ジャムおばさんの部屋 ブログへようこそ

イメージカット

ジャムおばさんが見た、作った、発見した物を紹介します。
ジャムおばさんの性格:のんびり屋さん


ジャムおばさんの部屋 最新コンテンツ 一覧


久々に動物園へ


赤ちゃんブーム??



久々に東山動植物園へ行ってきました。

コロナ対策で事前予約が必要でした。
もう久々に沢山歩いたので足がパンパンです。

子供達は2人ともじっくり動物を観察したり、かき氷を食べたりして楽しみました。
コアラのコーナーでは赤ちゃんコアラを見る事が出来ました、カンガルーの小屋でも袋の中に赤ちゃんが入っていました。



動物の赤ちゃんってすごく可愛い。
放送でアニマルトークがはじまります・・・って流れてきて、お兄ちゃん「行きたい!!だって動物と話せるんでしょ!!」
・・・・・そういう意味ではないし・・まだまだ可愛いな~って思った。

動物の事を飼育員さんが説明してくれるイベントでした。てっきり動物とお話が出来ると思ったようです。そんなイベントだったら私だって行きますし。お兄ちゃんは絶滅危惧種をチェック、動物の説明の動画や像の出産シーンとか動画があるたびに立ち止まっていちいち見る。像エリアはいつもかなり長くいるな~。次男は同じくらいの子と意気投合してお話をしていた。


お兄ちゃんはもう4年生、だけにずいぶん落ち着いたように思う。
去年まではもっと幼稚だったな~、どんどん大きくなってあっという間に大人になってしまうんだね。嬉しいやら寂しいやら・・・。

お兄ちゃんはかなり私から離れたな~って感じる。4月から入園した次男はまだまだ小さくて可愛いな~って思う。お兄ちゃんが幼稚園だった頃をよく思い出す、苦労したな~、私も本当に気が参ってギリギリで自分だってメンタルも体力も色んな事がギリギリだった。今だってギリギリだけどね。

コロナの事や働き方改革によって残業0にされてしまって、いきなりだったからコロナと働き方改革とでカットされて、生活スタイルの見直しをかなりしました。食費も削って、洋服も何日も着まわして、今までしていたお出かけとかは一番削られて、次男が入園したから幼稚園での出費もあるし、幼稚園スタートで色々と自分もエネルギーつかったな~。


幼稚園って入園したらすぐにライングループが作られます。
そこに全員入ります役員を通してやりますが、今日は一日中ラインがピコンピコンと鳴っていました。友達追加、参加、コメント、でラインで皆の自己紹介がはじまって・・・。お兄ちゃんの時もそうですね、年何回かランチ会があって、祝日の公園集まりがあって、他にも色んな集合があるんです。そういうものですね。だからこれってすごくエネルギー使います自分は。みんな良い人ばかりで、これから3年間はこういう感じなのです。来月はすぐに親子遠足があります、バスで行きますね。人づ気合いが苦手な人にはちょっとしんどい事ですけど、気の合う友達が出来たらラッキーですが・・・自分はマイペースでやっていきます。

シャバーニをこんなに近くで見れたのは初めて。
人が少ないって事ですね。もうすぐ温室もリニューアルします。植物園の温室は大好きなんです、混むだろうな~、でもコロナで人数制限されている今の方が空いてるかも・・・


KIMG4233.JPG


ここは広いから全部はまわれないな~。
次は花畑や庭園、植物園の方まで見に行きたいな~。


KIMG4208.JPG


KIMG4221.JPG

お兄ちゃんはどこへ行くにもベビーカーが好きな子でした。
幼稚園入ってもディスニーランドとかもバギーに乗っていた。

ベビーカーも乗りすぎで壊れた。
でも次男はベビーカーはほとんど乗らなかった。
バギーも必要なかった嫌がるし。

今日は途中で寝てしまった、こういう時はいったな~って思う。
でもよく歩く方だな~次男は。お兄ちゃんは動物をじっくり観察するのが好きですね。私はとことん付き合いました。1か所で何十分かかっても待ちました。自分の母もそういうタイプで、はい次行くよ~ってせかすタイプではなかったです。私、はい次行くよ~って、すぐに次に行こうとせかすのは、子供のペースをみだすのでやらないようにしてますが、子供ってこれをされるとじっくり観察出来なかったり、満足いくまで楽しめなかったりするんだと思います。あちこち連れて行ってもらっても、連れて行ってもらたっという感謝や嬉しい記憶が残らなかった大人がいるとしたら、きっとそういう親だったんだろうな~って思います。

親が何かを子供にする時、それは子供のペースや目線にしっかり寄り添っているかとか、あとは親のレールを歩かせていないかとか、親目線じゃなくてちゃんと子供が主役だったか?とか例え親が自分のペースで動きたくてもぐっと我慢して子供を優先できたなら、その子供は大人になって親に連れて行ってもらえたな~って記憶が残ると思うんです。私の母はそういう人でした、どこへいってもせかすことなく、遊びに行く時は子供のペースで子供の希望を聞きながら回る人でしたから。

連れて行ってもらっても色々制限をかけられた子供はたぶんそれって学校の社会見学みたいな感じになるので子供には楽しかった出来事の記憶部屋にははいらないんだと思います。だからそういう子供時代を過ごした大人もいるんですよね。納得。単純にそういう親は子供が好きじゃないタイプが多い、でいて子供にそこまで尽くせない、子供よりの自分を優先するのでしょう。だから子供が本当に嫌いとかいらないな~って人は産まない方がいいかもしれません、今はそういう選択を選ぶ人も大勢いますけど。

そういう子供時代を過ごして、大人になって、子供時代がすごく嫌だったことが多かったという人もいますから。そういうのがきっかけとなって、社会で良くない影響を受けて例えば鬱になったりする人もいるので、身近でも子供の頃の過保護だったり虐待だったり、意味も分からない決まり事や、親の勝手な宗教の影響から来る根拠のない神様伝説や・・・子供が親の影響を受けて、それが時にすごく大人になった時にマイナスに出ちゃったりしますよね。特に母親の不機嫌をいつも我慢してきて子供は大人になっても人の顔色を伺う癖がつくんですよね、、全く可愛そうです。親の犠牲になるような子供にならないように私も気をつけなきゃ・・ってだいたい動物園へいくとなぜかそう思うのです。自分も母が嫌いでしたけど、母は不機嫌な事はそんなになかったです、たまにまとまって爆発はあったけど・・・。母がいっつも不機嫌って子供はたまんないですよねしかもそれを旦那さんも許しちゃって、余計に子供は弱い立場になって・・・で大人になるとやっぱり悪い影響でちゃうんですよね。身近にもいっぱいいるので。私の母は比較的いつもギャハギャハ笑ってる人でした。むっつりしていて、いつも不機嫌で怒ると黙ったりする母はやっぱり一番悪い影響を子供にもたらしたりするように思います。実際そういう環境で育った人が多いですし、メンタルが不安定な大人に限って。頭おかしくなっちゃいますよねホント。

だからそういう人にはそうじゃない人生を歩む努力をしてほしいです。せめて今からでも、でないともう周りに誰もいなくなりますよ。そういう人は例え家族でも私は近づかないですよ悪い影響を自分や自分の家族にもらたすので。友達は選ぶとかっていうけど、家族だろうと友達だろうと私は選びます。家族だからって我慢して悪い影響があっても我慢するなんてナンセンスですから、自分の中では。家族や身内の悪口が平気で言えたり、そういう人もお付き合いできませんね、愛がない方とは無理です。愛にあふれた本当に良い人が周りには沢山いますから、そういう良い縁のある人を大事にしなくちゃって思います。家族よりも赤の他人の方がよほど愛溢れてるな~って人実際沢山見てきました。フィアンセだって自分で選択しますしね。おせじや世間体よりも本物の大我の愛を探してほしいですね、今いるわまりの人も結局はお世辞で付きあってるだけだから。だから堂々巡りみたいに満たされず誰かの悪口を言い続けているのかもしれません。あと言いたい事は本人に直接いう事がフェアだと思いますね、直接対決出来ないなら黙ってないとダメだと思うんです、それを陰で言いふらしたり、それがましてや親族、家族間だったりするから、おかしくなるんですよ色々。だからそういう事は絶対にしたらいけません、マナーのふとつとして、ましてや神様に平和を望んでいる人はね、だってそういう人が一番平和から遠いんですから実際やってる事が。本当に神様に祈りをささげる人は、絶対に人の悪口を言っちゃダメです、神様に好かれませんね。届きませんよ。届いていたなら、幸せなはずだし誰かの悪口いったり、考えの違いだけで誰かを悲観するようなちんけな人間じゃないはずですから。だから永遠に届かないと思います。間違ってるから言ってもいい、責めてもいい、ってなるとただの虐めになっちゃいますね。

もし自分の息子たちが結婚して・・・っとイメージした時に。
お嫁さんもどこかの赤の他人の娘なんだろうけど、とても非常識だったりして、えっ!!って思う子だったら、さて、どうするか??

って考えた時すごく難しいな~って。だって紙切れ1枚で家族になんてなれないでしょ実際は、注意とかもね難しいね。だって自分が姑として正しい事をまるでその子の母親のように言っても、絶対に相手は素直にはい!っていきませんよ、当然のことながら、そんなに簡単なら、いんだけどね。また自分は息子2人で娘がいないから扱いだって分からないでしょ。注意でもなんでもそうだけど、結局は動機として本物の愛が入ってるかですよね、世間に恥ずかしいからとか、常識でしょとかね・・それだけじゃ相手も心動かないので。。。いつかそういう立場になった時には・・・って考えると何が一番いいのかな~。でもやっぱり上から目線でこうしなさいとか、常識だから・・とか自分の常識を押し付けるのはやらないでおこうと思いますね。だって常識も家庭によって文化が違うし、今では防犯防止の為に挨拶してはいけないルールのマンションだってあるんです、時代の差と言うのか、昔と今ではどちらが正しいとかはないんです。昔が絶対に良いとか言えない、だから言ってしまったら、相手にしたらはっ?ってなりますし、その地点ですれ違いますよね、立場に上も下もないしね、公平だから。対等だし。昔とはやり方がもう違ってきてるんですよね。

以前自分の母と、弟のお嫁さんとの会話を見た時に、母はお嫁さんに対して絶対におかしいなって思ってるだろう部分も、上から目線で頭ごなしに注意したりはしてませんでした。手探りで様子を見て、考えて・・・そういう空気を見た時に、それが普通だよねって思いました。すぐに悪い部分をバーンって注意するのではなくて、どういったらベストかな?ってさぐってるんですよね?でもそれが思いやりだと思いました。上から目線でここはおかしいよって指摘するよりは。だってお嫁さんからしたらあなたは神なの?そこまで言えるほどじゃあなたは完璧なの?って。じゃこっちもおかしいと思う部分を指摘していんだよね・・・って言い合いになるだけに思えます。利口なやりかたではないかなって。どういう信念があってもね。

バンバン注意や常識を正しすぎると、相手はまるで所有物にされてるみたいな気持ちになるんだと思います、息が詰まりますねそのやりかたは。うるさい母親がもう1人増えて最悪って私なら思うますね。それに指摘してもそうそう直せるわけではないし・・・。上手なやり方でもっていき、らさに残りに関してはもう違いや、ダメな所は受け入れるっとい愛を持つしかないのでは?って思います。他人なら許さない事でも自分の身内ならみんな許してますね、だいたいは。家族になったなら正すとか批判するよりも違いを受け入れる愛もあってもいいのではないかな・・・じゃないと遅かれはやかれは付き合いが出来なくなりますね。我慢にも限界がありますから。だって血のつながった家族は実際そうだし。許し合っていますよねダメな部分も、他人にもそれをすればいんじゃないでしょうか?そこは器用に慎重にやるしかないです、間違っても自分の勝手な物差しの正義を振りかざしてはダメです。結果的にもうまくいかないのではないでしょうか?ただ自分が姑の立場になった時、それが実行できるかは別ですけど・・・。なにせ小さな可愛い恋人を赤の他人の女にとられる感覚なんですからね実際は。感情のコントロールと後は自分も趣味や仕事、友達を作って人生を楽しむ、で、家族に執着しすぎないようにするしかない。結局あれこれ親族の悪い部分を言ってる人って、確かにプライベートが充実してなかったり、兄弟とか家族に執着してますね


挨拶も大事、礼儀も大事、もちろん時代にあった常識も大事、でも一番大事なのは違いを乗り越えることだと思っています、なぜならそれってすごく難しいでしょうから。もちろん変えられる分の努力をする事も必要ですけど。なかなか出来ない事を乗り超える事こそが、求められるハッピーのテーマなのではないかなって。責めるだけ、正すだけ、注意するだけ・・そんな簡単で単純なら誰もがこの世ですぐにハッピーになれちゃいます。それを実行してる人って浅はかで物事を簡単に見ているのでは?と思っちゃいます。甘いですね!


動物園のルートって人によって違いますね、母とよく子供の頃にいったルートは今でも覚えています。母は植物園が好きでした。動物園へ行くと、自分の家族で行ったルートとか昔みた情景とか、友達と行った思い出とかを思い出します。もう建物とか新しくなったり、昔の風景も新しく変わってきてますが、それでもやっぱり思い出します。子供時代は思う存分遊んでいた子供でした。だけに大人の世界が窮屈に感じます、自由人だっただけあって。




カテゴリー: お出かけコメント(0) | トラックバック(0) |2021年4月11日 00:28

ジャムおばさんの部屋
FX会社通貨数