょうね。
時が流れるのが寂しい気もします。子供が巣立つカウントがまた進んだわけですし。


りご最後 (19).JPG



英語の後は、友達親子とスーパーで合流。
その後子供3人とママでランチしてキッズルームで遊んで、子供も発散できたようです。
ランチはスタバで!!

療育に通う3人の子供を連れて遊ぶのは本当に大変だった。
まわりを見ても誰もこんないう事きかない子供はいなくて、今日は友達ママと子供の発達のことを相談して、幼稚園の入園の心配事も話して、色々と話をして私も不安が少し減って、話に共感してくれたので、自分も発散できてよかった。発達が遅れている子育ての話というのは誰にでも出来るわけではないので、本当に助かってる存在です。同じ境遇の方がいる、ただそれだけで救われます。同じ経験をしてないママには全く通じないので話すことさえためらってしまいます。一般的なママの話のレベルは本当に可愛いレベルだな~っとさえも思ってしまいますし。

むしろそれ以外の方法で不安を取り除く方法はないと感じます。
1人で子どもの発達の事を考えてもなにも変らなく、機関と言っても、そういった方であっても同じ経験をしているわけではないので100%は分かってもらえない寂しさや、理解してもらえるわけではないので、機関はあくまで機関ですので、そういった場所では得られるものは決まっていますので。普通のママ友達では分かってもらえない話もありますし、区役所、保健所、児童相談・・とか色々ありますが、話を聞いてはくれても解決策はなく、また話を聞いてもらっても逆に落ち込むような状況にいたるので、あんまり意味もなく・・・・。こういった同じ状況で悩みを話し合える人がいるのはありがたいことです。

もし今でも誰もそういった人がいなかったらきっと1人でもっともっと悩んで、どうなってたか分からない・・と思うと怖い。

りご最後 (20).JPG

明日は、保育所のおわかれ遠足へ行きます。
えいごくらぶは単発レッスンを2回入れたので、本当の卒業はそれが終わってからになりますが・・・。なんだか寂しいです・・・。また次のステップへ羽ばたく時がやってきたということですね。朝9時半に家を出て、帰宅したのは5時半でした。その後お昼寝に入った。

昨日の晩御飯。
ナスフライ、しょうが焼き、おひたし、でした。

りご最後 (8).JPG

家のベランダではバラが咲きはじめています。
お酒が入ってるこのキルシュの空き瓶も、シールを貼ってデコれば可愛い花瓶に。


りご最後 (7).JPG




幼稚園の制服のお直しをしました

今日は、子供が保育所へ行ってから、チクチクトお直し再開。
先月から少しづつ進めてきた。子供の幼稚園の制服の調節。
あ~思ったよりも面倒だわー。


大き目のサイズで購入。
でもけっこう袖や、ズボンの丈が長すぎた・・・
スモックだけで1日かかった。何度も糸をほついてやり直して・・・。

英語 ダイナソーg (1).JPG


このように袖は短くしました。
また年中でもほついて調節していかなければないない・・・。
中でつまんで、手縫いでぐし縫いしたから、糸は外からは見えてない。

英語 ダイナソーg (3).JPG





ブラウス、体操服、ポロシャツ、と各2枚づつ袖をお直し。
ブラウス4枚はりぼんをつけるスナップボタンも縫い付けた。
サスペンダーの長さ調節と、カエルさんおボタンもつけた。

おなおし (1).JPG

完璧ではないけど、ま~いいや。

おなおし (4).JPG





体操服も袖を短くして、ジャージの丈も短くしました。

おなおし (5).JPG


袖と同じで、中でつまんでチクチクぬった。

おなおし (8).JPG





30cm各のタオルとサイズが決まっており、このタオルもサイズをそろえました。
長いハンドタオルを切って三つ折りで手縫い。


おなおし (7).JPG



あとはジャケットの袖を短くして洋服はお終い。
残りは、布小物たち。これはミシンでやります。

体操服入れ、小さい袋たちやら、シューズ入れ、ナプキン・・・・。
っと、今週じゅうには終わらせたいな~~~~。
金、土、日、あたりで終わらせたい~。


制服のお直ししながら、やっぱり制服がない幼稚園も良かったな~とか今更いろいろグルグルまた考えってしまった。制服がないって、すばらしい。だってお金もかからないし、朝の着替えも楽だし、帰宅後もきちきち着替えなくていいしね・・・・。

私は幼稚園だったから、子供にとって制服ってどんな感じかのかな?




24枚の海の生き物



プロジェクター系のおもちゃが好きな子供の為に、最近はこんなものばかり・・・。
海の生き物の他、動物、宇宙、お話・・と色々シリーズもあるよう。



umi  (1).JPG


umi  (2).JPG



1枚に8枚の画像が入ってる。

umi  (3).JPG


天井には小さめだけどちゃんとうつる。
もっと大きいといいな~っと思う。カシャカシャとフィルムを回して、沢山見れるから子供はこれもって布団に入ってくれる。

umi  (4).JPG


umi  (9).JPG


umi  (6).JPG


自分が寝る前に使ってる。
自宅にもしミニシアターがあったらいいな~って夢のはなし・・・。
昨日、子供がはじめて映画館へ行ったけど、映画好きらしくて、もっとみたいようだった。そして最近は「ディズニーランド行く~」っと主張するようになった。


幼稚園入園は、自分も不安だけど、入園後は楽しい事もある。
旅行へ行くし、英語のイベントキャンプも行くし、自分の誕生日ももうすぐだし・・・。

今日は、ドラキッズの懇談会だった。
今日こそ、一日じゅう家で過ごした。
親子でのんびりできた。

懇談会は15分くらいで終わった。
ドラキッズはステップをふんで上がって行く。
さくらんぼクラス→いちごクラス→みかんクラス→ぶどうクラス・・・・。
っとなるのだけれど、今はみかんクラス(年少)です。

先生が、みかんがあるから、ぶどうへも行けるわけで、みかんのプロセスをやらないでぶどうへは到達できない・・と話してくれました。ひらがなも今はふれるだけで、本格的に勉強してるわけじゃない。(なるほど~)っと思った。毎日の小さな積み重ねってやっぱり大きい。何事も連続が大事で。何もやらないで、ある日突然できるようになる事などないということですね。

ほほ~。
なるへそ~。確かにトイトレだって、だらだらでも毎日少しづつトレーニングしないと自然にはずれるなんてことは絶対にない。全く何もしないで、自然には取れませんし。英語も大きくなってからはじめても、0歳の時から毎日積み上げて来てる子にはかなわない。こんな性格だから、トイトレも、着替えも、言葉も、何もかもがキチキチできなくて、だらだらとゆっくりやってきたので他の子よりかは遅めなのかもしれない。でもゆっくりでも、やってきた事はちゃんと蓄積してるので、いつかは追いつくわけですけど・・・。


車の教習所で、~だろう運転はいけないと学びましたが、~だろう子育ても気をつけないと。何もしないで、いつかは分かるだろう、いつかは出来るだろう・・と成長さえすれば自然に学ぶだろう?って思いそうだけど、そうじゃないにかもしれない。自然に学ぶ面もあるだろうけど、躾け、勉強系、言葉、生活での流れ・・等やらなければ進まない事もけこうあるな~って今日しみじみ思った。今までもサボらずにやってきたけど、1日5分の積み重ねはこれからも毎日しようっと思う。




やっと映画デビューしました

とにかく子供の性格なんかを考えるととても映画とかは考えた事もなかった。
3歳までもスーパー、銀行、地下鉄やバス、レストラン・・・と色んな所が無理だった。でもやっと映画にも行けるようになったんだな~っと成長を感じる日でした。


10時頃に、今日は何をしようかな~?って考えて映画へ行こうっと子供を誘ったら行きたい~っと言うので行く事にした。10時に家を出て、イオンへむかいました。
今日は土曜日だから凄い人ごみでした。チケットも前もって引き換えておいて良かった。長者の列だった。ドラえもんのポップコーンは30分並んだ。

初えいが (1).JPG

映画はしまじろうなのに、ドラえもんも好きだから、ドラちゃんのプロジェクトキーホルダとTシャツを購入。

初えいが (3).JPG

初えいが (4).JPG

こうなる。8つの画像が見れる。

初えいが (12).JPG

映画は1時間の映画で、真ん中に休憩が入ります。
2時間の映画もいけそう。映画を見ながら、ポップコーンをぼりぼり食べまくり、笑いながら、途中メガホンで応援していた。最後は母親だからこそ泣けるシーンだった。子供がいなかったら泣けないのかもしれないけど。




映画の後はフードコートでお昼を食べた。
そばを食べながらウトウト。でも全部食べて、目がピーンと覚めて、さらにキッズルームで遊び、ゲーセンで遊んだ。で帰宅したのは4時。


初えいが (2).JPG


映画の前は1時間余裕があったので、本屋のおもちゃコーナーで遊ぶ。
そしてこのピットランドを購入。本屋へ行くと必ずこれで遊んでいるから買ってみた
。指の運動にもなるし。

初えいが (13).JPG

今日はのんびりしようと思ったのに、また1日じゅう出かけてしまった。
家では子供がもたない・・・・。

もうすぐ入園なのに、まだジャケットの直しや、袋小物ができていない。
来週には必ず進めようっと思う。今日はこれだけ遊んでも、帰宅途中に、車の中から公園を見ると行きたい~となき騒いだ。で自分の疲れがドッと出た。


金曜・土曜ともにbusily



金曜日は、旦那さんが有給をとって、朝から子供と2人で出かけていきました。
車検があったし、実家へも寄って、最後は室内の遊び場へ行って夕方までいなかった。
っということは、私も一日、ありえない!!もう何年ぶりだろうか?ってくらいに自宅で1人の状態におちいった。週2で保育所と言っても、用事、家事、掃除・・・っとせわしなく過ぎるし時間も気にするので気はゆっくりできない。

それが1人で気兼ねなく。
っと思ったら、木曜日辺りから咳が止まらず、花粉症のせいですが、頭痛、寒気、疲労・・・と体が不調。


それでも金曜日、1人のなってから、購入したばかりの「つっぱり式ラダーラック」の家具の塗装をベランダで行った。購入したのが白木だったので、暖かい感じにしたくて水性ペンキで塗りました。使ったのはローズガーデンカラーズ(ステインタイプ)という水性のオイルステインで仕上げたような色合いになるペンキです。


ベルメゾンで購入。つっぱり式ラダーラック。
2色あって、白木とオイルステインでの塗装がありました。が、完売で白木の方しか在庫がなくて・・・。でも塗ったら超~カントリーな感じになりました。


kouennde  (2).JPG

シャビシャビのペンキで、塗ると木の木目はそのまま残ります。
水で薄めて使う事もできる水性ペンキ。このペンキはとってもいいです。

20150314112335[1].jpg

オルムを使いました。

20150314112336[1].jpg

完成。均一に塗っても、あちこちが薄かったり、濃かったりとまだらになった。
でも部屋に設置したら、その塗り方が自然な感じで逆に良かった◎
温かみがあって、落ち着いていて、森にいるようなナチュラルさ。

tana4 (2).JPG

tana4 (3).JPG





っと午前中にペンキ塗りをして、やっとこさ昼寝でもしようかな~っと思ったら。
体がえらくなってきて・・・。友達ママからランチのお誘い。子育ての不安が超~溜まってたから、マスクして体もえらいけど、行ったわ。


ランチでは、色々子供の話をして、少しは情報を、そして不安も少しは和らいだ。
1300円のランチ。

kouennde  (3).JPG


その後は場所をかえてケーキセットを注文。
ここでもまた違う話をして・・・。
主に子供の発達遅れの話、世の中の話、お互いの昔話・・など。
けっきょく同じ療育教室に子供が通ったということで、育てにくい子供を育てているので、子育てについての話はこの方とが一番話が合うような気がします。

kouennde  (5).JPG

ランチ後は帰宅して、普通に1日が終わった。
けどランチへ行って体調が悪化。



なのに、翌日の土曜日には、朝から親子えいごくらぶの単発レッスンがあった。


10時に家を出る。
そしてまた金曜の友達ママと会う事に。
2人の子連れの友達も単発レッスンを受けた。

療育も親子えいごも同じです。もともとこの方に療育を教えてもらって行ったので。
とにかくまず1時間、4歳の子供を預かり、息子くんと遊ばせて時間をもたせる。
その間、2歳の下の子と友達は10:45~の英語を受ける。
その後4歳の子を引き渡して、11:45~私と息子が受ける。
兄弟、姉妹は連れて行けなくなったので私が預かりました。


・・・とまぁ、10時~帰宅したのは5時でした。
えいごくらぶの後で、お昼を食べて。近くの公園で遊んだ。
その公園では(4月~)小学4年生の男女が何人か輪になって遊んでいた。
3人の子供達(2歳、3歳、4歳)も一緒に加わって遊んだ。

はじめは嫌がってたけど、最後には一緒になっておにごっこをしたり、遊具で一緒に遊んだり、3人とも思いっきり笑って遊びました。小学生の子はみんな言い子。
ハッキリ言うけど、思いやりはあった。

ある女の子がうちの子供を見て、「この子はわがままで育てにくいわ~」っと言いました。これは普段私が思っていることだったので、始めて逢う子供から見ても家の子は難しい性格なんだな~っと実感。しかも「この子何言っても通じない、日本語通じないよ~」っと。その通りで、これもいつも私が思ってきたこと。自分の息子に、言葉そのものが通じていないな~ってもう3歳半なのにね~・・・っていつも思う。


言葉の喋り、聞き取り、理解力、表現、全てが乏しく遅れている。
まぁそこが可愛いところでもある。まだまだ赤ちゃんみたいだからね中身は。
口が達者な子供よりはね。


とにかく小学生の子供にずっと面倒をみてもらって、子供達が笑いっぱなしで、ただ上の子たちに遊んでもらっただけなのに、幼児にはとても刺激になりました。
息子くんも大きい子に遊んでもらうのが大好きです。親戚とか、身内とかではなくて、公園で知り合った小学生に遊んでもらう経験はとっても貴重。

公園は0歳の時から毎日行っていたから、よく色んな大きい子に遊んでもらいました。
だから息子くんは人間大好き。ためらわず入っていく。はじめは嫌がる小学生も、息子くんのグイグイ入って行くしつこさに馴染んでいく。とにかく泣くも、大泣きするも引き下がらず追いかける。


帰宅後は、昼寝はせずにお風呂→夕飯、その後9時頃に眠った。
今日はとても楽しかっただろう。4歳のお友達は幼稚園では友達がおらず不登園だし、みんな別世界みたいに楽しんだ。小さな公園なのに。この公園は今日はじめて行った。これからはここの公園へ行こうと思う。ちょっととなりの街です。

そして私も、この2日間、体が休まらなかった。
あ~最近は不眠ぎみだから。夜中に目が覚めれば朝まで眠れない。
入園のことや、子供のことや・・・・。きっと私は子供の悩みは死ぬまで続くのかもっと思います。

育てにくい子供=本人も生きづらい世の中になる。
っとこうなりますので、育てにくい子供は、特殊な性格ということで、発達も遅いし。大人になっても、おじいちゃんになっても、それは変らないと思いますので、親としてはこの先もずっと子供を不憫に思ったり、不安もつきまとうのでしょう。
発達障害がグレーソーンであったとしても、その親は一生死ぬまで子供を心配することになる。どの親もそうだけど、心配する部分もきっと普通の子供の親よりは多いようにおもう。


乱暴ですぐに手や足が出る子供が幼稚園でやっていけるのか。
きっと沢山のかたに謝って、理解されない人からは責められて。
だから覚悟がいるのだけれど、今はない。
そういった幼稚園入園前のブルー。
入園前ウツのような。

うちの子供がトラブルないなんてありえませんから。
ただのパワフルならいいのですが、乱暴するとなればまた違う。
ここまできた経過も含めると、自分が体よりも心身の方が蓄積したものが多いように思う。また被害側になる子供のことを考えると夜も眠れない。その親の気持ちを考えるとスヤスヤ眠っている場合でもないように思えてくる、ひたすらネットで同じ境遇の方を探してはいい方法がないか、子育て本見ていい方法はないか?でも子育て本見すぎでよけいにこんがらがり・・・・。

育てにくい子は、なぜ育てにくいのか、というと。
一言でいえば、好き、嫌いというものが、365日違う。
息子くんオンリーワンのマニュアルを見つけても、翌日には別人になったかのように、趣味や食べ物の好みさえも変る。

今日バナナが好物だったならば、翌日の好物が鶏肉で、嫌いな食べ物がバナナになってたりする。その翌日にはまたバナナが好物になり・・・というように、冷蔵庫には沢山の食材を用意。

いつも好物が同じとは限らないので、毎日変動する好みに合わせて料理。
ハンバーグ出して食べなければ、からあげ出したり。でも翌日にはこれが逆で、からあげ出しても食べないから、ハンバーグを出す・・・の様に毎日好みが変る。

食べること以外にも、遊ぶ場所、起きる時間、お昼寝の仕方、小物の配置・・・など数えきれない。ある朝は、ドラえもん~っと泣きじゃくり、ドラえもんの人形を一日抱きしめ。翌日は、ミッキーになっていたり・・・。
1年で365人の子供をとっかえひっかえ、育てているような気持ちになるのです。
わけがわからなくなり、→悩む→困る→落ち込む→自分を責める・・というように私も最終的にはノイローゼぎみに。


ネットで産後ウツのチェックをしてみたら、産後~最近まではそのものでした。
私はきっと産後ウツだったんだと思います。
生後まもない赤ちゃんを連れては、ましてや常に泣きまくる赤ちゃんを病院へつれてはいけなく、行きたいと何度も思った。子供を預ける人もいなかったし・・・。
今はだいぶいい。自力で治して来たのかもしれない。特に自分と同じような子供を持つママと偶然友達になったことが、治療のひとつだった。あとは、一部のいい人間のおかげと、小学生とか知らないお爺さんとかにもだいぶ救われた。

人っていうものは、思いのほか分かり合えない生き物なんだな~っと思った。
私にはこれが正論です。たまたま同じ大変な子供をもったからママ友達とも共感できただけで、もし育てやすい子供を産んでたら、この方とは一生関わることもなかったでしょうし。


自分がこの世で、大事にしている事は、「想い」です。
どんな立場かは関係なく、どういう想いでいるのかを考える事。
例えば、ヒトラーはどんな想いで生きていたのかな?とかとても自分から見て、理解できないような人がどんな想いでいたのかな?とか。自分がとても憎んだような相手、そっちサイドはどんな目線だったのかな?とか。例えば自分を虐待なんかして自分を苦しめた相手、とてもとても恐怖と憎しみがあって、でもその人からはどんな風にこちらを見ていたのかな?とか。そういったことを考えるようになった。




昨日の晩御飯。
きょうはレトルトカレーで手抜き。じゃないとぶっ倒れる。


kouennde  (1).JPG




ウィゴ ディープバレルウェーバー

美容院へいってもパーマがきつくかからず困っていたら、ソバージュが簡単に出来るヘアアイロンを見つけた!


ぴょんぴょん差雨後 (19).JPG


凄いうねってる。でもこれでソバージュが出来る。

ぴょんぴょん差雨後 (20).JPG


沢山一度にジューできるので、全体をクルクルする時間なんと15分~20分ほど。
もともと持ってる普通のヘアアイロンは1時間かかる。

ぴょんぴょん差雨後 (18).JPG


楽しくて、ついクルクルしちゃう。


お別れ会 (8).JPG


地毛は、超~直毛です。まっすぐ、ピーン!!
硬め、太めの髪質。細い方ならもっとくるりんするかも。

お別れ会 (4) - コピー.JPG

お別れ会 (5).JPG

けっこう熱い。
だから一瞬でくねくねなんでしょうけど。

面白いくらいにうねる。
実際には、もっとボンバーになる。外国人のようなスタイルになれてこれは◎でした。
楽天で見つけました!!



おやこえいごくらぶ 今日もダイナソー


今朝起きて、グズグズ言いながらもなんとか、トイレ→朝食と済ませて英語クラブへ。
今朝も咳が酷くて、花粉症で咳と花が酷い。そして私も同じく酷い。
桜が満開になればめっちゃ桜がきれいな公園です。その公園の中にあるコミニュニティーセンターでやってる、おやこえいご。3月分の月謝袋を渡した。この袋もんもう最後なのか・・・っと。
2年間よく頑張って通ったな~っと思います。



今日はお友達ママはお休みだったので、親子して寂しかった。
息子ちんも「Mちゃん来る~?」「お砂場する~、ハローティーチャー行く~」っとはりきって行ったけど、しょんぼりしてた。そして元気がなく眠そうでした。

公園では少しだけ遊んだけど、一緒に遊ぶ友達がおらず寂しそうだった。途中4歳の男の子と公園で少しだけ遊んだ。お友達と遊ぶのが大好き。昨日、久々に保育所へ行ったものだから、ご機嫌ご機嫌で帰ってきた。楽しかったようです。


今日も恐竜の絵本を読んで、クラフトも引き続き恐竜でした。
今度は、恐竜の大きなお顔。クラフトタイムがあんまり好きじゃない息子ちんはいつもこの時間にそっぽ向く。

えいご3月 (7).JPG




今日のお天気は曇りでした。
風が冷たい日で、公園も12時には出ました。それでも1時間半は遊べた。
公園でおやこえいごを一足早く卒業した親子に逢った。3歳児クラスで幼稚園に去年から行ってます。お嬢様系のキリストの幼稚園です。楽しく行けてるようです、今日は風邪気味で休んで、体調が良くなったから公園に来たそうです。


最近は3歳児クラスというものが幼稚園にはある。
いつから出来たのか、時代も進んだな~っと。
3歳で幼稚園入園という事は、制服も4年間となるので途中で買い替えが必要になる。
月謝も少し3歳クラスは高め。4年分のお金もかかる・・・・。
でも早く集団に入れる事や、ママも自分の時間が少しは出来るといういい面もある。


うちも年中からにしようか迷った。
けど、入学式がなかったり、他の子と遅れをとったり、働いて保育所へ月極めで預けていたりすれば話は別だけど・・・。親1人、子1人だともたない。


保育所へは入園までで計算したら2年半行ったことになる。
これが子供にとってはとても良かった。
保育所へ入れるなんて可哀想とずっと思っていたけど、自分の体がもたないため泣く泣く・・・。でも子供側は意外に良かったみたいで、親と離れるのも慣れたし、友達と遊ぶのも好きだから発散できてストレスも解消できているようで、癇癪も減った。逆に休みと酷い癇癪をおこす。子供の目線では楽しい場所になっているのです。

最近思う事は母1人と子1人では、やはり子供の刺激が少なすぎる。
入る言葉の量も少ないから、しゃべるのが遅かったし、そのうえ英語を入れているかららさに遅かったし。今では日本語も英語も両方バンバン出てきている。だから英語をやって良かったっと思う。

旦那さんいも協力してもらいながらやったけど、2歳はほとんど私1人で育てたようなものだし・・・。しょっちゅう実家だの自分の兄弟だの親族だのって、多くの人にふれられたら子供も少しはもっといっぱい何かが詰ったのかもしれません。そう思うと不憫ですが、他の親にも負けないことも実際やってきたので、良しとしている自分の中では。


親1人で注意してきたので、言う量も多い。注意する大人が沢山いたらどうでしょう?そのママの注意は少なくすむのではないか?っと考える。沢山の人の縁に恵まれて可愛がってもらった子供は素直に優しい子になるような気がします。息子ちんは旦那さんの会社の方々にはいっぱい可愛がってもらった。泊まりでキャンプ行った時も本当に可愛がってもらったし。旦那さんの家系の方にもやたら息子ちんを可愛がってくれるオバサンがいたし。そいった心の底からの愛情って当たり前じゃないのね。世の中タダの物はないわ!ってひねくれて生きてきたけど、そうじゃない人も実際たくさんいた。

公園で、1人で遊ぶ。ちょっと寂しそう。
幼稚園でもポツンするのではないか心配

えいご3月 (10).JPG


公園を出てスーパーへむかう。
おうどん食べて、ゲームセンターへ。
久々にパチリ☆プリクラを撮ったけど、さらにパワーUPしてキレイな仕上がり。
毎年レベル上がってる。自分じゃないみたい。

えいご3月 (12).JPG


ファイル0013.jpg



回鍋肉。
これは昨夜の晩御飯。せせりも食べた。
全く、最近ではごはんを食べないようになってしまった。朝バナナだけとか。
白ごはんもダメ。でも昨日はせせりを食べる~っと訴え、食べた。もっとくれ~っと訴えけっこう食べた。全く食べなかった人参も焼肉のタレにつけて口へ運んだら食べてくれた。味付けだったのね。これからは焼肉のタレをつけてみよう。焼き肉のタレけっこういけるかも~


えいご3月 (6).JPG

一昨日は、カニ風味蒲鉾のフライ
安上がりなメニュー。いずれも親子2人で食べる夕食でした。
一昨日は1時間半かかって夕飯を食べた。さげるとギャン泣きだし、食べさせるしかない。これからははじめから少なくしておこうっと。で追加で少しづつあげれば、泣き喚くこともないかも。っと今思った。


えいご3月 (4).JPG

昨日から怒鳴らないように心がけてる。
ただ外ではキツク叱ったり、怒鳴る事もあるけど・・・。

怒鳴るとき、心の中では(本当は怒鳴りたくない、でもここできちんと躾けなければ子供が社会に入った時に苦労したり恥かいたりするから)と葛藤しながら怒鳴る。
後悔もするけど、しかたない、って言い聞かせて。

色んな言い方をしても、何千回言い方をかえて言っても通じない。
ネットで書いてあるアドバイスなんてもうとっくの昔にどれも実行してきた。
親の性格もあるけど、子供の性格も色々だから。

だって実際、怒鳴ってないママの子供は大人しいし数回の言い方で通じてる。
観察していても私の方がいろんな言葉がけしてるくらいだわ、って感じた事もある。
怒鳴る、についてずっとネットで調べて、他のママはどうしているのか調べていた。
みんな同じだった。

ただやっぱり怒鳴る事も必要だと結論付けた。

だって、めちゃくちゃワンパクで乱暴で、でもママがしっかり叱らなかったりするために子供が暴走してすき放題やって、まわりに多大な迷惑をかけている親子いっぱい見ますから。そう考えたら、私だって普通に言って通じる子供が来たら、もちろんそうするし、怒鳴らないと分からないなら怒鳴ってでも善悪を教えたい派ですし。

怒鳴ることが言い悪いではなくて、怒鳴る度に、親が落ち込んでしまう方が問題なように思います。めちゃワンパクで、発達に遅れがあて言葉もあんまり通じなくてコミニュケーションにならなくて、怒鳴るたびに止めようって毎回思う、その積み重ねで親もノイローゼになっていくもので。そうなればさらにエスカレートして、ついには・・・。怒鳴る事で分かってくれるなら怒鳴ります私は。だって分かってくれたら、もう怒鳴らないのですから。それも4,5歳もしくは6才かもしれないけど、いつかは怒鳴らなくなる時期が来るでしょうし。でもその時期が来るのは子供が良し悪しを理解したからであって、何もしてなければ大人になってもそのままなんだろうし。



子育てにはマニュアルがない。

この言葉をしっかり理解していれば、他人の子育てマニュアルに振り回されることもないでしょう。怒鳴らない、叱らない派が多い世の中なので、真面目なママは参っちゃうかも。他人のマニュアルは他人のマニュアルです。自分の子供のオンリーワンのマニュアルは自分で模索して作るしかないのです。子供が二十歳くらにいなったら、「あんたはこうだったよ~」ってそこで言えれば良し◎ 

どこかで他人のマニュアル実行してさらに悩んでいる親も多いことと思います。
本も、ネットも参考までに。そしてイヤミを言うママとは自然に離れよう!


子供がいつか、自分の子供を産んだ時、きっと子育てに行き詰ることでしょう。
その時に、そのマニュアルはとっても役立つはずですから。

遺伝的なものは、あると思うんです。
経験の中でそう思いました。
子育のアドバイスは、まず自分を育てた人に聞くことが早道なのかもしれない。
私は母とは絶縁状態だったから、こんなにも遠回りしちゃったのかもしれない。
でもその分、勉強にはなりましたけど・・・。もちろんムダではなかった。

だからスーパーとかで、怒鳴ってるママ見ても私は偏見もしないし、差別もしない。酷いとも思わない。暴力をふるっていたのなら別ですけどね。怒鳴りたくて怒鳴ってるママなんてどこにもいない。どこにも。私の母もいつも怒鳴ってましたし。全くトラウマにはなってませんよ。子供が悪い事しても放置する方がよほど良くないと思うから。


特に外ではママはキツクなるものです。
外ではガミガミ言っても、家では穏やかだったりしますよ。
そんなわけで、「他人の子育てマニュアルに文句つけるな」と言いたいわけ。
虐待とかの疑いがないレベルでの話ですけど。私も子育てについては、身内なんかからよく、非難をあびました。その時いつも心で思うのは(あんた達は私の何を知ってるの?ちょっと数回会って話して、表のの一角だけ見てかってに診断しないでよね)(誰も相談してないし、ウンともスンとも言ってないのに勝手に話すすめないでよ)ってじぶん思った。
(ただよそ者を批判して楽しみたいだけなのかしら?)とも思った。

その子供の子育て方法は、その親にしか分からなかったりする事も多い。
自分がやってたまたま上手くいっても、他所の子供は違うわけでね。

今、ハーブホットミルク、はちみつ入りを飲んで、落ち着いています。
咳でのどが痛くなったので、席とか喉にははちみつがいいんですよ。

えいご3月 (5).JPG




こどもチャレンジほっぷ English 3月

こどもちゃれんじの英語が3月から進級して、ぽけっと→ほっぷになりました。
ほっぷ(3,4歳)コースはいっぱいしまじろうが出てきます。
南の島の女の子が可愛くって、DVDの話も楽しいので、届いてから毎日子供は遊んでいます。DVDも進んでみてる。


しまじろう英語3月 (1).JPG




しまじろう英語3月 (2).JPG


Talkeyboardがとてもお気に入りです。
トーキーボード カードが3枚ついていて、裏表で6枚ある。
歌や質問に答えるゲームも入ってる。


しまじろう英語3月 (3).JPG



しまじろう英語3月 (4).JPG


こどもチャレンジをここまでやりたがるのも珍しい。
英語じゃない方も英語もいつもやる気なし。

しまじろう英語3月 (6).JPG


しまじろう英語3月 (7).JPG


指に貼って遊ぶこの指の歌が好き。


英語とドラダイナソー (3).JPG

去年に比べたら、しまじろうがいっぱい出てくるので、子供も楽しいのかも。
話の内容も、ずいぶん楽しくなった。

次回は5月号です。
再来月ですね~。



フェリシモ3月 2015


リブ イン コンフォート コットン
100%のダブルガーゼ素材で着心地やわらかフード付きコート

スプリングコート。ガーゼ素材で軽い~です。

フェリシモ153月 (1).JPG





髪にさっと巻いたみたい やわらかガーゼのバンダナヘアターバンの会

どういうわけか?カチューシャとかバンダナとかってすぐに外れてしまうのはどうしてだろう?頭の形によるのかな~


フェリシモ153月 (2).JPG




SF STUDIO スケジュール帳をカスタマイズ!
 盛り上げ上手なたっぷりシールセットの会

3回目。去年の、もっと前のがたまりにたまってる。このシリーズ可愛いから毎年買ってるけど。

フェリシモ153月 (3).JPG


かわいくポンッと手帳を彩る つながるスタンプセットの会
いらないイラストもあるけど、今回は使えそう。3回目。去年のとあわせて6本ある。


フェリシモ153月 (4).JPG



楽しく覚えるフェルトのカード の会
6回目、そしてこれは廃盤です。


フェリシモ153月 (5).JPG


夜の海に星きらり 星砂のガラスペンダントの会(3回限定コレクション)

これはわたくしのホワイトデーのプレゼント★
暗闇で光って、ガラスがとてもキレイなペンダント。やっぱり沖縄ですね~。

2015ホワイトデー (8).JPG

2015ホワイトデー (6).JPG

暗闇では光る。


2015ホワイトデー (9).JPG

4月は誕生日~!!
お誕生日のプレゼントも考えなくちゃね~♪

季節の変わり目って・・・



今、季節か変ろうとしている。最近暖かいし、っと思っていたら名古屋は雪マークでした。朝はみぞれが降り、風も冷たかった。


★月曜日★

月曜日は90%雨予報。
月曜日の朝はのんびり起きて、朝ごはんはスイートポテトと前日の残りのピザ。


英語とドラダイナソー (1).JPG

その後は、こどもちゃれんじぽっぷの教材が届いたので、それで遊んだ。

英語とドラダイナソー (2).JPG


午前中に親子えいごくらぶへ出かけた。なんとか自転車で行けた。

英語とドラダイナソー (6).JPG

帰宅後、今度はドラキッズへ出かけた。この時は雨がふっていて2人で歩いて出かけた。この日は、平均台やマット運動をして、アイパッドもやりました。

英語とドラダイナソー (4).JPG
英語とドラダイナソー (5).JPG




★月曜日★
子供の咳が酷くなってしまい、今日は保育所を休んで病院へ。
ヒューヒューはなってなかった。昨夜、呼吸困難になり夜泣もあり、息ができず苦しそうだった。朝はだいぶ良く、呼吸以外はなんともないので、パワフルに部屋の中を走り回る。

今日は幼稚園の洋服のお直しがすすむと思ったのに・・・。
トホホ・・・・。
昼寝しないで、夜9時とかに寝るのでまるで時間がない。子供が寝て、台所の掃除、家計簿、日記、翌日の計画や用意・・・と色々やる事やったらもう11時とかで。
今思えば、昼寝をしていた頃は時間が有効に使えたな~って。


息子くんはいまパンツの生活。
トイレも自分で行けるようになった。
けど昨夜は、喘息で夜中に何度もお茶を飲んだからか?おねしょでした。

お布団干して、シーツ洗って、布団乾燥機でシーツ乾かして・・・。
お買い物はスーパーへは行けないので、サークルKでなんとか済ます。

英語とドラダイナソー (7).JPG

今日は、たっぷり時間があったので、子供と一緒に、こどもチャレンジの英語のDVDを見て、絵本を見て、シールを貼ったりしました。

このまま夜9時まで付き合うとヘトヘトで・・・・。
今日も昼寝はなさそう・・・・。

一日中、子どもの話し相手を1人でしていると、しゃべりすぎでのどが荒れる。
相手にしないと「見て~見て~、話聞いて~」っと何時間でも言い続ける。
3歳児ってこんなものでしょうか?世間を知りませんが、しつこい性格で困る。

咳の原因は喘息というよりも、花粉症だと思う母の感。
季節の変わり目は、喘息が。毎年の事だけど。しかし春の咳は違う。
公園で遊んで酷くなった。

自分も薬飲んでも、1歩ベランダへ出ただけで、涙がポロポロ、クシャミが、鼻が・・・・。っとこれがずっと続く。とにかくマスクでだいぶ防げる。

病院の薬とか、塗るジジェルとか、花粉スプレーとか全く効果なし。
マスクで花粉を入れない用に、が一番の効き目でした。
早く去っておくれよ~~~~~か~ふ~ん~~~~!!




とっても陽気なお天気日和


今日は朝から晩まで子供と関わる一日でした。
関わりすぎ警報~!!


9時半時頃
朝起きて、朝食後に子供と一緒に工作タイム。
こどもチャレンジの工作系をやりました。
工作は得意でないので子供はイヤイヤやって、時間も1時間以上はかかる。
途中、遊び出すし・・・

切って、貼って、塗って・・という作業。
時間がかかる。のんびりだし。何をやるにもトロトロしているのでこっちはイライラする。


1ころぶ (6).JPG

10時半頃。
「工作やったら粘土しようね~」って大好きな粘土の為に頑張る。工作やる時は、必ずイヤイヤと分かっているから何かでツル作戦。


1ころぶ (4).JPG


1ころぶ (1).JPG



12時半頃
お昼ご飯を2人で一緒に食べた。
旦那さんは区政の仕事で朝からいなかった。
息子ちんはウインナーと玉葱とほうれん草の炒飯食べて。わたくしはたらこパスタでした。


1時半頃
ご飯を食べて、掃除機をかけてキレイに。掃除機中にウンチしてたので、キレイにしてやって・・・・。また掃除機再開。息子ちんもお手伝い。

2時頃
三輪車に乗って公園へ。誕生日におじいちゃんとおばあちゃんに買ってもらった誕生日のプレセントの三輪車は、もう本当に何千回と使ってる。とってもお気に入り。

高台の公園で遊んだ。自宅から三輪車で15分くらい。
5歳のヤンキーママの子供2人と遊んだ。ヤンキーだからママも言葉遣いすごすぎ、子供もパワフルでのびのび。でも親子で礼儀ただしい。ヤンキーいいわ~。気も使わずサッパリ。


1ころぶ (8).JPG


4時すぎ頃
友達の持ってるハッピーセットのおもちゃの車が自分も欲しいと言い出し、公園で遊んだ後マックへ。念願の車のおもちゃを手に入れて満足げ。でチキンナゲットを食べた。

1ころぶ (12).JPG

4時半頃
マックから自宅へむかっていたら、自宅前の公園で今度は「ボールやるの~」っと。
いったに帰宅して、ボールもっておむかえの公園で30分ほど遊ぶ。すべり台からボールを落として遊んだ。転んで手のひらすりむいて「帰る~」っと。

1ころぶ (13).JPG

5時頃
帰宅後、息子ちんはうとうとしてた。
即効、風呂の湯を入れてお風呂に。少し目が覚めて、でも出たらまた目がトロリン。
(やばい~)軽くご飯と薬を飲ませて、その後すぐに寝た。6時だった。外はすっかり暗かった。

1ころぶ (15).JPG




6時頃
子供が寝て、私はスイートポテトを作った。その後で洗濯をして干して・・・。


1ころぶ (19).JPG

8時頃
朝、ピザのチラシを見て(今夜はピザにしよう)と思っていたので、夕飯はピザに。

1ころぶ (18).JPG

1ころぶ (20).JPG


1歩、お外へ出れば花粉症がよみがえる。
今日はマスクしたからまだまっし。でも帰宅後クシャミがとまらない。

ピザはとっても美味しかったわ。自宅で食べるピザが一番美味しいのは何故だろ?
デリバリーピザってその日の気分によっては美味しくない日もあったりする。


あ~今日はとっても疲れた。公園も合計3時間もいたし、三輪車での坂道はきつかった。だから子供が寝て、ひと段落~って思ってベランダで見た夕暮れはとってもキレイで。星もいつもよりピカピカしてたように思う。


旦那さんは土日とかも区政や町内の仕事でほとんどいない。
昨日も結婚式でいなかったし。月~日まで子供と2人で、時々2人きりの生活だと母子家庭か?って感じる時がある。(母子家庭の方ごめんなさい)。でもそれくらいに2人ぼっち。今日は仕事の後でお昼寝も出来たみたいだったので。子供を連れ出して正解。子供がいたら昼寝は一切できないもの。


生のサーモンとトマトがたっぷりのったピザは美味しかった。ピザーラNO1のテリヤキチキンって超~美味しい。照り焼きがまるで炭火焼肉の味で美味しい。マヨネーズがベースです。

そして疲れたので、今日は早めに寝ます。
寝る前にやっていた動物の森の3DSのゲームソフトが知らない間に抜けていて紛失。もう出てこなさそう。あとは掃除機の中を見るだけ。(あ~あけたくないな・・・)
ケータイやって寝よう。今だに携帯電話。ラインやりたくないからスマホにしないw(>3<)w

おやすみかん



「ご成長をお祝いする会」


去年の7月から行く事になった保育所。
あちこち色んな保育所へ預けて、やっと合う保育所をみつけた。
もっと早くここに来ればよかったな~。
半年くらいの間あちこち3箇所の保育所へ行くも、潰れたり、合わなかったりでした。
息子くんは、保育園のリフレッシュ預かり(1日預かり)や、色んな保育所や、とにかくあちこちに預けていました。日ごろも、お稽古や支援センターや児童館・・・とあちこち。

気づけば、毎日泣いていたのにずいぶん逞しくなったもんだ。
あちこちで色んな刺激をもらったからなのか?とにかく4月~幼稚園へ行く子を持つ親は今は複雑な気持ちではないでしょうかね。嬉しいんだか、寂しいんだか、言葉には言い表せないものがみんなあるのだと思う。


みんなみんな卒業おめでとう!!次のステップでも逞しく、また色々乗り越えて成長してほしいな。いつも子供達の笑顔が守られる社会でありますようにと祈る。

1時間程度の会で、保育士さんのダンス、保護者さんの歌や、絵本、楽器の演奏と素晴らしかった。パネルシアター、皆で歌を歌ったり、ダンスしたり・・・


お別れ会 (15) - コピー.JPG

卒業する子供達は25組ほどいました。
4月からはカラカラですね。保育所から保育園へ変ります。認可外から認可に変るのです。もし子供がまた私のもとへ来てももう安心して預けられる保育所がなくなるのでとっても不安です。なかなかいい保育所ってないので、本当に縁があってここに決め手よかった。

1人1人のスライドショー。

お別れ会 (18).JPG


最後に、毎月製作した作品集とプレゼントを貰った。

お別れ会 (19).JPG

名前入りのお箸。それと布の袋物。

お別れ会 (21).JPG


よく頑張ったね。

お別れ会 (22).JPG

お別れ会 (23).JPG



今日は頑張ったご褒美に、好きなパンとアンパンマングミと、ケーキまで。いちごオレも。

お別れ会 (25).JPG


おおきくなったねはるのつどい


今日は最後の取り組みでした。
最後だから頑張って行こうっと勇気をふりしぼり。
子供の乱暴さが目立つようになってからはもう療育すらにも行きたくない・・・と思えるように。子供に乱暴された子や親の気持ちを思ったら、とてもでかい顔してのうのうと行く神経もないので・・・でも先生方の手厚いフォローのおかげで今日も無事親子共々楽しく平和に終了することができました。


今日は10時~12時まで取り組みがあった。
少しわざと遅れていった。自由遊びで子供が暴れないように、トラブルを避ける為に・・・ってことで。

いつもの朝の挨拶や手遊びなどをして、今日は人形劇を先生方がしてくれました。
大きなかぶです。息子ちんは私の膝の上に座ってじっと静かに見ました。一緒に「うんとこしょ、どっこいしょ」とカブを引っ張りました。

その後はみんなで大きなホットケーキを作りました。
12,3組いますが、1人づつポタンっとホットケーキミックスをおとして、大きな大きなホットケーキが出来た。私も子供と一緒に食べました。水だけのホットーケーキってとっても美味しいんですね。牛乳も玉子もいらない。

療育でも、家でも、外でもいつも最近はビクビクしています。
乱暴な子供ですが、自分の出来る限り精一杯子育てをやってきたつもりでも、はやり親からの愛情を十分に知っていないと、自分の子供にも愛情を与えるときに本当に迷ったり、困ったり、分からなかったりしてそいうった事で子供に愛情を与えることがイマイチ分からないのです。そしていつも悩む。自分があたえてもらわなかったものを自分の子供にあたえることがこんなに難しい事だとは思いもしなかった。


まわりの親をみれば、いつも笑って、怒鳴らない子育てをしてる。
それを見てプレッシャーになってしまって、自分責めて、色んな人から受けるアドバイスも結局はしかっり愛情をあたえる事と、器用にやる、という事だけで、そんな簡単な事が自分に出来ず情けなく、そして子供を不憫に思ってしまう。


特に人との関わりが不器用な息子は乱暴したり、すぐに友達にからんだり、それが全くの知らない他人だともの凄い言われ方もされますし、子供が生まれてからというもの、人の視線が恐くなってしまった。えいごくらぶでも子供が暴れて、先生やママたちからももの凄い目つきで訴えられたり、どこへ行っても鬼のような扱いで、言葉が遅いとか、そういった範囲であればまだいいのですが、乱暴する子供の親だってなにもしていないわけではないのに、例えば育てやすい子供を育てている親には特に、躾けがなってない、親が悪いの一点張り。実際育てやすい子供が自分の子供になったらラッキーなのも本当の事で、正論とかはおいておいても、例えば通りすがる全ての97%の人はだいたいが敵にみえてしょうがない。日本にだって人種差別はありますよ~。実際子供が生まれてからは本当に心からそう思いました。


今日療育が終わった後も、庭で遊んでいた。
最後なので、メアドなど交換するママ達もいましたし。子供に1秒さえも目が離せずにずっと付き添ってるのは私を含めて2人のママだけでした。もう1人のママは病気を持ってる子供のママなのですが、1秒さえも目がはなせない子供っていうのは、実際に育てないと分からないことかもしれないけど体も心も崩してしまうほどしんどい。時々、私達親子は全宇宙で、銀河で、まるで2人ぼっちのような気がします。思えてならないのです。異邦人?


このお庭も今日で最後。

ぴょんぴょん差雨後 (3).JPG

療育の後では、公園へよりました。
持参したお弁当を食べて、ぐるぐるらせんになったすべり台ですべりました。
誰もいない静かな公園。
最近はこういった公園を選びます。自分も気が楽だし、もう使える神経も残ってない。この3年半とずっと他人に神経を使わざるえなかったし、その積もったものも含めて、自分が限界を感じているのもあって・・・。


公園ではお爺さんがいた。
ずっとストレッチや運動、筋トレなどをしていた。
自転車で来ていたようでした。

子供とお弁当を食べ終えると、滑り台であそんだ。
おじいさんは70歳くらいだったか。おじいさんなのにとてもしっかりしている。
私と少しづつお話をして、私を見て「めっちゃ可愛い、ベッピンさん、タイプだわ、変な意味じゃなくて・・・」っと。このお爺さんとお話していると、会話のキャッチボールというものがちゃんと出来ているという手ごたえがあって、とても気持ちがスッキリしました。普通の会話というものを何年も楽しんではいなかったような気がしました。

おじ「幼稚園行ったなら、働けるね」
私「もう少し子供についててあげたいからのんびりしようと思う・・」
おじ「それは一番ええわ、しっかり一緒についていてあげたら子供も嬉しいわ・・」
それから色々お話して、「子育ては大変だからね、男には結局何も手伝える事はないし、オムツ換えくらいで・・・本当に女の人は大変」っと子育ての話が、この方お爺さんなのによく知ってるね主婦の気持ち。若い男性なら、旦那さんもそうですが、「男だって外で働いてるから同じだよ~だから子育てまで考えてる余裕ない・・」
みたいな。どんだけ仕事が大変でもやってる男はいっぱいいますので、褒めたいイクメン男だっていますよ~っと。言っておこうっと。イクメン男性の、例え他人でも感謝します、ありがとうございます。だってこれから先の世の中を変えていくのは今の赤ちゃん(子供)達ですから。そいうった余裕のある環境で育った子供はきっと大きく羽ばたくのでしょうから。そのボランティアをしてくれて本当に感謝。


お爺さんにもどる。
これくらい長く生きていると、どんな年代の人とも自然に話せるようになるのか・・・。いや、会話のレベルから言って、この方きっとしゃべり上手だと思う。子供は一方通行だし、旦那さんは仕事でいっぱいいっぱいで話をしてもうわの空だし、特に子供の話をすればただため息をついてだんまり、こちらも一方通行のような。この10年ずっと一方通行の人付き合いが多かったように思う。こちらは何もひと言も発してないのに、相手はどんどん会話を続けていく、こらちらの思ってる事を想像して自分が言葉に出しちゃったりして、どんどん1人で、2人分の会話を進めていく。それがとても怖いと思います。

だから自分は人と話す時は、ちゃんと聞いて確認してから話を進めるようにしてる。
夫婦だと違ったりもしますが・・。

きちんとしたフォームのボールで投げ合ったことがなかったかも。
意外に誰でもそうかもしれないけど、人間みんな自分が一番ですし、でもこのおじちゃんは歯抜けでとても老いぼれていて、でも棒につかまって懸垂してた。見た目はとってもそうは見えないけど、昔の人と言う感じ。私の育った街は市内でももっとも老人が多い街でしたので、ご近所さんの付き合いも親密だったし、私の世話をやいてくれるご近所さんのお年よりも沢山いた。今住んでいる町は、若い家族が多いし、一番人口の多い区に入るし、子供の数も一番多い街で。

育った街は子供の数が少なかったので、私の母校の小学校は潰れてしまいました。建物はあるけど・・・。やはり子供が多いということは対応にも追われるわけで、何事も一まとめの枠でしか考えないのかもしれない。

地元では子供は少ないし、老人が多かったので、一人当たりの子供を見る大人の人数もぞろぞろしていた。私は親よりもご近所さんに育ててもらったようなもので、それが今の街では全くそれが感じられないので、そのギャップと言うのか本当に街になじめない。自分は自分って感じで助けあうとかもない・・・。そのわりに批判だけは凄い。差別もある。だからよけいに街や人に冷たさを感じてしまっているこの10年。

地元の友達にたまに逢うと、むかしの感覚がよみがえったりするもので。
地元で結婚、子育てするのが一番楽ですね。車の運転でも道が分かってるし、地元の友達もいたり・・・。

おじいちゃんになっても、とれだけ年をとっても、生まれつき優れている部分ってずっと劣らずにいくんですね。知らなかった。私が小さな声で、ボソボソと断片的に言うと、まるで私の親か?ってくらいにスラスラ~っと言いのけてしまうこの言葉術。学びたいですね~。こちらは途切れ、途切れでもお爺ちゃんは、ちゃんと繋げてた。でもそのくらい想像力を働かせて人としゃべらばければいけないんだな~っと。そうか自分には想像力が足りないのか!見透かされているようだった。


私の母も不器用で、だから子供には愛情を表現できなかったのかも。
どこで、誰にやられても全く守ることもしない、話も聞かない人だったし。
ほとんどメンタル面は放置だったので、いざ自分が子供を育てる時に困ってしまう、だって経験として頭に入ってないわけだから。親にたっぷり愛情もらって、いっぱい関わって、言葉でも器用にいっぱい声かけてもらって、そういった身近な方を見ているとはやりかなわないって感じる。勝負ではないけど、いっぱい愛情をもらう環境とかで育てば、いざ子供が生まれても自然に出来たりするんだな~ってこなしている親をもて思う。もし育てにくい子供だったとしても、親が器用で、心が強くて、しっかり心が埋まっていたら、子育てにもつまずくことが少ないのかも、またつまずいても立ち上がるすべを知っている。

以前、療育で本屋のカフェをやっている方が教室に来て、絵本のお話をしてくれた時に、こんな事をいっていた。子供時代にしっかりと土台を作っておけば、大人になっても、多少色々トラブルがあっても土台さえしっかりしていれば多少のゆれもなんなくのり越えられると。でも土台がしっかり作られなかった子供は大人になって少しのゆれがあるとすぐに崩れてしまうっと。まさに私の事かもしれない。子供をどうやって愛すればいいのかすらも分からない。手立てとしても、ママ友達からの情報やネットでの世間で言う常識とか普通の人はどうしているのか?とかを学んでやるしかないのですが、それでもだいぶ世間を学んだ気がする。

当たり前に親から貰ったものを持ってる人からは、「そんなの当たり前でしょ」ってよく叩かれてきた。でもそのあたり前の常識やマナー、世の中のルールだって誰かに教えてもらわないと、知らないままの大人にあるというわけですので。子供には自分の知る限りの事は教えているけど、やっぱり足りないのかもしれない。

同じ泥水だって、感じ方はみんな違う。
同じ泥水飲んでも、愛情を沢山もうらえた人生の人とそうでない人とでは味も違う。
心の中で(しょせんラッキーな人にはわかんないわよ)ってひねくれる。

ひねくれたくないから、誰もいない公園行って、お稽古の後で友達と遊ばせてる。
子供が保育所へ行った時に1人でスーパーへ行ったり街へ出ても、人からの視線ってないんですよ。全く変な視線0。ワンパクでそれが凄い子供を連れて歩くと視線も一変する。

ギャンギャン泣いて癇癪を出すだけでも、通る人からもの凄い暴言もありますし、本当に今の世の中は恐いもので、法律さえ崩れれば内戦だって起きますよ絶対に。
そのうち銃持って歩いたりなんて、だって誰もこの状態をおかしいと思ってないようで。

そうは言っても、大丈夫。
たとえ心の中でだって、誰かを傷つけたりすれば必ず返ってくるものですから。
私が返さなくても、そうなってるもの世の中のルールそれこそね。宇宙の法則?
甘えとかも他にも色々ありますが、カルマって言うんですけどね。
スピリチュアルの世界では人が言う言いわけも正論も通じないのですよ恐いけどね。

これからはどうどうと自分の人生も楽しもう。
最近は夜が鳴れない状態で、夜中に起きては、朝まで寝れず起きてる。
眠いのに。体が寝れない・・・
他人に気遣いばかりしてると結局自分の心身を壊してしまう。図太くなってもいいのかも。

物質的価値観なんでしょうけどこれも、この思いも、やっぱり不器用は損ですね。
何をやっても出来ないタイプというか全ての分野で(物作り意外で)あると本当に生きずらさを感じる。みんな一緒、と言う言葉も最近ではキライになった。だって何を言っても結局は自分の親や家族に手助けしてもらってみんな子育てしてるじゃん、って素直に思うから、1人でやってるママなんかはそんな事絶対言わない。もし遠縁でも電話くらいはしてるでしょって。自分の親に早く家を出ろと、産むんじゃなかったといわれて育ち絶縁してる子供も捜せば世の中にはいっぱいいるけど、少なくとも自分のまわりはそうじゃない。だから貴族の中にいるみたいな気持ちになるのかもしれないけど。心が裕福というか・・・まあ四の五の言わずやろう!!自分はきちんとしよう。平気で人を傷つけてもなんとも思わない人間だけにはなりたくない。マヒしてる人多いな~ってつくづく感じるもの。これ以上不のスパイラルにはまらない用にしたいわ。しなくちゃ子供の為にね。自分が正しいと言いながら堂々と人を批判して傷つけていていて、そんな自分姿は見れてないって人いっぱいいるし、身内や親族なんかやご近所さんにもね。とにかく日本って世間体とかを一番に気にする国で・・・


公園のお爺さんと話して、自分のストレスはきっと話が通じる人がいなくて、息がつまってるんだと気づいた。ママがみんなママ友達を作る理由もわかる気がします。本当は子供第1なんだけれども、自分が発散することも必要で、みんなあちこちでしゃべってる。そうでないママはきっと親や旦那さんに預けたり、時々リフレッシュできてる環境の人だけだな~って見ていて思います。我が町ではママ集団がすごい、公園ではかならずママ会議なるものがどこでもあります。子供の数NO1だしね。普通に遊具で遊びたくても遊びずらい時ですらあるもの。でもそのくらいども母親も話が通じる人を探して集まるのだと思います。分かる気もするわ。


公園で。
ぴょんぴょん差雨後 (4).JPG


昨日の晩御飯。
子供と2人で食べる夕飯。舞茸のつくねと、ささみチーズフライ。でも油で揚げてはいません。オーブントースターで焼いてます。ヘルシーメニューです。

ぴょんぴょん差雨後 (2).JPG

今日の晩御飯。
今日は家族みんなで食べれた。エビ、アドカド、チーズの春巻き、と魚の煮付け。

ぴょんぴょん差雨後 (6).JPG

夕飯は、朝に作ったり、子供が寝ている間に作ったり。
これでほとんど自由時間なし。だって美味しいもの食べさせてあげたいですから。
子供にも旦那さんにもね。


風の冷たい日でした


昨日、今日と風が冷たい。
風でゴミが目に入って激痛~。

あ~3月って憂鬱だな~・・・って今日も文句をいいながら、泣き言いいながら一日を終える。花粉症が酷くなってきて、クシャミクシャミ・・・の連続で薬があるからこのレベルで済んでる。幼稚園入園前のこの不安定な状態。セント・ジョーンズ・ワートを毎日飲んでいる。と落ち着く少しは。


今日はえいごの後で、砂場で遊んだ。
友達ママとえいごのママさんとで楽しく砂場で遊んだ。
ほのぼの系のママメンバーだったので、私もほのぼの出来た。
古代遺跡の砂型が人気です。これ持って公園に行けばすぐ他の親子とも打ち解けられるので超~使える~って思ったわ。ハペの砂型はとっても素敵よ。
今日もパルテノン、とタージマハル、ギザのピラミッドを作った。

えいごでのクラフトはダイナソー。
青いのは湖です。湖らしく後で絵を書き足そうと思う。
毎度お馴染みのこの教室もあと1ヶ月で終わる。先生の英語を聞くのもあとわずか。
懐かしい存在になっていくのですね。

英語 ダイナソーg (6).JPG



昨日の晩御飯。
八宝菜とジャーマンポテト。

夕飯はお昼の地点で作っておくことが多い。
朝食の準備をする時に夕飯の下ごしらえをする時があります。
3歳児の子供をつれてほとんど外で過ごすと、お料理する時間がない・・ってことで。
今日は公園行って、ランチして、帰宅後3時にはお昼寝に入ったから、寝ている間に作っちゃいましたけど、やはり下ごしらえは朝やりました。英語に行く前にやった。

ふ~
子育て&料理でもう残ってないキャパシティ
もっと色々やりたいのに、出来てない。


英語 ダイナソーg (4).JPG



お昼はおうどん食べた。


英語 ダイナソーg (5).JPG

子供がお昼寝しないと、自分も早めに子供と一緒に寝るので、徹夜は出来ない。
幼稚園の服のサイズ直しするには、もう徹夜も入れないと進みそうにない。
だから子供が昼寝してくれると非常に助かるその時間裁縫ができるわけだから。
でも今日は体の調子が悪いから少し寝ようっと。

袋物もまだ全然。
スモック1枚やるのに1日かかった。
袖が長すぎる。ジャケットも。ジャージもブラウスも。
思いのほか時間がかかってるわ。
月末にはお花見したいって思うけど。ランチへも行きたい。
保育所の利用が今月最後だから、子供と夕方まで離れられるのはもう3月まで。
保育所は6時まで預かってくれるから助かる。
幼稚園行ったら、2時半以降はずっと一緒だしね。子供を預けられる場所もないし、きっともう今月が最後の羽伸ばしだろうなって思う。
それが服のサイズ直しで自分の休日が潰れるのが悲しいというかもったいない。
っとまた嘆くおばさんでした。


3月は紫外線が多い


真夏よりも、春の今の方が紫外線は強いということで、美白というよりもきになるシミを撃退したくでキミエホワイトをお試しで使ってみる。日に日に増えるシミは学生時代にしっかり焼いてたってことで、その影響が今になって出てきた。

もともと色白で、それが嫌で嫌で、友達の色の黒さに憧れて焼いてた。
中学の時に焼いたのが今出てきた~って感じで。
色が白い事で色々嫌な思いをしてきたので、黒くなりたかった。友達は黒人のような真っ黒な色黒の子で、いつも一緒にいて、交換したいな~って言ってた。友達は私の白さになりたいと言ってた。


今は白くなくて普通ですが、色白だと子供の頃とかは羨ましがられてかなり色々言われてきました。本当に真っ白で透明で、でもそれは妬みのもとでしかなかった。
色はともかくシミだけはなんとかしたい。美白コスメは色が白くなるので嫌だけど、シミの為に使ってる。化粧水、乳液、共にイグニスです。

キミエホワイト
キミエって開発者の母の名前だったと思うたしか。
朝、昼、晩、としっかり飲んで、でもだいたいお昼は飲めない時がある。
子連れだと忘れるついつい。錠剤は甘い。これはしばらく続けたら効果はありそうな予感。

木曜日L (14).JPG


★他にも、シミ対策に洗顔石鹸として、夏に使っていますが、「芦屋美蓉館の朱の実」という石鹸がとてもいいです洗浄力がそこそこあるので、冬は別の石鹸を使うけど、夏にはシミが濃くなりますが、これを使うと濃くならないので使っています。保湿もして汚れも落ちるので、とってもいいです。後は夏にだけホワイトニングのサプリを飲みます。これだけでも毎年の美白効果が高まります。乳液も美白に切り替えますこの時期に。あとは帽子です。でもビタミンDを作りたいから、太陽にはそれなりの当たりますけどね。





ハーバーのスクワランオイルを使っていますが、限定のローズを今使っている。

ベルメゾンとのコラボ商品でタイムケアスクワランと言いますが。
ハーバーのスクワランはとても肌なじみがいいので、秋から冬には絶対欠かせない。
1滴でしっかり保湿できるので、1本で半年近く使える。しかも質が良い割りに値段が安いので。着色料はたぶん天然のものだと思います。全成分には赤O号とかはなかった。
ローズの香りがとっても優雅

奈良へ (1).JPG



ホワイトニング効果には、ラベンターがとってもいいです。
ドライラベンダーをお風呂に入れると、肌が白くなります。

あとはローズとヨーグルトのパックと顔と首にのばす。
アーモンド、レモンの皮も入れて。


こちらレシピ↓
もうずいぶんこのレシピを愛用しています。
美白、保湿ととてもいいです。子供の為にもいつも美肌のママ目指して頑張ろう。
子供が少し大きくなったので、余裕なのか?自分の手入れもやる時間ができそう。
ちゃんとパックして、美容院も行って、キレイにしたい☆

ローズパック春 (6).JPG





あとは旬のお料理です。旬のものは栄養もいっぱい。
昨日の晩御飯。ニンイクの茎炒め。香りがよくてスタミナもあり。

ローズパック春 (3).JPG

そしてヘルシーメニューのクッキング雑誌を購入。
このお料理雑誌はとても内容がよかった。

デトックス料理、ヘルシーといっても野菜中心ではなくてお肉や魚もあって、とにかく全ページ使えそうなレシピでした。

ヘルシー料理本 (1).JPG

ヘルシー料理本 (2).JPG

今までは料理は適当だった。子供も幼稚園へ行くし、これからはちゃんと美味しいもの作ろうっと!!



浮かない日々が続いて・・・

最近は魂と精神のバランスを少し崩しているような。
つけくわえて、肉体もアンバランス。
理由はたぶん、子供が入園前だからです。
以上なんですけどね。



日曜日は小牧市の市民四季の森へお出かけ。
ここは公園なんだけれども、人口のソリスベリの丘、というソリで遊べる所があり、それがやりたくて行って見た。

前夜は朝方まで起きていた。いかげで車の中で気持ち悪くなり、眠気や体調がおかしかった。でも四季の森には行こうっと根性で行った。
幼稚園の入園式に着て行く服装に迷い、そして準備の紙を無くしてしまい、夜も眠れぬ不安とか、不安定とも言うけれど、とにかく情緒不安定だった。呪われてる?とまで思い、これはきっと4月まで続くのかな・・って思うけど。

公園で遊んで、ちょっぴりスッキリ出来た。
運動する時間がないので、ストレスになってるのもあるけど。
アドレナリン?エンドルフィン ?とにかく有酸素運動や、リズミカルな運動したいわ~!!!って四季の森の公園で脚を踏み外して右足捻挫・・・ヒョエ~~~~(◎~◎)

段差で脚を踏み外して、転んだ。
痛くて起き上がれず、大きな声で旦那さん呼んだら来たけど、それまでは1人で寝転がってた起きれないし。子連れの親子が大勢いたけど、誰も知らん振りだった。日本って中国人のことめちゃくちゃ言うけど、変らないよ。例の画像、幼児が車に引かれてもみんな知らん振り、という例の画像。あの時の私も同じ状況だったよその幼児とね。日本人だって自慢できるようなレベルじゃないね、先進国の中では。って思った。去年の夏に捻挫して、セメント脚にはめた。同じ場所を何度もやってる。もう歩けるレベル。でもこれでしばらく運動できないわ。トホホ・・・


TS3X0262式の (2).JPG


TS3X0262式の (7).JPG


小動物もいる。馬やヤギも。

TS3X0262式の (10).JPG




今日は、朝こどもちゃれんじの工作をやって、ドラキッズへ行った。
ドラちゃんの前にゲーセンをうろついて、ボールプールに入って。
とにかく最近は何でもスムーズにいくことが嬉しい。
癇癪とかも昔に比べたら痒い痒いって感じで、今は躾けの為に、毎秒事に注意はするけれど、子供も慣れて来たのか、分かってきたのか、注意の度に泣き喚いていたのが、今では泣きまねになった。ものの良し悪しを理解してもらわないと困るもので・・。だいぶわかって来たよう。

けど影響されやすさは全く、これは気質の問題で、私の躾けとか育て方とかは全く関係ない。まわりには理解されないけど、私もそんな気質を持って生まれたので苦労はしたけど、今は生きているし、たぶん大丈夫。自分の問題っていう範囲は、いくら親でも立ち入れない領域だと思う。

子供が何かあればすぐの親が責められるけれど、子供の性格だってあるから、切り離して見てもらいたいものだわね。


ドラキッズでは、今日は平均台をやって、多い&少ない&中くらい、を学んだ。
色水を入れたコップを使って量を比べたようです。
今年は楽しく行けてる。時々ですが、子供が発作的に今でも手を出す。そくざに声をかけるとピタッと止まるけど。でも何も声をかけないとやってしまう。

療育では1回の声がけをして、と言われたけど、実行したら、まんまと教室の友達を押した。こうなるのですね。1回の声がけの根拠がわからず、色んなママに聞くと、1回だと怖いね、とか1回じゃ分からないという意見ばかりでした。長い間家でも実行したけど、それをやったら、夜まで裸のままだし、ご飯も何時間でもかけて食べてるし、目的の地点で待ってると良いともアドバイスが。でも実行しても来なかった。200回くらい実行しても答えは0だった。挙句のはてに、それを実行したあたりから、よくまわりに注意されたり、怒られたりするようになった。注意がけを言葉ですることで、悪さをしなかったけど、それをやめたら、本当に酷いことになった。そしてそれでも続けたら、自分がノイローゼになった。


なのでちょっとストップしたら、子供はもとにもどり、今では良い子ちゃん。
声がけは沢山しているけど、結果もいい方にいってるのでいいかなっと。
悪くなれば別だけど、細かい声がけで最近は分かってくるようになったし、声がけもほんの少しで良くなった。

子供をよ~く観察して、つまり3秒と目が離せない状態ではあるけれども、よく観察すれば注意のポイントも絞れるようになった。どのタイミングでどの言葉をかけるかが、マッチしないとダメ。こういった細かく角度の様なタイミングって母親とかでないと分からない。またこういう子供を育てていない人にも分からない。子育てがマニュアルで上手くいったことなんてないもの。

それに他の親子で上手くいっても、それが自分に当てはまらない。子供の数だけ、子育ての方法も同じ数あるわけだから、当たり前ですが。だから自分でよく子供を観察して小さなメッセージなんかも見落とさないようにしなければならなかった。だから他人のアドバイス通りにいやっても自分の子供には効果がないってことはよくあること。親戚からも言い続けるしか他には方法がない、言い続ける事で子供は理解していくから、と言われたことがある。


ただ息子くんは一般的な子よりも分かる時間が遅いだけで。
昨日はじめて、自分から「しっこ~」と言ってしっこを出す前にトイレへ行けた。
いつもはしちゃってから「しっこ出た~」っと。
今朝も、起きるなり、私「トイレ行っといで~」って4,5回言うと、自分でトイレに行った。もし1回言っただけだったら全く出来なかったと思う。

たぶんうちの息子くんは拍車をかけないと動けないタイプなのかもしれない。それが今日分かってホッとしてる。今までは何度も言わないと拍車がかからなかっただけで、最近は本人もうるさいと感じているから自分から行動するんでしょう。そして、電気を自分でつけて、便座に座り、しっこを出して、水を流して、電気を消して、ちゃんともどってくるようになった。そしてウンチもここ2回はトイレで出来るように。匂いで私が察知すれば便座へいかせるのだ。

母何度もガミガミ注意→本人うるさいな~→母しつこく言う→本人、母がうるさいからやろう→本人やたっら褒められた→本人動くようになる→母声がけ減少→本人言われる前に理解して行動→最終的に本人がものの判断が出来るように力をつける

・・・といいうような感じです。でもこれは私と子供の関係でのこと。
声がけが何度かは全く重要ではなく、いつ、どのタイミングでどんな言葉を、どのような口調で言うのか。という事の方が重要だった実際には。その為に必要なことは、子供の行動をよ~く観察して、出来たらノートにメモって一日の終わりにはまとめてみる。行動パターンが見えてくるし、よ~く観察すると色々と気づくこともあるのです、よ~く観察というのは、毎日やると神経が咎めるので、1ヶ月とか期間を決めてやると自分が無理なくやれた。私の場合は3,4日の間、本当に24時間リアルタイムで観察したら色々な気づきがあった。空を見る間もなく、鼻をかむ間もないくらいの観察を実行して色々と見えた。しかも3,4日って、短いですね。一体今まで3年間子供のどこを見ていたのか・・・っと思うほど。観察中は考えることもやめなかった。どうして?っと考えていたらフッと沸く様に飛び出した気づきがあった。


外出ではパンツにシート(とれっぴー)を貼って出かける。
もうもらすことはなくなった。幼稚園まで、ギリギリだったね息子くん♪

TS3X0262式の (17).JPG


TS3X0262式の (18) - コピー.JPG


TS3X0262式の (19).JPG

今日は6時半に眠った。
あ~~~良き日。

昼寝しない日、する日とバラバラだけどね。
別にそれくらいでは発狂しませんけどね。

お昼寝せずに夜11時とあってパターンもあるけど。
1歳、2歳の時の異常な大変さに比べたら何のこれしき。

他所の子の乱暴した叱られたり、責められたり、それが1日の中で何回もあって、しかも毎日だとノイローゼになってしまうのでね、ノイローゼになるくらいの子育てをしている人になら分かることでしょうが、一度ものすごい育てにくい子供を育てたら、普通の基準の子供はもしかしたらスイスイ育てられるかも。人に手を出さない子供なら、よほどの理由がない限り、私は笑顔で育てられるわ。だってそれくらい言われるもの、まるで迫害ってレベルで。どこいっても、身内でも、もう居場所がなくて、ただ追い詰めるしかない行き止まりのような道だった。この地球上で親子2人ポツンと取り残されたようだった。

一度経験したからよく分かった。人っていうのは浅ましくて、冷たくて、自分勝手で、鬼で、傲慢で、怖い生き物です。誰だって持っているけれど、気づいた人から1抜けてるんです。きっと私の用にこっち側になった人のことだと思う。上からは下の細かい情報は分からないものよ。それでも自分を人だって言い張る。あ~怖い。もう人じゃないよ、って教えてあげたい時があるわね。人のつもりだったけど、中身はもう人じゃなくなってたって・・・。怖い話でした。


このページの先頭へ
FX会社通貨数